あそびにいくヨ!〈3〉たのしいねこのつかいかた
【あそびにいくヨ! 3.たのしいねこのつかいかた】 著:神野オキナ  MF文庫J

 お、面白い。普通に面白い。普通にすごく面白いんですけど。
 ちょっと意外でした。神野オキナさんって比較的淡々とした乾いた文章を書く人で、どちらかというと殺伐としたストーリーの似合うタイプの作家だと思ってたんですが、書き方はそんな変えてる印象がないのに、こんな全編ずっとほのぼのしっぱなしのアクションもないラブコメをこんなに面白く仕上げるとは。
 1巻2巻もほのぼのラブコメとしては大変面白かったんですが、今までは適度にミリタリー要素を含めたアクションシーンを盛り込んでストーリーに起伏をつけていたんですが、今回は全編通して本当にまったりと遊ぶだけ。沖縄に戻り、水着着て部活の合宿、海で泳いでキャンプキャンプ、とまさにタイトルの「あそびにいくヨ」を地で行く内容。それなのに途中ダレる事無く、むしろまったり感に引きずり込まれて最後まで浸ってしまいました。逆に戦闘シーンを排したことで(一部にある事はありますけど、切迫感がなくほのぼのの延長っぽい)上手さを見せ付けられた感じ。神野オキナとはまさにその戦闘・アクションとそれに伴う周囲の状況や極限状態の描写が得意という類の作家というイメージで、それはこの「あそびにいくヨ」の1,2巻を読んでも変わっていなかったんですが、この作品でそのイメージがちょっとひっくり返されました。
 あー、すっげー楽しかった。

 幼馴染属性という立場から言及させてもらうと、幼馴染の子が完全に別のヒロインの恋のサポート役に徹してしまったのが悔しい。しかも、そのサポート役が大変嵌っているのがまた悔しい(笑)
 今回幼馴染の子の挿絵が全然なくって、こりゃヒロイン降格なのかしら?

 微妙に今回、犬側の人が可愛かった。サポートメカがマットレイですよ、マットレイ。所謂一つのケンケン。
 キシシシシシシッ