【賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求 痛 ~愛弟子サヨナと今回はこのくらいで勘弁しといたるわ~】 有象利路/かれい 電撃文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

Q:どうしてこんな変態作の2巻が出るのですか?/A:あっ、悪ノリです。

「クソっ、今回もダメだったか……ッ!」
担当編集は憤っていた。悪ノリで2巻が出てしまうこの『賢勇者』シリーズを王道ファンタジー路線に戻すべく、彼は時間遡行を繰り返し、未来を変えようとしていたのだ。
しかし、何度繰り返しても本作の主人公・シコルスキは、賢勇者というカッコいい肩書きなのに定期的に全裸になる変態であり、ヒロイン・サヨナは昨今のトレンドに反して胸が極薄で、性格がバブみから遠ざかっていくのだった。サブキャラも全員反社会的なサムシングだ。
「オレは、嫌なんだ! 全文検索で卑猥な単語がジャンジャン引っかかる下品な小説を編集するのは……! うおおおッ!」
果たして担当は未来を変えられたか!?
その答えは今、君の手の中にある――。
スタートから扉絵でなんか凄くイイ文言が書いてあるから、誰かの名言でも引用してるのかと思ったら、榎宮祐先生の推薦文だった。推薦文、いきなり冒頭に本文中に掲載すんな!! いや、別にしたらあかん事は全然ないんだよな。よし、しろ!! 実際これほんとに良い文章な気がするので(気がするので!)、こういう文章なら開幕に持ってきて貰っても推進力になりますものね。
しかし、あらすじもぶっ飛んでいりゃ、本文も色々やりたい放題で確かに「悪ノリ」に見えるんだけれど、ただやりたい放題やっているだけじゃあこうはならないんですよね。頭のおかしい人が頭のおかしいままに垂れ流された脳汁をぶちまけただけじゃあ、こうはならない。それはもっと野放図で狂気に満ちた怪作になるのだけれど、これはマトモな人がボーダーラインの上で綱渡りするスリルにもう笑うしか無いとばかりに神経をすり減らしながら突貫するトライアルアンドエラー作品っぽいんですよね。
途中の面接話では、なんか募集して応募してもらったキャラを登場させてたりするのですが、その扱いが結構優しいというか遠慮が伺えるんですよね。
「おばあちゃん」をボッシュートで強制排除しない時点で全然悪ノリじゃないと思いますよ!? もう振り切っちゃっているなら、自作自演キャラへの酷い扱いを見せておいた上であの「おばあちゃん」をさらなる酷い退場のさせ方をしそうなものである。ましてや、それ以降のわりと耐久力ありそうなキャラなら尚更に。でも、それ以降は普通にお引取り、だったもんなあ。
ラストも、物語としてちゃんと筋道立てて展開を通した上でキレイな着陸を見せてくれるところに、途中どれだけ限界に挑戦してメタネタシモネタをばらまきながらも、ちゃんとした形を整えてしまうマトモな作家としての本能が伺い知れるのだ。
あとがきにも、色々と心身削って魂まで削って疲弊しまくっている様子が垣間見えるだけに、そりゃ根本でまともな人が通常とは別の意味で限界方向に挑んでしまったら、そりゃ疲弊もしますわねえ。
むしろ、頭を捻ってこういうのひり出してくるの、逆に凄いと思いませんか? そちらに戦慄を覚えてしまいます。ネタに関してもただぶちまけるのではなく、見せ方に技巧を感じたりするところもありますし、演出のはっちゃけっぷりは小説媒体という枠組みにとらわれない発想で、かつてGA文庫の【のうりん】で白鳥先生と切符先生のコンビによる本文の文章と挿絵の合体必殺技で見せられた演出の可能性、その一つの発展型を見せてもらえたかのようでした。
てか、悪ノリしてたの担当さんの方じゃないの!? そうでなくても、無茶振りされてバッドトリップしてでもなければなかなか「こう」はならないと思うけどなあ。
三木一馬氏の実写写真にはさすがに吹き出すのを止められなかったぜ。本人コメントはないんですか?w
サブタイトルが発売直前に変更になったのは、むしろ作品のヤバさを強調するエピソードになった気もしますけど、そのあとにつけられたのが吉本新喜劇とかでよく使われる ↑ だったのは、このネタが使われるシチュエーションを考えると、わりと本気でボコボコにされる勢いで叱れられたんじゃなかろうかと邪推してしまうんですがw
そして、これで終わる終わる完結完結、というのは終わる終わる詐欺にしかもう見えないですよ? そして、サヨナちゃんとはもっと性的にヨゴレ役に勤しんでも許されると思うのだよ?(私が許す!)

1巻感想