【スパイ教室 01.《花園》のリリィ】 竹町 /トマリ 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

陽炎パレス・共同生活のルール。一つ 七人で協力して生活すること。一つ 外出時は本気で遊ぶこと。一つ あらゆる手段でもって僕を倒すこと。
――各国がスパイによる“影の戦争“を繰り広げる世界。任務成功率100%、しかし性格に難ありの凄腕スパイ・クラウスは、死亡率九割を超える『不可能任務』に挑む機関―灯―を創設する。
しかし、選出されたメンバーは実践経験のない7人の少女たち。毒殺、トラップ、色仕掛け――任務達成のため、少女たちに残された唯一の手段は、クラウスに騙しあいで打ち勝つことだった!? 世界最強のスパイによる、世界最高の騙しあい! 第32回ファンタジア大賞《大賞》受賞の痛快スパイファンタジー!

そうかー、そういう事だったのか。さっぱり気づかなかったのですよ。
ボーッと読んでんじゃねえよッ! と叱られそう。
これは丁寧に描写を追って、一人一人区別して注視して認識して把握して捉えて読んでいたら気づいていたんだろう。でも、なんとなーく流して読んじゃってたんですよね。なるほどなあ、特定して識別する対象というのは必要なものなんだな。名前とか愛称、コードネームでもあだ名でもなんでもいいけれど、名付けるという行為は存外重要なものであるというのを再認識させてもらった。
と、今書いてて気づいたんだけれど、普通に考えたら個人でならともかく組織単位で盗聴してたなら、コードの振り分けくらいはしてそうなものですけどね。特に、内容を吟味するためにも誰が何を喋っていたか、というのは重要でしょうし。まあそういうの言い出すと、こんな年端も行かぬ少女をエージェントに仕立て上げて、という時点からあれなのでしょうけど。
ともあれ、おかげさまで誰が誰かちゃんと把握しないままラストまで行ってしまって、ちゃんとキャラクター認識できていたのって、最初から名前が出ていたリリィと途中から個別に描かれだしたエルナだけだったんですよね。
ふたりとも非常に個性的なキャラをしていて、内面描写なんかかも振れ幅大きくそれぞれを強く印象づける描かれ方をしていたので、他の面々も今後ちゃんと描かれるようになったら誰が誰かわからない、なんてこともなくちゃんと存在感を示してくれるんじゃないかと思う。
その意味では構成上仕方なかったとはいえ、印象に残らない描き方をされていたのはちと勿体なくはあったんですよね。
まあその御蔭か、メインのリリィのキャラの強さが凄まじいまでに目立っていたのですが。いや、この子の場合周りの印象が薄くなくちゃんと描かれたとしても、その目立ちようは変わりなかったかもしれませんけど。
なにしろ「イイ性格」しまくってるもんなあ。これは元の「学校」では随分と教官たちを疲れさせてたんじゃないだろうか。それでも結構可愛がられてそうな感じではありましたけど。
図抜けた楽天家だけれど脳天気な楽観主義ではないのは、自身の置かれた立場に危機感を感じて即座に行動に打って出るあたりからも見受けられるんですよね。まあその行動に間が抜けてる場合が多々あるのは致命的な気もしますが。
それでも、自分の立場や能力を客観的に見ているあたりは非常に冷静な部分もありますし、その上で厳しい状況にも堪えた様子もなくあれだけ前向き楽天的で居られるというのは、相当タフなメンタルしているかネジが何本か外れているか。
この子リリィは決してリーダー向きだとは思わなかったのですけれど、この環境下において彼女は旗振り役としては得難い資質の持ち主だったのかもしれません。この子が先頭に立ってニコニコと旗振って進んでいる限りは、みんな折れずにすみますし。物語そのもののムードメーカーで有り続けてくれましたもんね。
しかし、リリィって決して無能ではなく身体能力なんかも普通に凄いですし、とても落ちこぼれには見えないのですけれど、これで成績やばい部類だったというのは養成されてるエージェントの水準レベルって無茶苦茶高いんだろうか。

ともあれ、次回以降はリリィとエルナ以外のメンバーにもスポット当てていってくれると思うので、そのあたりも期待したいです。ある意味作中で一番すっとぼけている天然なクラウス先生、リリィと絡んでる時だけでも相当に面白かったですけど、誰と絡んでも愉快なことになりそうですし。