降霊科のご依頼でまたぞろ探偵役をやることになったエルメロイ先生。もう時計塔全体からこいつ探偵、と認識されてるんじゃなかろうか。

聖杯大戦でモードレッドとコンビを組んだネクロマンサーの獅子劫さんが、ここにも登場。聖杯大戦が起こるアポクリファとは世界線が違うそうなので、彼が聖杯大戦で死ぬことはなくなったのだけれど、養子を亡くしたのは変わらないのか。
グレイには、エルメロイ師が過去の死人に囚われているから気をつけてやれ、と忠告していたけれど、自分自身を省みて言ってるんですよね。冷静にそういう忠告が出来てしまうあたりが、この人の凄い所でありエグいところなのだけれど。子供が好きだった本を手にとって想いを馳せている様子なんぞを見ても、彼が養子にした子は魔術師としての後継者として以上に自分の子供のように捉えていたんだな、というのが伝わってくる。
だからこそ、前回の話でもそうだったけれど、平気で自分の子供を魔術の触媒や贄にしてしまえる純正の魔術師とは筋が違っているのだろうし、獅子劫としても気に食わないと思うのだろうか。ビジネスライクに割り切ってしまいそうでもあるけれど。
それにしても、この人本当に一部の隙もなく格好いいよなあ。エルメロイ先生に協力の報酬をねだっておきながら葉巻一本で毎度、と承ってみたり。結構人見知りのはずのグレイにも警戒心を抱かせずに接して、まだ幼さの残る少女に過不足ない対応をしてみせたり。
さすがはあの気難しいモードレッドをして完璧に相棒になってみせたパーフェクトコミュニケーターである。素直なエメルロイ先生やグレイあたりなんぞ、チョロいチョロいw

化野菱理さんは、これがアニメでは初登場でしたっけ。剥離城アドラでは開幕度肝を抜かさせられた法政科のエースですけれど、声皆口さんかー。濃い。

今回は登場人物の大半が魔眼持ち、という構図だったけれど、そもそも神殿の目的からして魔眼がキーワードだったのか。ここから魔眼蒐集列車へと話が繋がっていくわけですね。

そんな本番の前に、グレイの大まかな来歴とその霊装の正体もここで明らかに。
聖槍ロンゴミニアド。アーサー王の最果てにて輝ける槍である。本物の宝具なんですよね、これ。本来なら人間が扱えるレベルのものではないのですが、実際現状ではあれ全力ではないのですけれど。
あのつぶやくような呪文と、開放のキーワードのグレイの絶叫は耳に心地よくてほんと好きです。

次回ついに魔眼蒐集列車編かと思ったら、もう一話挟むのか。グレイたんがひたすらかわいい回になりそう。獅子劫さんにロードにはお前さんが必要だ、と言われて「ひょあ!?」と赤面してるグレイも可愛かったけれど、このアニメではグレイが魅力的に描かれすぎてて、幸せです。プラス、今回はライネスも存分に堪能させていただきましたけれど。