【ゴブリンスレイヤー 9】 蝸牛 くも/神奈月 昇  GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

ただの配達。ゴブリンスレイヤーですら、そう思っていた。牧場の手伝いで配達に出たゴブリンスレイヤーは牛飼娘とともに、ゴブリンの大群に待ち伏せされる。それは、ある祈らぬ者の策謀だった!一方、ゴブリンスレイヤー不在の一党は、見習聖女の託宣より、雪山を目指すことに。そこは、氷の魔女の統べる永久の冬の領域だった!包囲された雪の廃村で、牛飼娘を守り、孤軍奮闘するゴブリンスレイヤー。彼不在の中、女神官は、ゴブリンではない怪物たちの脅威と対峙し、一党の行動を決断していく―。「―手は、あります」蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第9弾!

表紙絵の受付さん、今回全然関係ないじゃん! 前々回に牛飼娘を表紙に抜擢してしまったが故のミスマッチ。今回こそ牛飼娘メインヒロイン回だったのです。いっそ新米戦士と見習聖女のコンビでも良かったのに。
というわけで、ゴブリンスレイヤーさんと牛飼娘とのふたり旅。この世界、幾ら何でもゴブリンとの遭遇率が高すぎやしませんかね!? ゴブリン退治の依頼抜きで別の依頼を受けても普通に配達に出てもゴブリンに遭遇するゴブスレさんである。特にゴブスレさんだけ遭遇率が高いというわけでもなく、万人総じて遭遇するわ、村が幾つも滅びているわ、とこの世界の環境が過酷すぎる、いまさらだけど。
この場合、ゴブスレさんが一緒についてきてくれていたことこそが幸いなのか。馬車と馬を失ってしまったの、地味に痛い損失な気もするけれど。馬車も馬も一財産なだけに、普通の農家だと一気に家計悪化してヤバイことになりそう。幸いにも、ゴブスレさんが相応に稼いでいるはずなのでこれは本格的に婿入りしてもらうしかないですね(完結)。
ともあれ、ゴブスレさんとしても戦えない人間を抱えながら戦うのは……いや、ゴブリンに捕まっていた女性なんかを助けて逃げながら、というシチュエーションはこれまでもあったかもしれないけれど、ゴブリンを殺すための戦いではなく失ってはいけない大切な人を護りきるための戦い、というのはゴブスレさんからしてもはじめての体験だったのではなかろうか。
ゴブリンスレイブマシーンと化していた頃のゴブスレさんだったら、果たしてこのシチュエーションを乗り越えられていたかどうか。きっちり切り替えて牛飼娘の安全を最優先に、そのためには自分もまた死んではならない、行動できないほどに傷ついてはならぬ、という縛りは新たに出来た仲間たちとの冒険の経験、自分に出来ることと人に頼ることの範囲を経験し体得していなければ、かなり危なかったのではなかろうか。彼の発想の豊かさの方向性はひたすらにゴブリンの殺し方、の方面に特化していたとも言えるので、それを二人で生き残る方向、牛飼娘を守る方向へと転換するのはいきなりでは出来なかったんじゃないか、と思えるのだ。これもまた、仲間たちの影響だろう。
翻って、ゴブスレさんの影響を深く受けてしまっている人もいるわけで。新米戦士と見習聖女のコンビもまた、基礎的な事とはいえゴブスレさんから教えを受けて、それを元に成長を続けているわけで。今回のゴブスレさん抜きのいつものメンバーに助けてもらって秩序神の託宣に従う冒険に向かうの、冒険者たちの横のつながりがホントしっかりしてきたのが見て取れて、思わずニマニマしてしまいます。
って、今回の見所は女神官でしょう。この人こそが良くも悪くもゴブスレさんの影響を色濃く受けてしまった最たる人で。そりゃ、冒険者になってからの殆の期間をゴブスレさんと行動し、ゴブスレさんのやり方を見続け体験し続けてきたわけですから、それ色に染まっちゃいますわなあ。
でも、この濃いメンツの中でリーダーシップを取って、というのは彼女自身の資質なんですよね。ごちゃごちゃ言わずに信頼して任せてくれる仲間たちだからこそ、とも言えるのでしょうけれど、女神官も頼れる仲間相手だからこそオーダーに遠慮がない、とも言えるのですけれど、色々と作戦を考えるだけではなく、判断し決断し選択肢を選んでパーティーを導いていく、というのは生半なことじゃないはずなんですよね。立派になったなあ。決め台詞が「策はあります」なのは、染まりすぎ、と思わなくもないですけど。
逆に言うと、この娘はもうゴブスレさんから独り立ちも出来るんだろうな、とも思えるんですよねえ。彼がいなくても立派にやっていけるだけのものを積み上げてるんだなあ、と。ヒロインから段々と主人公の方へとスライドしていっている感じが微妙にしなくもなかったり。

とはいえ、やっぱりここぞという時に危機一髪、パーティーが助けに現れるというシチュエーションは燃えます。ゴブスレさんが笑い、ゴブスレさんが冒険者を自認する。変わったものです。本当に、良き方へと変わったものです。

締めの方で、新米戦士と見習聖女のコンビに新しいメンバー白兎猟兵が加わって、新パーティーが出来上がったのもまた、なんとも微笑ましいことで。ってか、白兎くん女の子だったのか。順調に主人公ルートに入ってるな、この男の子も。


シリーズ感想