【エリスの聖杯】 常磐くじら/夕薙 GAノベル

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER
「いいこと、コンスタンス・グレイル。お前のこれからの人生をかけて、わたくしの復讐を成功させなさい! 」

誠実だけが取り柄の地味な子爵令嬢コニーは、とある夜会で婚約者を奪われ、窃盗の罪まで着せられる絶対絶命の窮地に陥っていた。
しかしそんな彼女の元に、10年前に処刑された希代の悪女、スカーレット・カスティエルの亡霊が現れる!
かつてその類稀なる美貌と、由緒正しき血統と、圧倒的なカリスマでもって社交界の至宝と謳われたスカーレットは、コニーに憑依するや瞬く間に形勢を逆転し、危機を救う。だが、その代償としてコニーが要求されたのは、スカーレットの復讐に協力することだった!?
利害関係から始まった二人のコンビは、貴族社会に潜む悪意や陥穽を蹴散らすうちに大切な絆で結ばれた真の相棒へと成長し、やがて過去から続く巨大な陰謀と対峙していく……!


………………お!? うぉお!? あれ? 読み終わった? 終わっちゃった? 一巻これで終わり!? ここまで!?
……おおおおーー。ほわーーー。なにこれ、完全に引き込まれてたよ。夢中になってた。気がついたら読み終わってた。
お、面白かった〜〜。なにこれ、すごい面白かったんですけど。すごいすごいわはー(テンションあげあげ

いやこれ、普通の悪役令嬢復讐譚じゃなくて、本格サスペンスじゃないですか。十年前の陰謀が現在まで宮廷の闇の奥底にはびこり、様々な宮廷貴族や貴族令嬢たちの思惑や悪意のさらにその奥、その裏、その底でさらなる闇が蠢いている。そこに、真相を求めて踏み込んでいくコニーとスカーレットのコンビ。
謎が謎を呼び、過去に秘されていた秘密を見つけ出せば、さらなる秘密が浮き出してくる。すでにスカーレットだけではなく何人もの人間が謎の死を遂げており、一度なりを潜めていた宮中での蠢きは、コニーがスカーレットと共に動き出すと同時にこの現代においても表舞台に浮上してきて、謀殺と思しき死人が、様々なトラブル、事件とともに現れだす。
そんなかなり危うい橋を、コニーとスカーレットはドタバタお互い騒ぎながら突っ込んでいくのである。いや、危ない、危なっかしい!
コニー、元々「誠実」を家訓とする家のおとなしい内気な貴族令嬢だったはずなのですけれど、スカーレットに背中を蹴飛ばされるように叱咤されて、ヒーヒー言いながら走り回っているうちに段々と本性なのか秘められた素の顔なのか、結構面の皮が厚いと言うかタフというかすっとぼけて天然でガンガン行こうぜ、な所が出てきて凄い面白い子になってくんだよなあ。
土壇場に追い込まれたり、思わぬ事態に遭遇したりすると、貴族のお嬢さんとは思えない俗語(スラング)を素で飛ばしたりしますし。内気でおとなしい貴族のお嬢様が「マジかよ!」とか叫ばない!
スカーレットはスカーレットで、冤罪で処刑された悲劇の女性かと思ったら、処刑の要因となった後に王子の妃となる女性に毒を持った、という殺人未遂こそ完全に冤罪だったものの、それ以外の傍若無人な振る舞いは完全に悪役令嬢のそれでありました。ってか、悪気のない傲慢悪女だー!
でも非常に頭が良くまわり記憶良くもよく、相手にマウント取って這いつくばらせることには天性の才能を持つすげえ女だったのも間違いないようで。十年前の宮中の社交界を支配していたのは間違いなくこの娘だったわけだ。
だからこそ、なぜ彼女が処刑されるまでにハメられなくてはならなかったのか。一体誰が仕組んだのか。十年前、貴族界では何が起こっていたのか、そして今もなおそれはこの国の闇に根をはりうごめいているのか。
十年前、スカーレットのライバルだった、スカーレット以上に頭がまわり彼女とは比べ物にならないほど慎重で、狡猾で、多分悪友だった女性も、数年前に謎の自殺を遂げていたり。彼女がこっそり残していた謎の遺書を探しだしたり、とこれホントに本格サスペンスになってるんですよね。
スカーレットを陥れた者たちは、決してわかりやすいぼんくらどもなどではなく、正体もわからない巨悪であるというのがわかってきて、それと対決することになっていく展開はむちゃくちゃワクワクさせられて、引き込まれてしまいました。

しかし、幕間のたびに書かれてる人物紹介、人物紹介というかその章での登場人物の動向やら心境が綴ってある紹介表の内容が毎回爆笑もので、そのあまりの身も蓋もない書き方は笑う笑う、これ酷いからほんと。言いたい放題じゃないか。しかも、書き方にセンス溢れてるんですよね。っていうか、最後のケイトの欄とか、本編で彼女が置かれたシリアスな状況をぶち壊すような書き方してあって、そうかもしれないけどおおいッ!!てな感じで。あの人物紹介、毎回楽しみにしてしまいましたがなw

コニーとスカーレット、二人の令嬢コンビも最初は下僕と女王様みたいな感じだったのが、段々とコニーの方にも遠慮がなくなってきて、ほんとの相棒みたいになっていくのが良かったんですよねえ。
スカーレットに追い立てられながら、コニーもわりと最初からズケズケとモノ言ってたような気もするけれど、スカーレットに対して素直な気持ちもどんどん打ち明けてるんですよね。あの最初に助けてもらった時の感謝も。スカーレットも、何気にガンガン安全確認せずに突き進んでしまうコニーが心配でたまらなくなって、あれこれと世話も焼き出すし。スカーレット、過去にはリリィのような天敵兼宿敵兼好敵手みたいな悪友(仮)もいたけれど、その傲慢でつけあがった性格もあってか本当の友達はいなかったのでしょうけれど、こうやって遠慮なく言い合いつつお互い気遣い会える、お互いストップかけられる関係というのは初めてだったんでしょうね。自分を既に死んでいる幽霊だと忘れたように振る舞う(多分、実際忘れてる)コニーと打ち解けていく様子は、ほんとイイものでした。尊い。スカーレットと呼び捨てされるようになって、自分もコニーと愛称で呼ぶようになるあたりとか……うんうん。

なんか途中で死神閣下などと呼ばれる憲兵として活躍している、スカーレットの自殺した友人の元旦那と、事件の捜査も絡んで婚約(仮)するはめになるのですが、一緒に行動してみると「なんだこいつ!?」とお互いなってるあたりが笑えるやら案外お似合いやら。
まだまだ真相には爪先が掛かっているかわからないくらいなのですけれど、本当に面白かった。物語に引き込まれてしまいました。これは続き、楽しみで仕方ないわー。ってか、あそこで止めるとか凶悪すぎませんか!? どうなるのさー!