【処刑少女の生きる道(バージンロード) 2.ホワイト・アウト】 佐藤真登/ニリツ  GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「この海の近くには、霧があるのよ」
古都ガルムをあとにしたメノウたちは、港町リベールへと辿りつく。
入り込んだが最後、戻ってきた者はいないと言われるリベールの霧。それは、かつて南方諸島連合を食らいつくした、四大人災『霧魔殿』だった。死んでも蘇るアカリを殺しきる手段を求めるメノウは、処刑人としての任務を完遂するため、その魔の霧を利用することを思いつく。
そんななか、メノウたちに接近するリベール伯の娘・マノン。“いなかった"はずの彼女の行動が、メノウたちの運命をアカリですら意図しない方向へと捻じ曲げはじめる――。
彼女が彼女を殺すための物語、急変の第2巻!

これはあかんやつやーー!! やばいやばい、これガチでヤバいやつだ。四大人災ちょっと舐めてた。これはもう強いとか弱いとかの次元じゃないや。本人パニック映画の体現者みたいな事自称してますけれど、もうこれそれどころじゃなくコズミックホラーまで行っちゃってる、イッちゃってるよこれ。
マノンが言ってた通り、これは手に負えない。人間がどうこう出来るもんじゃないですって。見てるだけでSAN値がゴリゴリ削れていく。直葬直葬、頭がおかしくなりそう。怪物だ狂気だという程度のもんじゃないですよ、なんちゅうもんを描いてしまうんだこの作者さん。
生理的に嫌悪感と恐怖感、忌避感が溢れてくる。理解するのを生理的に拒みたくなる。それでいて、注視していないと目を逸らしてしまうと脳みその中にこびりついてべっとりと張り付いて棲み着いてベロベロと目玉を頭の中から舐められるみたいな妄想が剥がれないヤバい怖気を湧き上がらせるような、本物の狂気だ。本物の魔だ。最近、とんと久しくお目にかからなかったガチヤバいやつだ。
これが元は人間だったとか、今でも人間のつもりだとか、冗談じゃねーですよ。成れの果てがこれなのか、純粋概念に呑まれてしまった成れの果てがこれなのか。
他の四大人災(ヒューマンエラー)である星骸も、絡繰り世も、塩の剣も、みんなこんななのか。こんな破滅なのか。どないせいっちゅうねん。これ、人間が触れていいもんじゃないし、どうこうできるもんじゃないですよ。魔王だ邪神だというわかりやすい邪悪だったり強かったり無敵だったりインフレしてたりするような存在の方がよっぽどシンプルで簡単だ。
でもこれはダメだ。世界が歪んでる。在り方が根本的に間違ってる。法則が乱れきって原型がなくなってる。グチャグチャで無茶苦茶だ。
あかんわこれ、世界滅びるわ、それもわかりやすい滅び方じゃなくて人知を超えた形でグチャッと潰れるわ。
そんでもって絶望的なのは、純粋概念を魂に根付かせた異世界人は、もれなく限界を超えるとこれと同じものになってしまうということだ。アカリもまた、その末路はこれなのだ。
これが異世界人の破滅の形なのだ。そして、アカリの消耗はすでにかつて日本に居た頃の記憶をほぼ全損するほどにまで至っている。リミットは近いということだ。
問答無用で召喚された日本人は善悪の区別なく本人に罪はなくとも無関係に鏖殺すべし、という教会の方針、これを見せられてしまうとまったく過剰な反応ではなかったと納得させられてしまう。かの4大人災の狂気を実際に浴びる羽目になった当時の人々がこの結論に至ってしまったのは、もう当然だったんじゃないだろうか。召喚すること自体が大罪というのも重ねて重ねて。

一巻の段階ではほぼ不死身であり、人格の変換もあって裏から状況を操るフィクサーにしてプレイヤーとして物語の行方を引っ張る牽引者にも思えたアカリだけれど、まだただの人間に過ぎない彼女にとってはたとえ時間概念を自由に出来るとしても、意味がない。
パンデモニウムの語る話には多くの示唆があった。アカリの時間操作能力の限界に、純粋概念と呼ばれるものの意味。純粋概念とは使うものではなく、いずれ概念そのものに成り果てるものなのだと。
そして、アカリがもうすでに行き詰まっているという事。
そうなのか。何度も時間回帰によってやり直すことが出来るアカリこそが、アカリとメノウの救いのない破滅をハッピーエンドたる破滅へと進めることが出来る存在なのだと思ってた、思い込んでいたのだけれど。
アカリにはもうその権利はないのかもしれない。アカリの望みは自分の死、メノウによって殺される結末。それは行き詰まり行き止まった結末で、もうアカリに対してなんの裏表もない屈託のない笑顔を向けてしまうに至ったメノウにとっても、どう言い繕っても破滅の結末だ。
だから、そんな時の止まったアカリを動かし変える事が出来るのは、行き詰まった時間を動かす事が出来るのは、メノウの方なのだ。
ゆえにこそ、メノウが主人公だったんだ。
メノウの中にあるという「白」の残滓。悪人という「人」である事を選んだ決意が、この世界の理を・星の定めた運命(システム)を、穿つものになるのだろうか。
生きる道とは、人であるからこそ歩いていけるもの、為せるもの。生きて、彼女は成せるのか。
あの、あまりにも途方も無い人災という概念を前にして、その純粋概念を生み出したこの星の在り方に、翻って人の側の論理を以ってあらゆるすべてを蹂躙するバグみたいな「陽炎」に、果たして彼女は立ち向かえるのか。
メノウとアカリ、それにモモとアーシェナ。メノウだけじゃない、アカリだけでもだめだ。この四人こそが、鍵になるのだろう。きっと一番人間らしさを突き詰めたこの四人こそが。

アーシェナ姫、まさかあそこまでモモのこと執心するに至るとは。何が琴線に触れてしまったのだろう。そして、なんて女の子率が高い物語なんだろう。いやマジで男の登場人物で固有名詞出た人いねーんじゃないだろうか。マノンのお父さんですらなかったと思うし、何気に最初にメノウに殺された男の子も、名前出なかったんじゃなかったか。もしかして、他の四大人災もみんな女性、白の勇者ですらもそうなのか。

今回、万魔殿のインパクトがひたすらとにかくもう絨毯爆撃だったんですけれど、それを抜いても印象強かったのが、導師「陽炎(フレア)」がマノンの母を殺したシーンだったんですよね。死の間際に純粋概念を暴発させそうになった彼女に、陽炎が囁いた一言。それを聞いて、マノンの母が示したもの。それにグッと来ると同時に、そんな母親の強さと愛情を理解仕切りながらそれを利用してみせた師匠……これがあの師匠の在りようなんですよね。なんなんだろう、この人。この人こそ、まだ未知そのものなんだよなあ。一体何を考えているのか、何を目的としているのか、何を望んでいるのか。この人もこの人で、人の成れの果てにも見えてしまうのだけれど。

1巻感想