【異世界食堂 5】 犬塚 惇平/エナミ カツミ  ヒーロー文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

オフィス街に程近い商店街の一角、古い雑居ビルの地下一階にある『洋食のねこや』。
平日はサラリーマンが多く通うありふれた洋食屋は、一週間に一度、土曜日にだけ「特別」なお店になる。先代の頃より三十年間「向こう」の客を絶品料理でもてなしていた『異世界食堂』は、『異世界料理のねこや』として新装開店する。
それは、店の主が変わった一つの区切りの証。
けれど、新たな看板を掲げて名前が変わっても、小さな食堂の営みは変わらない。ちょっと変わった給仕とともに、訪れた人々に美味しい料理をふるまい続ける。チリンチリン――。そうして今日もまた、土曜日に鐘が鳴る。
異世界との扉を閉ざすことの出来るマスターキーを、祖母から引き継いだことで正式に異世界食堂としての「ねこや」を継承した店主。とはいえ、これまでと何が変わることもない、と思っていたのだけれど結構思い切ってスタンス変えてきたんですね。
とはいえ、それは異世界側の人たちからはわからないだろう違いなのでしょうけれど、洋食のねこやではなく「異世界料理のねこや」としてやっていこうという考えは、店主としては一新に近い気持ちだったんじゃないだろうか。
これまではあまり積極的でなかった、洋食以外の料理を出すことにも拘りがなくなった感じですしねえ。まあ、以前までも請われれば洋食屋には似合わない和食系の料理も出していたわけですから、正式に解禁、という体なのかもしれませんが。
店主って修行時代は中華料理店で働いていたのですから、バリエーションとして中華料理の話も増えていってくれたら嬉しいのですけれど。でも、中華まで手を出すと料理器具や調味料までだいぶ違うから難しいのかな。中華粥なんかは出てますが。すでに現時点で一店舗で出すには難しいんじゃないか、というくらいのメニュー量である気はするのですけれど。「おでん」とか、仕込みに時間掛かる分、コンロを一つ長時間占領してしまうわけですから、結構大変でしょうに。前日から仕込んでおけばともかく、今回なぞ急遽の注文だったわけですしねえ。しかし、7日に一度の異世界食堂が生きる上での生命線、という人が少なからず居るあたり、異世界は過酷である。常連でなくても、命の危機に見舞われている時に目の前に扉が開いて命を繋ぐ、というケースが異世界食堂とお客さんが巡り合うパターンとしては少なくないだけに、それだけ死にかけるシチュエーションに遭う機会が多い世界とも言えるわけですしね。
しかし、ヨミさんてば異世界との扉が開く条件として、そのまま放置すると死んじゃう可能性がある人の近く、という設定を付け加えたのだとしたら、何だかんだ親切というか、先代の意志を慮ってのことなのか。

今回はおなじみの常連さんのお話をもう一度、という以前出た料理の二回目、という話が多めにあって、彼らのその後の動向が伺える。その中でも帝国の皇女であるアーデルハイド関連の話が目につくんですよね。彼女と砂の国の王子との婚姻話が順調に進んでいるのに加えて、彼女の知己も何人もお客として訪れているせいか、けっこう他の話でも彼女が登場してたりするんですよねえ。
彼女の婚約のみならず、この店での出会いが人生の岐路となっているケースがまた幾つも散見される
。でも、あくまでそれぞれの人生の主役はお客さんたち本人。彼らにとってのこの店での出来事や出会い、料理の体験は大切なものだけれど、それはきっかけの地であり思い出の舞台なんですよね。
そういうあくまで舞台としてのスタンスを崩さないからこそ、この異世界食堂というお話は色々と沁みるものがあるんだろうな、と改めて思った次第。なんか、同じようなことを以前も書いていた気もするけれど。
ただ、店主自身が主役である話、このねこやが舞台装置ではなく主体そのものである話もあるわけで、前回から続く新装開店の話なんかはまさにそれ。ねこやが舞台装置として切り離されている存在ではない、というのは妙な安心感があるんですよね。アレッタが従業員側としてねこやの側にいるのも結構大きいのではないでしょうか。アレッタ自身は、お客側と従業員側の両方を行き来する結構特別な立ち位置でもあるのですけれど。クロはあれはあれでまた特別だしなあ。
とはいえ、そろそろ「ねこや」側の物語を進める上で進行上重要なあのキャラの登場が待たれるところなのですが、書籍版ではここまで全然姿を見せてないのはどういうことなんだろう。てっきり、マスターキーを引き継いだこの巻あたりから顔見せあるかなー、と思っていたのですが。

しかしこの店、料理の種類が多いのは凄いんだけれど、それ以上にデザートの種類の豊富さは瞠目に値するんじゃなかろうか。ってか、パフェだけでも種類ありすぎじゃないですかね!? プリンパフェとかなかなかお目にかかったことないですよ?
今回はタツゴロウさんの初来店の話などもあり、特に古参のお客である彼の来店時はお客さんなんて他に殆ど居なかったんだなあ、というのが改めてわかるんですよね。先代の頃は少数の常連がポツンポツンと訪れるだけだったんだろうなあ。今の引っ切り無しに客が訪れ、席が埋まっている賑やかさとは隔世の感があるのもまた、感慨深いんですよねえ。

シリーズ感想