【天才王子の赤字国家再生術 5~そうだ、売国しよう~】 鳥羽 徹/ファルまろ  GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

『やはり手を組むべきは、グリュエールだな、間違いない! 』
ミールタースでの騒動を機に、大いに知名度を上げたナトラ王国は、空前の好景気を迎えていた。
追い風に上機嫌なウェインにとって気がかりなのは、西側への玄関口として成長著しいマーデン領の存在。
国内のパワーバランスを調整するため、ウェインはグリュエール王が治めるソルジェスト王国と手を結び国全体を底上げすることを画策する。
折しもグリュエールからの招待を受け、意気込んで外交に向かうウェインだったが、
そこでは予想外の展開が待ち受けていた! 戦雲垂れ込める、弱小国家運営譚第五弾!

この作品、傑物怪物妖怪と呼ぶに相応しい国主、政治家、聖職者と幾人も登場してウェインの前に立ち塞がり、もしくは手を差し伸べてくるのだけれど……忘れていたわけじゃないけれど、主人公のウェイン王子こそがそんな人中の怪物の中でも屈指の化物なんだよなあ、というのを改めて思い知らされた感がある。人前で見せる理知的で切れ者な有能王子の顔も、プライベートでの剽げて戯けた間抜けな顔も、彼の一面でしかなく、その本質は……。
そして、その本質に気づき覗き込んだ者ほど、彼に惹かれてしまうんですよね。
今回、ウェインの前に立ちふさがるのは前巻で不穏な事をのたまっていたグリュエール王。完全にウェインにターゲティング決め込んでいただけに、すぐに戦争でも吹っ掛けてくるかと思ったのですがこの人そういう単純なバトルジャンキーなんかじゃなかったんですよね。ただの戦争屋ではなく、政治謀略外交戦略も含めて相手を陥れ、徹底的に弄ぶ万能の人なんですよね。この人、いろんな方面に圧倒的すぎるだろう。そりゃ、敵になれる相手がいなかったのもよくわかる。自分に抗し得る相手として、ウェインに目をつけたのはそれこそ目の付け所が際立っている、と言っていいのかもしれない。
ウェインからすると、大迷惑極まりないのだけれど、わざわざ自分の国に一度招いてから、というのがたち悪いですよね、これ。しかも、訪れて直接対面してみれば、どこからどう見ても名君ですし。そのくせ、大食感でブクブクに太りきった肉塊というキャラの濃さ。いや、ただ太っているだけならともかく、この人の場合「太っているにも関わらず」という冠がつくあれこれが多すぎるくらいなんだよなあ。その太っているという姿にも様々な意味が込められているし。そのうちの料理に関する件については、ウェイン完全敗北、完落ちアヘ顔ダブルピース状態だったじゃないですか、いやだもうw
宴で供される料理は外交交渉における最も偉大な武器の一つ、という事実をグリュエール王はまざまざと見せつけてくれたわけで。いや実際、この料理だけでこれまでも様々な外交交渉を有利にまとめてきた実績もあるんだろう、と思わせてくれるくらいのパーフェクトゲームでありました。
それ以上に、これまでの歴史や現状から見えているはずの国際情勢を全く無為にしてくる外交戦略が凄まじすぎたのですが。
そんでもって、相変わらずどう考えても詰んでるだろう、という状況から相手を根絶やしにする勢いで状況をひっくり返してしまうウェイン王子の得意技がまたも炸裂するわけである。
いや今回は特にすごかった。最近忘れられガチだけれど、このウェイン王子は真性の売国奴であるんですよね。国を売ることに、自分の立場を失うことに何らの忌避も抱いていない人間でなければ、絶対に繰り出せない策でありました。ってか、脅し方が勝利を後ろ盾に、じゃないどころか逆張りなのがもうとんでもねーんですよね。なにその発想。
「――俺はやるよ?」
このセリフに、ここまで凄絶さを、おぞましさをまとわせる主人公の化物っぷりよ。そう、こいつはヤるヤツなんだよ。
あれを目の前で見せつけられて、むしろ彼の眼鏡に適いたいと思うようになるゼノは見込みありますよ。或いは、アテられた、とも言えるのかも知れませんが。
そして、ウェインの才気以上の制御された狂気とも言える部分に今回もっともアテられたと言えるのがグリュエール王なのでしょう。いや、この展開は予想外だった。このグリュエール王、前回の様子からどう転んでも味方にはならず、ライバルか場合によってはラスボス級にウェインの前に立ち塞がりつづけるキャラクターになるかと思ったのですが……。うん、今後も決して味方とは言えないでしょうし仲間とも言えないでしょうけれど、絶対に信頼できないけれどこの上なく信用できる最大の同盟者……いや、この場合は共犯者と言うべきか、になってくれるんじゃないでしょうか。ウェインがその狂気を抱き続ける限り、この人は絶対に裏切らなさそう。裏切らなくても、常に試しいらんちょっかい掛けてきても、おかしくはなさそうでもあるのですけれど。
さてこれで、周辺国いつの間にかある程度掌握してしまった、ということになるのでしょうか。一旦どこかで整理したいくらいだけど。
次回は日常回という話ですが、さて「日常回とは!?」という内容にならなければよいのですが。わりと緩い話も多い作品なので、その危惧は杞憂でしょうけど。

シリーズ感想