のだろうけど、何となくこっちに閉じこもっているのです。



  • メッセージフォームから情報いただきました、ありがとうございます。
    >大分前に八岐さんが熱を入れて感想語ってらした「ばいばい、アース」が、ヤングキングアワーズでコミカライズ連載開始されたそうです。ご存知だったらっすいません。

    知らんかった! アワーズは雑誌読み放題サービスで読んでるんですけど、アワーズの電書版はなんでか次回予告載ってないので新連載情報とかノーチェックでしたわー。
    いったいどういう経緯あって、冲方丁先生の初期作品がコミカライズなんて運びになったのか。あれ、相当前の作品ですのに。とはいえ、楽しみ。




  • 週刊少年サンデーの田辺イエロウさんの【BIRDMAN】、完結となりましたけれど結局ふわふわしたまま何を描きたかったのか掴めないまま終わっちゃったなあ、という印象。どっか飛んで行っちゃいそうな鷹山を、常に烏丸の何でも無いようで刺さる言葉がつなぎとめていたようなイメージだったけれど、ここも決定的な破綻を一旦でも見せないまま終わりまで辿り着いちゃったし、世界と新人類たる鳥人たちとの相克も、突き詰めないままふわふわっと着地してしまった感もあるし。若干打ち切りの気配もあるのかしら。前作【結界師】も、え?これで終わり? というあっさりした終わりだった記憶があるので、そういう作品傾向なのかもしれないけど。

    そう言えば、荒川弘さんの【銀の匙】もバタバタっと終わらせてしまった感じで。あれも連載感覚空いちゃってたけど、全体に整理にかかってるんだろうか。
    【絶対可憐チルドレン】もついに皆本が薫を女の子として意識し始めるエピソードが入って、ラストようやく見え始めたし。
    しかし、高校生編に入って……って入ってから随分と長いけど、薫ちゃんマジで美人になったよなあ。皆本じゃなくても、あれはドキっとするよ。



  • 今期のアニメはとかく【異種族レビュアーズ】が話題だけど、実際悪ノリしてるとしか思えないくらい製作スタッフが原作の何が面白くて何を魅せるべきか、というのをわかって引き出している感がある、というか引き出しすぎてる感があるので、確かに滅茶苦茶面白いんだよなあ。
    しかしこれ、原作は初連載時からウェブで見てたんだけど、なんで読もうと思ったんだろうw

    それとは別に、今期でべらぼうに面白いのが【SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!!】。
    前作【SHOW BY ROCK!!】はサンリオ作品の狂気! 狂気!なコメディ性を継承しつつ、そのキャラクターの丁寧で愛された描き方やストーリーの躍動感、音楽をテーマにした目と耳を楽しませてくれる傑作だったのですけど、今作もキャラを一新しつつまたぞろ滅茶苦茶イイ作品に仕上がってるんですよね。
    今期は良作が揃ってますけど、イチオシは【SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!!】で。
    「SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!」Blu-ray第1巻
    (2020年3月18日)

    Amazon