コメント欄の方で、今年の上半期のウェブ小説作品でのオススメ作品を教えて欲しい、というご意見を頂きまして、これ今年の年明けに一年の総決算という形で記事書いていたのですが、確かにウェブ小説は長期でシリーズ続くケースは多かれど水ものでもありますし、半年というサイクルでご紹介するのもありかな、と思うに至りまして今回こうして纏めました次第です。暮れか年明けにはまた下半期やりますので。

これ、前回の
2018年 面白かったウェブ小説ピックアップ

幾つか更新止まっている作品もありますが、概ね堅調に連載続いている作品が多いです。
【全肯定奴隷少女:1回10分1000リン】 (佐藤真登) に至っては今月ついに書籍化されて刊行される模様で。テンションあがってます。


<小説家になろう>から

ラケッティア! 〜異世界ゴッドファーザー繁盛記〜】 (実茂 譲)

いやお前絶対普通の高校生じゃないから。マフィアオタクの少年が異世界に転移してしまい、憧れのゴッドファーザーとなり、ありとあらゆるマフィア映画、マフィア作品、史実のマフィア伝説を再現して楽しんでしまおう、とゴッドファーザー・ロールに勤しむお話。
控えめにいって、頭がおかしいのですが作品のノリもいい具合にハッパがキマっているかのようなノリで、ハマるとヤバけ。
ひたすらコメディなんですが、やたらと濃いマフィアネタが話の最初から最後まで敷き詰められ、文章や台詞回しもマフィア映画のそれに染め上げられているので、読んでいると色んな意味で悪酔いできますのよ。


怪力魔法ウォーリア系転生TSアラサー不老幼女新米侍女】 (Leni)

えらい長い間休眠期間が続いていたものの、この5月に入ってから急に連載が復活したシリーズ。内容はまさにタイトル通りの幼女侍女さんの王宮侍女生活を追ったものである。
2012年から連載はじまって、バババーと第一章が書かれて以来、ポツポツと何年かに一度更新されるだけだったんですけどね、5月入ってから途中だった2章が完結まで書かれて、そのまま途切れることなく三章、現在四章と勢いが止まらない。
かなり練り込まれた世界観設定でこの設定だけでも相当面白いのですけれど、それを最前線の戦いとか世界の命運をかけた騒乱とかではなく、庭師と呼ばれる職業を引退して侍女として王宮で働いているキリンさんの日常風景の中にうまく練り込んで反映して描いているのがべらぼうに面白いんですよね。現在後宮編になってますけれど、一般的な後宮とはまた全然異なるこの王国の後宮設定がまた面白いんだよなあ。それにしてもキリンさんが色々便利すぎるw



魔物の国と裁縫使い〜凍える国の裁縫師、伝説の狼に懐かれる。】 (今際之キワ aka.necodeth)

本作のクリティカルはやはり「バロメッツ」の誕生でしょう。88騎からなる黒綿花の中から誕生した綿の羊たち。コットンリーダー以下、傍目にはヌエーヌエーと可愛らしく鳴いているようにしか聞こえない彼ら羊たちの、仲間内で喋ってる内容がニヒルで痛快すぎてやたらキャラ立ちしまくっちゃったんですよね。
最近裁縫師として活動してないんじゃないかとも思えるのですが、繊維に愛されるという主人公の設定は独自性と応用に長けていて非常に興味深いです。ただこの主人公のカルロ、精神年齢が高すぎるというか落ち着いている、老成している感じがあるせいか18歳の若者にはあんまり見えなかったり。20代後半或いは30越えてても不思議じゃないというか違和感なさそう。ルフィオの可愛らしさもいいのですが、つい感情が冥花となって背後で咲き誇ってしまうサヴォーカさん、実に好みです。裁縫師として一番仕事してますしね、サヴォーカさん相手。



百万回転生した俺は、平和な世界でも油断しない】 (稲荷竜)

これは実は名作なんじゃないのか? と、思わず最近読んでて唸ってしまうのです。
生まれたての頃は転生を拗らせてやたらと面倒くさいことばかりしてるんですけれど、白眉は高校生になったあたりから。形成されていた人間関係が大きく変化を迎え、同時に自分の将来について意識し始める頃からの、主人公の内面の語りが……生々しいというか身に覚えがあるというか、体裁を取り繕わずに自分がかつて、或いは今考えて体感して先々について思い巡らしていることが、そのままぶちまけられているような、オマエはオレか!?と言いたくなるようなあるあるネタがわんさかとコメディ、シリアスのシーン問わずにあるんですよね。いやもうぶっちゃけ過ぎじゃね?
もう笑うしか無いくらい笑わされ、ときにしんみりと浸らされられ……。大学進学から就職、結婚、子供の誕生、身内との死別などどんどんと作中のキャラの人生が進んでいくの、色々と感じ入るものがあるんですよね。




ヘンダーソン氏の福音を【データマンチが異世界に転生してTRPGをする話】】 (Schuld)

TRPG、いわゆるテーブルトークロールプレイングゲームを下地、というか主人公自身が強く意識して描かれている作品なんで、普通のそれとは若干バイアスがかかっているのが作品そのものの味となってる。【Tips】で世界観がさらりと語られたりするのも良いエッセンスになってるんですよね。スッと、主人公たちが置かれている環境の具体的な在り方がイメージの中に入り込んできてくれる。
しかし、幼なじみのマルギット。故郷に残って一旦離れ離れになったのにまったく存在感衰えないなあ。既に捕食済み、ということなのか。安易に都会には出てきそうにないけれど。



項羽と劉邦、あと田中】 (古寺谷 雉)

タイトルにも居る項羽と劉邦の二人が本格的に登場してきたことで、秦という統一国家の崩壊と戦乱の時代の本格化がはじまったかのようで、俄然面白さが加速してきた。
やはりこの時代の本番は、章邯が引き立てられ、最初の反乱である陳勝呉広の乱が平定されつつ、その火の粉が盛大に各地にぶちまけられてから。三国志の黄巾の乱みたいなもので。英雄現れてこそ英雄が引き立つ、というわけで我らが田横もむしろここにきて英傑の威風が見えてきた感じで、その脇で支える田中さんもその弁とともに軍師っぽくなっていた?