【デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット 6】 東出 祐一郎/ NOCO 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

白の女王の軍勢攻め入るファンタジー世界の第五領域へと辿り着いた狂三たちは、ギルドで冒険者登録をすることに。名称:時崎狂三、レベル:死シ死シシネネ、冒険者ランク:?天使:理解不能能能能能能能能ノウノウノウノウノウノウノウノウ“刻々帝”
「本当に『わたくし何かやりまして?』案件ですよ」
パーティメンバー(響、アリアドネ、蒼)も驚愕のステータスで、白の女王の目的を阻止するため、ダンジョンでチート無双する狂三だったが…。「彼女はわたくしと同じ精霊。恐らく、その反転体ですわ」最深部のラスボスは、いてはならないはずの精霊で―。

第五領域はリアルMMORPG。ゲームについての知識皆無な狂三さんのわからないまま響に手取り足取り?戸惑いながら教えられるのかわゆすぎる。そして、ビキニ鎧の凶悪さ加減よ。この鎧で剣ではなくて、銃を装備というのもまた趣深いよね。
ただ肝心のステータスが完全に「窓に!窓に!」案件だったのには笑ってしまった。普通にバグってるのと違う冒涜的恐怖でイカレ狂ってる風味ですし。へいへい、ステータスさんビビってる?
響は響で数値的にはアレでしたけれど、ジョブとかスキルやらなんやらが山師とかプロの三下っぽいのがさすがである。
ここでついに、この世界にいる準精霊たちがどういう存在なのかがわかってきたのだけれど、彼女たちが既に死んでしまっている存在だったとしたら、どうして狂三がこの世界に落ちてきたのか。理由が謎だったけど、そうかそうだったのか。彼女もまた、同じだったわけだ。
この狂三が分身体であることは既に判明していたわけだけれど、「どの」狂三であったかはまだ明言されてなかったですよね。おおよそ想像は出来ていたのだけれど、ここではっきりと明言してくれたのはありがたい。そうだよなあ、狂三の中でも特に「彼」に対して恋い焦がれ一途に思いを寄せているのって、「あの」狂三がもっともふさわしい。圧倒的な納得である。
もっとも情が深く、どこか純真で冷酷になりきれない優しい個体。そうか、あそこで潰えたはずだった彼女の物語は、今ここにこうして続いていたのか。そう思うと、感慨深いというかじわりと胸に湧き上がってくるものがある。
そして今の狂三には、新しく大切なモノが出来てしまっている。心通じ合わせることが叶ってしまった仲間たち。自分の恋を理解してくれて、応援してくれる多分本当の友達を。
でも、もしこのまま「彼」に会うためにこの臨界を出ていくということは、響をはじめとする仲間たちと別れることになってしまう。いや、別れるだけならまだしも、狂三の脱界が臨界の崩壊に繋がるのなら、それは明確な選択になってしまう。はたして、狂三は大切な友達を見捨てることができるのか。
それ以前に、友達と「彼」を天秤にかけることができるのか。

狂三の恋を誰よりも応援しながら、でも今新たに狂三と離れがたい狂おしいほどの思いを胸の奥で渦巻かせている響。想い人のために脇目も振らず突き進んでほしい、でもこれからもずっと自分と一緒に居てほしい。両方ともに響の本心で、張り裂けそうに高鳴る思いで、響ちゃん闇落ちするか女神になるか、いずれにしても第一巻で速攻本物の精霊相手にジャイアントキリングを決めたように、三下のくせにラスボスのポテンシャルを秘めた彼女こそが、やはり最後のキープレーヤーになりそう。
だいたい、この子が素直に囚われのお姫様とか洗脳された駒とかで落ち着いているのは想像できないし。

一方で、本来のラスボスである白の女王。そうかー、こちらも予想外でありながら納得の正体。いや、本当に白の女王が「彼女」であるかはまだ定かではないのだけれど、ここが死んでしまった女の子たちが集まる場所、である以上、そして狂三に殺されたという来歴は彼女を狂三の反転体という存在に座らせるにふさわしい存在とも考えられるんですよね。
それに、この狂三にとって「友達」という存在がこの臨界の旅の中で無視できない最重要の重さをなしてきた中で、「親友」というキーワードがこちらの方向からも投げ込まれてくるのもなるほどなあ、と思わせる展開だ。

しかし、今回はやたらと蒼が可愛かった。戦闘狂で脳筋で勇んで突っかかってくる何を考えてるかよくわからない娘、という印象だったのが全部ひっくり返りましたよ。純粋一途で、むちゃくちゃ可愛いじゃないか。それに、考えなしではなくて彼女なりにとてもよく考えていて、狂三の想いをちゃんと理解していて、それを認めながらももし叶うならばという蒼の素直な好意の吐露は胸にくるものがありました。
いい子じゃないかー。

東出祐一郎 作品感想