【航宙軍士官、冒険者になる 4】 伊藤 暖彦/himesuz エンターブレイン

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

貴族となるための足掛かりとしてドラゴンの討伐に成功した帝国航宙軍兵士アラン。彼はドラゴンの素材をオークションにかけ大金を手にし、目論見通り叙勲を受けることに成功する。ついに貴族となり、樹海の広大な土地を手に入れたアランは建国を見据え、本格的な開拓に着手することに。しかし、ドラゴンスレイヤーの称号を持つ彼を狙う者たちの影が迫るのだった…!!異星ファンタジー超大作、第四弾!

前巻でもまずアランの持つ情報支援システムの凄さから語ってしまったけれど、どうしてもこれが読んでて印象に残ってしまうんですよね。戦場における敵や地形などの索敵情報のリアルタイム掌握のみならず、今回は王都を舞台に不可視のドローンを動員した盗聴盗撮といった監視社会さながらの情報収集で、色んな意味で洗いざらいでしたからね。これもう好きなようにやりたい放題できるんじゃないだろうか。貴族や大商人の弱み握りまくるのも出来るだろうし。
その意味では、わざわざ真っ当な手段で叙爵するのを目的にしているのは控えめというか穏当なのかもしれないけど。あまりやられたら必ずやりかえす的な思考がないのもアランの特徴なのかもしれない。基本的に温厚なんですよね、海兵隊的な航宙軍の出身としては随分と大人しい気もするけれど。
それでも、毒まで平然と盛ってくる宰相はさすがに敵認定でしょう。それも、地下牢で政争に破れて囚われていた元宰相親子を救出するようなことがなければ、放置していたかも、と思わせる鷹揚さがアランにはある。それだけ、何をされても通じない、という余裕からなのでしょうけれど。アランが本気で敵だと思ってるのって、帝国軍の敵にして人類の敵である侵略性宇宙生物バグズだけなのだろう。
それにしても、宰相はやり方が杜撰ですよね、これ。実際に暗殺していないうちから、もう殺すからと護国卿みたいな自分を脅かしかねない軍権を掌握するような役職を与えてしまうとか。単に、自分をアランを暗殺した主犯と見られないため、という理由だけならもっと当たり障りないやり方もあっただろうに。むしろ、ドラゴンスレイヤーとはいえぽっと出の平民出身と思われる冒険者に軍権預けるような役職与えるとか、変な疑惑生みかねないだろうに。そんな常から太っ腹な姿勢の政治家でもなかろうに。
まあ小物である。
とはいえ、こういう俗物だけばかりが跋扈しているわけではなく、使者として現れたへリング士爵をはじめとしてなかなかおもしろい人物が王国にも散見されるんですよね。若き王様も宰相の傀儡状態ではあるみたいだけれど、無能な人物ではなさそうだし。正直、叙爵なんかしなくても勝手に樹海切り拓いて建国しても問題ないんじゃないか、と思っていたのですが、叙爵受けて領地として樹海をもらうという行程を挟めば煩わしい問題も減るでしょうし、王国内部に味方となってくれる人と今回の一件で人脈をつなげることが叶うなら、決して無駄な行程ではないのかしら。
てっきり、救出した元宰相親子は現宰相勢力を叩き潰す伏せ札になるのかと思いましたけれど、王国の宰相に返り咲くのではなく、なんかこのままアランに仕える流れになってますね。辣腕の政治家が加わるのは助かるけれど、王国の方これ骨抜きにならないだろうか。

さて、表紙ではクレリア姫がダンスパートナー務めてますけれど、実際の所彼女含めてエルナ、シャロン、セリーナと肝心のヒロイン衆はみんな特に目立ってなかったというか、なにしてたんだろう今回。釣り?
それに比べて一人、いや一頭気を吐いていたのがドラゴンのグローリアで。意思疎通が出来るようになったのもあるのだけれど、一途で真面目で可愛い子じゃないですかグローリア。もうこの娘がヒロインでいいんじゃないだろうか、ドラゴンだけど。存在感も段違いでしたし。

シリーズ感想