徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  7月の漫画新刊カレンダー  7月の書籍新刊カレンダー
  8月の漫画新刊カレンダー  8月の書籍新刊カレンダー
  

書籍感想(2014)

2014年 ライトノベル・ベスト  

新人作品まとめ記事でもちらりと触れましたけれど、今年は例年と比べてもだいぶ読めた冊数が減ってます。

トータルで532冊。うち、漫画50冊なので480冊前後が読んだ本の冊数になりますか。去年が
621冊。うち漫画本を抜いた数が543冊なので60冊近く減ってますね。去年目標で650冊をあげていましたが、うん無理でしたね、全然。今年もちょっと挽回できる気あんまりしないので、現状が維持できればいいなあ、というくらいで。

2013年 2012年 2011年  2010年 2009年 2008年


例年は5つ星の上を設定していましたけれど、今年はありません。ちょっと今年は特に例年と比べても自分の評価基準が吝くて、全体的に5つ星つけた作品が少なかったというのもあるのですけれど。


五つ星☆ミ


角川スニーカー文庫
薔薇のマリア 20.I love you.[noir] 】 十文字青/BUNBUN 
薔薇のマリア 21.I love you.[rouge]】 十文字青/BUNBUN 

十文字青さんのデビュー作にして、超弩級ファンタジーもここについに完結! 完結! 完結!! 壮大な、凄まじいまでに壮大なヒロイックファンタジー、世界の断末魔を背景にそれでも戦って戦って戦い抜いたニンゲンたちの生き様が目の裏に焼き付いているのです。存分に堪能させていただきました。ありがとう!


問題児たちが異世界から来るそうですよ? 撃て、星の光より速く!】 竜ノ湖太郎/天之有 

箱庭世界の各所から猛者集い、魔王の中の魔王アジ=ダカーハとの最後の戦いへと突入する。敵も味方も関係なく、命尽き果てるまで、魂が滅するまでに燃えたぎる、これぞ最終決戦という最高の戦いでありました。漢の矜持と本懐に本気で泣かされた。



ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ
カーマリー地方教会特務課の事件簿 3】 橘早月/中嶋敦子 

一連の陰謀に決着がつく第一部完結編。言葉を失うほどに胸を突く圧巻の心情描写の連なりが、ドラマを色鮮やかに彩っていく。名作と呼ぶに相応しい一品でした。


電撃文庫
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 5】 宇野朴人/さんば挿 

やっぱり凄いわ、このシリーズ。ストーリーの躍動感もさることながら、語り口が胸にダイレクトに訴えかけてくるんですよね。緻密な論理性と豊かな情緒が盛り込まれた本格戦記モノって、そりゃ凄いわ。


ミス・ファーブルの蟲ノ荒園 4】 物草純平/藤ちょこ 

花の都パリを舞台に繰り広げられる決戦。こと剣戟アクションに関してはライトノベル史上においても屈指と言って過言ではない凄まじさ。バトルシーンにおける純粋なアクション描写に、これほど興奮させられた記憶は殆ど無い。ストーリーも少女の夢と少年の希望が絡まり寄り添い合う感動的な盛り上がりでした。


このライトノベルがすごい! 文庫
スクールライブ・オンライン 4】 木野裕喜/hatsuko 

ただでさえハードモードだと思っていたら、それどころじゃない難易度ルナティックだったという怒涛の展開を迎えたのがこの4巻。仮想世界上に留まらず、現実世界にまで容赦なく陰謀の魔の手は伸びてきて、主人公サイドの追い詰められっぷりが尋常ではない。この擦り切れそうな緊迫感が、またたまりません。


ガガガ文庫
憂鬱なヴィランズ 5】 カミツキレイニー/キムラダイスケ 

童話の悪役たちの能力を与えてくれる「絵本」をめぐる物語もこれにて完結。境遇にも環境にも負けず言い訳せず、決然と立ち向かう男の子、女の子たちがみんな本当に格好の良い、最高の青春ストーリーでした。この人の作品はホント、ツボにハマる。


富士見ファンタジア文庫
神さまのいない日曜日 9】 入江君人/茨乃 

昨今のライトノベルでは類を見なかった幻想物語の最終幕。アイの旅の本当の終わりが今此処に。ひたすら、とうとう最後まで休むこと無く心揺さぶられ続けた物語でした。


MF文庫J
絶深海のソラリス】 らきるち/あさぎり 

前半の素敵ラブコメから一転、後半は絶望の底に突き落とされる海洋パニックホラーへ。前半の出来栄えが良くてヒロインたちに魅了されたからこそ、彼女らが次々と無残な事になっていく後半の威力が半端ないことに。
近年でも一番鬱にさせられた一作でした。


スーパーダッシュ文庫
メサイア・クライベイビィ 2.それは銃弾より尊く強い】 八針来夏/黒銀 

なぜ人は涙を流すのか。涙にも様々な意味があり、込められた思いがある。それは嘆きであり歓喜であり魂からの絶叫なのだ。人間の尊厳をかけて戦うスペースオペラの傑作、思わず感極まって貰い泣きしそうになるほどの思いを、訴えかけてくる作品です。


ファミ通文庫
B.A.D. 13.そして、繭墨は明日もチョコレートを食べる】 綾里けいし/kona 

異形の幻想譚、これにて完結。本来なら筆舌に尽くしがたいバッドエンドを迎えるはずだった多くの人を救って見せた、小田桐くんの「偽善」は当初は醜悪にすら近かったとしても、貫いた今となっては偉大のヒトコトです。


以下には、4つ星Dashの作品を列挙しております。続きを読む

2014年12月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

月末発売のファミ通文庫、スニーカー文庫、コバルト文庫、HJ文庫、ビーンズ文庫などは来月送り。

読んだ本の数:40冊 うち漫画:6冊

前月は幾らなんでも、というくらいに読めなかったので、何とか挽回して40冊。幾つか前々から積んだままだった本も取り崩せたので、ここで取り上げた中にも随分前に出版された本も混じっていますが悪しからず。
兎にも角にも私の好みドストライクで爆発しそうなのが、【異世界から帰ったら江戸なのである】と【聖黒の龍と火薬の儀式<パウダーキス>】。北元さんのノワール小説は、ほんとタマランですよ。こういうの書く人、いないんですよ、希少なんですよ! そして、ウェブ投稿分は全部読んでます。【異世界から帰ったら江戸なのである】。これが書籍化されると知った時は小躍りしたものですが、本になったものもパワーダウンすることなく期待通りの仕上がりで、やっぱり小躍りしたものです。続き、早う。
【俺、ツインテールになります。】も、アニメ化した方がアレなことになってますが、原作は勢い衰えることなく変態パワー全開。テイルブルーのラブと蛮族性も全開!!
【ガンゲイル・オンライン】も、期待通りの時雨沢さん、やりたい放題で読んでて楽しかったー。
新作の方では【東京ストレイ・ウィザーズ】がいい感じ。【異界の軍師の救国奇譚】と【スチームヘヴン・フリークス】も2巻になってむしろ勢いを増した感じで、これは波に乗ったかもしれませんぞ。


★★★★☆彡(四ツ星Dash) 4冊

異世界から帰ったら江戸なのである 第壱巻】 左高例/ユウナラ エンターブレイン
聖黒の龍と火薬の儀式<パウダーキス> 2】 北元あきの/しらび  MF文庫J
俺、ツインテールになります。8 イラスト集付き限定特装版】 水沢夢/春日歩 ガガガ文庫
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 1.スクワッド・ジャム】 時雨沢恵一/黒星紅白 電撃文庫

【異世界から帰ったら江戸なのである 第壱巻】 左高例/ユウナラ エンターブレイン


感想はこちら
異世界よ、これが江戸だ! このキャッチフレーズはなかなか最高だと思いますよ。異世界よりも面白い素っ頓狂な江戸の街を舞台にした、ポンコツ日常コメディ。今、一番オススメの傑作です。


【聖黒の龍と火薬の儀式<パウダーキス> 2】 北元あきの/しらび  MF文庫J


感想はこちら
謀略渦巻き硝煙たゆたうまったき黒の世界における、命懸けの愛の物語。
「貴方の為なら/お前のためなら、いつだって死ねるんだ」
これこそまさに鉄血のラブストーリー。


【俺、ツインテールになります。8 イラスト集付き限定特装版】 水沢夢/春日歩 ガガガ文庫


感想はこちら
幼馴染であるが故に、絶対に負けられない戦いが此処にある。どれほど蛮族でも、どれほど凶獣でも、津辺愛香は作品随一の乙女です。


【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 1.スクワッド・ジャム】 時雨沢恵一/黒星紅白 電撃文庫


感想はこちら
時雨沢さん趣味全力全開の、フルスロットルガンシューアクション。存分にっ、楽しめと言わんばかりの物語。そりゃあもう、楽しいったらありゃしない。

★★★★(四ツ星) 8冊


異界の軍師の救国奇譚(フェアリーテイル) 2】 語部マサユキ/明星かがよ 角川スニーカー文庫
彼女がフラグをおられたら こんな床が抜ける寮にはいられない、私は角部屋に帰らせて貰うからね!】 竹井10日/CUTEG  講談社ラノベ文庫
スチームヘヴン・フリークス 2】 伊崎喬助/凱 ガガガ文庫
黒鋼(くろ)の魔紋修復士(ヒエラ・グリフィコス) 10】 嬉野秋彦/ミユキルリア ファミ通文庫
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) 6】 海空りく/をん GA文庫
東京ストレイ・ウィザーズ】 中谷栄太/Riv GA文庫
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 6】 宇野朴人/竜徹 電撃文庫
無能力者(レベルE)のオービット・ゲーム 2】 翅田大介/伍長 オーバーラップ文庫


【異界の軍師の救国奇譚(フェアリーテイル) 2】 語部マサユキ/明星かがよ 角川スニーカー文庫


感想はこちら


【彼女がフラグをおられたら こんな床が抜ける寮にはいられない、私は角部屋に帰らせて貰うからね!】 竹井10日/CUTEG  講談社ラノベ文庫


感想はこちら


【スチームヘヴン・フリークス 2】 伊崎喬助/凱 ガガガ文庫


感想はこちら


【黒鋼(くろ)の魔紋修復士(ヒエラ・グリフィコス) 10】 嬉野秋彦/ミユキルリア ファミ通文庫


感想はこちら


【落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) 6】 海空りく/をん GA文庫


感想はこちら


【東京ストレイ・ウィザーズ】 中谷栄太/Riv GA文庫


感想はこちら


【ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 6】 宇野朴人/竜徹 電撃文庫


感想はこちら


【無能力者(レベルE)のオービット・ゲーム 2】 翅田大介/伍長 オーバーラップ文庫


感想はこちら



今月のピックアップ・キャラクター

九郎 (異世界から帰ったら江戸なのである)
鳥山石燕 (異世界から帰ったら江戸なのである)
ポシェット (クレイジーハットは盗まない)
アンティーク (クレイジーハットは盗まない)
No.0/神楽・ブレードフィールド (彼女がフラグをおられたら)
ザジ (スチームヘヴン・フリークス)
ヴァレリア・コスタクルタ (黒鋼の魔紋修復士)
雨宮橙子 ( 聖黒の龍と火薬の儀式<パウダーキス>)
アムリタ (東京ストレイ・ウィザーズ)
津辺愛香 (俺、ツインテールになります。)




以下に、読書メーター読録と一言感想。

続きを読む

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.63   

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.6 (電撃文庫)

【ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.6】 聴猫芝居/Hisasi 電撃文庫

Amazon

今年こそはリア充クリスマスだと思った? 残念!!
自称妹なストーカーによりクリスマス中止のお知らせ!?

あれ、結局ネトゲばっかやってたら二学期も終わり? クリスマス直前……?
そんな折。ネトゲ内クリスマスイベントに参加した英騎たちが出会ったのは――
「……え、えっ? お兄ちゃんっ!?」
残念美少女・亜子の前に現れた、"ネトゲの妹"というどっかで聞いたことのある属性のプレイヤー。そして亜子は吠える!
「勝手に決めた妹設定を押し付けて!」
完全に「おまいう」な状況下で、亜子は、英騎は、ネトゲ部は無事クリスマスを終えられるのか!? 残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、ブーメラン直撃の第6弾!
いや、もう文句なしにリア充以外のなにものでもない学生生活じゃないですか。趣味の好きなネトゲーでどっぷり遊びつつ、リアルでも同じ趣味の仲間たちと和気藹々と過ごし、それが全部女の子だったり、ちょっと生活力てダメな所は多いけれど普通に可愛くて同じ趣味の女の子を普通にカノジョにして、リアルに慕ってくれる可愛い妹も居て……って、もはや一片の隙もないリア充生活じゃないっすか! ネトゲにどっぷりと言いつつ、一般人が本気で引くレベルではないのは、セッテこと秋山さんが普通にネトゲ部に出入りしているのでも明らか。ネトゲに偏見なくて、実際自分でも遊んでいるとはいえ、彼女の感覚は一般人のそれからブレてはいないので、指標として目安にし易いのですけれど、このクリスマス近辺では特に馴染んだ感じでネトゲ部の面々と一緒に過ごしていたのを見ると、単に彼女が慣れたのもあるんだろうけれど、英騎たちがネットと現実の間をバランス良く行き来していたからなのだと思う。
どう見てもリア充ですから、あんたたち。
亜子も、最初期に比べると英騎たちの調教というか教育がきいてきたのか、だいぶ真人間になってきたし。いや、最初ほんと酷かったじゃないですか。リアルとネットの区別がついてないレベルで。
今回のストーカー妹キャラの登場のお陰で、ようやくなのか今更なのかわからないけれど、亜子も当時の自分の痛さを自覚してくれたみたいですし、ここまでマシになってくれたらもういいんじゃないかな。
どうも、亜子のあの両親の様子を見てると、どうも亜子のあのダメさ加減は母親譲りみたいで、未だ親父さん苦労している節が伺えるんですよね。これ以上はもう治らないと見て諦めても……。
お互い相思相愛で、鉄板も揺るがなさそうだしなあ。他の娘たちも無理して割って入る様子もないし、まあ可哀想なんですが、妹に対してのあれだけキッパリした亜子への宣言を見せられてしまうとねえ。
しかし、お兄ちゃんベッタリの妹はなかなかかわいかったんだが、同じ家でログインしててもやっぱり気づかないもんかねえ。妹の方は兄ちゃんわかっていると思い込んでの前提での言動、しかし兄ちゃんの方はさっぱり気づいていない、というわりと呑気なすれ違いは面白かったです。ほんと、コメディ高値で安定してるわー、このシリーズ。

シリーズ感想

赫竜王(イグニス)の盟約騎士 3   

赫竜王の盟約騎士〈3〉 (一迅社文庫)

【赫竜王(イグニス)の盟約騎士 3】 手島史詞/八坂ミナト 一迅社文庫

Amazon

王家の秘密を探っていた剣聖の一番弟子は王国で秘密裏に進められていた新世代の竜狩りの育成計画の存在を知るが、気配に気づいた完成形の新世代竜狩りたちとの戦いで行方不明となってしまう。ジルたちは王国が作った新たな竜狩り部隊の脅威から学院を守りきることができるのか、そしてジルに強い復讐心を抱く新世代の竜狩りのリーダーの正体とは。竜を狩って強くなれ!手島史詞の竜狩りファンタジー第三弾登場!
こうなってくると、フィーネの退場がちょっと早かったんじゃないかと思えてくる。彼女の死がこれほど重く多くの人に影響を与える事になるにしては、彼女、ジルたちと知り合ってから退場するまであんまり間がなかったんですよね。交流していた期間が短かったんで、どうしても通り過ぎていったような感覚しか残っていなかったので、あそこまで彼女の死がジルに後悔とともに焼き付いているとは。
そもそも、そこまでジルが責任を感じるところじゃないもんなあ。もっと、本格的にフィーネを利用して殺す形になっていたら、罪悪感の抱きようもあるってなもんだけれど、あれはちょっとした錯誤のようなもので、別に彼女を死なすつもりなんて毛頭なかったわけですし。
その意味ではジークリットのそれは完全に八つ当たりも良いところで、あそこまでショックを受けてしまうジルはどれだけ人が良いというべきか、復讐という行為に神聖さを抱いているというべきか。ジルや咲夜が抱いている復讐と対照とするには、ジークリットのそれはちょっと理不尽すぎてパワーが弱かった気がします。
それならそれで、もっとビシッと復讐を否定する調停者たるティナが切って捨ててくれればよかったのですが、丁度ジルの変節を感じ取った咲夜が不安定になっているところで、彼女の迷走と暴走が重なってしまったせいでその辺のテーマの回収も、ちとあやふやになってしまった感がある。
今回、咲夜が一人ティナの影響を受けて破滅の道から外れつつあるジルに置いてけぼりにされて、彼女自身破滅型の生き方を貫くか、それともジルと同じく違う道を行くか。甘い破滅に身を任せるか、それとも厳しくも眩しい希望の道へと踏みしめるかの岐路に立つ、という彼女の主役ともなる話だったわけで、コチラも蔑ろにするわけにはいかなかったのだろうけれど。
結局咲夜って、最初からもう復讐者としてよりも女としてジルに寄り添っていた節があるので、自覚して認めるか否かの話ではあったんですよね。依存からの脱却、とも言えるのだけれど。でなきゃ、あれほどフルフルにほだされないですよ。もうちょっと咲夜にはフルフルとイチャイチャしてほしくもありましたが。

まあこれ、まんまとティナの圧勝ムードなんですよね、これ。ジルも、ティナを敵とか言いはるのもそろそろ無理が出てきてますよ。

シリーズ感想

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 1.スクワッド・ジャム4   

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (1) ―スクワッド・ジャム― (電撃文庫)

【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 1.スクワッド・ジャム】 時雨沢恵一/黒星紅白 

Amazon

『キノの旅』の時雨沢恵一&黒星紅白による、もう一つの『ソードアート・オンライン』が登場!

銃と鋼鉄の世界《ガンゲイル・オンライン》を舞台にしたアニメ『ソードアート・オンラインII』ファントム・バレット編。
その銃器監修を担当した時雨沢恵一だからこそ描くことができた、新たなSAOワールドがここに!

身長183cmの女子大生・小比類巻 香蓮(こひるいまき かれん)。長身コンプレックスが災いし《現実世界》では人付き合いが苦手な彼女を変えたのはVRMMO《GGO》だった。
身長150cmにも満たない理想の"チビ"アバターを手にした香蓮は、全身ピンクの戦闘服を身に纏い、プレイヤー"レン"となってGGO世界を駆け回る!
そんなレンの前に現れた美人プレイヤー"ピトフーイ"。GGO内ではレアな女性同士、意気投合するが――ある日レンは、最強ガンナー決定戦《BoB》のチームバトルロイヤル版《スクワッド・ジャム》への参戦をピトフーイから打診され……。
ふおおおお、面白い面白い面白いよーー!! 時雨沢さんが一心不乱に趣味全開に走るとこうなってしまうのか。SAOはどうしても性に合わなくて結局10巻を前にして脱落したのだけれど、GGO編は読んでいたので、設定云々については覚えていたのでその辺りはすんなり頭に入ってきた。元々SAOの世界観はエンタメとしての枠はしっかりしつつ、その中身の詳細については相当柔らかくてどうとでもなるので、こんな風にスピンオフで他の作家が手がけられる余地は相当にあったのだと思うのだけれど、こうしてバッチリ成功してしまうと、時雨沢さんだけではなく他の人のスピンオフみたいなのも増えてくるかもしれないなあ。ただ、このベテランさん並にしっかりと自分の作風というものを確立していないと、容易に埋没してしまうのもスピンオフの怖い所だけれど。
しかし、うん、本当に面白いなあ。キノの旅からアリソンから、銃と冒険の世界にどっぷりと浸かってきた人だけれど、ただひたすらガンガンガン、という作品はこれまでなかったんですよね。当然と言えば当然で、そんな銃塗れの世界なんてよっぽどの世紀末か紛争地帯の渦中かマフィアの抗争状態である、早々ライトノベルで書ける領域ではない。のだけれど、この作者さんの何気に真っ黒ノワール色が強かったりするので、バルカン半島とか香港でドンパチしている話書いても、案外不思議じゃないような気もするのだけれど。
ともあれ、このGGOではどれだけ銃弾をぶち込んでも誰も死なない仮想世界であり、後腐れなく楽しくドンパチできるということで、本当に伸び伸びと好き放題好みの要素をぶち込んでゲラゲラ笑っているのが伝わってくるようなノリノリの話なんですよね。いや、楽しい楽しい。ただ、ノリノリすぎて、いつものレベルの完全に危ない人までぶち込んでしまっているのは、これ今後どうするつもりなんだろう。はっちゃけすぎて、リアルでドンパチしはじめないか心配なレベルである。何しろ、実際に実銃経験者、それもかなり熟練と思しき人も登場しているわけで、その人って結局それができる環境にあったわけですしねえ。いやまさか、そんな話になるとは思わないけれど、思わないけれど、この作者さんもいわゆる「油断できない」タイプの作家さんだからなあ(苦笑
しかし、このリアルで180センチを越える身長にコンプレックスを抱える女性が、150センチのチビアバターを手に入れて、心ゆくまでチミっ子のちょこまかすばしっこいプレイを満喫する、という設定は面白いなあ。彼女に限らず、リアルの自分とネットゲームのアバターの自分を大きく変えることで、多かれ少なかれ現実から逃避し、しかしなりたい自分に仮想とはいえなってみて、そのアバターで全力を振り絞ることで、逃避ではなく現実の自分との折り合いをつけていく、という形に収束していくのは、一つの成長物語なんですよね。違う自分になり、その経験を現実に還元していく、というのはネットゲームものの成長譚における一つの王道なんでしょうけれど、意外と女性主人公で、というのは覚えがないですし、それが小から大ではなく大から小という方向なのも新鮮で、面白かったです。
結構分厚いページ数だったのですけれど、まあ時雨沢さんの作品はスルスルとわんこそばみたいに喉越しスルリとしているので、最後まで一気に読めましたし、テンション落ちなかったなあ。
やたら不穏な要素が残っていますが、ガンシューティング、存分に堪能させていただきました。でも、まだまだ足りない、もっと読みたい!!

時雨沢恵一作品感想

俺、ツインテールになります。8 イラスト集付き限定特装版4   

俺、ツインテールになります。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫)

【俺、ツインテールになります。8 イラスト集付き限定特装版】 水沢夢/春日歩 ガガガ文庫

Amazon

“愛”――ツインテールは、時空を超える!

総二の周囲の女の子たちのアプローチがどんどん積極的になっていくことに焦りを感じ、幼馴染の関係から一歩踏み出そうと頑張る愛香。一方、<美の四心>を撃破されたアルティメギルは、総二たちの世界へ新たな四頂軍<死の二菱>が侵攻を開始。より強力になっていくエレメリアンたちを前に力不足を感じ始める愛香だったが、姉の恋香にテイルブルーの正体を気づかれそうになったことで、しばらく変身を控えることを決意する。その間、ブルーのテイルブレスを預かったのは、意外な人物だった――!?
ブレスを外した愛香はその無防備な状態を、幼馴染属性のエレメリアンに狙われる! 戦いの最中、敵の能力が暴発してしまい、愛香は別世界へと転移してしまう――!?
戦闘力も変態力もより強大な戦士たち<死の二菱>の猛攻! そして、変身不能のまま、一人別世界へと飛ばされてしまった愛香の運命は!? “愛”とは何かを問う第8巻! 聞け、蛮族の愛の咆哮を――!!

イラスト集付き限定特装版は、春日歩による描き下ろしカットほかを多数収録した超豪華仕様!! 「えっ! あの人が?!」と驚くような意外な方も参加したアンソロジーイラストにも要注目!!
イラスト集でのキャラクター紹介における、慧理那ママの手遅れ感が尋常じゃないんですがw 取り返すのつかないレベルのドMって……この人、本当にもうダメだ!!

さあ、今回はついに蛮族系ヒロインという他の類を見ない属性を誇る我らが津辺愛香のパワーアップ回。これ以上何をパワーアップすればいいのか分からないくらい、現段階で猛威をふるいすぎている彼女。もうアルティメギルサイドでは、地震や津波と同レベルの天災と認識されていて、PTSD発症者が多数発生している始末。
新たに着任した四頂軍<死の二菱>の長であるティラノギルディが、皆が怯えるテイルブルーの武勇伝を笑い飛ばして、そのジェノサイド映像集を余裕で嘲りながら視聴をはじめた時には、おおっついにテイルブルーに負けぬエレメリアンの登場か! と俄に沸き立ったものですが……ガチジェノサイドシーンに突入してしまったあとのティラノギルディの素の反応には、本気で仰け反って笑ってしまいましたがな!! あかんやん!! 全然あかんやん!!
どんだけ怖いねん、テイルブルーwww

「フフ……貴女が母を蔑みの目で見やる日が来ようとは……これも婿殿のおかげですわね」
「わたくしお母様を蔑んでなどいませんわ!!」
「未熟者!! 黙って蔑みなさい!!」
「ええええええええええええええ!?」
……誰やこの理事長を何とかしろよw
よくまあこの人を躾けていたというか飼っていたなあ、総二ママは。美春将軍の懐の広さは、後半の大事なシーンでも愛香が痛感することになるんだけれど、中二病で思いっきり遊んでいる人だけれど、それだけ気持ちに余裕があふれていて、何だかんだと後ろでドーンと構えていてくれる大人なんですよねえ。こんな大人嫌だとか言わないw

姉の恋香に正体がバレかけ、一時的にテイルブルーとして戦うことを封印する愛香。その際、テイルギアをツインテール属性が成長した桜川先生もつけて変身できることが発覚して、まさかのテイルブルー・アナザー…アナザーブルーが誕生してしまう。
さらに、姉が総二の初恋の人じゃないか、という疑惑。幼馴染属性であるトリケラトップギルディによる、幼馴染とは停滞にして敗北の証という厳しい指摘によって、ただひたすら総二の為にツインテールを磨き上げ、彼の側に居るためにツインテールとして生きてきた津辺愛香の足場を揺るがす展開に。
テイルブルーのパワーアップ回というよりも、津辺愛香の幼馴染としての生き様を、観束総二との関係を、ついでにトゥアールとの友情を、もう一度見つめなおす話だったんですな、これ。
まさかトゥアールの変態痴女ではない普通の女の子としての一面を垣間見る話になってしまうとは、思いもよらなかったけど。というか、トゥアールにそんな部分があるなんて、想像ダニしていなかったのだけれど!! 馬鹿な、一から十まで色物キャラじゃなかったのか!
しかしこのペタ胸幼馴染、過去の幼い何も知らない総二に自分の全裸を余すところなく見せつけてハァハァ興奮した挙句に、まだちっちゃな総二の股間のあれをガン見してハァハァするとは、なんというエロ属性。イラスト集での愛香のキャラ紹介の属性部分にエロの一文字があったのは伊達ではなかったのか!!
しかも、見るだけじゃなくてアワアワにして洗っちゃうなんてことまでしてやがるし、この変態!
でも、変態であろうと蛮族であろうと、幼馴染として観束総二という少年をどれだけ愛しているのか。愛香がただ総二の為に髪型をツインテールにする、ツインテールを磨き上げてきた、という積み重ねが、このエピソードによって親和したように思うのです。今こそ、津辺愛香は自身のツインテールと本当の意味で一心同体になれたのだと。
ラストシーンで、総二が愛香に本気でドキドキしてしまったのは、まさに愛香がツインテールと一つになれたからこそだと思うんですよね。今の愛香なら、総二はツインテールを愛するように彼女自身にもときめいてしまうのではないでしょうか。なんかここに来て、一気に愛香が飛び出してきたというか持っていったというか、凶獣でも蛮族でもなく、正しくヒロインとして輝きだした気が……。

ティラノとトリケラトップとの不器用な幼馴染関係も地味に心に沁みた一幕でした。

加えて……まさかのスワンギルディ生存!!! しかも、さらなるパワーアップフラグ!! 良かった、良かったと、さすがにあんな形で死んでしまっては可哀想すぎたもんな。頑張れ、頑張れスワンギルディ!! 君はもっと強くなれる! 輝ける!!

シリーズ感想

無能力者(レベルE)のオービット・ゲーム 2 4   

無能力者(レベルE)のオービット・ゲーム 2 (オーバーラップ文庫)

【無能力者(レベルE)のオービット・ゲーム 2】 翅田大介/伍長 オーバーラップ文庫

Amazon

激突! 倏依(エレクトロキネシス)畛箸い療刑融!!

「さすがは半端チームの『エンジェル・フェイス』ですね」
アルテミシア宇宙学園の公認チームとして存続が決まったソラたちだったが、実習生として赴任した『瞬星』アオがソラにべったりで、不機嫌を隠せないソフィーとフレーナ。
そしてアオが『出来損ない』に関わっていることを不愉快に思う学園の天才児リズ・ポーターが自らのチームを率いて挑戦してくる。
倏依(エレクトロキネシス)瓩箸いΥ少な能力を使うリズに対し、迎え撃つソラ。
度重なるイベントで騒然とする学園だったが、更にその裏ではソラを狙った陰謀も進行していた。
止まらない&無重力下(ノンストップ&ノングラヴィティ)バトルエンタメ第二弾!
ドSだーーっ! この主人公、ガチのドSだーー!! やばいやばい、主人公のソラくんが筋金入りのサディストだった件について。なんちゃってSじゃないですよ。こいつ、マジモンだw 宇宙最高の頭脳と呼ばれる女性によって仕立てあげられたソラのメンタリティは、もはや精神汚染か人体改造されたと言っても過言ではない強化がなされていて、魔改造もいい所。もう人類のそれを逸脱してしまっているのじゃないか、というぐらいに凄まじい次元で鍛えあげられていて、それこそが何の能力持たない彼の強さの源でもあるのだけれど、そこに至るまでに虐待を通り越して虐殺に近い精神強化の為の訓練というかサバイバルというか死んでも生きろな状況に叩きこまれてイジられてしまったせいか、恐ろしいまでの嗜虐性が備わってしまい、見るも無残なサディストの出来上がりである。
尤も、敵味方問わずに撒き散らされるS性ですが、敵はともかく味方に対しては心を傷つけるものでも屈服させるようなものでもなく、からかい半分にいじって来るぐらいの程度なんですが……それでもこれは酷い(笑
普通の年頃の男の子が持っているようなシャイな部分とか純真さなんかは鼻紙に包んでポイされてるような人間なので、いじられるにしてもそれはもう草葉の陰で涙してしまうそうなほど残虐非道な為さりように、ソフィーやフレーナの悲鳴がひっきりなしに響き渡ることに。もうご愁傷様です、ぐふふ。
意識せずに、なんでも受け入れちゃいますよ状態のアオに対しては、見事なくらいの放置プレイを各所で決めにキメまくってるあたり、そのどSっぷりはフルブースト状態。
ともあれ、このソラの精神的な強さというのは、とてもじゃないけれどマトモなものではないんですよね。正気の人間が保持できる強靭さではありえない。元来のものではなく、後天的に強化されたもの、という点でもその異常性は際立っている。どう言い繕っても、狂気の産物であり、イカレている存在なのである。
もっとも、その狂気もイカレっぷりも不安定さがかけらもなく、見事に制御されているあたりが味噌なのである。暴走しがちな狂気よりも、完全にコントロールされた狂乱の方が、怪物性は跳ね上がるのである。怪物性とは得体の知れなさであり未知であり、だからこそ悍ましく恐怖を生み出す泉足り得る。それが主人公に備わっている場合、この悍ましさは正しく敵に向けられるので、物語的にはややダークサイドな痛快さが保証されている、と言ってもいいんですよね。
さらに、主人公のソラだけがその部分で突出しているのかというとそうではなく、ヒロインの一人のアオもまた、同種の狂乱を内包していることが、作中で語られている。黒幕サイドの人間ですらビビるような、根本からイカれ狂ったキャラクターが主人公とヒロインに配置されている、というのはこう……ゾクゾクするような仕込みなんですよね。この手のイカレたキャラというのは、逆にその攻撃性や危険性が味方に牙を剥くことは殆どないので、その手の不安感については振り回される必要なさそうですし。まあ、パックリ頭から齧られそうな牙から伸びた舌にペロペロ顔を舐められてよだれまみれになりながら、涙目になって悲鳴をあげさせられるくらいの茶目っ気は、ソフィーたちヒロイン衆は覚悟しておかないといけないかもしれませんが。ソラもアオも、その辺り嬉々として弄びに掛かりそうな人たちですし。いかん、この幼馴染コンビ、敵にも味方にも危なすぎるw

と、表紙なんですけれど、てっきりアオなのかと思ってたら、新キャラだったんですね。アオが転入ではなく教育実習生として来校した為にチームの新メンバーになれなかった為に、違う新メンバーが必要なのは冒頭の展開からも自明だったのですが、そうかー、この子かー。
いかんぞ、ただでさせ一生懸命背伸びして頑張ってきて、周りの目から本当の自分を鎧って踏ん張って頑張ってきた小さい娘が、それらを全部脱ぎ捨てたら、むしろ針鼠になって生きてきた分中身は無垢なままなので、そこにドSにいじられる環境に置かれてしまったら、即座に染まっちゃうじゃないか……うんうん。
いやマジで、仮面を脱いで天才児ではない歳相応の顔で現れたリズは、はかなげで無垢そうな幼女だったので、こんなヤバい男のもとに置いておいていいものかと真剣に危ぶむほかなく……そんなリズをソラの魔の手から守るべく、ソフィーとフレーナが自ら盾となって庇おうとしてドツボにハマっていく様子が目に浮かぶようであるw

1巻感想


最弱無敗の神装機竜《バハムート》 5 3   

【Amazon.co.jp限定】最弱無敗の神装機竜《バハムート》5 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)

【最弱無敗の神装機竜《バハムート》 5】 明月千里/春日歩 GA文庫

Amazon

旧帝国『最後の従者』にして、――『最凶の刺客』、登場!

「初めまして主様。暗殺でも、雑用でも――わたくしの身体をお好きに使っていただいても構いませんわ」
ルクスの前に現れた少女、切姫夜架。かつて『帝国の凶刃』と呼ばれた彼女は、ルクスを慕い世話を焼こうとしつつ、
新王国の滅亡と帝国の再興を求め、学園に波紋を呼ぶ。

そして、ついに王都で始まった校外対抗戦――全竜戦で新たな強敵も現れる一方、
反乱軍による『帝都奪還計画』を阻止すべく、ルクスは執政院から重大な任務を与えられる。

秘められた過去の因縁と、新王国を狙う策謀が姿を現したとき、王都は未曾有の危機を迎え、開戦する!

王道と覇道が交錯する、“最強"の学園ファンタジーバトル第5弾!
これ、クルルシファー先輩の身の上やフィルフィが置かれた状況も含めて、一つ一つカードを配っている段階に見える。倒したはずのヘイズの正体や敵の目的のあやふやさも、総じてまだゲームがはじまっていない、とも見て取れるんですよね。そして、すべてが開示された時にはもはや一気呵成にクライマックスに突入するくらいの、溜めが行われているとしか……。
その予兆は、主人公たちのみならず、新王国上層部の中でも見識ある方々も察していて、新王国の基盤が決して盤石ではないのも合わせて、旧帝国の王子にして裏切りの竜であるルクスを、今のように雑用係として遊ばせているわけにはいかないであろう事も理解しているようなんですよね。尤も、殆どの高官・貴族は彼を無視出来なくなったとしても、それを権力争いの駒としか見ていないのだけれど。
だからこそ、彼をこのまま学園に置く、というルクス自身が望んだ処置は意外と最適解なのかもしれない。彼にフリーハンドと信頼できる学園生たちという適当な戦力が与えられ、同時に一定の影響力が新王国からも及ぼせる。新王国側はまだ把握していない、クルルやフィルフィの事情を含めれば、ルクスが学園に居て彼女たちの側に居ることこそが、即応性を保つことにも繋がり、また自体の真相に一番近く迫ることができる。温存し、切り札として抱え込むには、ルクスという駒はややも危なっかしいし、新王国の上層部の思惑も統一されているわけではないようだし。せめて、女王陛下に相応の権力があればいいのだけれど、どうも貴族たちの影響が強すぎて、女王様自体はかなり権力を振るう権限を制限されてるみたいだしなあ。

それにしても、ルクスはもう自分の正体隠すつもり全然ないだろう、これ。いや、力を隠しておけるような状況じゃなかったのはわかるんだけれど、この子最初の方からあんまり必死さがないのよねえ(苦笑
肝心のデートイベントは、というとこれってほぼフィルフィの圧勝じゃないんですかね。ルクスのことわかってる感が、他の子たちと次元が違う。完全に、ルクスの癒やしであり安らぎ空間になってるもんなあ。
本人の責任ではないにしても、ルクスにフォローしてもらってばっかりの姫様がちょいと可哀想になってくる。リーズ姫も彼女は彼女で、研究者として、姫君としてそれぞれの立場ですっごくルクスに対して献身的に尽くしてるのにねえ、何だかんだと最終的にはルクスに庇ってもらったり守って貰ったりすることに。いや、それはそれでお姫様としてはなかなかの正道なのかもしれないけれど、そっちはクルル先輩が何気にドンと不動の地位を築いてるもんなあ(苦笑


シリーズ感想

焦焔の街の英雄少女 3 3   

焦焔の街の英雄少女3 (MF文庫J)

【焦焔の街の英雄少女 3】 八薙玉造/中島艶爾 MF文庫J

Amazon

ベヒーモス、カルキノスの襲来に乗じ、“桔梗”本部を強襲した“八雷”。杏の奮戦空しく、“八雷”を率いる嵐樹の剣皇・イザナミによって光義が連れ去られてしまう。後悔に苛まれ、一刻も早く光義の奪還に向かおうとする杏。しかし、常に傍で自分の支えとなっていた光義がいないことで、杏は「烈火の剣皇」としての自分の姿を見失っていた。一方の光義も、イザナミを始めとする“八雷”メンバーの目的を知り、迷いを覚える。そんな中、敢行される光義奪還作戦。杏と共に投入される“獣人殺し”と呼ばれる部隊。善意から生まれたはずの戦いがやがて大いなる悪意を呼び込み…。世界の運命に翻弄される、英雄の少女とその幼なじみの物語。愛と悲しみの第3巻。
違う違う、普通は自分を見失うというのはそういうのじゃないから。杏さん、それちょっと違うから。

案の定、豆腐メンタルの杏は拠り所でもあった光義を攫われてしまったことで余裕を失い、これまで演じてきた「烈火の剣皇」としての自分の姿を見失ってしまうのですが……そこはね、普通に元の臆病で内気な一人の少女に戻ってしまえばいいんですよ。剣皇としての自分を見失うってそういうことでしょうに、この娘ってばそういう弱さだけは頑として受け入れないのよね。
なので、ひたすら威厳ある強い剣皇を演じようとして……キャラが迷走し始めちゃいましたよ、この娘ッ!?
突然高笑いキャラになったり、スケコマシキャラになったり、薩摩隼人になったりと舞台上で頭真っ白になってパニックになってる新人女優並みの右往左往っぷり……可愛いなあ、ほんとにこの娘は。
それでも、片時も光義を助け出すことは諦めないんですよね。逃げ出すことも引きこもることもせず、内心半泣きになりながら、パニックになって冷静に何も考えられなくなりながらも、戦うことからは助けることからは決して背を向けない。どれだけ豆腐メンタルでも、その芯だけは揺るがない。これだけ弱くて儚くて可愛らしく守ってあげたくなる少女でありながら、揺るぎない強さを見せるヒロインはなかなか居ないですよ。

こういう娘がヒロインだからこそ、あれだけ光義という少年が身も心も消費し尽くして彼女に尽くそうとする姿が自然に感じるわけです。その一心不乱さ、一途さにいびつさを感じさせない。それだけの献身に足る、相応しいヒロインなんですよね。
新キャラにしてヒロインであろうイザナミこと碧も、凄くいい子で良いキャラしているのだけれど、光義はあまりにも杏に一途すぎて、割って入る余地が殆どなさそうなのが、ちと可哀想になるくらい。鉄板すぎる。
まあ、そんな状態にメゲずに明るく強く輝いてみせるだけのパワフルさと健気さを、碧も持っているのでヒロインとしての輝きはいささかもくすむことはないのですが。新たな剣皇として、仲間としてもこの上なく頼もしいですし。
テロリスト「八雷」として登場した立場の危うさは危惧するところでしたけれど、そもそも八雷という組織からして反政府組織ではなく、こっそりと企業や政府筋から支援を受けて表沙汰にしにくい案件を解決していた、という裏側からとはいえちゃんと秩序を守る側にいた事で、合流にもそんなに不具合を感じさせませんでしたし。
テロリストとしてのヤバイ部分に関しては、あの展開がある意味全部持って行ってくれたとも言えますし。

次の目標も近畿侵食圏の解放と定まり、光義の自分の置かれた境遇への悩みも、この事件を通じて払拭され覚悟も定まったことだし、一気に新展開に突入できる態勢は整いました……整いました。続き、でますよね!?

1巻 2巻感想


棺姫のチャイカ 11 3   

棺姫のチャイカ (11) (富士見ファンタジア文庫)

【棺姫のチャイカ 11】 榊一郎/なまにくATK 富士見ファンタジア文庫

Amazon

神を討ち滅ぼした“禁断皇帝”アルトゥール・ガズ。彼の次なる行動はシン、トール、ジレットに世界の三分の一を統べる王という『役目』を与えるというものだった。三つの勢力による未来永劫の戦争状態。世界を、再び戦乱の渦中へと戻す提案に対し、乱破師と騎士それぞれの応えは…。生きる目的、自分という役割、存在の理由。『棺担ぐ姫』と『従者の少年』。二人の旅路の終着点はもうすぐ―。壮大なる『チャイカ』サーガ、ついに完結!
結局、他者から課せられた役割から逃れられなかった者と、誰に与えられたものでもない「自分」という存在を掴みとった者同士の戦い、という形でガズとシン対トールとジレットたちという構図になったわけだけれど、面白いことに相手の在りように憤っていたのはトールたちの方なんですよね。ガズもシンは最初から与えられた役割の中に完結していたわけではなかったはず。ガズは神を弑逆しようと思い至ったのは自分に与えられた役割に不満を抱いたためだし、シンがハスミンを殺害し、乱破師失格という印を押したトールとアカリに執拗に乱破師としての生き方を説き続けたのも、思えばそれだけシンが乱破師という在りように心もとない不安を抱いてしがみつこうとしていたからではないだろうか。
それは、役割の中に収まるという事に対して、心揺れていた、ということ。
ところが、ガズもシンもその揺れの果てに自分自身で選んだ選択は、道具として生きること、システムに組み込まれるということ。それが彼らにとっての自由であり、安息であり、満たされた生き方だったのだ。満足してしまった彼らは、だから彼らと違った生き方を選んだトールたちに対して、怒りも反発も嫉妬も抱かず、トールたちが選んだ道に対しても、それを選んだトールたち自身に対しても、全く無関心で興味の欠片も抱いてなかったんですよね。
これだけ一方通行なラスボスと主人公サイドとの関係も、なかなか珍しいんではないだろうか。
実のところ、ガズやシンの生き方、役割の中に収まる事に充足を覚え、安心するという在りようは……さすがに自らを道具、システムにまで規定してしまうのは行き過ぎだとしても、決して全否定されるものでもないと思うんですよね。一つの選択として、そういう生き方があってもいいのかもしれない。
ただ、それを他人に強いるようになってはいけない。それを社会の正しい通念に規定してしまってはいけない。それは他者の尊厳を脅かす行為である。他者の在りようを踏みにじるものである。
結局、トールが許せなかったのは、そこだと思うんですよね。チャイカに貰った、掛け替えのないと思うに至った自分という在りようを、容赦なく踏みにじり、自分が輝いていると思った価値を否定する行為。ガズがやろうとしたことは、だからトールの逆鱗に触れたのではないか、と思う次第。
紆余曲折あって、ようやく掴んだ在りようだもんなあ。
それに比べて、ガズの方はやや哀れである。シン兄は、まだ自分を貫き通した結果、とも見て取れるけれど、ガズについては、自分の創造主に反逆するところまでたどり着きながら、結局自分を組み込んでいたシステムから離れることも飛び出すことも出来なかったわけですからね。出来なかったどころか、思い浮かべる事も出来なかったというべきか。彼は、螺旋階段を昇ることしか出来ず、その階段から外れるという事を思い想像する事すら出来なかった。ある意味、最終決戦の階段上に佇むガズと、自由な翼でその螺旋階段の周りを飛び回るトールたちの構図は、彼らの在りようの縮図そのものだったのかもしれない。

と、トールにしてもガズにしても、自分のレゾンデートルを失う事になったチャイカたちにしても、騎士として戦後世界での生き方に迷いをいだき続けていたアルベリックにしても、トールたちを観察し問いかけ続ける事で自己を探索していたフレドリカにしても、それぞれに自分の在りようを掴みとるまでに紆余曲折あったのに対して、ただ一人最初から首尾一貫して「アカリ」という自分を持ち続け、小動ぎもしなかったのがあの妹だったんですよね。ほんと、彼女だけは最初から最後まで一瞬足りともブレなかった。それが頼もしくもあり、微苦笑を誘う恐ろしさでもあり。ただ、そんな彼女がずっと側に寄り添い続けたからこそ、トールは安易に自分を投げ出さずに自分を探し続けることが出来たのかもしれません……結果として、チャイカと出会うまで相当のダメ人間になりかけてましたけど!

こうして、それぞれ個々に、自分の生き方というものに対して結論を出し、その結果として許容できない部分の衝突と生存を賭けて闘争が発生し、その点での決着はついたのですが……でも終わってない、これは物語として終わってないよ!!
棺姫のチャイカ一行の旅の物語としては、まだ決着付いてないよ、これ!!

というわけで、本編が終わってもまだもう少し続くのじゃ、という展開でして。もう一冊、後日談がつくであろう最後の短篇集を待て。
しかし、赤チャイカ一行は存在自体が死亡フラグだっただけに、最後まで生き残れてよかったよ。特に、随行のセルマとダヴィードは死亡率相当高そうだっただけに、感慨深い。

シリーズ感想

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 6 4   

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (6) (電撃文庫)

【ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 6】 宇野朴人/竜徹 電撃文庫

Amazon

カトヴァーナ帝国軍が真っ二つに! ヤトリが離脱した騎士団の未来は……!?

軍事クーデターが起こり、カトヴァーナ帝国内でイグセム派とレミオン派が激突する。
それはイクタたちにも影響を及ぼし、イグセム家のヤトリは父のもとに戻るべく、騎士団を離脱。
またレミオン家のトルウェイは、父と対峙することを決意。
そしてイクタは、父バダ・サンクレイの残した独立部隊「旭日連隊」を率いて、内戦を収めようと立ち上がる。
激しく揺れる帝国で、それぞれの想いを胸に戦場を走る少年少女たち。彼らの未来に希望はあるのか…?
本格ファンタジー戦記、待望の6巻!
イクタは、ヤトリをイグセム家の宿命から解き放って一人の女性として幸せになってもらうために、イグセム家そのものが背負い続けるイグセムとしての根源を無為にしようと、戦争の形そのものを変えてしまうことすら画策している、というのがトルウェイの活躍と自覚を通じて明らかになってきた。つまり、この男はヤトリを解放するために、そもそも彼女の立っている土台から意味を失くしてしまおう、としているのだ。なるほど、目の前のものではなく構造そのものに働きかけようという考え方は若き大戦略家らしい視野に基づくものだし、意思の頑なさではなく在り方としてイグセムそのものであるヤトリには、彼女個人には自分たちの声や意思では在り方を変えさせることは出来ない、と長い付き合いから実感として理解していたからこそ、の手段なのだろう。
でも、相手のことを言わずとも理解し尽くしている、という通じ合った絆こそが、ヤトリとイクタの二人をひどく寄り道させ、大回りさせているような気がするのだ。そう思わせてもらうきっかけとなったのが、あのルシーカ中佐の叫びである。
正義でも大義でも信義でもなく、きっと忠誠ですらなく、ただ叶わぬ愛に殉じた彼女の峻烈な生き様、死に様が、揺らめく炎のように彼女の、ヤトリの奥底に秘められたものを陰影強く浮かび上がらせたのだ。
そう、ヤトリシノ・イグセムは女である、と。
誰よりもヤトリを知り、ヤトリを理解し、ヤトリと通じ合い、ヤトリを受け入れているイクタ。だが彼は知っているのだろうか。ヤトリの、誰にも見せたことがなく、彼女自身がきっと微塵も認識していなかっただろう、女としての部分を。どうしようもなく女でしかない中核を。
誰よりもヤトリを理解しているが故に、ヤトリと通じあっているが故に、イクタはどうしてもヤトリをまずイグセムのヤトリとして見ているような気がするのだ。だからこそ、彼は絶対に彼女に言わないのだ。告げないのだ。訴えないのだ。イグセムを捨てて、女として生きろ、などとは。自分と共に生きろ、などとは。
言ったとしても、絶対に受け入れられないと知っているから。絶対に拒否されるのだと、理解しているから。イクタ・ソロークとヤトリシノ・イグセムが知っているヤトリという少女は、イグセムとしての生き方を決して曲げない、それが真実である、事実でもある。間違いでは、ないのだ。
でも、でも、本当に? 本当に、そうなのか? そんな疑問が、ルシーカ中佐の叫びを前にして、途方にくれてしまったヤトリの姿を見て、ふと浮かんできたのである。
もし、この疑問に一雫でもイクタとヤトリの知らないヤトリの奥底の真実が含まれているのなら……きっと、イクタのやり方では指先一つの隙間くらい、届かない気がする。決定的なところに、届かない気がする。
レミオン将軍は、軍人として、国の要人として以外の言葉を息子のトルウェイに投げかけることが出来ず、彼の背を留めることがかなわなかった。父親の知らないうちに、息子は成長し遠くへと羽ばたいていた。そして、成長ではなくても、ヒトは常にその在りようを変え続けている。時に微細でありながら決定的なほどに。
将軍に苦言を呈したイクタが、果たして同じ轍を踏まないと言えるだろうか。誰よりもお互いを理解しているからこそ、陥穽が生じる隙があるのではないか。
そんな不安が、そして期待が、ヤトリの中にかいま見えた、そんなお話でありました。もしそんな展開が訪れるのなら、キープレイヤーはシャミーユ皇女なのかもしれないなあ。

さて、レミオン派が起こしたクーデターは、レミオン派自身のみならず、イグセム派、そしてイクタの想像すらもはみ出していく形で混迷を深めていく。誰も主導権をとれないまま、事態はいつの間にか宰相の手のひらの上で転がされていく。
この手の、利害調整の効かない、何に重きをなしているかが見えない相手が一番たちが悪いんだよなあ。権力の亡者や佞臣の類なら、まだやりやすいんですよ。どれだけ有能で悪辣でも、やりようはある。妥協の余地だって交渉の余地だってある。でも、自分が権力を握る国家の利益を平然と度外視して国を傾けるのも厭わないやからは、何を考えているかわからないから、対処のしようがわからないんですよね。国が傾けば、自身の権力も権勢も失われるだろうに。帝国は周辺に敵性国家を抱えていて、下手をしなくても国が滅びかねない岐路に立たされているのは、ある程度の視野を持つものならわかっていることでしょう。馬鹿だったり愚か、無能の結果として国が傾くならわかるんですけれど、この宰相の場合どうも意図して、という部分が垣間見えるんですよね。こうなると、もはや他国のスパイか何かか、とすら思えてくる。それが辛うじて理解できる範疇であって、それ以外となると……だからこそ、不気味で気持ち悪いんだよなあ。
イクタは、何らかの推論ができているんだろうか。

しかし、トルウェイが元からの有能さに加えてさらに殻を破って、名指揮官への道を歩み始めたのは見ての通りなんだけれど、それにも増してマシューの部隊掌握運用能力の高さには目を見張る。イグセムの中でも猛将として知られる烈将ヨルンザフ率いる騎馬隊の直撃くらって、部隊を崩壊させないとか、この時点で尋常じゃないですよ。あれ、よっぽどの精兵でも部隊の体を失くして壊乱しかねないし、そこまでいかなくても瞬間的には部隊として機能を停止するのが普通ですよ。トルウェイの兄ちゃんたち、トルウェイが言ってた通り有能な方だと思うし、部隊もレミオン派の精鋭であったはずなのに、ヨルンザフに打ち抜かれて悲惨な事になりましたからね。それを、マシューは被害甚大とはいえ部隊の指揮を一瞬足りとも手放さなかった、という時点でもう指揮官としてかなりヤバいです。ここまで堅牢で堅実な歩兵指揮官が手元に居る、それだけでイクタはあまたの将軍から指を咥えて羨ましがられるでしょうねえ。

イラストについては、ちょっと作風が合っていなさすぎる。これなら、無いほうがいいんじゃないかしら。

シリーズ感想

狼と香辛料 11 5   

狼と香辛料 (11) (電撃コミックス)

【狼と香辛料 11】 小梅けいと/支倉凍砂 電撃コミックス

Amazon

賢狼ホロと行商人ロレンスの旅は続く――港町ケルーベ編クライマックス!
ホロとロレンスは、海獣イッカクをめぐり町の南北で対立する港町ケルーベに滞在していた。ロレンスは、軟禁されてしまった女商人エーヴを救うため、イッカク購入を企てるレイノルズの悪巧みを暴こうとする――!
いやもう、これは素晴らしいとしか言えない。キーマンのあの眼の描き方を見ましたか。あの眼一つだけで、キーマンという商人がこの場面においてどれほど追い詰められていたのか。刻々と状況が進展するにつれて鋭さを通り越して荒んでいくキーマンの眼差し。笑顔自体は崩さないものだから、余計に余裕が失われていく様子が彼の顔つきでわかるんですよね。正直、ここまでキーマンが追い詰められていたとは、原作を読んだ時にはそこまで思ってませんでしたね。原作だと、玄妙なセリフ回しのお陰でどの登場人物もなかなかその本心は読めませんでしたからね。それを行間やセリフの意味や各人の反応から読み取るのがまた面白い作品でもあったのですが。同じ場面でありながら、小梅さんの漫画は別の意味で非常に雄弁でありまして、いや実に楽しい。
これはエーブに関してもおんなじで、彼女が果たしてロレンスという男に対してどのような想いを抱いていたのか、については色々と想像をめぐらしたものでしたが、この漫画においてはこれまたとても雄弁に彼女の表情が物語っていたのではないか、と。
あの最後の手紙を手渡すときの、ロレンスの手に自分の手を重ねながら、寂しそうに切なそうに微笑むその面差しが、そしてあのキスシーンの直前の何かを残そうとしているかのような薄っすらとした笑みが、エーブ・ボランというヒトが、恋する女性であった事を、恋を喪った女性であったことをこれ以上無く明瞭に示していたのではないでしょうか。
トビっきりにイイ女だったよなあ。この2つのシーンでのエーブには、本当に見惚れてしまった。
でも、一番キュンキュンさせられるのはやっぱりホロなんですけどね。

対立の街、の話も終わり、いくつか原作のエピソードを飛ばす事になったようですけれど、こればっかりは仕方ないかなあ。さすがに、全部やってるとこのコミックもいつ終わるか分かったもんじゃないですしね。既に長いこと続いてますし。
それでも、何気に人気高いであろうある酒場の看板娘さんをしっかり登場させる当たりはさすがであります。あの娘、確か原作では名無しだったんじゃなかったでしたっけ。ここではヘレーネという名前付きで、凄まじい魅力を振りまいております。いや、このグラマラスな身体つきに色っぽいし仕草ときたら、なんちゅうエロ可愛さでありましょうか。たまらんなあ。

シリーズ感想

東京ストレイ・ウィザーズ4   

【Amazon.co.jp限定】東京ストレイ・ウィザーズ 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)

【東京ストレイ・ウィザーズ】 中谷栄太/Riv GA文庫

Amazon

かつて東京のストリートで最強を誇った伝説の魔法使い集団《ワイズクラック》。
その中心メンバーだった天才魔法使い・桜田志藤は、当局による軟禁からの脱走を試みる。
現代魔法史上最悪の騒乱『パンドラ事件』を引き起こし、《ワイズ》解散の元凶ともなった
裏切り者・久瀬アキラへ至る有力な手掛かりをついに見つけたのだ。

「仕方のない契約主ですね」
「勝手に無茶しないでよね! 」

お伴の魔法生物・アムリタと、監視役の天才少女保安官・雪近に挟まれつつ、かつての盟友を追う志藤。
伝説が甦り、東京は震撼する! アウトサイド・マジカルアクション、開幕!!
イラストの人が一押ししてるアムリタですけれど、確かにこのチョロチョロと忙しなくて小生意気で落ち着きのないチミっ子可愛いなあ。元々、この作者のちとバタバタしてるくらいの急き立てるような速いテンポは凄く好きなんですけれど、アムリタがそのテンポの加速剤となり、時に緩衝材となって上手いこと全体を躓かないように循環させてるんですよね。彼女のキャラ立てが秀逸なのは志藤一人にベッタリではなく、憎まれ口を叩きつつも雪近と何だかんだと仲良くて、息のあったやりとりを見せてたり、新しく知り合う事になるワイズクラックのメンバーに対しても距離感を感じさせない雰囲気になってるところなんですよね。主人公の志藤は、パンドラ事件のわだかまりや今回の事件で停滞を解かれた事によって視野がやや前のめりになっているお陰で、保安官である雪近にしても、宮子や京平に対しても、屈託ない態度を取りながらも立ち位置や心情の関係でどうしてもワンテンポ距離感があるんですね。その距離感自体は、過去の精算と仲間として再び絆を取り戻す、という流れの中で必要不可欠な要素であるのですが、テンポの軽快さが味噌でもある中谷さんの作品としては、その距離感を解消するまでの丁寧な描写はテンポの淀みを生み出しかねなくて、その淀みは作品全体の勢いに躓きを与えかねない可能性があったんですが、アムリタのチョロチョロしい賑やかさが上手いことその隙間を補填して淀みなく流れを転がしていく要員になってるんですよね。
お陰で、昔の仲間との再会からすれ違い、お互いの現状をすり合わせた上での衝突から和解、一致協力への流れが非常にスムーズに、変に深刻にならず、淀まず、しかし雑ではなく丁寧に描けていたように感じました。アムリタって、パンドラ事件以降に志藤の使い魔になった存在であり、どうしてもワイズクラックという昔のチームという枠組みに対しては、新たに加わった存在であり、過去に壊してしまったものを精算して再スタートする話の中では扱いが結構難しい立ち位置のキャラだったと思うのですけれど。
うん、彼女に限らず、全体的に味方サイドのキャラクターたちに関しては非常に良くキャラが立っていたんじゃないかと。
主人公に科せられた制約についても、昔の仲間たちにかつての志藤と今の志藤は違ってしまっている事を示す事になって失望や怒りを抱きながらも、しかし事件の渦中に共に首を突っ込んでいく中でやっぱり本当の芯の部分は何も変わっていない事を知って……、という王道ながらも欠かせない過程を踏襲する重要なファクターとなっていて、単に最強主人公の使い勝手を良くするリミッターとしてではないちゃんとした使われ方をしていたように思う。志藤としても、かつてはそこまで深く考えていなかっただろう仲間たちとの関係、自分が彼らをどう思っているかだけではなく、彼らが自分をどう思っていたのか、どう思われていたのか。そんな想いに対して、どう向き合うべきだったのかを、制約だらけの中で強敵と立ち向かわなくちゃならない状況の中で見つめなおすきっかけとなり、チームが本当の意味で新生するための鍵になってたんですよねえ。

こういう、学園モノとかじゃない、ゲームのパーティーでもない、組織に促されて形成されたわけじゃない、自然と惹かれて寄り集まって一緒になって作り上げたアンダーグラウンドでの「チーム」ものって、意外と少ないだけに、貴重品だしこういうの、ほんと好きなんですよね。
しかも、一度瓦解しながらも、再び集結して、それもすれ違い蔑ろにされてしまった部分を、ぶつかり合って理解し合い確かめ合って、より強固な形で繋がりあった新生チーム、というのもヨダレが出そうなほど大好物。
テンポの良い掛け合いも、ピチピチと弾けてるキャラもすこぶる感性にフィットして、うんうん、大好きです、このシリーズ。前から中谷さんの作品は性に合って好きだったのですが、これを真打ちと思って鷲掴みにしたいですね。できれば、短く終わらずに長期シリーズになってほしいなあ。

中谷栄太作品感想

ザ・ブレイカー 2.断罪の処刑人は唄う3   

ザ・ブレイカー (2) 断罪の処刑人は唄う (電撃文庫)

【ザ・ブレイカー 2.断罪の処刑人は唄う】 兎月山羊/ニリツ 電撃文庫

Amazon

ネットで公開処刑を続ける殺人犯に史上最悪の天才と呼ばれる悪魔が挑む!

医療ミスを認めない病院の院長、車で子供をひき殺した女優……罪に問われず、ぬくぬくと生きている人間たち。
そんな「世間から反感を買っている」人々を殺してまわる連続殺人鬼が現れる。
その名は「公共の敵(パブリック・エネミー)」。
残虐な処刑の様子をネット上でライブ放送するという異様な手口で、多くの一般市民から熱狂的な喝采を浴びていく。
「公共の敵に死を」とうそぶく彼の真の狙いとは――?
リセちーの立てこもり事件への巻き込まれ率が半端ないのですがw
と言っても、まだ2巻なので二回中二回というだけの話なのですけれど、ただでさえリセは自身の理由から狙われる可能性が高い身の上なのに、全くの偶然からこんな風に巻き込まれもするのでしたら、そりゃお兄さん過保護にもなるわなあ。それでなくても、責任感が強くて自分から危険に飛び込む事も厭わない娘なのに。
まあリセみたいな頑固な娘は、どれだけ冷たい仕打ちや言動を向けても、傷つくくせに退かないのでカナタがいつまでも強行な姿勢を貫いていても意味はない、とは思っていたのですけれど、思いの外早く諦めたというか、胸襟を開いてみせたなあ、という印象。悪魔と呼ばれる男、というくらいだからもう少し徹底してリセとの間に壁を作り続けるのか、とも思ったんだけれど、やっぱりカナタはダークヒーローではあるものの、リセに対しては相当に甘いんですよね。
それに、悪を倒すのに悪を用いる、みたいな感じで使われる事になるカナタですけれど、彼のやり口というのは実のところそう悪魔めいているわけじゃないんですよね。悪辣でも下衆でも卑劣でもない。まあ外道は結構入っているかもしれないですけれど、どちらかというと公権力・秩序を守る側が出来ないような手段を用いて事件を解決に導いていく、という手法に寄るというべきか。うん、その意味では確かに「悪」と言って過言ではないのかもしれない。どう言い繕っても正義には程遠いやり口ではあったし。とはいえ、嫌悪感をもたらすような手管ではないですし、筋は通っているんだよなあ。まあ、あの犠牲者を少なくする提案については、他に手段がなかったとはいえ、ちょっと生き残った人への心の傷が大きすぎるような気もしますけれど。
前巻は、全く味方の居ない中での孤高の戦い、というイメージのカナタでしたけれど、今回はCIROに所属した事で組織のメンバーとも協力する形となり、主にカナタが牽引しているとはいえ一癖も二癖もあるメンバーがそれぞれ特色を活かした、チームによる犯罪事件への挑戦、という様相を呈してきて、作品のスタイルみたいなものが整ってきたんじゃないでしょうか。
その中で、まだリセがいささか未熟さを垣間見せている気がしますが。今回は彼女の能力を活かして役に立ってはいましたけれど、ちょっと心もとないんだよなあ。ある種カナタと同類の怪物的メンタリティーの持ち主が多いCIROのメンバーの中で、リセだけが余りにも普通の女の子で、必死にカナタのためにも役に立ちたい、と頑張っているのが、どこか一生懸命背伸びしているように見えて、どこか危うい。彼女自身、修羅場くぐってますし弱い子ではないのですが、その真っ直ぐさがCIROという場合によっては容易に非情な手段、決断を下しかねない組織の中で果たして揺らがずに居られるものなのか。カナタが早々に彼女に寄り添う事になったのは、お互い支えあう必要があるからなのか。いずれにしても……この兄妹、次から平然とイチャイチャしはじめそうで、うん、まあそれはそれで。

1巻感想

聖黒の龍と火薬の儀式<パウダーキス> 2 4   

聖黒の龍と火薬の儀式<パウダーキス>2 (MF文庫J)

【聖黒の龍と火薬の儀式<パウダーキス> 2】 北元あきの/しらび  MF文庫J

Amazon

アンティークハンターの圭は姉の明からアイリスという少女の保護を頼まれる。スパイとして〈博物館〉に潜入していたが露見して追われる身だというアイリスは明から「圭に妹として可愛がってもらいなさい」と吹き込まれていたらしく、圭に密着してくる。圭は契約する銃のアンティークのヴィクトリアとの間に挟まれ、また悩みの種が増えたと嘆息する。同じころ、燈子は〈博物館〉との交渉の席で自らの命を対価とする取引に臨んでいた。その取引条件が「アイリスの引渡し」と知った圭は――!?
絢爛・猥雑入り乱れる街を疾走する魔法×銃のファイア・アクション第二弾!!
前作の【竜王女は天に舞う】でもそうだったのだけれど、北元さんの作品のノワール小説としての濃厚さはハッキリ言ってライトノベルの中では別格である。この裏社会の描き方、組織への忠誠と裏切り、個人の欲望、野心の相克の容赦の無い苛酷さ、苛烈さに関しては他の追随を許さない。辛うじて、ニトロプラスのノベライズ系統が並走するくらいか。
そして、死を与えまた与えられる生命が果てしなく軽く、組織への忠誠や生き様に対する信念がこの上なく重い黒く暗く闇深い汚泥のような世界観であるからこそ、何もかもを投げ打ち放り捨ててもなお貫く「愛」が輝くのだ。
命懸けの愛、身も心も髪の毛一本まで爪の先まで捧げ尽くす愛、世界を敵に回しても……これらのフレーズはただそれだけではひどく陳腐だ。しかし、その覚悟の背景にあるのが裏社会のマフィアや犯罪結社、国家の暗部である秘密機関だったりすると、一気に迫真性が変わってくる。殺し殺される組織同士の抗争が当たり前に繰り広げられる、どころか身内同士ですら寝首を掻かれる事を前提に立ち回らなければならない組織の中で、幹部にまで成り上がりながら、彼女は傲然と胸を張り、高らかにこう言い放つのだ。
「組織? 勘違いしてもらっては困るわ」
 橙子は鋭い眼光のままでにっこりと笑った。
「そんなもの、わたしの知ったことか」
痺れた、震え上がった。これ以上、苛烈で深く一途な愛情があるだろうか。彼女の生きる目的、いや生き様すべてがたった一人の男へと捧げ尽くされているのだ。彼のために生き、彼のために死ぬために、この少女はそれまでの人生を生きてきた。ただその為に、<商会>と呼ばれる組織の幹部へと駆け上がってきたのだ。
私は本当に、こういう女性に弱い。べた惚れ、と言っていいくらいに魅了されてしまうのだ。【月花の歌姫と魔技の王】のマーリア然り、【天川天音の否定公式】の長月瑛子然り。その強さを、輝きを、たった一人のために使い尽くす覚悟を胸に秘めた女性に、魂を引っ張られる。
そして、その覚悟は決して一方通行ではない。女性側から尽くされる献身と変わらぬだけの全霊を賭けた献身を、男性側からも捧げられる。そんな本当の意味で「世界を敵に回しても」決して後悔しないだろう絶対不可侵の男と女の関係。この作品においては、それは「鉄血の絆」と称される。
 地獄を寄り添って生きてきた二人の間には、血よりも濃い絆がある。
 特別なのだ。命を懸けることなど造作もない。

 そう、その関係は決して一方的であってはいけないのだ。それは絆ではない。与えられるだけの愛は、イビツでしかない。雨宮橙子は圭への愛に、深く深く沈んでしまっていたと言ってイイ。地獄の釜の底のようだった香港で生きるために。武器を手に取り、血を流す事も厭わず、圭の盾となり矛となり。見返りは求めない、彼のためにはなんだってする。尽くすという言葉では足りないくらいに。
その覚悟が、決意が、愛情が、圭の心を傷つけ、己を傷つけてしまう事になることもわからずに。


この物語を読むまで自分は、恋する気持ちが熟成され、愛という想いに昇華するものなのだと思っていた。それが正しい関係の発展なのだと、そんな常識に囚われて疑わなかった。でも、そうじゃない。そうとは限らない。

愛が恋へと昇華することもあるのだ。

雨宮橙子は、愛した男に恋をする。与えただけの想いを、求めても良いのだと、少女はようやく理解したのだ。雨宮橙子と朝霧圭の血よりも濃い鉄の絆は、そうして愛を経て恋へと至る。

これは、ドス黒い硝煙の香り芳しき、鉄血のラブストーリーである。


1巻感想

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) 6  4   

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)6 (GA文庫)

【落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) 6】 海空りく/をん GA文庫

Amazon

「一人残らず消し炭にしてやるわ! 」
暁のメンバー全員を自らの手で敗北させるため、一対四の変則マッチを希望したステラ。
《紅蓮の皇女》の焔は、破軍学園を壊滅させた無法者たちを焼く尽さんと、かつてなく激しく燃え猛る。

一方、暁の一人、紫乃宮天音と再会した一輝は、かつて相手に抱いた不可解な嫌悪感の理由に辿りつく。
ついに明らかになった天音の真の能力と彼が抱える闇は、大会に新たな影を落とし始め――!?

離れていた恋人との束の間の逢瀬、因縁の相手と交わす再戦の誓い、そして意外な伏兵の登場。
七星の頂を巡る戦いは、次の局面へと突入していく! 邂逅と覚悟の第6巻!
うははは、楽しい楽しい。主人公の一輝の試合はこの巻では無いに等しいにも関わらず、個人的には大盛り上がり。何となくノリが天下一武道会か幽遊白書の暗黒武術会っぽくて凄く好き。試合形式で進行する異能バトルものはいまどき珍しくも何ともないんだけれど、案外とこんな風な少年漫画的なノリで楽しめる作品はなかったんですよね。前々からやたらと男女の区別なく男臭いステゴロタイマン上等だぜオラオラな風情だと思っていたんだけれど、今回はそれが少年漫画バトル編、な方向に転がった、というべきか。
世界最強の剣士と渡り合うわ、前回の大会優勝者と一回戦からガチバトルするわ、とちょっと一輝が実力的に突出してしまったのか、と危惧しましたがどうしてどうして。他の出場者たちも実に個性的な面々ばかりで、敵対勢力の暁のみばかりではなく、他校の出場者たちも一筋縄ではいかない連中ばかりで、それら同士の試合も見てて本当に楽しかった。
ていうか、ステラのあれはヒロインじゃないよなあ。どんだけパワー推しの暴虐圧殺プレイなんだ。タイラントとかフォートレスとか、そんな感じの暴君っぷりで上限知らずの底なしな大物っぷりなんだけれど、そのバトルスタイルはやっぱり男臭いんですよ。その華麗さも可憐さも端から捨てにかかってる姿は潔いくらいなんですが、敢えて言おう……女子力! 戦闘にも女子力!!(笑
「がぁおおーーっ!!」
は幾らなんでもあかん、あかんでや。怪獣か、おんしはw

まあプライベートではちゃんと女の子全開にしているので、アカン娘ではないのですが、というかむしろ自重しろ、と言いたくなるくらいに大会の真っ最中に発情しすぎだ、この娘さん! 色っぽいのは素晴らしいんですけれど、わりと本能に忠実すぎないか、ステラ。この作品、もう一輝とステラがラブラブで、しかもそこにわざわざ割って入ってくるような女の子もいないので、恋愛方面歯止め効かなくなってます。珠雫は口うるさいふりをして、二人の関係もう認めちゃってから肝心な時は邪魔して来ないからなあ。

意外だったのは、王馬と一輝の関係がそこまで拗れてなかったことか。実家との関係の酷さを思うと、そっけないながらもちゃんと弟扱いしてくれてたし、さり気なくアドバイスや忠告を与えてくれる事を思うと、仲は悪くないんですよね。一輝も、逃亡先に兄ちゃんの部屋を選んで一晩かくまってもらうとか、結構大胆な事してますし。
ちょっと王馬兄ちゃんの小物臭を心配していたのですけれど、ステラへの執着も含めてかなりイメージを挽回出来たんじゃないでしょうか。どうやら、彼自身どこか壁みたいなものを抱えているみたいで、それを乗り越えるために足掻いているみたいな素振りがありましたけれど、ステラの噛ませになるにしても、生徒会メンバーみたいにきっちり後々まで活躍してくれそうな、立ち位置の立て直しが今回行われた気がします。
むしろ、今全開でかませ臭を自ら煌めかせてるのは、珠雫さんなんですけどね!! 既に攻略法を見つけました、うふふ! と、ドヤ顔しまくってる時点で、物凄いフラグを立てまくってるんですけれど、大丈夫か妹ーっ!!
まあ生徒会の副会長みたいに、深刻な顔で、あの相手にはステラさんは相性が悪すぎる! とか解説してたら即座にその相手がステラにワンパンでノされたり、という展開もあったので、意外とどちらに転ぶかわからないんですけれど。ヤバイよヤバイよ、あいつヤバイよ、とフリしておいてあっさりヤッちゃうパターンも無くはないだろうしw
しかし、生徒会の面々は本当に役割を心得ているというか、どのシーンにおいても場を賑やかしてくれますねえ、さすがですw

個人的には、蔵人と一輝の再戦はかなり期待していたので、あの結果はちと残念だったなあ。でも、蔵人のとてつもないパワーアップした姿と、その鬼気迫る強さは結構堪能できたので、それなりに満足してしまったのかもしれない、これはこれで。負けて強し、な内容でしたし。それにだからこそ、相手の反則なまでの能力も際立ちましたし。いやまじで、あれどうやったら勝てるんだ? 
少なくとも、サラと天音についてはどうやったら勝てるのかさっぱりわからんですぞ。単に腕っ節が強い、技量が凄まじい、という枠なら、蔵人が勝てたはずですもんね。ルールが違うもんなあ。

そして、ラストに持ってきた一輝の試合。これもまた……(笑
いや、次回への引きとしては最高なんじゃないですか。引っ張り方が実に上手い。これは次を早く見せろ、という気になりますよ、うん。
シリーズ感想

黒鋼(くろ)の魔紋修復士(ヒエラ・グリフィコス) 104   

黒鋼の魔紋修復士10 (ファミ通文庫)

【黒鋼(くろ)の魔紋修復士(ヒエラ・グリフィコス) 10】 嬉野秋彦/ミユキルリア ファミ通文庫

Amazon

可哀相なディミタール。あの子には、過酷な運命が待っているでしょう――。

ダンテ逃亡の件でディルマに向かったカリンたち。
一方シャキーラの元を訪れたディーは、ヴァレリアではなく自分の紋章官にならないかと誘われる。
自身に下される危険な任務、そして、いまだ御しきれない左腕の暴走がヴァレリアを巻き込むことを懸念し思い悩むディーだが、
そんな折、ルオーマの中枢である魔法院から火の手が上がる。
その紅蓮の炎は、アーマッドに突如の訣別と大いなる混迷をもたらす戦いの合図だった――。
逃れられない宿命、第10巻登場!
ええええ!? これは、激震も激震。巻数も二桁に至ったところで、思いもよらぬ裏切りがディミタールを待っていたわけだけれど、こればっかりは幾らなんでも予想がつかなさすぎる。
今にして思えば、と振り返ってみることで伏線ともいうべき動向は幾つもあったんだろうけれど、そのどれもが後になって照らしあわせてみたらそうだった、というような事ばかりで、当時としては不審に思うこともなかった出来事や傾向に過ぎなかったんですよね。
そもそも、伏線だって事にすら気づいていなかった。最大の違和であったろう、オリヴィエがかつて神巫の候補者をいきなり降りて、結婚してしまったというのも彼女なりの事情があったんだろう、としか作中の人物の殆ども読者である自分も深く考えていなかったわけだし。その彼女なりの事情が、まさかこんな所でルキウスやディミを巻き込んで動き始めるなんて、想像もしていなかった。イサーク王子が、魔法院から徐々に権限を剥がそうとしていたのも、決して魔法院に何か怪しい動きがあったり、逆に魔法院が謀略を仕掛けられているというわけではなく、単なるイサーク王子の政治的バランス感覚の賜物であって、ルキウスやオリヴィエも特に反発している風でもなかったので、それらの件についても一切特別視してなかったんだよなあ。
そもそも、オリヴィエからして怪しい動きは微塵も見えなかったんだし。それどころか、ディミの家族として彼が捧げる献身に値する親愛を彼に寄せていたものだから、彼女に対して何らかの不審感を抱く、なんてことは本当に事ここに至るまでなかったんですよね。まあ、彼女のディミへの親愛は決して嘘ではなさそうなので、騙していた訳ではないのだけれど。
実際問題として、もしディミがヴァレリアの紋章官にならず、彼女と一緒に幾つもの事件を解決していくという「時間」がなかったとしたら、家族以外に何のしがらみもこだわりも持たない彼は、そのままオリヴィエたちと行動を共にすることを迷わなかったんだろうし。
すべては、ディミタールとヴァレリアが出会ってしまったことが運命だったのか。
いやしかし、前回でヴァレリアとディミ、二人共にお互いに対して火が付いてしまっていたのかもしれないけれど、今回の一件は否応なくお互いの気持を決定的なものにしてしまった。消えない炎になってしまった。二人共に平静で居られない激震の状況の中で、さらにヴァレリアの生命が掛かった選択の中で、ディミは何を選び、何を捨てるかの選択を強いられ、そして選んだわけだ。誰が一番大切なのかを、誤魔化しようのない決断として選んでしまったのだ。もう、これは燃え上がるしかない。
元々、内向的とは正反対の、苛烈なほど性格をした男である。正直、決断を下してしまった後の高まりすぎたテンションのせいだろうけれど、それでもあの生存本能を奮い立たせた結果の、強烈なまでの「この女は俺のものだ」という独占欲には滾らされた。この作者の主人公は、前作もそうだったけれど、この上なく冷静で強かで理性的にも関わらず、いざとなると女性に対して凄まじいまでに肉食系なのが、何とも頼もしい。

しかし、事は起こってしまったとはいえ、何が起こっているのか、オリヴィエが何を目的にしているのか、なぜあのルキウスが苦悩しながらも諾々と母に従ったのか。まだ何も明らかにされていないので、果たして何が起ころうとしているのかもわからないんですよね。尤も、世界を揺るがすであろう大事件の発生とは裏腹に、潔いくらいに主人公とヒロインはお互いを請い求める展開になりそうですけれど。濃厚と言ってイイ情熱的なラブストーリーですよ、これ。
1巻では絶対に有り得なさそうだった展開へと、見事に突入してきたなあ……。素晴らしい。

シリーズ感想

スチームヘヴン・フリークス 2 4   

スチームヘヴン・フリークス 2 (ガガガ文庫)

【スチームヘヴン・フリークス 2】 伊崎喬助/凱 ガガガ文庫

Amazon

“トライデント”最後の矛、シルフ登場!

犯罪者を追いかける過程で再びトライデントと激突したバスカーズ。そのことがきっかけで、ニコラスとザジは小さな仲違いをしてしまう。翌日、ささくれだった気持ちで街を行くザジに声をかけたのは、銀色の髪の女性――エレンディラ・サンチェスだった。
気さくな性格のエレンディラと、ザジはすぐに打ち解ける。聞けば、彼女もトライデントと何らかの確執をもっているようで……?
一方のニコラスは、犬猿の仲であるウンディーネとともにさる要人の警護にあたっていた。ザジは不在、サラマンダーは謹慎中で、トライデント最後の矛であるシルフは雲隠れ。お互いに“相棒”を欠いたまま仕事にあたるが―― そのとき、アルラウネと名乗る怪人による銀行襲撃事件が起こる! 現場に居合わせたザジとエレンディラ。駆けつけるニコラスとウンディーネ。そして暗躍するディスコルディアの影――。

いま、“蒸気天国”を舞台に新たな狂劇の幕が上がる! スチームヘヴン・ファンタジー第2弾!
これって、ザジはヒロインというよりも主人公してるように見えますね。1巻で過去から引きずっていた因縁、怒り憎しみ、切ない親愛の入り混じった複雑な感情に決着をつけ、優しい決別で思い出となった男を送り出す事で自分の中にも区切りをつけたザジ。そう、過去を精算すると途端に現れるのは「現在」なのですよ。過去を振り払い、そこで決め込んだ目的を果たすために邁進してきた彼女ですけれど、目的を果たすという決意は変わらないものの、ふと周りを見回す余裕というべきか、或いは気が抜けた瞬間が訪れるわけです。その時になって気づく、相棒であるニコラスと自分との関係。目的を果たすためのパートナー、それは仕事上の相棒であると同時に、信念を支えてくれる信頼できる相手ではあったものの、後ろに引かれ前ばかり向いていた彼女にとって、ニコラスはいつの間にか居て当然の相棒となっていて、彼の事を良く知ろうともしていなかったことに気づくわけです。信頼はしている、信用もしている、しかし彼のことを何も知らない、どうして自分を助けてくれるのか、彼が必死になって求めているものについても、ちゃんと考えた事がなかったことに。
相棒である、彼。しかし、相棒とは何なのか、自分は彼に何が出来るのか、自分にとって彼は相棒、でしかないのか。
邁進してきた彼女にとって、一度立ち止まって考えこんでしまうことは惑乱に近いもので、思索するにしてもその方向をどこにむけるべきかもわからない。そんな時に出会ったのが、馴れ馴れしいくらいに無造作に、乱暴に懐の中に潜り込んできたエレンディラ。そう、ザジにとって初めての友達となる女性である。
親友、というザジが今まで得たことがない人間関係。それを識ったことで、改めて自分とニコラスの関係が「友達」とは少し違うものだとわかってくるザジ。目まぐるしく繰り広げられる派手なアクションの中で、実はかなり丹念に、丁寧に個々の登場人物の心情の移ろい、人間関係から生き様までが浮き彫りになるような描き方がされてるんですよね。これは、エレンディラことシルフと、ウンディーネ、ひいてはトライデントというチームの在りようについても一緒で、シルフが単なるサボり魔ではなく、自分の中の正義とトライデントというチームの価値観の違いに悩み、シンプルに割り切れないウンディーネとの友情に悩み、気分をささくれ立たせている時に、ザジというまた一風変わった女性と知り合い、友達になって彼女と一緒にトラブルに巻き込まれることで、ちょっとずつ考える事が整ってきたり、頑迷といっていいくらいの社会正義に固まっていると思われたウンディーネが、あれで柔軟に自分たちを鑑みて、シルフという異分子を求めていたり、建前を抜きにするとこの娘はわりとシンプルに友情を大切にしてるかはわからないけれど、掛け替えのないものに思ってる娘なんだ、とわかってきたり、あれでサラマンダーの無茶苦茶さは、大事なものとして認められてるんだと苦笑してみたり、と群像劇的でありながら、いやだからこそか、どのキャラクターも掘り下げをかなりしっかりとされてるんですよね。
表でド派手に忙しなく、奥でしっとり丁寧に、これはなかなか絶妙な描き方だと思いますよ。若干、女性キャラ優先のようにも見えますけれどw
ただ、今回はやや「仕込み編」だった感じもあり、物語の本筋としては小さめにまとめてあった気がします。1巻の内容からさらに倍プッシュ!的にスケールアップを期待していたら、ちと肩透かしかも。でも、その分ザジやトライデントを丁寧に描いていた、と思えば悪くはないんですよね。
だからこそ、仕込みが済んで、ある程度人間関係の調整を終えた次回こそは、さらに後顧の憂いなく大いに暴れる展開を期待してしまうところです。楽しみに待つとしましょう。

1巻感想

【急募】賢者一名(勤務時間は応相談) 2   

【急募】賢者一名(勤務時間は応相談) (このライトノベルがすごい!文庫)

【【急募】賢者一名(勤務時間は応相談)】 加藤雅利/群青ピズ このライトノベルがすごい!文庫

Amazon

何の変哲もない退屈な日常。その陰で、「勇者」と呼ばれる存在は、密かに活動を続けている。
人類の平和を脅かすべく魔界からゲートを開いてやってくる魔物たちを、人知れず退治しているのだ。
これは、「賢者」の血筋に生まれたがゆえに、ちょうど同じクラスにいた女子高生勇者のサポートをすることになった、一人の平凡な男子高校生の物語である――。

賢者ってのはあれか、常時賢者タイムなんですか? いや、それだと血筋そのものを残せないので、少なくとも断続的ではあると思うんだけれど。
このヒロインの勇者の女の子は、天然素直クールとでも言うのか冷めている雰囲気はないんだけれど熱量を持たないタイプとでもいうのか、こういうボーっとしてるわりにサクサク動く娘は嫌いじゃないんだけれど、主人公の方も淡々としていてあんまり感情を波打たせないタイプなんですよね。語り部たる主人公もヒロインもえらく淡々としているものだからか、作品そのものも淡々と進んでしまって、盛り上がりが一切見当たらない。一応ラブコメっぽい展開もあるように見えるんだけれど、これって本当にラブコメ?というくらいには、淡々とそれっぽいエピソードが挟まるだけで、男女の若かりし微妙な関係、駆け引き、感情のやりとりの機微を軽妙なノリで楽しむべきラブコメとしては、いやどこをとっかかりにしていいのやら。
全体的に何についてもフラットすぎて、触りどころがないんですよね。街に魔物が現れて、主人公たちが密かに勇者活動して倒している、という設定も全く掘り下げられることなく、なんとなくそんな感じの設定になってます、みたいな適当っぽいですし。その曖昧であやふやな設定そのものをシュールなものとして表現しようとしているのか、というとそれらしき様子も見られないですし。
微妙、という他ないです、はい。

彼女がフラグをおられたら こんな床が抜ける寮にはいられない、私は角部屋に帰らせて貰うからね! 4   

彼女がフラグをおられたら こんな床が抜ける寮にはいられない、私は角部屋に帰らせて貰うからね! (講談社ラノベ文庫)

【彼女がフラグをおられたら こんな床が抜ける寮にはいられない、私は角部屋に帰らせて貰うからね!】 竹井10日/CUTEG  講談社ラノベ文庫

Amazon

『天界』による、ブレードフィールド公国への攻撃から辛くも逃げ延び、日本へ戻った旗立颯太。故国を追われ寄る辺なき身となった颯太が戻る所は、あの「クエスト寮」―仮想世界での再建前と同じ荒廃したままの懐かしい場所にて、再会なった菜波、月麦、駄メイド・眞奈花との生活が始まった。家出してきた茜も合流し寮の再建も進み、以前と同じような日々が過ぎる頃、かの七徳院の支配者・No.0が颯太達の前に傷ついた姿で現れた!月麦の勧めもあって旗ヶ谷学園に編入したNo.0は、意外な素顔を見せ始め…そんなある日ついに颯太は英雄崎凛と再会する。しかし現実世界での凛には驚きの秘密があった!?第2部突入の『がをられ』いよいよ11巻登場!
第二部の現実世界編に入ってから、もう驚きの展開ばかりで仰天しっぱなしですよ。マジで仮想世界編は世界の真理の足掛けに過ぎなかったんだなあ。
初っ端から、この世界の日本の総理大臣が新沢靖臣だった、というのにひっくり返りましたがな。臣くん、なに総理大臣とかなってんの!!??
「臣くん」と言えば、覚えている人も居るでしょう。竹井10日という人をシナリオライターの頃から知っている人からスレば、っまさに原点。この人のデビュー作である【秋桜の空に】の主人公がこの臣くんなのです。妹でないものなどヒロインに非ず、という風潮すらあった妹萌えが全盛期の時代に、姉萌えという新風を吹き込んだあの【秋桜の空に】の主人公なのです。もちろん、奥さんは「だぞっっっっっ!」の人なんですよね?

なんやかんやでクエスト寮も復活し、菜波たちと再びあの寮で暮らすことになった颯太。さすがに、仮想世界のように菊乃や恵までは一緒に暮らす、とまでは行かなかったものの、段々と仮想世界で巡りあった人たちともこの現実世界でも再会していく流れはじんわりと胸に来るものがある。現実世界でも、旗ヶ谷学園の生徒たちはイイ連中ばっかりだなあ。
そして、新装相成ったクエスト寮に新たに加わったメンバーは、まさかの七徳院No.0の神楽・ブレードフィールド。彼女が量産型忍者林瑠璃と戦うシーンはあれ、アニメリスペクトなんだろうか。こっちでは色々ハンデがあってNo.0の方がやられてしまうんだけれど。
ブレードフィールド公国の建国王でもある神楽の知らざれる歴史が語られるのだけれど、これがまた壮絶な話で……異世界の、しかも旧デルタ王国の騎士だったとは。しかも、元黒騎士!! さらに、神竜(SBD)に運命を改変させられたものだったという、そりゃもう凄まじい経歴で。神竜のSBDの意味がここで語られているのだけれど、これもまたビックリというかなんというか。あれ? さらっと登場してましたけれど、ちゃんとセリフありで巴さんが登場したのってこの作品では初めてじゃなかったでしたっけ? 他にも、黒騎士ゼルヴァーン・クレッツベルンが神楽の直弟子だったというのは初情報? 黒騎士関連はちょっと訳わからん形に錯綜してるので、少なくとも神楽の歴史上の位置関係が判明したのは良かった。あの最終決戦で颯太が来た黒い鎧は正しく黒騎士の鎧だったんだなあ。
そして、クエスト寮の一員となった途端に、すみやかにポンコツ化してしまうのは、かの偉大なる神楽・ブレードフィールドも変わらぬ運命だったようで、運命だったみたいで……新お母さんキャラだーー!!
こっちにはリセエールが居ない分、お姉ちゃんキャラが豊富なのに対してお母さんキャラが致命的に存在しなかったのに、ここにきてお母さんキャラの登場ですよ! まさかここでも「お母さんじゃない!」が聞けるとは思わんかったw
いや頼もしいのかそうでないのか。まあ幾らポンコツ化はしても、お母さんキャラは頼もしいですよ、大丈夫大丈夫。
さらに、クラスメイトの良い奴代表みたいな存在だった「茶パ」の、意外すぎるとんでもない正体。これは、隠しキャラとしては最強すぎやしませんかね。リセエールよりも格上ですよ。四人しかいない、クラス・アッパーファーストともなると。

そして、トドメともいうべき衝撃にして驚愕が、現実世界における英雄崎凛との再会、ではなく彼女が持っていた異能力。そう、現実世界でもあのサクラメントは暗躍していたのである。そして、仮想空間に構築された世界にのみ存在すると思われたあの能力が、この現実世界でもまた存在していたのだ。
フラグ操作能力。
この作品にして物語における最大の鍵となる、あの力が再び姿を現したのだ。

激動の展開は一時たりとも止まらない、どころかこれでますます加速していく事になるのだろう。なんかいつの間にか、魔法少女福祉機構の事務総長も交代してるし! 聖帝小路久美子さんことサンジェルマン伯が関係してるんだろうけれど、大魔王はどうしたんだ!?

シリーズ感想
 
7月20日
デート・ア・ライブ アンコール 9
 橘公司(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

放課後は、異世界喫茶でコーヒーを 6
 風見鶏(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… 11
 滝沢 慧(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

好きすぎるから彼女以上の、妹として愛してください。
 滝沢 慧(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

黒猫のおうて!
 八奈川景晶(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

同棲から始まるオタク彼女の作りかた 3
 村上 凛(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

はしたない姉妹ですが、躾けてもらえますか? 獣魔導士は服従の首輪にて姉妹と契る
 ツカサ(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

異世界でロリに甘やかされるのは間違っているだろうか ぱーと2
 長岡マキ子(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった 7
 朱月十話(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…8】
 山口 悟(一迅社文庫アイリス)

Amazon Kindle B☆W

7月19日
【神呪のネクタール 7】
 吉野弘幸/佐藤健悦(チャンピオンREDコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ジョジョリオン 21】
 荒木飛呂彦(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜15】
 赤坂アカ(ヤングジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【姫ヤドリ 4】
 やまむらはじめ(サンデーGXコミックス)

Kindle B☆W

【姫ヤドリ 5】
 やまむらはじめ(サンデーGXコミックス)

Kindle B☆W

7月18日
夏へのトンネル、さよならの出口
 八目 迷 (ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

先日助けていただいたNPCです ~年上な奴隷エルフの恩返し~
 秀章(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

空飛ぶ卵の右舷砲 3
 喜多川 信 (ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり
 月夜 涙(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

出会ってひと突きで絶頂除霊!5
 赤城 大空(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。3
 森田季節(ガガガブックス)

Amazon Kindle B☆W

最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 4
 あまうい白一(ガガガブックス)

Amazon Kindle B☆W

5分間SF
 草上 仁(ハヤカワ文庫JA)

Amazon Kindle B☆W

疾走!千マイル急行 (上)
 小川一水(ハヤカワ文庫JA)

Amazon

疾走!千マイル急行 (下)
 小川一水(ハヤカワ文庫JA)

Amazon

【天野めぐみはスキだらけ! 16】
 ねこぐち(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【湯神くんには友達がいない 16】
 佐倉準(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

7月17日
リビルドワールドI〈下〉 無理無茶無謀
 ナフサ(電撃の新文芸)

Amazon B☆W

英国幻想蒸気譚 1 ーレヴェナント・フォークロアー
 白雨 蒼(電撃の新文芸)

Amazon B☆W

マギステルス・バッドトリップ Season 2nd
 鎌池 和馬(電撃の新文芸)

Amazon B☆W

【渋谷隔絶 東京クロノス】
 小山 恭平(講談社タイガ)

Amazon Kindle B☆W

【透明なきみの後悔を見抜けない】
 望月 拓海(講談社タイガ)

Amazon Kindle B☆W

【ブラッド・ブレイン 2 闇探偵の暗躍】
 小島 正樹(講談社タイガ)

Amazon Kindle B☆W

【ギルドレ 3 滅亡都市】
 朝霧 カフカ(講談社タイガ)

Amazon Kindle B☆W

【化物語 6】
 西尾維新/大暮維人(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【化物語 6 特装版】
 西尾維新/大暮維人(講談社キャラクターズA)

Amazon Kindle B☆W

【マコさんは死んでも自立しない 4】
 千田大輔(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

7月16日
戦国小町苦労譚 11 黎明、安土時代の幕開け
 夾竹桃(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

転生してから40年。そろそろ、おじさんも恋がしたい。1
 清露 (アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

ドラゴンは寂しいと死んじゃいます ~レベッカたんのにいたんは人類最強の傭兵~ 5
 藤原ゴンザレス(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

【急募】捨てられてたドラゴン拾った【飼い方】
 アッサムてー (アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

私、能力は平均値でって言ったよね! 11
 FUNA(アース・スターノベル)

Amazon B☆W

攻略対象たちに気に入られるとかどうでもいいです。私は私らしく、自由にさせていただきます!
 斧名田マニマニ(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~ 10
 猫子(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

傭兵と小説家
 南海 遊(星海社FICTIONS)

Amazon

令和元年のゲーム・キッズ
 渡辺 浩弐 (星海社FICTIONS)

Amazon

異セカイ迷子の半透明とやさしい死神
 漆原 雪人 (星海社FICTIONS)

Amazon

7月15日
【転生幼女はあきらめない 2】
 カヤ(サーガフォレスト)

Amazon Kindle B☆W

【呼び出した召喚獣が強すぎる件】
 しのこ(サーガフォレスト)

Amazon Kindle B☆W

7月14日
百島王国物語 滅びの王と魔術歌使い
 佐藤二葉(星海社FICTIONS)

Amazon

7月13日
戦国昼寝姫、いざ参らぬ
 尼野 ゆたか(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

わたしの幸せな結婚 2
 顎木 あくみ(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

鎌倉お寺ごはん あじさい亭の典座さん
 遠藤 遼(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

翠玉姫演義 三 ‐泥に咲く花‐
 柊平ハルモ(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

旺華国後宮の薬師
 甲斐田 紫乃(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

民俗学研究室の愁いある調査 その男、怪異喰らいにつき
 神尾あるみ(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

7月12日
処刑少女の生きる道(バージンロード) ―そして、彼女は甦る―
 佐藤 真登(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア 12
 大森藤ノ(GA文庫)

Amazon B☆W

友達の妹が俺にだけウザい 2
 三河ごーすと(GA文庫)

Amazon B☆W

その劣等騎士、レベル999 2
 白石新(GA文庫)

Amazon B☆W

【配信中】女神チャンネル! え、これ売名ですの! ?
 徳山銀次郎(GA文庫)

Amazon B☆W

小泉花音は自重しない 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録
 高町 京(GA文庫)

Amazon B☆W

帝国の勇者 世界より少女を守りたい、と“まがいもの"は叫んだ
 有澤 有(GA文庫)

Amazon B☆W

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 7
 サトウとシオ(GA文庫)

Amazon B☆W

6歳の賢者は日陰の道を歩みたい
 斧名田 マニマニ(GAノベル)

Amazon B☆W

【異世界賢者の転生無双 2 〜ゲームの知識で異世界最強〜】
 進行諸島(GAノベル)

Amazon B☆W

【ピーター・グリルと賢者の時間 4】
 檜山 大輔(アクションコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ちはやふる 42】
 末次由紀(BE LOVE KC)

Amazon Kindle B☆W

【無能なナナ 5】
 るーすぼーい/古屋 庵(ガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 14】
 大森藤ノ/矢樹貴(ガンガンコミックスJOKER)

Amazon Kindle B☆W

7月11日
【Fate/Grand Order アンソロジーコミック STAR RELIGHT 1】
 アンソロジー(星海社COMICS)

Amazon

【京都寺町三条のホームズ: 祗園探偵の事件手帖 12】
 望月麻衣(双葉文庫)

Amazon

【道後温泉 湯築屋 3.今宵、神様のお宿は月が綺麗ですね】
 田井ノエル(双葉文庫)

Amazon

【さくらい動物病院の不思議な獣医さん 3】
 竹村優希(双葉文庫)

Amazon

【後宮の花は偽りを散らす】
 天城智尋(双葉文庫)

Amazon

【召喚軍師のデスゲーム 3 〜異世界で、ヒロイン王女を無視して女騎士にキスした俺は!〜】
 雪華慧太(アルファライト文庫)

Amazon

【異世界で怠惰な田舎ライフ。1】
 太陽クレハ(アルファライト文庫)

Amazon

【この世界の平均寿命を頑張って伸ばします。2】
 まさちち(アルファライト文庫)

Amazon

7月10日
ワールドエンドの探索指南
 夏海公司(電撃文庫)

Amazon B☆W

異世界帰りの俺(チートスキル保持)、ジャンル違いな超常バトルに巻き込まれたけれどワンパンで片付けて無事青春をおくりたい。
 真代屋秀晃(電撃文庫)

Amazon B☆W

淫らで緋色なノロイの女王
 岩田洋季(電撃文庫)

Amazon B☆W

破滅の義眼と終末を望む乙女 〈方舟〉争奪戦
 秋月陽澄(電撃文庫)

Amazon B☆W

秋山野要は愛されている。
 石崎とも(電撃文庫)

Amazon B☆W

つるぎのかなた 2
 渋谷瑞也(電撃文庫)

Amazon B☆W

湖底ゆらめく最果て図書館 光の勇者と涙する姫君
 冬月いろり(電撃文庫)

Amazon B☆W

新約 とある魔術の禁書目録 22.リバース
 鎌池和馬(電撃文庫)

Amazon B☆W

キノの旅XXII the Beautiful World
 時雨沢恵一(電撃文庫)

Amazon B☆W

錆喰いビスコ 4.業花の帝冠、花束の剣
 瘤久保慎司(電撃文庫)

Amazon B☆W

数字で救う! 弱小国家 4.平和でいられる確率を求めよ。ただし大戦争は必須であるものとする。
 長田信織(電撃文庫)

Amazon B☆W

そして異端の創換術師 現代魔術師、千年前に転移させられたので新たな歴史を創る
 えいちだ(電撃文庫)

Amazon B☆W

【俺にはもうNとファンタジーの定義が見えない】 鎌池和馬(電撃文庫) B☆W

私はおとなしく消え去ることにします 2
 きりえ(カドカワBOOKS)

Amazon B☆W

大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います 2
 瀬尾優梨(カドカワBOOKS)

Amazon B☆W

魔石グルメ 3 魔物の力を食べたオレは最強!
 結城涼(カドカワBOOKS)

Amazon B☆W

世界最強の後衛 ~迷宮国の新人探索者~ 5
 とーわ(カドカワBOOKS)

Amazon B☆W

外れスキル「影が薄い」を持つギルド職員が、実は伝説の暗殺者 2
 ケンノジ (カドカワBOOKS)

Amazon B☆W

役立たずスキルに人生を注ぎ込み25年、今さら最強の冒険譚 2.青銅と赤鉄の章
 しゅうきち(カドカワBOOKS)

Amazon B☆W

最強の鑑定士って誰のこと? 7 ~満腹ごはんで異世界生活~
 港瀬 つかさ(カドカワBOOKS)

Amazon B☆W

蜘蛛ですが、なにか? 11
 馬場 翁(カドカワBOOKS)

Amazon B☆W

目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい
 リュート(カドカワBOOKS)

Amazon B☆W

追放された勇者の盾は、隠者の犬になりました。
 家具付(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

特級ギルドへようこそ! 〜看板娘の愛されエルフはみんなの心を和ませる〜
 阿井りいあ(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

継続は魔力なり 3~無能魔法が便利魔法に進化を遂げました~
 リッキー(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

眠れる勇者と夢見る大賢者の協奏曲2
 夜赭翼アルタ(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

勇者によって追放された元国王、おっさんになってから新たなSSSランク勇者に指名され、玉座に舞い戻る
 いらないひと(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

おかしな転生XII~学生たちには飴と鞭~
 古流望(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

7月7日
コボルドキング 2 騎士団長、辺境で妖精犬の王になる
 Syousa.(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

白の魔王と黒の英雄
 ずくなしひまたろう(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

最強船長と最高に愉快な仲間たち 2
 宮澤花(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W 

迷宮の王 2.勇者誕生
 支援BIS(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

7月5日
【ぐらんぶる 13】
 井上堅二/吉岡公威(アフタヌーンKC)

Amazon Kindle B☆W

【てんぷる 1】
 吉岡公威(アフタヌーンKC)

Amazon Kindle B☆W

【ウチの使い魔がすみません 6】
 櫓刃鉄火(アフタヌーンKC)

Amazon Kindle B☆W

【サタノファニ 10】
 山田恵庸(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【アトム ザ・ビギニング 10】
 手塚治虫/ゆうきまさみ(ヒーローズコミックス)

Amazon Kindle B☆W

THE KING OF FANTASY 八神庵の異世界無双 月を見るたび思い出せ!
 天河信彦(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

極振り拒否して手探りスタート! 特化しないヒーラー、仲間と別れて旅に出る2
 刻一(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

宵の国戦記 2.暴蝕の森
 長月 東葭(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【魔王軍四天王の面汚しと呼ばれた俺、今は女勇者のお兄ちゃん】
猿渡かざみ(BKブックス)

Amazon Kindle B☆W

【転生した受付嬢のギルド日誌】
 Seica(BKブックス)

Amazon Kindle B☆W

7月4日
【それでも歩は寄せてくる 1】
 山本 崇一朗 (KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【ワンパンマン 20】
 村田 雄介/ONE(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【鬼滅の刃 16】
 吾峠 呼世晴(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ONE PIECE 93】
 尾田 栄一郎(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【アクタージュ act-age7】
マツキタツヤ/宇佐崎しろ(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【Dr.STONE 11】
 Boichi/稲垣 理一郎(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【神緒ゆいは髪を結い 1】
 椎橋寛(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【双星の陰陽師 19】
 助野 嘉昭(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ド級編隊エグゼロス 7】
 きただ りょうま(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ド級編隊エグゼロス 7 特盛版】
 きただ りょうま(ジャンプコミックス)

Kindle B☆W

【魔都精兵のスレイブ 2】
 竹村 洋平/タカヒロ(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【からかい上手の高木さん 11】
 山本 崇一朗(ゲッサン少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【からかい上手の(元)高木さん 6】
 稲葉 光史/山本 崇一朗(ゲッサン少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【くノ一ツバキの胸の内 3】
 山本 崇一朗(ゲッサン少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【千年探偵ロマネスク 大正怪奇事件帖】
 囲 恭之介(宝島社文庫)

Amazon

7月3日
【身売りっ娘 俺がまとめて面倒見ますっ!】
 エール(MAGNET MACROLINK)

Amazon Kindle B☆W

7月1日
上流学園の暗躍執事 お嬢様を邪魔するやつは影から倒してカースト制覇
 桜目禅斗(角川スニーカー文庫)

Amazon B☆W

異世界転生アンチテーゼ 転生魔王はチート転生者をチートで殺します
 小路 燦(角川スニーカー文庫)

Amazon B☆W

理系な彼女の誘惑がポンコツかわいい
 長田信織(角川スニーカー文庫)

Amazon B☆W

スーパーカブ 5
 トネ・コーケン(角川スニーカー文庫)

Amazon B☆W

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。2
 双葉三葉(角川スニーカー文庫)

Amazon B☆W

回復術士のやり直し 6 〜即死魔法とスキルコピーの超越ヒール〜
 月夜 涙(角川スニーカー文庫)

Amazon B☆W

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する 2
 月夜 涙(角川スニーカー文庫)

Amazon B☆W

フリーライフ 〜異世界何でも屋奮闘記〜 7
 気がつけば毛玉(角川スニーカー文庫)

Amazon B☆W

八大種族の最弱血統者 〜規格外の少年は全種族最強を目指すようです〜
 藤木わしろ(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

剣と魔法とセーラー服 〜ときどき女神にアイアンクロー〜
 三条ツバメ(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 4
 かじいたかし(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

嫌われ魔王が没落令嬢と恋に落ちて何が悪い! 3
 猫又ぬこ(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

六畳間の侵略者!? 32
 健速(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました 5
 永瀬 さらさ(角川ビーンズ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【はやめブラストギア 6】
 竹山 祐右(YKコミックス)

Amazon Kindle B☆W

6月29日
恋愛カルテット リトルプリンセスの恋愛相談
 箕崎 准(ファミ通文庫)

Amazon B☆W

賢者の孫 10.不撓不屈の魔王さま
 吉岡 剛(ファミ通文庫)

Amazon B☆W

誰が為のアルケミスト 砂の彼方の刹那
 はせがわみやび(ファミ通文庫)

Amazon B☆W

ファントムオブキル 時と絆の紡ぐ針
 櫂末高彰(ファミ通文庫)

Amazon B☆W

お姉さん先生は男子高生に餌づけしたい。
 朱月十話(ファミ通文庫)

Amazon B☆W

【じんるいのみなさまへ −わたしたちの場所−】
 伊西殻(エンターブレイン)

Amazon B☆W

【ちびっこ賢者、Lv.1から異世界でがんばります!3】
 彩戸ゆめ(エンターブレイン)

Amazon B☆W

【聖者無双~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~ 6】
 ブロッコリーライオン(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【ご主人様とゆく異世界サバイバル!2】
 リュート(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【出遅れテイマーのその日暮らし 3】
 棚架ユウ(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します! ~辺境開拓? よし、俺に任せとけ!2】
 佐々木さざめき(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【パーティーから追放されたその治癒師、実は最強につき 2】
 影茸(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【村人転生 最強のスローライフ 10】
 タカハシあん(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

6月28日
 【未完結ラブコメと運命的な運命論
 ゆうび なぎ(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

お隣さんな教え子と甘い○○
 望月唯一(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

2年B組は反逆しました
 天宮 暁(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

幼なじみは負けフラグって本当ですか? 2
 猫又ぬこ(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う 2
 深山 鈴(Kラノベブックス)

Amazon Kindle B☆W

よくわからないけれど異世界に転生していたようです 2
 あし(Kラノベブックス)

Amazon Kindle B☆W

二周目チートの転生魔導士 〜最強が1000年後に転生したら、人生余裕すぎました〜
 鬱沢色素(Kラノベブックス)

Amazon Kindle B☆W

異世界チート魔術師 10
 内田 健(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

その最強、神の依頼で異世界へ 4
 速峰 淳(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

いずれ最強へと至る道 2
 藍澤 建(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

ネクロマンサー少女 1
 天乃 聖樹(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

神様は少々私に手厳しい 6
 守野 伊音(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

傭兵団の料理番 7
 川井 昂(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

最強騎士団長の世直し旅 1
 佐竹 アキノリ(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

無属性魔法の救世主(メサイア)6
 武藤 健太(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【神スキル【呼吸】するだけでレベルアップする僕は、神々のダンジョンへ挑む。4】
 妹尾尻尾 (モンスター文庫)

Amazon Kindle B☆W

【アラフォー社畜のゴーレムマスター 6】
 高見梁川(モンスター文庫)

Amazon Kindle B☆W

【髪結師は竜の番になりました(やっぱり間違いだったようです)】
 三国 司(PASH!ブックス)

Amazon Kindle B☆W

【神統記(テオゴニア) 3】
 谷舞 司 (PASH!ブックス)

Amazon Kindle B☆W

【気ままに東京サバイブ。もしも日本が魔物だらけで、レベルアップとハクスラ要素があって、サバイバル生活まで楽しめたら。】
 まきしま 鈴木(PASH!ブックス)

Amazon Kindle B☆W

チート薬師のスローライフ 〜異世界に作ろうドラッグストア〜 3
 ケンノジ(ブレイブ文庫)

Amazon Kindle

【ギャルごはん 7】
 太陽まりい (ヤングアニマルコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【無人島に何か一つ持ってくとしたら何持ってく?って話 1】
 大塚志郎(バンブーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【楽園 Le Paradis 第30号】 (白泉社)

Amazon

6月27日
【NEW GAME!9】
 得能正太郎 (まんがタイムKRコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ニジとクロ 1】
 武梨えり(REXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【インフィニット・デンドログラム 5】
 今井神/海道左近(HJコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【最強の黒騎士、戦闘メイドに転職しました 3】
 百門一新(幻冬舎コミックス)

Amazon Kindle

6月26日
【キノの旅 the Beautiful World 4】
 郷/時雨沢恵一(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【航宙軍士官、冒険者になる 1】
 たくま朋正/伊藤暖彦(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

6月25日
【Fate/Grand Order コミックアンソロジー THE NEXT 6】
 アンソロジー(DNAメディアコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ 2】
 蝸牛 くも/池野 雅博(ビッグガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ゴブリンスレイヤー 7】
 蝸牛くも/黒瀬 浩介(ビッグガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 4】
 蝸牛 くも/栄田 健人 (ビッグガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 -妄言録(モノローグ) 14】
 渡 航,/佳月 玲茅(ビッグガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【兄の嫁と暮らしています。6】
 くずしろ(ヤングガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ユーベルブラット 23】
 塩野 干支郎次(ヤングガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界食堂 4】
  犬塚 惇平/九月 タカアキ (ヤングガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【武装少女マキャヴェリズム 9】
 黒神遊夜/神崎かるな(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました 2】
 柚アンコ/永瀬さらさ(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【狐のお嫁ちゃん 4】
 Batta(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【Fate/Grand Order コミックアラカルト PLUS!3】
 アンソロジー(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【フレームアームズ・ガール カナガタ・デイズ】
 常石ツネオ(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【それゆけ! 異世界チート魔術師 2】
 川村 拓(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり15】
 竿尾悟/柳内たくみ(アルファポリスCOMICS)

Amazon Kindle B☆W

Re:ゼロから始める異世界生活 20
 長月達平(MF文庫J)

Amazon B☆W

「キミ、どこ住み?え、俺は空中要塞住みだけど」
 川岸殴魚(MF文庫J)

Amazon B☆W

自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ? 6.5
 三河ごーすと(MF文庫J)

Amazon B☆W

大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ? 7.真の皇帝となり美少女嫁と全世界を救います。
 櫂末高彰(MF文庫J)

Amazon B☆W

僕のカノジョ先生 4
 鏡遊(MF文庫J)

Amazon B☆W

黒凪のダンジョンマスター 2.不適合スキルで海賊ライフ
 迷井豆腐(MF文庫J)

Amazon B☆W

緋弾のアリア XXXI 静かなる鬼
 赤松中学(MF文庫J)

Amazon B☆W

灰と幻想のグリムガル level.14++
 十文字 青(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

現実主義勇者の王国再建記 X
 どぜう丸(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

異世界召喚された俺がHできない理由 Answer.2 HPチートで無双したから
 大城功太(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

庶民勇者は廃棄されました 1
 ぎあまん(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

女大好き、クズ王子 〜転生魔王のハーレム英雄譚〜 1
 葉月(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

ありふれた職業で世界最強 10
 白米 良(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

異世界でスローライフを(願望)4
 シゲ(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

追放者食堂へようこそ! 1 最強パーティーを追放された料理人(Lv.99)は、田舎で念願の冒険者食堂を開きます!
 君川優樹(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

学園騎士のレベルアップ! レベル1,000超えの転生者、落ちこぼれクラスに入学。そして、
 三上康明(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

地下室ダンジョン 〜貧乏兄妹は娯楽を求めて最強へ〜
 錆び匙(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

ソロ神官のVRMMO冒険記 4 〜どこから見ても狂戦士です本当にありがとうございました〜
 原初(ダッシュエックス文庫)

Amazon

私、聖女様じゃありませんよ!? 〜レベル上限100の異世界に、9999レベルの私が召喚された結果〜
 月島秀一(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

盾の勇者の成り上がり 22
 アネコユサギ(MFブックス)

Amazon B☆W

錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。3
 夏月涼(MFブックス)

Amazon B☆W

剣と弓とちょこっと魔法の転生戦記  2 〜凡人貴族、好敵手との邂逅〜
 U字(MFブックス)

Amazon B☆W

見習い聖女の憂鬱
 澪亜(MFブックス)

Amazon B☆W

盾の勇者の成り上がりクラスアップ 公式設定資料集
 アネコユサギ(MFブックス)

Amazon B☆W

マネートラップ 偽りの王子と非道なる一族
 木崎ちあき(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

わけありシェアハウス
 綾藤安樹(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

逢う日、花咲く。
 青海野灰(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

オーダーは探偵に 失われた絆にひとしずくの謎解きを
 近江泉美(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

おはようの神様
 鈴森丹子(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

シャバの「普通」は難しい 04
 中村 颯希(エンターブレイン)

Amazon Kindle B☆W

6月24日
【ロード・エルメロイII世の事件簿 4】
 東冬/三田誠(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【終末のノスフェラトゥ 3】
 真じろう(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

6月22日
【うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 5】
 ほた。/CHIROLU(MFC)

Amazon Kindle B☆W

【剣鬼恋歌 Re:ゼロから始める異世界生活†真銘譚 1】
 野崎つばた/長月 達平(MFコミックス アライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【賭博師は祈らない 3】
 えかきびと/周藤 蓮(MFC)

Amazon Kindle B☆W

【Re:ゼロから始める異世界生活 第三章 Truth of Zero 10】
 マツセダイチ/長月 達平(MFコミックス アライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【ようこそ実力至上主義の教室へ 8】
 一乃 ゆゆ/衣笠彰梧(MFコミックス アライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

新米オッサン冒険者、最強パーティに死ぬ ほど鍛えられて無敵になる。2
 岸馬きらく(HJ NOVELS)

Amazon Kindle B☆W

シロクマ転生 7 ―森の守護神になったぞ伝説―
 三島千廣(HJ NOVELS)

Amazon Kindle B☆W

異世界はスマートフォンとともに。17
 冬原パトラ(HJ NOVELS)

Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索