【86―エイティシックス―Ep.3 ラン・スルー・ザ・バトルフロント(下)】 安里 アサト/しらび  電撃文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

敵“レギオン”の電磁加速砲による数百キロ彼方からの攻撃は、シンのいたギアーデ連邦軍の前線に壊滅的被害を与え、レーナが残るサンマグノリア共和国の最終防衛線を吹き飛ばした。進退極まったギアーデ連邦軍は、1つの結論を出す。それはシンたち「エイティシックス」の面々を“槍の穂先”として、電磁加速砲搭載型“レギオン”の懐に―敵陣のド真ん中に突撃させるという、もはや作戦とは言えぬ作戦だった。だがその渦中にあって、シンは深い苦しみの中にあった。「兄」を倒し、共和国からも解放されたはず。それなのに。待望のEp.3“ギアーデ連邦編”後編。なぜ戦う、“死神”は。何のために。誰のために。

前巻、ようやくサンマグノリア共和国から逃れて自由を手に入れた86たちだったけれど、そこで得た平和な日常を享受できず、迫るレギオンの脅威を見なかったことに出来ず、もう一度戦場に戻っていった彼ら。本人たちをちゃんと見ず、哀れな子供たちというレッテルを張って同情を押し付けてきて、しかし思う通りの姿を演じずに自分たちの信念に従う彼ら86を、やがてギアーデ連邦の人々も不気味な存在と見做すようになっていく。
これ、難しいところなんですよね。大人たちの押し付けてくる善意は86たちがこれまで「人」として在るための拠り所だった信念をなかった事にするもので、結局86たちを自分たちの都合の良い、自分たちが良きモノたちであることを証明するための道具にしているようなもので、共和国での扱いと方向性は違うとは言え似たりよったり。86としては自分たちの存在意義を見失わないためにも、それを受け入れる事は出来なかった。
でも、連邦の人たちの善意は決して偽善というわけでもなく、本心からのものでもあり、彼らを本当の意味で理解し受け入れようとしてくれていた人たちも居たわけです。
86たちも、自分たちには譲れないものがある、ということを表立って示そうとはしてこなかった。彼らの境遇から仕方ない事なのかもしれないけれど、自分たち以外に自分たちへの理解を求めようという発想がそもそもないんですよね。連邦での生活は、彼らに余裕を与え頑なさを緩ませはしたものの、86たちだけで完結してしまっている閉じた世界を打破するまでは至らなかった。
とはいえ、フレデリカは凄く頑張って彼らの中に入っていってたし、エルンスト大統領やグレーテは食い下がって彼らを理解しようとしていた。それは決して無駄ではなく、楔となって打ち込まれていたのだけれど、やはり彼らの中で一番大きかったのはラストハンドラー、レーナ少佐との約束だったんですよね。
はじめて、向こうから彼らを理解しようと踏み込み、入り込んできた異端。
彼女こそが彼ら、特にシンと外界を橋渡しする架け橋のような存在だったのに。
だからこそ、サンマグノリア共和国が陥落し、おそらくレーナも死んだとわかったあの日から、シンからなにか決定的なものが失われてしまったのでしょう。
あれから、特にシンの様子が変わってしまい同じ86の仲間たちからも心を閉ざし、フレデリカが危惧するようなレギオンに取り込まれた戦士たちと同じ負の感情に苛まれながら戦い続ける機械のようになっていく有様は、今まででもっとも見るに耐えない痛ましさでありました。
生きる目的を失い、周りから大切なものたちが櫛るように死んでいき、自分だけが生き残っていく虚しさ。まず心をから死んでいくような、自分から死を求めるような有様は、死だけがゴール地点でありつつも生きる意志だけは失わなかった86としても終わっているような有様で。
それでも、自分から死ににいくような精神状態だけは、フレデリカの献身的な振る舞いとライデンをはじめとした仲間たちの叱咤で抜け出せたものの、決定的なナニカを内側から欠落させてしまった在り方だけはもうどうにもなりそうになかったんですよね。
フレデリカ、ほんと必死にシンの孤独を埋め、冷えた心を温めようと頑張っていたんだけど、彼女一人ではやっぱりどうにもならんかったのかな。

だから、フレデリカはレーナにちょっと嫉妬してもいいと思う。彼女が目の前に現れただけで、灰色に埋もれていた世界に急に色彩が戻っていくような覿面さは、それだけシンにとって彼女の存在がどういうものだったかを示すものだったんだろうけど。
本当に、覿面に彼を孤独から救ってくれた。呪いのようにシンを蝕んでいたものを、彼女はまたたく間に拭い払ってくれた。
望むものが生まれた。見る気もなかった先の未来が目の前に広がった。戦場での死がゴールではなくなった。
仲間たちはみんな先に逝くことなく、彼を独りにすることなく待っていてくれて、エルンストをはじめとして本当の意味で彼ら86を理解し受け入れてくれる人たちが居てくれている。
再会をきっかけに、シンの心は解き放たれ、重く閉ざされていた空気が一気に外へと開いて色彩を帯びていく。

そして、改めての再会と自己紹介。第一巻でのラストシーン。
やはりあの場面こそが、この物語の未来を描くスタート地点だったのだ。

シリーズ感想