彩雲国物語―花は紫宮に咲く

【彩雲国物語 花は紫宮に咲く】  雪乃紗衣/由羅カイリ  角川ビーンズ文庫

 蝶よ花よと可愛がるだけが愛しむというものにあらず。
 後宮の主という立場を捨てて、自分の力で初の女性官吏になった以上、秀麗が自身に降りかかる困難は自力でなんとかするのが筋とは言え、女性蔑視と嫉妬による理不尽な仕打ちに対して1,2巻で彼女と親しんでいる高官たちが手を出さずにいるのにはヤキモキしました。
 でも、確かに甘やかしてはいないんですが、秀麗、愛され捲くってます。上で権勢振るってる曲者揃いの連中がみんな秀麗を見守ってるわけですから、後ろ盾という意味ではもはや完璧に近いんだよなあ。実際は、秀麗は自分の能力と人柄を示す事で周囲に自分を認めさせるわけですけど、本当に宮廷の上層となんの繋がりも無い女性が試験に合格して官吏になっていたら、果たしてどうなっていただろうと思わないでもない。恵まれてるのは確かなんだよなあ。
 でも泣くの我慢して歯ぁ食いしばってがむしゃらに頑張る秀麗の姿は実に格好良かったので、よし。

 話自体は確実に面白い。第一巻から見ても話の作りがちゃんとしっかりとしてきている。コメディとしても上質でキャラ同士の掛け合いも楽しいし、宮廷劇としてもそれなりに捻りを効かして面白く見せるようにしていると思う。うん、お見事。
 しかし、少女小説だけあって、主人公の秀麗以外は見事に男ばっかり(笑)
 明確に秀麗が好きだというのは王さまだけなんだけど、登場人物の少なからぬ人数が彼女に好意抱いてるもんなあ。まあ、それが女性に対するものかは微妙に濁してあるんだけど。
 その秀麗、絵師さん本当に十人前に描いてるし(汗
 今まで他の女性が出てくる挿絵が一枚だけで、それもちゃんと顔が見れるように描いていなかったので、てっきりこの絵師さんは女性を秀麗みたいにしか描けないのかと思ってたら、この巻で違う美人の女性の人が描かれてたんだけど、明らかに秀麗とは顔の造作が違うし(笑)
 けっこう作中の表現と挿絵が食い違ってることって多いので、こうもしっかりと作中の通りだと感心してしまいました。超絶綺麗には描けるけど、それ以外は描けないって人は意外と多いので、なかなかに好印象だったり(笑)
 いや、秀麗以外はみんな美形なんですけどね。お陰で余計に秀麗がぶさ(中略