【城なし城主の英雄譚 彼女のファイアボールが当たらない!】 阿樹 翔/八葉 GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

アンタとアタシは「最高の家族」になれるんでしょ?
GA文庫大賞《奨励賞》受賞の、古城攻略ファンタジー!

「僕の将来のクラン・メンバー、家族になってくれないだろうか」?
モンスターが跋扈する遺跡・古城を攻略し、所有する集団――クランの設立を夢見る少年・レオン。
彼はある日、ノーコンな自称天才魔導士の少女・リシアと出会う。
「家族って、こ、公私ともに」?
「いや、僕のクランはハーレムにしたいし」
「アンタわりかし最低ね!」
そんなノリで組みはじめた二人はしかし、大型古城を支配する竜人姉妹や、有名クランを率いる獣人王と出会い戦っていく中で、彼らだけの城、彼らだけの最高のクラン(家族)を創り上げていく――!

二人の絆でどんな強敵も討ち倒せ!
攻城戦から始める剣と魔法の英雄譚!!
いきなりハーレムしたいとか言いだすからどんな女好きな主人公かとおもったら……レオンくん、むしろ今の所そんなに女の子には興味ないんじゃないの!?
今は城主になるという夢に夢中でハーレム云々言ってるのは育ての親である義姉が逆ハーレム作ってた大城主だった影響のようで、本人今の所そんな女の子のお尻を追いかけてる暇なさそうなんですよね。その意味ではまだ子供っぽいというか童心のまま突き進む初々しい若者っぽさが前面に出ている男の子なのである。
でも誠実で直向きで結構小器用で仲間に対しても気配り上手でコミュニケーション能力や交渉力も優れている上に世話好きなところもあり、と目標に夢中である事以外にはちゃんと地に足がついているというか、人間が出来ている子なんですよね。で、親しい人の前では小狡い所やセコい所とかヘタれる弱気な一面も素直に見せてくれるので、頼もしいと同時に庇護欲を掻き立てられるタイプでもあるわけですよ。相手のメンツを立てる配慮もあり、男の子として譲れない部分は絶対に譲らない頑固さもある。この子、女の子にモテるだけじゃなくて老若男女問わず好かれるタイプなんじゃないだろうか。敵対した相手からも認められ、好かれるような人物とでも言うべきか。
彼に誘われたリシアが、あとで自分こいつの仲間で居ていいんだろうか、と引け目感じてしまったのも無理からぬ所なんですよね。リシアと来たら能力的にもアレだし、性格的にも結構歪んでる、という自覚もあっただろうし。
そんなリシアに対して親身にノーコン治す工夫を一緒に考えたり、なにくれとなく面倒見て、一方で結構遠慮なくズケズケとした物言いで彼女の欠点やらを論ったり、その性格の悪さを前提とした予防線ちゃっかり引いてみたり。と優しいだけじゃない姿勢はむしろリシアに負い目を感じさせず、凄く付き合いやすいあけっぴろげな関係を構築できてるんですよね。意図してやってるわけじゃないんだろうけど。
リシアもこれで聡明な子だから、自分の問題点と照らし合わせてレオンという今はまだ名前も売れてないミソッカスの剣士くんがどれだけ可能性を秘めた子か、どれだけ人間として出来た子か、というのはやっぱりわかるんですよね。果たしてそんな彼に自分は仲間として家族といてふさわしいか、なんて悩みを抱くのも当然でしょう。面の皮が厚い少女でも、臆面もなく寄生できるようなプライドの無さとは無縁の誇りある自称天才魔導士ですからね。
そんな心境の時に、向こうから率直に求められ、認められ、一緒に頑張っていってほしいなんて請われたら、グラグラに揺れ動くってなもんですよ。ってか、ちょっと見てればとんでもない優良物件だと丸わかりだもんなあ。
とはいえ、これを一目見て一目惚れしてしまったオリヴィアは、見る目ありまくりだったんでしょうけど。
レオンとリシアの遠慮皆無の屈託ない、でも信頼し合った関係はほんと出会ったばかりとは思えない息の合いっぷりで、相性バッチリだったんだろうなあ。レオンって、決して女慣れしてる方じゃなくて女性相手には多少なりとも緊張しちゃうっぽい所があるのに、リシアにはまったく心理的な壁なかったですもんねえ。まあそういう気後れを必要としないくらいリシアが出会いからハチャメチャだったというのもありますけど。

対抗馬となる有力城主の獣人王も、その生き様にブレのない芯の一本通ったかっこいい王様で、今はライバルよりもずっと格上ですけれど、立ちふさがる壁であり、自身が勇躍するレオンと同じ城主としての野望を滾らせる先達として、実に粋な敵役でありました。
これだけカッコいい王様なのに、初登場事の傍若無人さはむしろ男を下げる振る舞いだっただけに、ちょっと勿体なかったなあ、と。まあその後は株はあがるばかりで下がることはなかったのですけれど。仲間に対しても情熱と愛情たっぷりで、連れ添い甲斐のあるリーダーでしたし。

オリヴィアとミネットの竜人コンビやフリッツ会長もそうですけれど、この物語に登場する城主たちはそれぞれに相応しい矜持と誇りを以て城主として振る舞っていて、うん全員カッコよかったなあ。
どうやらレオンには本人も知らない、簡単に城主にはなれない秘密が隠されているようで、リシアとコンビを組みながらしばらくは城無しのまま、野良で過ごさなければならないようで、ハーレムの道は遠そう……モテ度に関してはまったく心配なさそうですが。いやだって、文句なしにイイ男だもん、この子ってば。