【学園最強の異能ハッカー、異世界魔術をも支配する】 真野真央/ファルまろ MF文庫J

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「私を──殺してください!」
異世界からやってきたという儚げな少女は出会って早々、俺にそんな言葉を吐きやがった。
なんでも、異世界とこちらをつなぐための大規模魔術の“生贄”から逃げてきたらしい。
その儀式を止めるために、こちらの世界で死にたいのだとか……。
「改竄」という力を使い、異能力を開発するこの学園都市で消化試合のような生活をしていた俺だが、「異世界転生」への手掛かりとなるコイツは何としても助けなくてはならない。
「世界の命運なんて知ったこちゃないが、俺の目的のためにお前のことを守ってやるよ」
電子と魔術、二つの力の邂逅が紡ぐ、運命を改竄する学園バトルファンタジー開幕!

異世界魔術と現代科学をベースにした異能力とのバトルもの。異世界側が一方的に侵攻してくる側になっているので、戦う理由には事欠かないようになっている。その戦端を開く鍵となるのがサクリファイスと呼ばれる生贄の少女なわけだけれど、彼女が生贄として正規に機能するまでは異世界側から同時に送り込まれる人数が限定されている、というのがバトルものとしての舞台設定がうまいこと整えられているんですよね。
なぜ、異世界側がこちらに侵攻してくるのか、という理由にもどうやらちゃんとしたこの物語の根幹に関わるものがあるようですし、何気に設定周りはしっかりしてるんですよね。
ただその分、魔術と異能力の区分について全く異なるルールによって成り立つもの、となり得なかったのは正直惜しいな、と思う部分なのだけれど、異世界側が異能力についてまったく無知であり、完全に未知の力として捉えているので異種格闘技戦的なアプローチとしては十分とも言える。
やっぱり文化圏文明圏から異なる、戦闘法や魔法魔術による異種戦闘ものは燃えるものがありますからねえ。
ただ主人公の能力である「改竄」がタイトルにあるようなハッカー的な要素を存分に発揮できていたかというとかなり微妙ではあるんですよね。彼の能力的にはほんと、何でも出来る予想もできない方向からの絡め手とか、相手に何もさせない完封劇も色んな形で出来たと思うのですが、なぜ同じ方法が何度も通じると思ったしか。そのへん工夫がなさすぎて、学園都市で勇名を成したにしては老練さが足りないなあ、と思ったり。ほんと、その能力に関しては自由度がやたら高いだけに使い方が実に勿体ない。
一方で、決死の思いで異世界から逃れてきたサクリファイスというヒロインに対してのアプローチは満点に近いんですよね、この男。
諦観と絶望と一片の希望を胸にようやくたどり着いたこの世界で、初めて見る科学文明の光景に目をキラキラさせて生気を取り戻して、キャッキャとはしゃぐサクリファイスの姿の尊いことと言ったら。
妹を亡くした一件ですっかりやる気を失ってた在真がようやく手に入れた妹に繋がる異世界という情報源に発奮するのは当然なのですが、向こうから生贄を連れ戻すために現れるだろう異世界の刺客たちの囮としてサクリファイスをぞんざいに扱うのではなく、かと言ってただの庇護対象として守るだけの存在にせず、彼女の生きる意思を沸き立たせ、自ら戦う意志を尊重してあれこれと手を尽くす姿は、ただ優しいだけではない甲斐性が見えてくるんですよね。最後、サクリファイスに対して追手として現れた兄貴に言いたいことを言ってやれ、とお膳立てするあたりとかねえ。
サクリファイスのお陰で、彼自身立ち上がる気力が湧いてきたというのもあるのでしょうけれど、お互いに良い影響を与え合うという意味で、実に良い主人公ヒロインカップルなんですよね。
しかし、サクリファイス以外の女性陣が色んな意味で病んでる、病んでるw
幼馴染もヤバいけど、何気にうまいこと扱ってる在真くん。ヤンデレの操縦法がよくわかってると言えるのかもしれないけど、でも幼馴染への気遣いもちゃんとしているのが大した人物なんだよなあ。
まあ、それ以上にヤバかった妹のおかげで鍛えられたのかもしれないが。いやもう、あれはあかんやろう、というレベルだよね、妹ちゃん。普通、目の前で自殺とかされたらお兄ちゃんトラウマになって当然ですから。
そしてサクリファイスの兄ですよ、こいつ。サクリファイスことリファが自分でも罵ってますけど、生贄で死んじゃう妹に将来のこと嬉しそうに語るとか、自分好きな人が出来て両思いになれたから、そいつと幸せになるんでお前は使命に準じて立派に死ねよな、とか言われ続けたら、レイプ目にもなりますがな、どんな鬼畜やねん。本人、妹を揶揄したり見下したりしてるのではなく、真剣真面目に言ってるあたりがまた救いがないというのが。
在真くんが、こいつ殴る、と物理に偏ってしまったのもわかってしまいますがな。
次はもう少し、改竄という能力をうまいこと使った展開を持ってきてほしくあります。キャラ同士の関係の情勢は丁寧ですらあるので、このままメインを掘り下げていってくれたらなあ、と。

真野真央作品感想