【常敗将軍、また敗れる 3】 北条新九郎/伊藤宗一  HJ文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

ダーカス一行の次の目的地は後継問題で二勢力に割れるサラマド公国。片勢力の主導者ライミリアは美貌と指導力を併せ持つシャルナの叔母にあたる人物だった。シャルナは尊敬する叔母にダーカスの雇用を勧めるが、条件が折り合わずダーカスは客として残ることになった。しかしダーカスは存在するだけで周囲に影響を与えてしまう。いつの間にか派閥の駆け引きの中心にいたダーカスはある晩、ライミリアの寝室を訪れ、彼女を抱いた。若いシャルナは烈火の如く怒るが、ダーカスにも意図があったのだ…。

今回のダーカス一行は、戦争で戦うための傭兵としてではなく、サラマド公国内での後継者の継承問題に首を突っ込むことになる。いや、ダーカスってほんと何者なんだろう。傭兵というのは所詮、戦う上での駒であることを商売道具にしていて、本作でも名うての傭兵でも将軍として軍勢を指揮する腕前、あるいは参謀として作戦を立案する能力、場合によっては情報や戦略を駆使して戦争そのものを動かすだけの力量を見せる傭兵なんかも居たけれど、ダーカスの場合はそれを超えて辣腕の外交官や政治家のような働きを見せてるんですよね。今回の政局への関与の仕方なんか、とても一介の傭兵とは思えない働きなんですよ。その意味では、彼が傭兵の中でも特に高給取りだというのも凄くわかるし、実績として毎回戦争で敗北を続けているにも関わらず、彼を雇う者が引きも切らないというのも大いに理解できるんですよね。
というか、彼を使うなら一部隊の戦闘指揮とかじゃあ勿体なさすぎるよなあ。なるほど、だからダーカスも自分の利用単価をあげてそういうしようもない使い方をされないようにしているのか。
第一巻のケースは信頼関係を結んだ二人の依頼人からの願いだった事に加えて、最終的な目的が単なる戦闘での勝利や戦争に勝つことでなかったことで、戦闘の指揮というのは敵将ユアン・マルハルドの殺害という目的以外は重きを為していなかったわけだし。
しかし、今回も戦争ではきっちり敗北しているわけですし、常敗の名は一切ブレていないんだよなあ。それでいて、この人指揮下においた将兵の信望は下がるどころか上がりっぱなし、というのも凄い話である。おまけに実績も上っ面だけみたら、戦争の敗北どころじゃなく今回なんぞある意味国自体が根こそぎ消滅してしまった、とも言えるわけでえらいことになっているのだけれど、依頼者の要望はほぼ全方向に達成してしまっているわけで、ある意味今回が一番ダーカスの凄みを感じられる内容だったかもしれない。
それにこの人、ダーカスって頼られた場合まず見捨てないし、きっちり助けて回ってるんですよねえ。これに関しては金銭関係なく、ですし信頼関係、友誼を結んだ場合は直接の契約関係なくずっと助けになるように動いてくれるんですもんね。ダーカスがアーバルト王子の助けになるように動いているのって、決して金や契約の関係じゃないのでしょうし。アーバルト王子個人への友誼であると同時に、ザルツボルグの王たるサルバトール王との友誼こそが、彼を動かしていると考えれば、クラクス王子派との敵対姿勢もよくわかるんですよね。
金次第でどの陣営にもつくという傭兵の在り方とは根本的に違うダーカスの傭兵としての在り方は非常に興味深いところがあります。彼の弟子としてついてきているティナやアイザッシュは色々と経験を得てダーカスのやり方をよく学んでいってますけど、果たしてダーカスのこういう根本的な生き方についてはどこまで理解し体得しようとしているのか。少なくとも、シャルナ王女にダーカスが度々行っている厳しいくらいの指摘、王女としての甘えを叩き出すような指導は普通の傭兵の論理ではない、彼が見てきた素晴らしい王侯の在り方というのが透けて見えてくる。何だかんだと、シャルナを邪魔者扱いせず鍛え上げようとしている上に、今回だって結局シャルナのお願いを拒否したように見えて叔母ライミリアを救うためにあれこれ動き回っていたわけで。この人、面倒見もいいんだよなあ。弟子たちやシャルナを放り出さずにずっと面倒見ている時点で、その面倒見の良さもわかるというものなんだけど。
しかし、今回の政争はサラマド公国というザルツボルグから分派して起こった属国という特殊な国の成り立ちも相まって、非常に面白いものがあった。占領されて属国化した国じゃなくて、重臣が許されて公国を起こした国なんで、いわば譜代でもあり公国の貴族たちも帰属意識がサラマド公国だけではなく、ザルツボルグにも残っているという特殊な状況が、後継者争いで派閥同士衝突しながら公国としてではなくザルツボルグの臣下としての大きな括りでの共有する意識もあり、と普通の派閥争いとは違う向きもあったんですよね。それを、ダーカスがたくみに刺激し誘導して、ライミリア公妃が主導するアラストラ派と同じく外部から強権的に介入してくるクラクス王子派のザルツボルグ軍人が推すネビル公子派との対立構図を巧みにひっくり返していく展開がとてもおもしろかったのです。
当初のプロットから大きく外れて、ネビル公子がクラクス派の傀儡から脱却していったのもこれ盛り上がる要因だったんでしょうな。当初の予定通りの小物だったら、ここまで劇的などんでん返しにはならなかったのでは。

にしても、ダーカスって交友関係をまともに聞いてたら60代70代でもおかしくない年齢に思えるのだけれど、まったくもって年齢不詳だよなあ、この男。女性関係も元気いっぱいですし。別に長命種だとかいう話も全くないですし、本当にいったい何者なんだダーカス。

シリーズ感想