【聖剣学院の魔剣使い】 志瑞祐/遠坂 あさぎ  MF文庫J

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

最強の魔王レオニスは、来たるべき決戦に備え自らの存在を封印した。だが、1000年の時を超えて目覚めたとき、彼はなんと10歳の少年の姿に戻っていた!「なんでだ!?」「君、どうしてここに閉じ込められていたの?もう大丈夫よ。お姉さんが守ってあげる」。“聖剣学院”に所属する美少女リーセリアに保護されたレオニスは、変わり果てた世界に愕然。未知なる敵“ヴォイド”、“第〇七戦術都市”、武器の形をとる異能の力―“聖剣”。聞き慣れない言葉に戸惑いつつも、彼は“聖剣学院”に入学することに。魔術の失われた未来世界で、最強魔王と美少女たちの織りなす聖剣と魔剣の学園ソード・ファンタジーが幕を開ける!
ショタだ! ショタだよ! あらすじちゃんと読まずに本編読んだので、主人公が10歳の男の子のままお姉さんたちに保護されておねショタがはじまったことにテンションがあがってしまったぜ、危ない危ない。
なるほど、期せずしての遭遇の場合、同世代よりも完全に見た目子供の方がヒロインたちとの関係も保護者ということで関係も結びやすいのか。
ただ、これが平時で舞台が学校ものだと年齢が違いすぎる、しかも発見されたのが子供だと、その後一緒にいることが難しくなるのだけれど、本作の場合人類種の生存をかけた殲滅戦争の戦時下で、聖剣学院なんて学校みたいな名前になっているけれど、その実態と来たらこれ決戦機動要塞都市、なんですよね。なので、たとえ10歳であろうと戦力として数えられるのなら容赦なく人員として編入されるという、考えようによったらかなり殺伐とした世界観なのである。
しかし、レオニスの生きていた(?)時代が魔法とファンタジーの世界なら、千年経って目覚めた世界は科学技術の発達したマブラブとかスターシップ・トゥルーパーズとか、いやこれだと【GOD EATER】みたいな感じか、そんな世界観なんですよね、これ。
そりゃ、魔王様もなんじゃこりゃー!? と、混乱しますわ。昨今、遥か悠久の時間を眠って過ごして目覚めた超常の存在が主人公、未来に置いても無双します、みたいな展開は珍しくもないのだけれど、何百年とか千年以上の時間を隔てているにも関わらず、あんまり文明レベルとしては変わってないケースが結構多い気がするんですよね。場合によっては衰退すらしている事もあるわけで。
そんな中で、完全に魔法から科学へと文明のルールそのものが変わって発展しているケースはあんまりみなかっただけに、それだけでも結構面白かったんですよね。
話の展開自体はオーソドックスかもしれませんが、エンタメ作品としてキャラも話の見せ方にも実が籠もってて、よく出来ているんですよね。志瑞さん、前作の【精霊使いの剣舞】は長期シリーズになりましたけれど、ちと味気ないパサパサした感覚があったのですけれど、【ゼロの使い魔】のエンディングまでを代筆されたあとのこの新作シリーズ、全体にじんわりと味が染みたようなコクが出てて、一皮剥けたような妙味があったんですよね。これは、ちょいといい感じに跳ねそうな感触がありますぞ。
なによりも、おねショタはいいものであります、あります。レオニスくん、10歳なので君づけしてしまいますが、傍目には物腰丁寧で言葉遣いも穏やかな感じのいい子になってて、お姉さま受けしそうな子なんですよね。実際可愛い、うん主人公なんだけど、内心はちゃんと沈着冷静な魔王にして元勇者なんて経歴の青年なんだけれど、ちゃんと小さな男の子らしくしてるのはいいですよ、可愛いですよ。
そして、魔王時代から付き従っていた魔狼の王子と暗殺者のメイドがある意味レオくんよりも速攻で現代に馴染んでて、イイ性格してるのがツボでした。特にメイドのシャーリー。この子かなり愉快だぞw


志瑞祐作品感想