徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  9月の漫画新刊カレンダー  9月の書籍新刊カレンダー
  10月の漫画新刊カレンダー  10月の書籍新刊カレンダー
 

お気に入り

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です!4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です! (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です!】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

“人類最終試練”の魔王アジ=ダカーハとの死闘から三か月―。ようやく落ち着きをみせた箱庭で、十六夜たちは新たなギフトゲームに挑む。でも順調に勝ち進んでいく十六夜に異変が起きて!?一方、その裏では、箱庭全土を巻き込む一大プロジェクトが進んでいた。仲間たちにも転機が訪れるなか、十六夜、飛鳥、耀の下す決断とは!?そして、ついに地上へと降臨した“ある人物”の正体とは!?―いま、究極の進路相談が始まります!!異世界バトル第1部完結。

ヤバいなあ、やっぱり自分、この多積層次元構造な世界観、大好物なんですよね。スケールが大きい、という表現だとどうしても三次元レベルにとどまってしまう。この他に類を見ない時間と空間が見事に偏在している世界観をなんと言ったらいいものか。神話から科学的概念に至るまで、独自解釈によって再構成して、フォーマットこそ既存のものを踏襲しながら、それを読み解く読解ルールをほぼ刷新して新しい世界にしてしまってるんですよね。そのあたりをこれでもかと語り尽くしたのが、この第一部のエピローグであり第二部のプロローグなわけだ。
箱庭の階層、三桁とか四桁とかの本当の意味合いや、人類最終試練と呼ばれるモノの存在意義、外界との関係、これに限らず各種設定や登場人物の行動原理なんか、この巻を読み込むとある程度一貫したルールみたいなものが見えてくると思うんですよね。これまでよく意味がわからなかった発言や行動、設定なんか、改めて読みなおしてみると見えてくるものがあるかもしれない。こうしてみると、決して無軌道じゃなくてちゃんと一貫した解釈とルールがあったんだなあ、というのがわかる……気がする。いや、実際これ難しいと思うんですけどね。
この世界観そのものが、ギフトゲームのようなものであり、その根底に明確な真意があってちゃんと紐解ける謎である、と解釈すればわかりやすいかも。それを読み解く材料は潤沢に供給されていて、この第一部完結編は、最初の答え合わせみたいなもの、と思えばいいか。
そして、登場人物たちにもはっきりと次のステージにあがるべく、次の段階に向かう為のステップが必要となったわけで、十六夜の場合は彼自身も知らぬ彼の正体に、その因果に足を取られていたところを寄ってたかって背中押されたことになるのかな、これは。半ば、自力だったような気もするけれど。
いずれにしろ、問題児たちは今までの自分に一つのケリをつけて、次の段階に向かいに至ったわけだ。あの三人組だけじゃなく、殿下たち魔王組もそうだし、ジン・ラッセルもそれっぽいけれど。ジンは、マジでペストとこれ、心中…というと言葉が過激になるけれど、彼女の為に太陽を落とす気マンマンになっているのが、ゾクゾクするねえ。個人的には、今回一番熱かったのは混世魔王その人でしたけれど。原典では雑魚魔王にすぎないというのに、こんなに熱い男になってるとはなあ。なんだかんだと、シスコンな気もするけれど。そして、この作品の斉天大聖って、斉天大聖史上最高のイケメンなんじゃないだろうか。暴走しかけた白夜叉を制止した時の侠気あふれたあのセリフといい、かっこ良すぎますよ、気持ちよすぎですよ。でも、こっちの悟空は女なのよねえw

虚を突かれたのは、フェイスレスの正体ですか。まさか、ここで正体が明らかになるとは思っていなかったので、不意打ちですよ。しかも、シンプルに神話体系の著名な英霊のたぐいかと思ってたら、完全に予想外の人品で。ってか、飛鳥の家って冗談抜きで皇室関係だったの!? 
十六夜が去ったあとの外界の彼の家族たちも、ここに至って深く関わってきているみたいだし。金糸雀があのホームに居たのも、全然偶然なんかじゃなかったわけか。重要なのは、十六夜だけじゃなかったのね。リンが殿下とつるんでいたのも、どうも平易な理由じゃなさそうだし、第二部スタートに対して全体に張り巡らされた謎もさらに一段深みを増してきた感がある。面白い。
第二部スタート、ガチで楽しみです、これは本当に楽しみ。どうはっちゃけるのか、うひゃひゃ。

シリーズ感想

CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ 2 5   

CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (2) (角川スニーカー文庫)

【CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ 2】 玩具堂/bun150 角川スニーカー文庫

Amazon

美遥との同居を始めて1週間。同じベッドで寝たりと毎日がドキドキなのに、今度は美遥が遊の学校に転校してきて!?幼馴染みの冬風も交えた三角関係で、クラス中が大騒ぎに。一方、ゲーセンデビューしたハルハは、不良っぽい女の子・神奈桜と仲良くなっていた。そんな時、魔法の世界ウィザーズ・グレイズで新たなハダリーズ事件が発生!!調査を依頼された遊だったが、そこで出会ったのはゲーム世界の“幽霊”となった神奈桜だった!?
ふへへへ……いかん、変な笑いが漏れてしまう。ぐふふふ、これよこれ、このガッツリとした手応え。行間にみっしり詰まった登場人物たちの感情、想いの密度の濃さ。複雑怪奇な人間関係、心理の錯綜。これだけ手応え、歯ごたえを感じさせてくれる、中身のボリュームたっぷりの作品は昨今やっぱり少ないので、こういうのの直撃をガツーンと食らうと、キタキタキターとテンション上がってしまいます。
いやなんですか、あの美遥の転校してきた直後の、教室における冬風との直接対決。学校の教室という場所を舞台にしたシーンとしては、思い浮かぶ限り三指に入る鮮烈な印象を残す名シーンですがな。
今回、この二巻は幼なじみの冬風が美遥に対抗して、これまで関わってこなかったCtGのゲームを初めて、そっちで密接に絡んでくるのかなあ、と思ってたんですよ。普通なら、そういう展開だったはず。ところが、一向に出てこない。冬風は現れない。冒頭に凄まじいインパクトを残す美遥との修羅場シーンを演出したあとは、ぷつりと音沙汰なくなってしまう。あれ? どうしたんだろう、と気にはしていても、本編は本編で人付き合いが決してうまくない美遥の、アップアップしながらも独特の立ち位置を確保していく転入生生活や、ハルハと仲良く(?)なった中学生神奈桜が絡む、新たなハダリーズ事件の緊迫した展開が続き、冬風の事にばかり意識を傾けては居られない充実ぶりを見せていて、今回は埋伏段階なのだろう、と頭の片隅の方に追いやっていたわけです。冬風の事を気にしなくても、というか気にならなくなるくらい、迫真の展開が続いていて盛り上がってたんですよね。だからこそ、だからこそ……。
この幼なじみ、すげえわ。
なんというか、ここまで一撃必殺の強キャラ幼馴染はなかなか見ない。本編通してみたら出番、登場シーン数としてはかなり少ないはずなのに、彼女が全部持ってった感すらある。なんという強烈極まる存在感!!
これは、単に読者であるこっちへの印象度という意味合いだけじゃないんですよね。ダイレクトに、主人公の遊への存在感であり、また冬風をライバル視している美遥の衝撃度でもあるのです。
美遥にとって、遊の存在というのは複雑怪奇で未だ定まらぬものです。ゲーム上では長らくパーティーを組み、結婚までしている仲間であり、人慣れない美遥にとっては数少ない身近な存在。しかし、現実世界では全く面識がなかったところに、突然ハルハというイレギュラーの存在によって同じ家で同居し、寝食を共にする事になった相手。家族という存在に、どうやら一筋縄でいかない懊悩を抱えている彼女が、初めて手に入れた「大切な家族」。多分、まだはっきりと彼のことを異性として好きだとかいう感情は持ちえていないはず。しかし、意識し気になる相手であり、ハルハを間に挟んだ家族であり仮の夫婦であり、ゲームの中ではなく現実でも信頼を寄せれる相手。今、一番身近な相手。今の美遥の目線は常に遊に向けられていて、手を伸ばせば触れられる位置で彼の内面も含めて、その形、在りようを捉えようと模索している。
ところが、その肝心の相手である遊は……生活を共にする、そして一緒にハルハを育てる自分を常に気にかけてくれてはいるものの、その心は自分の方には向けられていない。彼の心は、冬風の方に向けられている。一緒に生活し、夫婦同然の日々を過ごして、ハルハの為に一緒に現実でもゲームの中でも肩を寄せあって協力して、助けあって、頑張っているからこそ、美遥には遊にとって冬風の存在がどれほど大きいか伝わってくる。
美遥にとっての遊の存在が、いったい何者なのか定まっていないからこそ、その相手の心が自分ではない相手に奪われてしまっている、ということが彼女にとってどれほど焦燥させるのか。
面白い、本当に面白い。美遥という少女の冬風への対抗心、敵愾心、そして痛切な敗北感。今や家族同然でありながら、しかし実際には何者でもない自分と遊との関係のあやふやさの中に、自分なりの確かな足場を築きあげようとした時、自分と彼だけの領域だと思っていた場所ですら、全く彼女に敵わないのだと思い知らされた時のあのぶん殴られたかのような、美遥の衝撃が、敗北感が、悔しさが……たまらん、たまらんですよ!
もう一方の冬風の方も、決して多くない登場シーンの中に、これでもかと遊という幼馴染に対する深く激しい、しかし決して真っ直ぐではなくうねって曲がってドリルのように螺旋していて、グリグリえぐってくる想いが込められ、語られていて、もう歯ごたえぱねえってえの。
そして、そんな冬風に対応して、往還して、遊もまた冬風という幼馴染の存在が自分の中に焼き付いている様を、こいつはまた無自覚に垂れ流していてさあ……もうこの三角関係、たまらん、美味しすぎる。
ぶっちゃけ、この段階だとあまりにも遊と冬風という二人の関係に割って入る隙間が見当たらないんで、はるかに美遥がどうしようもないところにいる気がするんですけどね。あのラストシーン見せられるとなあ。冬風は、遊と母親の関係をずっと間近で見続けた上で、彼のトラウマから心の傷から全部承知しているわけですしねえ。
しかし、これが単純な三角関係なら、それこそ美遥に太刀打ちのしようはないのですけれど、ここにハルハという遊と美遥を親として慕う少女の存在があり、仮とはいえ家族として三人が成立している事実があり、亡き母親が作ったゲームが政府を巻き込み、ゲームの範疇を逸脱した新人類の創造という段階にまで踏み込んだ危険な領域にまで足を突っ込んでいて、一筋縄ではいかない状況にあるんですよね。美遥の内面や人格に深く関わるであろう彼女の家庭環境についてもまだ詳しく語られていませんし。
うん、何もかもまだ始まったばかりじゃないですか。ハルハと新キャラの桜の話も、若い親たちに負けず劣らず鮮烈で、ゲーム内での展開も前回よりもどんどんおもしろくなってきていて、ヤバいです、初っ端から終わりまで、終わってもなお次の展開に想いが馳せて、ワクワクが止まらない。

これは、久々に面白さに悶絶しながら楽しめる傑作の予感!!

1巻感想

Landreaall 23 限定版4   

Landreaall 23巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

【Landreaall 23 限定版】 おがきちか ZERO-SUMコミックス

Amazon


まさか、あの夫婦が。特に戦鬼がごとき無双の、作中最強なんじゃというファレル母さんがどうやったらやられるんだ、というかどうやったらやっつけられるんだ、とありえないシチュエーションに、これ本気でヤバいんじゃないのか、と危惧していたんですが、そうか、そういうことだったのか。これは相手が上だった、としか言い様がない。そうか、ファレル母さんってそんな弱点あったっけ。そんな弱点ついても余計に酷いことになりそうで、全然予想していなかった。そもそも、彼女の弱点ってこういうシーンで利用されるようなものじゃなかったはずだもんなあ。これは偶然なのか、それともファレル母さんの弱点を把握した上での事だったのか、と疑問するなら、仕掛け人が明らかになった時点で後者とかんがえるべきなんだろうなあ。
案の定黒幕は誰もが予想した通りの人物だったわけですけれど、ここまであからさまなのに底知れないあのクェンティンの怪しさはやっぱり並外れている。一体何を考えているのか、未だにさっぱりわからないし。こいつが面倒くさいというか難しいというか怖いのは、安易に「敵」認定出来ないところなんですよね。まず敵味方がはっきりしないと対処のしようがないものなんだけれど、そもそも彼に関しては何に対して敵味方の判断を下していいのか、から分からない。白黒はっきりするのって簡単なように見えて、これだけ判断の土台となる部分が混迷しているとひどく難しいんだよなあ。果たして、クェンティンがここまでやらかした今の段階に至っても、判断してしまっていいものか恐ろしくある。DXは白黒ハッキリさえしたら、電撃的に事態を解決できるだけの様々なものを備えているけれど、同時に思慮深く慎重で判断基準も独特なので、クェンティンについてはかなり困ってそうなんだよなあ、扱いを。前はアンちゃんことアニューラスについても随分困ってた節がありますけれど、彼女(彼)についてはDXに対してほぼ全幅で自由を尊重してくれたので、まるっと大方のものを預けて解決してしまったのですが、クェンティンは目的が定かではないのはいいとしても、その目的を達成するために他者の自由意志を尊重しない、というか誘導する節があるので、DXが打ち解ける余地は殆どないんだけれど、それでもまだ敵認定するようなものでもなかったんですよね。それが、今回これだけハッキリと強引な手に打って出てきたとなると、それだけ大きく事を動かす段階に至ったのは間違いないんだろうけれど……うーん。
それでも今回は六甲が本当に危なかったんで、身内を危機にさらされたDXがどう判断するのか。彼については後になってみるとその行動原理は明快にしてわかりやすいものの、その時その時には動きが瞬発過ぎて理解が追っつかない事が多々あるので、今回もどこまで動くのか見通しが立たないのがワクワクを通り越したドキドキ感がある。とんでもないことをやらかしてくれそうで、それがある一定のラインをちょうどまたぎ越していそうで。ティティの気持ちはよくわかるよ、これw
とはいえ、六甲が無事だったことでほんとに危ない展開は免れているのは多分、間違いないと思うんだけれど。
一方で、イオンもまたこれ、何気に道を一つ選んじゃったんだよなあ。イオンちゃんはどうやったってイオンちゃんであることを選んだか。あの寮監さん、ケリー夫人ならイオンがどう言おうと最後まで止めると思ったんだけれど、イオンの決意の謝罪に対して何も言わなかった、言えなかったのか、のが結構意外だったし、それだけこのシーンは重要だったのかもしれない。
しかし、DXがイオンに気付かなかったのはなんでなんだろう。他の親しい人はみんなほぼひと目で気づいてたのに。六甲も驚いてたもんなあ、気づいてないことに。
六甲ーイオンのラインは正直もうないのかな、と思ってたんだけれど、あのシーンを見せられるとまたぞろムクムクっと盛り上がってきましたよ。家族は家族でもやっぱりDX相手とは違うもんなあ。DXとしても、カイルよりも六甲の方がオススメみたいだし、個人的にもこの一件で六甲がニンジャでありながら人間として生きることに対してより真剣に向き合うことになったことで、よりイオンとラインが繋がる芽が芽生えてきた気がするので、ぜひ推してあげたい。
巻末の短編も毎度ながら面白かった。一つの些細な事件と認識されていたものが、解体しその影響を辿って行くと様々な面に波及して繋がっていっているという面白さ。歴史にしても現代の政治にしても、単発の出来事を抜き出して表層だけをさらって、これ、と見せてもその本質は全く伝わらないんですよね。繋がっていっているものを見出して、その多くを俯瞰して理解しないと物事というのは見えてこない。新聞記事やイオンの話、自分が見聞きした出来事から、グランドデザインを描き出して見えたチルダは、ほんと賢いなあ。そして、それを安易に口に出さないことも含めて。
そして、フィルのナイフ投げの凄さ、伝わりましたよ。DXが語りたくてウズウズしているのが、可愛いというかなんというか。しかし、本気でスゴイんだ、フィルのナイフ投げ。

シリーズ感想

紫色のクオリア 3 5   

紫色のクオリア (3) (電撃コミックス)

【紫色のクオリア 3】 綱島志朗/原作:うえお久光 電撃コミックス

Amazon


うおおおおおおおおおおおおおおおお!!

超大傑作!!!


あの、原作を読んだ時の超弩級の衝撃を、そのまま、或いはそれ以上の威力を持って食らった、喰らってしまった。願わくば、この漫画シリーズ三巻をまとめて読むことをおすすめする。蝶オススメする。その上で原作を読んで、満を持してこの三巻の付帯されたうえお久光さんが書いた書き下ろしの短編を読めば、それできっとパーフェクト。
貴方は、地上から時空の果てに浮かび上がり、宇宙の彼方へと吹き飛ばされ、天上天下の概念を完全に溶かされた挙句に地上に叩き落とされ夢から覚めたみたいな放心状態にさせられること請け合いである。
この、際限なく自己が拡大していって想像が及ばない領域まで広がりきって進み切って、果ての果ての最果てまで到達した末に、最初の地点に収斂していく感覚は、きっと二度と味わえない前人未到の感覚である。そう思っていた。この原作を読んだ時に打ちのめされた陶酔を、まさか漫画でもう一度、些かの瑕疵もなく再び味わう事が出来るなんて。なんて新鮮で、懐かしくも尊い感覚だろう。泣きそうだ、というか泣いた。
そんな、湧き上がる感覚を、湧き上がって留まることなく吹き上がって、飛び散っていってしまいそうなそれを、最後の短編が小箱のように内に収めてくれたんですよね。
小説と漫画の、両方の終着点。この【紫色のクオリア】という世界の本当のピリオドが、この短編をもって打たれたのだ、と思うと切なさと同時に止めどない安堵が溢れる。やっと、蓋をすることが出来たのだ、と。

内容について言及する必要性は、これっぽっちも感じない。というか、もうやだ、ごちゃごちゃ言ってる前にまず読め、としか言えん。読んでこの怒涛怒涛の疾走に何も出来ずに溺れるがいい。 
今はただ、感慨に浸るばかり。これほどの傑作をもう一度味わえたことに、ひたすら感謝を。もうこれ、課題図書ね?

1巻 2巻 小説感想

Landreaall 22 限定版5   

Landreaall 22巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

【Landreaall 22 限定版】 おがきちか ZERO-SUMコミックス

Amazon

うっひゃーーーー!! 読み終わったあと、止めていた息を吐いて吸って、万感こめてバンザーイ、やっはーー。いやあ、もう色んな意味で呼吸を潜めつつもハラハラドキドキな内容でした。今の新王即位に関連する宮廷内の微妙なパワーバランスの中に否応なくつま先突っ込んじゃってるDXなんですが、意図してないところから変なところに首突っ込んじゃったが為に、なんかこうつま先立ちで綱を渡ってるような感覚で。ただ、DXの身体能力からすると、綱程度ならひょいひょいと簡単に渡っていけるんだけれども、でもやっぱり傍から見ていてアイヤーってな感じなんですよね。DX当人もなんか全然思ってない方向からボールが飛んでくるんで、受け身に回っているというか、現状攻めるべき目標がないからこそ立ち回りが慎重になっている気もする。敢えて危ないことする理由もないですからね。だから、父親のリゲイン卿の周辺がリリアーナ姫の件できな臭くなっている事もまあ我関せずで居るはずなんだけれど、周りはそういう目で見てくれてないというか。今のところ、ロビンの親父さん探しという王都の権力の駆け引きとは関係無い私事でのみ動いていたはずなのに、その肝心の探していた渦中の人物が、新王となる大老ファラオンの三男だったことから、段々と話が怪しくなった挙句に、その件でこっちもイオンからの流れで独自に動いていたライナスたちが危険に巻き込まれることになって、とまあ周辺静かじゃイられないことに。
ライナスも、ドジ踏んだというか危険の見極めについては仲間内でも一番捌けてると思ってたんだが、今回一度目は兎も角として、その後も調査を実行していたのはちょっと意外。そういう危ない真似はしない奴だと思ってたんだが。
「君たちのトラブルって僕がわくわくするレベルを超えてるんだよねいつも!?」
TTって、騒動やトラブルは鼻歌交じりに楽しみながら好奇心を満たしつつ利用して自分の利益を確保しつつ解決する、みたいな気質の持ち主だと思うんですよね、元来。ところが、DXたちが持ち込んでくるトラブルと来たら、笑ってアハハと楽しむにはどれもこれも大事過ぎて、それらを裏方で軟着陸させるのに毎回相当な尽力や助言をひねり出してるTTからすると、この言や然りであり、今回もまあとびっきりだよね!! さすがに直接襲われる、みたいな自体は初めてだし、いや真名の件でルーディーがさらわれたりとかあったか。でも、今回は何しろ新王即位にまつわるものだからなあ、危なっかしさもとびっきり。
この件で釘刺しにきたタリオとのやり取りは、もうウッヒャー、ですようっひゃーー!! 
「……あれ、もしかして」
「知ってるよ」
この目線だけのやり取りにはひっくり返って大笑い。あかん、大人怖いw 宮廷内で暗躍してる最前線の連中はホント、なめちゃいかん。
とはいえ、そんな妖怪みたいな大人たちにとっても、DXって子は意外で読めない眩しい存在なんだろうなあ。頭が良くて純心で世間知らずな子供は幾らでもいるだろうけれど、DXのように真っ直ぐで透明なほど純粋な性質でありながら、矛盾するように狡猾で強かで食わせ者、という相反する2つの要素を併せ持った子供は見たことがないだろうし。まさしく、騎士と傭兵を兼ね備えてる変な子なんですよね。今回も、タリオ氏とライナスの親父さんがどうやらDXが自分たちの常識と想像の範疇からかなり逸脱したとらえどころのない、しかし目が離せない魅力を兼ね備えた子だということに気がついていく様子は、見ててホント楽しかった。特に、大商人であるライナスの親父さんが、DXの真意と本質を捉えた瞬間は、この人何思ってニヤニヤしてるのかなあ、といろいろ想像してワクワクしてしまいました。DXの言動に一喜一憂し、驚き目を丸くしわくわくするのも楽しいのですけれど、DXに驚きワクワクする周りの人達を見るのもまた、この作品の楽しみ方だなあ、と改めて思った次第。

とまあ、ロビンの父親の捜索の件が、一度慎重に立ち回り方を考えなければならなくなったところで、まさかの一報。てっきり、リゲインとファレルたちがちょっとヤンチャしたのかと思ったのだけれど、ラストの六甲のあの様子を見るとやはりタダ事じゃなかったみたいだし。うわぁ、どうなったんだ。とか、思ってたら、まさかのディア同行!? それを言い出したのがファラオン卿って、この人マジで何考えてるんだろう? いやしかし、これはニヤニヤしてる場合じゃないけれど、DXとディアが二人で旅行って、ニヤニヤせざるを得ないよ。さすがにあの告白のアトだと気まずいってなもんじゃなく、二人ともある意味割り切っている分読んでるこっちの方が気を揉む展開なんだが、こんな形でクレッサール編かぁ。うへえへえへ……あかん、変な笑いが。

シリーズ感想

カンピオーネ! 14.八人目の神殺し 4   

カンピオーネ! 14 八人目の神殺し (カンピオーネ! シリーズ)

【カンピオーネ! 14.八人目の神殺し】 丈月城/シコルスキー スーパーダッシュ文庫

Amazon

剣の王・ドニが魔術結社を招集して催した神獣狩りに護堂を招待する。
イタリアで再会した二人の神殺しに魔術師たちは騒動の予感を覚える。
不審な行動を取るドニを追った先で、謎の洞穴に吸い込まれた護堂、エリカ、恵那の三人はどことも知れぬ場所をさまようことになってしまう。
さらに、その地で護堂は新たな神殺しと邂逅する…!!
ついにこれまで沈黙を守り続けていた最後のカンピオーネ、【妖しき洞窟の女王】アイーシャ夫人が登場。これまでのうわさ話から、相当の食わせ者か狷介な妖女の類かと想像していたのですが……あかん、やっぱりカンピオーネは普通の想像の範疇にまるで当てはまらないわw
そもそも、洞窟に引き篭って滅多に人前に姿を現さない人嫌いの厭世家じゃなかったんですかぃ。むしろ、実態はそれの正反対。行動力やフットワークの軽さ、好奇心の強さなどは黒王子アレクに負けず劣らずですし、自由人としてはドニに優るとも劣らず。まああれですよ、この人もカンピオーネに相応しく、人類種最悪の傍迷惑の一角でした。むしろ、結果として傍迷惑な他のカンピオーネと比べても、その性格から権能まで戦闘よりも傍迷惑に特化してるじゃないかという傍迷惑っぷり。カンピオーネたちに面識のある人が、尽くアーシャ夫人が一番どうしようもない、というのもよく分かる傍迷惑っぷり。性格的にはむしろ温厚でいい人なんですよ。おっとりした楽天家で。ただ、ちょっと自己陶酔するところがあって、思い込んだらフワフワと足元覚束ないままエライことを仕出かしそうな……危なっかしいことこのうえなさそうな人だな、うん。しかも、この人の場合傍からコントロールが効きにくそう。翠蓮姉さんなんか案外チョロいところがあるし、ドニもあれでリベラさんがなんとか首根っこ抑えてる、ヴォバン公爵も暴君だけれど交渉の余地はある。しかし、アイーシャ夫人は天然な分、ちょっとどうしようもなさすぎる。誰も予想がつかないことを、どえらい方向に向かってホイホイとやってしまう系なので、備えも何もできなさそうだしなあ。本人、まったく悪意もなさそうだしw
でも、他のカンピオーネと比べるのも不毛なんですよね。結局、どいつもこいつも、という他ないもんなあ。マシ、という要素が微塵もない。プルートー・スミスが現状一番まともに見えるけれど、あれも当番回になったらアレクみたいに所詮コイツもカンピオーネ、となるんだろうし。
結局、アイーシャ夫人もこれとなると、どう考えてもカンピオーネの中に殺して死ぬような人が見当たらないんですよね。どうやったら死ぬんだよ、この連中。アイーシャ夫人なんか、これ相当酷い方法で神様殺してますよ。きっと、殺意もなくうっかり殺っちゃったんですよ。権能を簒奪した際のアイーシャさんのコメントが明らかにやっちゃった感が滲んでるんですよね。そんなつもりなかったのに、みたいな。だいたいこの人、神殺せるような権能持ってないじゃないですか。どうやって殺ったっつーんですか。
うっかりで神殺したカンピオーネは、さすがに歴史上でも滅多に居ないんじゃないだろうか。

とまあ、新登場のアイーシャ夫人にばかり言及してしまいましたが、今回のサブタイトルは八人目のカンピオーネ。そう、今いるカンピオーネは護堂を最新として計7人。サブタイトルが公表されたときには、まさか新しいカンピオーネの誕生か、と連想したのもむべなるかな。もしかして、ついにかませ役のカンピオーネでも出るのかな、と思ったのですが、こんな展開だったとは想像もつきませんでした。
自分としては、あんまりこの八人目のウルディンと護堂さんは似てるとは思わなかったんですけどね。以前表に出てしまった自己開放型護堂さんは、もうちょっとこうエキセントリックだったような(笑 まあもうちょっと厳密に言うと、女性の好みは別として欲望の方向性が異なってるように見えるんですね。あと、自分から積極的につまみ食いしに行くタイプじゃないと思うんだよなあ、護堂さんは。野生型のウルディンと違って、護堂さんの究極系って草薙のお爺さんみたいなスマートな紳士の進化系だと思うのです。あのお爺さんは本当にカッコいいもんなあ。
さて、図らずもアイーシャ夫人の大迷惑によってえらいところにトバされてしまった護堂さんたち。今回はエリカと恵那の二人が旅のお供。実は二人揃っての前衛型。エリカは器用ですし交渉力なども高いですけれど、こと戦闘となると、リリアナと比べるとやっぱり前衛なんですよね。という訳で、後衛のリリアナと祐理がいないと戦闘時に前がかりになってしまって結構不都合が出てしまうことが発覚。やっぱり、四人揃ってないとバランス悪いんだ。何気に、最近エリカたちも強くなったよなあと実感してたところに、まだまだ彼女たちなどヒヨッコよ、と言わんばかりにエリカたちよりも上位の魔女や騎士が出てきたことで、まだまだ彼女たちにも成長の余地があるんだなあと改めて。
個々の成長は別として、護堂さんハーレムはそろそろ次の段階に行ってしまいそうな気配。さすがに恵那の自由奔放さにはエリカもタジタジなところがあるようで。色事については積極的なエリカだけれど、何だかんだと彼女も品の良い淑女であって、あからさまにエロいことには怖気づくこともあるんですよね。恵那もそういうところはあるんだけれど、その発想には倫理面を置き去りにする部分があって、エリカが腰を引いてしまうという珍しいシーンが度々。でも、実は満更じゃなさそうなあたり、そこは護堂さん、頑張れ、ってなもんであります。そういう時、ガッといかないと。今回は、完全に素面でありながらかなり狼さんになっていたので、そろそろ据え膳も頂いてしまいそうな雰囲気だなあ。

で、今回一番傍迷惑の被害者になったのは誰でしょう……答え「修正力さん」。
自分、これまで見てきた中でここまで涙目になって必死で頑張ってそうな「歴史の修正力」は初めて見た気がします。確か、歴史の修正力ってやつは人知の及ばない超常的で無情で絶対的なとてつもないモノ、というイメージだったんですが、ここでは「もうやめてください、勘弁して下さい!」と泣きべそかきながら必死こいてる姿しか想像出来ません、なにこれw あ、あんまり虐めないでやってください、カンピオーネの皆さん。もうちょっと気を使ってあげてください、カンピオーネの皆さん。既になんか修正力さん、青息吐息な感じですから。もうやめて、修正力のHPはとっくにゼロゼロよっ!
だが断る、とばかりに勇躍盛大にやらかすサルバトーレ・ドニ。幻視するのはあまりのことに喀血してぶっ倒れる歴史の修正力。そして、そんなことをお構いなしに、ドニがやらかせば黙っていないのが、我らが護堂さんにアイーシャ夫人に、現地のウルディン。
あかん、そろそろ歴史の修正力さんが死んじゃいそうだ!!

シリーズ感想

うちのメイドは不定形 2 5   

うちのメイドは不定形 2 (スマッシュ文庫)

【うちのメイドは不定形 2】 静川龍宗:森瀬繚/文倉十 スマッシュ文庫

Amazon

「もっともっと美味しいごはんを作ってさしあげますからね! 」
優しくて献身的で家事万能、だけど人外。不定形のメイドさん、テケリさんが新井沢(あらいざわ)トオルのもとにやってきてから一ヶ月ほど経った。魔術師を名乗る級友のあさひ・ピーバディとその使い魔バロールは、五月の事件後も彼らの家に入りびたり、ほとんど居候状態。あさひはテケリさんと、トオルはバロールとそれぞれ交流を深め、クラスメイトを自宅に招待したりと、楽しくもウィアード(奇妙)な感じの日々が続いていた。
そんな日常を、一本の電話が大きく揺るがせた──『お前の家、見張られてるぞ』。意外な人物の到来と、一方的に告げられた突然の別れにトオルが叫ぶ時、とっておきの魔女の切り札、ピーバディ家第二の遺産が<出撃>する! 語られなかった数多くの謎が解き明かされていく中、長らく続きが待ち望まれてきた不定形メイドとご主人様の物語が今、改めて開幕!
……なにこれ、すんごい面白いんですけど!
前巻はあまりにもテケリさんの可愛らしさが尋常ではなかったので、期間があいてついついそっちの印象ばかりが焼き付いてしまっていたんだけれど、やっぱこれ単にテケリさんを愛でるだけの作品じゃありませんわ。基礎的な部分のスペックが無茶苦茶高い。ほんわか日常、テレッテレなラブコメ、ドライブ感タップリのアクション、陰惨でドロリと滴るようなダークさが垣間見えるオカルトサイド、不気味で得体のしれない薄ら寒さを感じさせるクトゥルーもの。これらの要素が見事にブレンドされて濃厚に味わえる。読み終えた時の充実感、満腹感はちょっとパないです。一巻の段階でも相当にレベル高かったと思ってたんですけれど、二巻で本格的にあさひがバロールとこっちサイドに加わったことで、完全に結実した感があります。いや、第一巻でこうしてみると見事にプロローグだった、という他ないですよ、これ。
重ねてイイますけれど、あさひの本格加入が実に大きい。彼女が何気に、トオルとはまた違ったテケリさんのご主人様として大きく機能してるんですよね。厳密には居候でお客様ではあるんですけれど、事実上家族の一員みたいになって、テケリさんとも心を許しあった関係になったことから、あさひの女主人としてのポテンシャルが見事に開花してるんですよね。あさひのアプローチがまたテケリさんに違う輝きを与えてるんだなあ、これが。
何気に心地いいのが、登場人物同士のインテリジェンスに富んだコミュニケーション。なんか、何も考えてないような頭の悪い会話が無いんですよね。そういうの、別に嫌いではないんですけれど、こんな風に思索と知性を丹念に織り交ぜたキャッチボールを、構えず気楽にポンポンと投げあう軽快さは、ほんと見てても気持ちいいんですよ。あさひとトオルのそれなんか、特に反応が敏感で会話が進めば進むほど喋っている会話の内容とは別に、お互いの人間性への理解が深化していくさまが垣間見えるようで、変にイチャイチャしているよりもエロく思えてくるくらい。知的な会話の応酬って、どうも相手の深い部分を弄り合うようなところがあって、それが噛み合えば噛み合うほど快楽を貪り合ってるような雰囲気すら感じるんですよね。
その上で、トオルがあれで結構あさひに気を使っているというか、特別扱いしている、自分の中で特別な存在として大切にしている節が随所に垣間見えるものだから、読んでてもなんだかドキドキしてくるんですよね。そうした彼の扱いというのは、勿論あさひも敏感に感じ取っていて、満更でもなさそうだったのが段々あてられたみたいに彼女の方もあたふたしはじめる様子がもう可愛くて可愛くて。
基本的に自立し孤高を旨とした、冷徹でウィットに富んだ合理的な女性だからこそ、感情的に揺れ動いたり、自己保身を顧みない一途さを見せたりすると、威力がとんでもないことになるのです。
テケリさんが純真無垢な天然の輝きを放つ可愛らしさだとするならば、あさひのそれは丹念に磨き上げられた機能美的な可愛らしさの極地だなあ、と思わず何度も首肯してしまうような素晴らしいお話でした。
あさひの過去もそうなんだけれど、これって何気にバックグラウンドが相当に暗いっつーか黒いっつーか。ちょっと気を抜いて緩んでたら手痛いダメージくらいそうな気配がビンビンと漂ってきたので、いい意味で緊張感を感じる展開になってきました。だいたい、主人公からしてこれテケリさん関係なくかなりヤバい秘密を抱えているみたいだし。この子、もしかして本格的に壊れてるというか、破綻してるんじゃないのか?
どうやらキーワードは「家族」という関係のようで。母親が与えてくれた示唆からすると、むしろ関係がより深まるほどドツボに嵌りかねない危険性が窺い知れる。もう半ば擬似家族的な関係になっているテケリさんとあさひだけれど、家族のなることの危うさが指摘されたとなると、むしろテケリさん、そしてあさひとの関係はより積極的に近づいていく事になりそうな予感。この二巻を読む前は、テケリさんはともかくとして、あさひはもっと適度に距離を保つ関係になると思ってたので、この急接近は嬉しい悲鳴だなあ。どうもこの段階ですでに、二人ともお互いのために命を消費するに躊躇もなく、しても全く後悔しないだけの情が絡まっているようですし。そして、何気に実際に二人とも自分の命を消費する手段を有していているのがたちが悪い。いや、実にたちが悪くて素晴らしい。
どうやらこのシリーズ、短くまとまるものではなく、それなりに大きな物語になっているようで全五部構成。しかも一部が一巻ではなく、この二巻で第一部の真ん中らへん、というのだからいやはや、これは思いの外長く楽しめそうじゃないですか。嬉しいなっ、嬉しいなっ。
さすがにこうなると次の巻が出るまでまた何年も待たされるということはないでしょうし、年に三冊くらい、せめて年内にもう一冊出てくれたら嬉しいなあ、などと期待したり。
長らく待たされたものの、これだけ面白ければ十分です。期待していた範囲を大きく上回る、滅茶苦茶面白いお話でした。テケリさんもあさひも可愛いよっ!!

1巻感想

Landreaall 21巻 限定版5   

Landreaall 21巻 限定版 (ZERO-SUMコミックス)

【Landreaall 21巻 限定版】 おがきちか ZERO-SUMコミックス

Amazon


限定版についてくるドラマCDは、あの伝説の前史【Crescendo MARION】。リゲインとファレルの馴れ初めのお話でもあります。小冊子に描かれている通り、リゲインとファレルがイチャイチャしているのを火竜が見つけて、おのれリア充!! と襲いかかってきたみたいに聞こえるww
男の子と勘違いしていたファレルが女の子だと知ったシーンの、リゲインの「きゃあ」があんまりにも想像通りで、ツボに入ってしまった。いやあ、言われてみるともう十年も前なんですよねえ、クレッシェンド・マリオン。そんな前になるのかあ。未だに、このお話がバイブルである身としては、ドラマCDとして耳に出来るのが何とも感慨深い。そう、未だに自分の中ではファレル母さんが一番だもんなあ、うん。
というわけで、大満足のドラマCDでした。特典の小冊子も、新婚の頃の二人のイチャイチャ(と言っていいのか?)で、拗ねてるリゲインとか見れて大満足。可愛い男だなあ。
二人の領地となったエカリープがどうやって整備されていったのか、というお話なんかも説明されてるんですが、これも興味深い。というか、ランドリの不思議な世界観が端々に垣間見えて面白いんですよね。この世界って、馬とか猫とか犬とか、飼うもんじゃないんですよね。向こうから来るんですよ。完全に人間と対等な生き物として扱われている、というのは本編でも先頃までの馬上槍試合でも散々語られてましたけれど、エカリープみたいな開拓地だと馬も入植者扱い。人が連れてくるんじゃなくて、向こうから勝手に来てくれて手伝ってくれるようになってる、というのはホント面白い。
ランドリの世界観設定集みたいなのが出たら、いつまででも読んでられそう。絶対飽きなさそう。

さて、本編ですがいきなり過去編からはじまったので面食らう。そう、ライナスとルーディーの子供の頃のお話。こいつら、子供の頃からこんな修羅場潜ってたのか。そりゃ、度胸も座るというか、あの歳で甘さのないひと味違う出来物に育つわけだ。ノアルド先生との付き合いもここからなわけね。
泥砂に巻き込まれたライナスが助かった時の話が、また胸をかきむしられるような話なんですよね。あの一瞬で、幼いライナスを救うために、どれだけの人の手が伸ばされたのか。たった一人の子供を生き延びさせるために、砂に呑まれながら無数の手が、馬までが、命を繋いでいく光景は、想像するだけでなんかもうあかん。
イプカとの関係も、なるほどこういうことだったのか。壮絶というか凄絶というか。ライナスは多分、一人でも傑物になれたんだろうけれど、ルーディーという存在が傍らに居たのは本当に大きかったんだなあ。

さて、馬上槍試合からの後日談。DX失恋からの後日談、とも言うべきか。DX、なんか腑抜けてる。全然吹っ切れてないじゃないか。うはは、こんな情けないDXを見れるとは、ある意味眼福眼福w
でも、やっぱりディアもあれ、ダメージ受けてるよなあ。DXにああいう宣言されちゃって、どう思ってるのかと思ってたけれど、イオンとのやり取りや、DXに対する反応とか、他所様の恋愛事情とか、恋に纏わる顛末とかの話題への食いつき方なんか見てると……ローハルト卿の幽霊にディアは何を聞いて欲しかったんだろう。どんな想いを、言ってはならない、誰にも聞かれてはならない想いを、吐露したかったんだろう。
切ないなあ。
とまあ、そんなこんなしているうちに、話はちょいと後回しになっていたロビンの父親探しの方に流れていくんだけれど……なんか、本格的にきな臭くなってきたぞ。
リルアーナ姫の忘み形見だというユージェニ姫の登場も相まって、王家の血筋、遺児絡みの話がえらい込み入ったことになってきた。リルアーナ姫が行方不明になる前に身ごもっていて、その子がユージェニだというのはまず間違いないとして、その父親が誰なのか、ルッカフォート将軍ことリゲインは自分だという噂を全然否定しないし、DXにわりとツッコんだ話を聞かれた時も、まだ語る時ではないし真相も探り当ててない、と何も語らないんだけれど、自分が父親じゃないと否定もしないんですよね……普通は、心当たりがある、と捉えられても仕方ない反応なんだけれど……これ、まず違うだろうなあ。現状、自分が父親かもしれないと匂わせておくのも仕方ないくらい、本当の父親が噂に登るのもまずい人物と考えるとしっくりくるんだが。多分、リルアーナ姫とは一切リゲインはそういう関係になかったんじゃないか、と思いたいのは身贔屓か。
ローハルト卿、という線が急に浮かび上がってきたんだけれど、うーん、そうなるとローハルト卿の不審死やらロビンとユージェニの年齢やら関係やら、うんうん……わからん!
ただ、そこを探られると非常に困る勢力がまず間違いなく存在しているようで、うむむ、ヤバい。これはかなりヤバイ事に首突っ込んだ!? こりゃ、DX、顔を知られてしまった以上、自分がロビンの父親探しが何を意味しているかわからないまま、相手には全部わかって踏み込んできたと思われながら、暗闘の渦中に引っ張り込まれることになりそうだぞ!? 肝心の時にリゲインとファレル母さんらはクレッサールへ、しかも六甲を連れて行っちゃったし。オズモオジさん、たすけてーww

巻末のTailpeaceは限定版と通常版違うのかな。限定版は、イオンがティ・ティの部屋に訪問した時の幕間。窓からおじゃました時、ハルもイました、というお話。なんで男子寮に女子が立ち入り禁止なのか、の理由のオチに笑った。はい、ごもっともでw

シリーズ感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? ウロボロスの連盟旗 4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?    ウロボロスの連盟旗 (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? ウロボロスの連盟旗】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

箱庭の下層が“魔王連盟”に襲われたことで、煌焔の都に“階層支配者”が集結することに。魔王を倒すコミュニティ“ノーネーム”も抜擢されるが、黒ウサギが休暇のため、問題児3人はフリーダムに遊び始める!そんななか主従関係を結んだジンとペストは、旧知の仲である北の“階層支配者”サンドラに出会う。だが彼女は顔をフードで隠し、黒ウサギもかつて負けたギフトを持つ、“魔王連盟”のリンと殿下と行動を共にしており!?
この作品のド凄いところは、とにかく誰も彼もが未だに「底」を見せてない所なんである。本来ならラスボスクラスであろう蛟龍に白夜叉といったその実力や一端を垣間見ただけで気が遠くなるようなレベルのメンツが味方側につき、レティシアや黒ウサギといった慮外のちからの持ち主が同じコミュニティの居り、さらには耀や飛鳥といった子らは現状こそ未熟なものの、信じられない並外れたスピードで成長を続けている。ネックと思われたノーネームのボスであるジンなど、その成長の筆頭かもしれない。彼の頭脳の切れ味は、今や十六夜のお墨付きだ。ジャック・オ・ランタンやウィラ、フェイスレスと言った同盟枠の連中だって、底知れない途方も無い力の持ち主ばかりである。今は力を失っているとはいえ、ペストだってあの8000万の怨霊を率いる黒死病の魔王。他にも未だ名前ほどしか出番のない斉天大聖や牛魔王をハジメとする面々や、まだ名も出てきてないだろう実力者が山ほど存在しているわけだ。
で、対する魔王連盟ときたら、それに増し増すラスボス揃いと来ただらーー!!

なんちゅうかもう、こんなんワクワクしっぱなしでどうにかなりそうに決まってるじゃん!!

そして、それらを置いて未だ「底」を見せていない筆頭こそが、我ら逆廻十六夜その人なのである。一気に燎原を焼きつくすように燃え上がった圧倒的なまでの絶望感を、その登場だけで一瞬だけで吹き飛ばすその頼もしさ。
いやあ、あの登場シーンの燃え滾りようは、飛鳥や耀が、彼が来たもう大丈夫だ、と安心する場面で最高潮に達しましたよ。そんじょそこらのヒロインじゃないんですよ、飛鳥も耀も。二人共負けず嫌いの塊で自分が絶対になんとかしてやるというプライドの塊みたいな誇り高い少女たちなのです。誰かに頼ったり任せきりにするのを良しとしない自立し、貪欲で在り続ける少女たち。その彼女たちをしてこれだけの信頼を寄せる逆廻十六夜という少年の絶大な存在感。
彼の自制心、自分を律し切る心の強さと賢者の如き聡明さの持ち主でありながら、此処ぞという場面、なんて言うんだろう、読者がこうして欲しいと思う場面で期待を裏切らずに、その感情を素直に爆発させてくれるところは本当に格好良いんですよ。彼の存在は鬱憤というものを見事なくらいになぎ払ってくれる。カッコいいったらありゃしない。それでまだまだ底の知れない限界が見通せない実力はワクワク感を否応なく高鳴らせてくれるわけです。
次回はついに魔王連盟を向こうに回した大決戦。際限知らずの大盤振る舞いが待っていそうで、もう今からたまらんですよ。

一方で問題児三人組の裏側ではジンたち年少組も精力的に動き回っていて、特にかつて最凶最悪の敵として立ちはだかったペストが、ここにきていい味出してきたんですよね。その胸に秘めた世界を敵に回しても叶えたい野望……いや、優しい夢。それを、臣従を誓った今なおジンたちに明かせず、野望を叶える方策に控えめな胸を悩ます日々。そんな彼女に再び魔王連盟の誘いが訪れ、野望とジンたちへの親愛に揺れ動く心。
そんなペストにジンが見せる、自身の可能性……そして、ペストの野望を飲み込む大きな器。
冷ややかな暗室で交わされた幼い少年と元魔王の少女の掛け替えのない誓いは、仄かで胸温まる温度ながら、それでもこれもまた熱い炎そのものでした。
十六夜という大きな渦巻きが在るとはいえ、本作って登場人物の一人ひとりが主人公を担っている物語でもあるんですよね。箱庭という言葉とは裏腹の世界観のスケールの半端無さとともに、その莫大なスケールを縦横に活用するだけの登場人物たちの活発で意欲的な動向、群像劇と呼んでもいいような拡充こそが、私がこのシリーズを特別大好きな要因なんだわなあ。
ある意味前哨戦もいいところだったにも関わらず、まったくもって盛り上がりっぱなしのこのシリーズ。ほんと、永遠にテンション斜め上に突っ走り続けてて、色んな意味でたまらんわー! 次回はさらに天元突破しそうで、今から鼻血でそうです、興奮し過ぎ!

シリーズ感想

ベン・トー 9.5 箸休め~濃厚味わいベン・トー~4   

ベン・トー 9.5 箸休め~濃厚味わいベン・トー~ (集英社スーパーダッシュ文庫)

【ベン・トー 9.5 箸休め~濃厚味わいベン・トー~】 アサウラ/柴乃櫂人 スーパーダッシュ文庫

Amazon

欲深い、味わい。
狼たちの至極の箸休め!

半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋は、冬休み明けの部室で槍水の掃除を手伝うのだが、そこで起きたアクシデントをきっかけに禁断のフェティシズムの世界へと飛翔することになり…!? そして白粉が初体験した年末年始のビッグイベントにおける豊潤なエピソードや、それを見守る白梅との過去が明らかに!
書き下ろしの他にウェブ掲載された短編や、雑誌掲載の『間食版』、白粉花の新作『獣道』をアツくレビューする『ANの5時の読書会』まで収録! 様々な意味で濃厚に仕上げた(当社比)庶民派シリアスギャグアクション、狼たちの欲望うずまく9.5巻!!
先の短篇集【箸休め】を、箸休めというには厚いし濃すぎるよ! と喚いたら、今度の短篇集は濃厚と自ら銘打っていた(笑
今度はサブタイトルに偽りなく、濃いは厚いは……そして味わい深いなかなかしっとりとしたお話もあり、と何だかんだと盛りだくさんで、これもまたパーティーサイズとでも言うのか。


【ボーダーをブレイク】

佐藤が基本的に白粉と対して変わらない高レベルの変態だというのを改めて実感するまでもなく奴は変態なのだけれど、それでもなお変態性を畳み掛けてくるあるフェティシズムの局地を、しかし局地と見せずに平常運転で運行している事が尚更に変態性を極めて居るのだということを実証している実録挿話である。
槍水先輩の太ももをモミモミ。
女性の御御足を蹂躙したことはともかく、その感覚を後生大事に寮にまで持ち帰って長く反芻するつもりだった佐藤キモいw
揉む奴も揉む奴、揉まれるヤツも揉まれるヤツ。さり気なく先輩も無防備なので、あらゆる場面で反対の餌食になっているのである。この人もその内悪い男に引っかかりそうだな。ウィザード、なんとかしてやれ。

【簡単な質問】
沢桔梗は末期である……。
この人、ホントになんでこんな得体のしれない方向性に突っ走っちゃったんだ? 「どうしてこうなった?」の実例である。最初からこうだったのなら、なおさら嫌だなあ。しかし、この姉は恋人は姉妹で共有というのは考慮するまでもない自明の事実以外の何物でもないのか。それはそれで凄いが完全にエロマンガの住人である。鏡の苦労が偲ばれる。が、妹が逃げ出さずに何だかんだとこの姉といつもいっしょにいるのは、この面倒くさいほど手間のかかる姉が好き、なのか姉の面倒くさい世話がかかる部分が好きなのかは興味の湧く部分である。もし後者だったならば、案外男の趣味も姉に似た面倒くさい男なんじゃないだろうか。自分では、自分と一緒になって姉の暴走を食い止めてくれる自分側のタイプ、と言っていたけれど。私は、案外高清水くんはこの姉妹と波長の合うタイプの男だと思うのだが。性欲はまあなんとかなる……ならんか。やっぱり、佐藤とその寮のメンツくらいの変態性がないと持たないのか。


【有明の狼】
白粉の夢とは言え、それだけ半額弁当奪取戦とこのお祭りには共通性があるということなのか。レギュラーが茶髪、坊主、顎髭だというのは、白粉の認識の中で彼らの比重は他の二つ名持ちの狼たちよりも大きいからなのか、単に身近だからなのか。顔見知り程度、という距離感がいいのかな。


【間食版4 その存在価値】
間食版は、槍水先輩が新米のぺーぺーで先輩たちに囲まれて居た頃のお話である。こうして見ると、槍水仙って烏頭というひねくれた先輩に、最初はちゃんと可愛がられてたんですよね。性格は悪いけれど、烏頭は烏頭なりに仙を育てようとしていて、仙もそれに応えている。理想的な先輩後輩とは、相性も良くないし、行かなかったんだろうけれど、それでもちゃんとした先輩後輩ではあったんだな。
あと、酢豚とパイナップルの関係は知らなかったよ!!


【白粉花の年末】
……血迷ったことを言うようだが、【獣道】って凄く面白そうじゃね? アンさんの紹介記事が抜群に上手いからなのか、普通に白粉の本が面白いように見えてしまったw
そして、白梅が持ってきてくれたサンドイッチとサラダの美味しそうなこと美味しそうなこと。ただのサンドイッチとサラダのはずなのに、なんでこんなに美味しそうに描写できるんだ!?
どん兵衛の描写も去る事ながら、この作者の美味いもの描写はオリジナル弁当のみならず、むしろこうした普段から食べて味を知っている軽食やジャンクフードの時こそ引き立つのかもしれない。

【だいたいいつもそんな感じ】
佐藤と著莪の平常運転だそうである。特にオチやら前フリがあるわけでもない日常ネタだそうである。
何と凄まじい日常生活風景だよ!!
 佐藤の両腕が著莪の胴にゆったりと巻き付けられてきた。
「……なんだよ」
 佐藤は応じず、膝立ちのまま寄りかかるように体を密着させると、著莪のうなじに唇をつけるように長い金髪に顔を埋めてきた。鼻から大きく息を吸い、そして吐き出した彼の吐息がくすぐったい。
「少し……こうしていたい」
 あまりはっきりとは言わなくても、佐藤がこうして自分の髪に鼻をうずめて犬のように匂いを嗅ぐのが好きなのは、著莪も流石に知っている。だが、ここまでストレートにされたことはあまりなかった。
 著莪はグラスを傾けながら苦笑する。
「別にいいけど、今日のは佐藤のと同じシャンプーとトリートメントだよ」
それでも……こうしていたい。それはいつものような張りのない、佐藤の声。でも、耳のすぐ近くで囁かれると、どこか重みがあるように聞こえた。
他に誰もいない家の中で、二人きり、しかも風呂あがりという状況でこのしっとりとした空気感。ってか近い、距離感がチカすぎるよ、あんたらは!!
この後、普通に二人ちゅっちゅしてますし。キスするくらいはもうなんでもない事なんですよね、この二人。

【やっぱりいつもこんな感じ】
ノーブラTシャツ一枚とショートパンツの著莪と一緒にお風呂に入って抱き合うお話。
いやマジでw
結構……いや、滅茶苦茶エロいです、この話。著莪と佐藤の二人の話は大概エロいんですが、そろそろ限界突破しだしてる。ってか、エロ漫画の領域です、もう。

【間食版 特別編 いい塩梅】
ウィザードこと金城って、わりとくたばってるシーンの印象が強い。最初期の、弁当をダッシュしたものの力尽きて路端で倒れ伏しながら弁当を食ってた、というシーンが焼き付いているからか。倒れても倒れても弁当を離さない、という姿が結構ウィザードのイメージアップに貢献しているような気がする。ああいう姿勢がないと、容易にスカした兄ちゃんになってしまいそうなくらいスタイリッシュで格好良い人だもんなあ、金城って。

【波の音】
著莪と佐藤が二人で遠出して初日の出を見に行く話。この話で著莪と佐藤が、物心付く前から普通にチュッチュしていたという事実が明らかになる。というか、高校生になった今でも同じようにチュッチュしていることが明らかになる。ってか、初日の出を見ながらチュッチュする話である。
……さて、一体誰がどのようにしたらこの二人の間に割って入れるんだ? 


【白梅梅】
白梅梅の愛情が、決して浮ついた思春期の迷いだったり勘違いだったりするのではなく、人生を賭けた熱量の賜物だというお話。その恋は本気であり、その愛は本物である。たとえ、それが同じ女性へ向けたものであったとしても。たとえ、未来に待っているのがどれほど困難で世間から認められない苦行の道だったとしても、既に覚悟は完了しているのでありました。ここまでガチで、冷静に理性的に覚悟しているのなら、むしろ応援したくなる。いいんじゃないですか、その道を征くは。梅さんは、けっこうイイお嫁さんになれるタイプの人だと思ってたんで勿体無いっちゃ勿体無いのだが。ってか、唯一彼女だけは佐藤とくっつける可能性があると思ってたんですけどね。梅なら、著莪も咥えたまんま佐藤を踏みつけられるし……って、発想が沢桔梗の方に走ってる走ってるw
ところで、本作ってちょっとアレを思い出します。
【バニラ A sweet partner】。作者のアサウラさんのベン・トー以前のガチ百合ガンアクションピカレスクロマンの良作。またこの頃からすると随分と違った道に進んだものだなあ、と感慨深い。また、こっち方面も読んでみたいところですけどね。


シリーズ感想

狼と香辛料 84   

狼と香辛料 8 (電撃コミックス)

【狼と香辛料 8】 小梅けいと/原作:支倉凍砂 電撃コミックス

Amazon

ホロ、クッキーばっかり食べ過ぎ(笑 
テレオ村が名産品として作ることになったクッキーを、お礼として貰って以降殆どのコマでクッキーを頬張っているホロ。あんた、狼であって栗鼠じゃなかろうに。ああ、もうそんなにポロポロ零しちゃって、可愛いなあもう。
テレオ村の一件は、ロレンスとホロが知恵と奇跡を授けた事もあったのだけれど、土壇場で肝を据え堂々と相手を逆に追い詰めて村の教会を守りきったエルザとエヴァンの名演が素晴らしかった。原作でもクライマックスの見所でしたけれど、マンガで見たらまた映えるなあ。ホロの力で麦が芽吹いていくところなんか、本当に神の奇跡そのものじゃあないですか。
この回のラストシーン。村から出て馬車で二人きりに戻ったあと、まだずっと二人で旅を続けたいという思いをホロとロレンス、言わずとも以心伝心で巡り合わせるシーンがあるんですけれど、ここでホロがピトーっと、ロレンスにくっつくんですよね。もうホントに体くっつけて、ピトーっと。物理的距離感が完全にゼロに。
てっきり此処だけかと思ったら、これ以降のロレンスとホロが隣同士に居るシーンは殆どがビックリするくらい距離無くなってるんですよ。もう完全にベッタリ。船で河を行くシーンはまあ例外としても……でも、あのシーンなんか完全にロレンスの腕を抱え込んじゃって、これを恋人同士とか夫婦とかで見ないほうが変だよなあ。もう、一緒にいるだけでラブラブなのよ。
ちょうど、ここで旅の連れとなる幼い流浪の少年コルが加わるのだけれど、第三者の視点が入ったお陰で余計にホロとロレンスのラブラブっぷりが引き立つことに。しかし、コルが思ってたよりか何ぼか若い、というか幼い感じでちょっとびっくり。この子、本当にまだこんな子供だったのか。この歳であれだけ聡明で心配りが上手いというのは、なるほどロレンスが根っこの部分でこの子を弟子に取りたがってたのもよく分かるし、ホロがこの子を猫可愛がりしていたのも納得だ。だって、こんなに賢くて、しかしその知性に嫌味がなく純朴で素直さがにじみ出てるような子が可愛くなくてなんなのさ。特にあの半泣きの顔は、ホロじゃなくても弄りたくなるわなあ。
まあ、そんな頭のいい子が思わず気遣ってしまうくらい、傍から見ててもロレンスとホロのラブラブっぷりは凄いわけだ。ロレンスが咥えている干し肉を、奪い取るでなしに逆の端から齧ってガジガジとか、どんなポッキーゲームだよ! 素でやってるし、それ!! ロレンスも全然動じてないし。当たり前ーみたいな顔しやがってこの男。
他にも野宿で眠ってるロレンスの毛布の中に潜り込んできて上に乗っかって寝てたり、ロレンスの膝の上に座り込んで下から覗きこんでみたり、逆に対面になって上から覗きこんだり。もう、ベッタベタである。
宿でホロが着替えたり、筋肉痛になって軟膏を全身に塗るような場面でも、コルは外に出て待ってるのに、ロレンスは中にいるんですよね。裸のホロに薬を塗るのはロレンスだし、ホロが着替えているのも当たり前みたいに見てるわけで。これまでもあった別になんてことないようなシーンなんですけれど、コルが旅に加わってその彼が部屋から退散している、ただそれだけでロレンスとホロの関係がただならぬものだというのが伝わってきて……正直、かなりエロいです(笑
とまあ、そんなイチャラブっぷりにばかり注目が行ってしまうのですけれど、勿論そればかりではなく旅路の途中での様々なエピソードがまた見応えあるんですよね。川下りや、船の座礁に伴って流通を止められた商人たちが一所に溜まっていって、なんだかお祭りみたいに皆で力を合わせて船を引っ張りあげたり、夜には火を炊いて酒を酌み交わしてどんちゃん騒ぎを繰り広げ、という一連のシーンが凄く印象的でした。こういう中世の商人たちの旅の中の日常って、なかなか描かれるものではないですし、描かれてもこんな風に魅力的かつ身近な感覚で描かれることって滅多にないものですから、思わず魅入ってしまったり。ホロが宴会の中でどっかの若い娘さんと踊りまわるシーンは……微妙にホロが振り回されてて、あんた若さに負けてるよ、と思ってしまった(笑
そして、ラストにはついに本編通じての真打であり、ある意味ホロ以外のもう一匹の狼であったエーブ・ボランが登場。この人が出てくると、なんか始まったな、とびしっと引き締まる感じだ。わくわく。

シリーズ感想

子ひつじは迷わない 贈るひつじが6ぴき5   

子ひつじは迷わない  贈るひつじが6ぴき (角川スニーカー文庫)

【子ひつじは迷わない 贈るひつじが6ぴき】 玩具堂/

Amazon

クリスマス直前に「迷わない子ひつじの会」に持ち込まれた一つの依頼―それはある殺人事件の謎を解くことだった!?かくして吹雪に閉ざされた山荘を舞台に“なるたま”たちと怪しげな住人たちとの奇妙な推理劇が始まる!!…はずなんだけど、何故か佐々原と恋人を演じたり、会長と一緒に寝ることになったりと、毎度の如く大騒ぎになる「子ひつじの会」のメンバーたち。やがて仙波のサンタ姿を前にとうとう“なるたま”が―。
うむむむ、面白い。やっぱりこれ、抜群に面白い。ド派手で特徴的な展開はないんだけれど、毎回読み終えると十全大満足してるんだよなあ。キャラクターからストーリー、細やかな内面描写に、敢えて具体的に描かずに「見せる」ことで読者に「想像」させる演出。こういうのが、一切の隙なくパーフェクトに、そして躍動感を以て弾けてるものだから、客観的な評価と主観的な評価が諸手を挙げて絶賛する他無いんですよ。つまり、百点満点。これほどあらゆる方面に完成度高い作品はなかなかないですよ、うん。
という訳で、この六巻は再び一冊まるごとの長編に。舞台は雪に埋もれた山荘での、かつて起こったとされる殺人事件の謎解き。その為に、山荘を訪れたなるたま、岬姉、佐々原、仙波の四人は主催者である千代の依頼で、当時その山荘に居た人間の役を割り当てられ、当時の状況を再現することで誰が被害者を殺したのか、その真相を明らかにすることを望まれるのですが……、この事件自体は既に警察によって事故として処理されている上に、この再現劇は事件の翌年から毎年のように千代の親戚たちの集まり(あの文芸部の怪人東原史絵元部長もその一人であり、今回の旅行の依頼人でもある)によって、繰り返されてきているのだという。そして、不可解な千代の姉倉子さんの態度と、段々と浮き彫りになってくる千代の事件への執着が、遊びの範疇を超えて張り詰めたような微妙な緊張感を膨らませていくのである。
当時何があったのか!? という謎よりも、千代と倉子の姉妹の間に流れる微妙な空気も含めて、どうして現在がこんな雰囲気になってしまっているのか、という不可思議さの方が募ってくるんですよね。過去の真実を暴く、というよりも過去に本当は何があったのか、を探ることによって今何が起こっているのか、を見出す流れにいつの間にかすり変わっていた物語の流れが、そりゃあもう絶妙でした。
それ以上に面白かったのが、それぞれの登場人物を割り当てられたなるたまたち……いや、なるたまはいつも通りなので、会長とか佐々原とか、いつもと勝手が違った様子の仙波とかの内面の迷走っぷりが実に面白かった。役を割り振られる、と言ってもその人に成りきる、とまで演じることを拗らせるわけじゃないんだけれど、割り振られた以上はどうしてもその人の身になって色々と考えてしまうんですよね。会長は、被害者の姉として。佐々原は、かつて被害者と元恋人関係にあったという倉子のことを考えて。それは、同時に被害者である青年の役を割り振られたなるたまと自分自身との関係を客観的、とまでは行かなくても視点を変えて改めて捉え直す機会にもなってしまって……。
興味深いのは、会長にしても佐々原にしても仙波にしても、すごく丁寧に内面描写を手がけていて、彼女たちが何を考えどんな思いを巡らせているかを鮮やかに描き出しているくせに、本当に肝心な場面になると……ぱったりと描かなくなるんですよ、この作者。そして、その肝心な、その人の中で何か決定的な変遷が起こっているその時を、外から見せるのである。心の内側を覗けるはずのない第三者の視点から、会長や佐々原、仙波の様子を見せるんですよ。そうして、彼女たちがその時何を考えているのかを、彼女たちの行動や表情、所作から「想像」「推察」させるのである。このさじ加減が、ほんとに絶妙でねー♪ 微妙に、彼女たちを見ている人の「主観」が混じっているのも面白い。その人との関係性や親密さ、相手をどう思ってるか、という要素がノイズになって混じったり、逆に当事者よりも鋭く真相を突いているんじゃないか、という点に行き着いたり、となんていうんだろう……答えは常に一つ! というんじゃない、物事の答えの柔軟性、というものが人の心理や関係性にも掛かっているような描き方なんですよね。それって、この作品でなるたまが実際の事の真相を弄って、一つじゃない答えを見せてくれるのにも繋がっているようで、なんか巧いなあと思わせてくれるんですよねえ、うんうん。
仙波がなるたまを毛嫌いしているのも、彼女の中ではそれが真実であり疑いようのない事実なんでしょうけれど、その他の人から見える仙波の気持ちというのは本人が思っているのとは違って見えてたりしますし、きっとそのどちらもが間違いではなく確定していない真相なのでしょう。これは、佐々原や会長もおんなじで、うむむむ、その揺らぎこそが全力でラブコメしてるなあ、という実感を味わわせてくれてるんだろうなあ、これ。
それにしても、会長は完全になるたまのこと意識しはじめちゃいましたねえ。役に合わせてなるたまとの関係を見なおしてしまったことで、これまでぐらついていたものがある意味決定的になってしまった感すらあります。この二人の関係って、当初は本当に恋愛臭のない姉弟関係だったのを思うと、文字通りの親愛が恋愛感情へと移り変わっていく変遷を、ただの弟分としてしか見ていなかった年下の男の子を男性として意識し始める女性の気持ちの移り変わりを、つぶさに描きまくられているようなものでして、姉属性の幼馴染属性の身としてはこれ以上ない至高!! 至高!! 至高!!
仙波のデレ傾向の圧倒さに仰け反りながらも、まだまだ私は岬姉一択でございますよー。会長が温泉で仙波のほっぺたをふにふにと引っ張るシーンは最高でした。……最高でした。あのシーンの会長の気持ちを「想像」するとねえ……たまらんです。

肝心の事件の真相ですけれど……なんか今までで一番人の内面に、仙波たちが切り込み、踏み込んだ結末だったなあ、と感慨深かったです。千代と倉子、二人のこれまでの、そしてこれからの人生に大きく干渉する、相応の重さを背負う覚悟を持っての行動でしたしね。今までなるたまたちが関わった事件が軽かったとは言いませんけれど、それでも重たかったと思います。その重さに相応しい切なさと優しさが浮き彫りになった結末だったんじゃないでしょうか。特に、これまで表に立って結果をもたらすことをしなかった仙波が、全部引き受ける覚悟で前面に立って事件に立ち向かったのは、これまでの彼女のスタンスを思えば衝撃的であったとすら言えるかもしれません。彼女も、それだけなるたまの影響を受けつつあるのかしらねえ。

と、三人娘となるたまの関係もさらに複雑さを増して面白くなってきたところで……なんと!? 一旦、この【子ひつじは迷わない】は停止とな!? 打ち切りじゃなく、またいずれ再開するようなイントネーションですけれど、次巻の刊行予定は未定、というのはかなりショック!!
新作は勿論楽しみですけれど、それでもショック!! 長引かずの再開を望むばかりです、これだけ多くのキャラクターが魅力的に立ちまくってる作品をこのままフェードアウトしてしまうのは勿体なさすぎるですから。

シリーズ感想

カンピオーネ! 13.南洋の姫神4   

カンピオーネ! 13 南洋の姫神 (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

【カンピオーネ! 13.南洋の姫神】 丈月城/シコルスキー スーパーダッシュ文庫

Amazon

英国の魔王・アレクの元に二人の美女が訪れていた。
白き姫・アリスとサルデーニャの魔女・ルクレチアが、ある疑問を神殺しにぶつけると、彼はそれには答えず、なぜか曖昧な態度をとり続けていた。
一方、日本の魔王・護堂は東日本の媛巫女が集まる大祓に、祐理や恵那と共に参加していた。
当然、注目を一身に浴びていた護堂たちにもたらされた甘粕からの依頼が、魔王一行に意外な展開を与える!
南の島で祐理と二人きりになってしまった護堂だったが!?
あれ? 陸鷹化に義甥から義弟フラグが立った? そういえば、この子って14歳で静花と同い年なんですよね。まあ、立ったと言っても恋愛フラグじゃなくて、女王様と下僕フラグなんだが(笑 静花って兄の女性遍歴に苦言を呈するなどまともな振りをしているけれど、よくよく見ると女性キャラの中で一二位を争うヤバい性格の子なんだよなあ。流石は草薙護堂の妹、草薙一族の女であるw

クリスマスも終わり、歳の瀬も押し詰まった頃、草薙護堂は恵那のお誘いでエリカやリリアナも連れて大祓の儀式見物に。とはいえ、これ、大層な儀式ではなく、本質は媛巫女たちの組織の忘年会みたいな集まりなんですね。殆ど公式の場に出ない草薙護堂の、ある意味これは魔王としての日本でのお披露目会。VIP扱いは当然なのだけれど、窓口はエリカやリリアナが担当して護堂本人は遠巻きにして誰も直接話しかけてこない、という様子が王様の権威を見せつけられているようで、思わず笑ってしまった。美少女の媛巫女を両脇に侍らせて、人々が遠巻きに伺う中を悠然と会場を散策し、料理に舌鼓をうって寛ぎ、いつの間にか二人を連れて別室へとしけこんでしまう。傍から見ると、どれだけ謎の大物なんだという(笑
普通、こういう場面だと場違いなところに連れて来られた子供みたいに途方に暮れて、所在を無くしそうなものなんだけれど、護堂さんはわりとアッサリ馴染んじゃってるんだよなあ。この人、もう完全に自然体で王様として振舞ってるよねw
しかし、最近ちょっと恵那が可愛くて仕方ないなあ。登場した当初は「んんん?」とまだ馴染んでなかったんだけれど、この天衣無縫で無邪気なくせに実はあんまり強引じゃなく聞き分けのいい懐っこい子犬みたいなところが本当に可愛く思えてきた。これで、甘え上手で女っぽい色も備えているからたまらない。なんでエリカがこの子を一番手強いと感じているのかようやくわかってきた。恵那って、押しと引きの感覚が絶妙なんですよ。護堂って押しが強すぎると負けず嫌いな性格からか抗ってしまう傾向があり、さりとて押しが弱いと護堂からは寄ってこない。その点、恵那は結構がんがんと押してくるんですけれど、割りとすっと聞き分けよく引いちゃうんですよね。これが、護堂の性格にはピッタリ合っている節があるんだなあ。主導権を握りたがるエリカに対して、恵那は奔放に見えて実は一番大和撫子なんじゃないか、と思ったり。

さて、今回は何気にシリーズでもトップクラスに移動距離が長い話になったんじゃないだろうか。国内でも大祓の参加から犬吠埼への電車の旅。そこから飛行機でマレーシアに飛び、南国リゾートを堪能した後で今度は船旅で南シナの小さな島へ。とまあ、時期が年末だけあって日本では真冬の、南国では熱帯の、と全然季節感の違う旅行風情を堪能できて、今回けっこう贅沢な展開だったんじゃないでしょうか。
しかし、護堂さんのチームはこうして見ると本当に美少女を侍らした王様の遊覧にしか見えない(笑

結局終わってみると、今回の騒動もまた黒王子アレクサンドルが発端というか原因というか、お前のせいか! というお話で……まあこのシリーズ、振り返ってみるとどこ事件も概ね護堂さんを含めたカンピオーネがなんかやらかして起こっている気がするので、平常運転と言えばその通りなのかもしれないw
とは言え、今回の敵の女神様はこれまでの軍神たちと違って一筋縄ではいかない食わせ者。前回のサンタクロースの搾りかすも搦め手で仕掛けてきましたけれど、あれと違って今回は真っ当な(?)まつろわぬ神。それが、直接仕掛けてくるでもなくあれやこれやと手の届かない所からいくつも手を繰り出してくるという、護堂からすると初めての展開に苦戦の連続。なんだかんだとこれまでの神様は戦神として正々堂々と直接ぶつかってくるのを至上とする神様たちでしたからねえ。
しかも、今度の敵は護堂の権能を封じるどころか、奪って自分のものにするという事までしてくる始末。直接戦うことも叶わず、それどころか自身の能力を減じられた上で自分の権能とも対決することになった護堂。
しかしこうなると頼りになるのが、護堂の隣に侍る女性たち。多少手こずるとはいえ、強力な神獣相手に一歩も引かずに立ち回れるんだから、エリカもリリアナも強くなったものである。それに、恵那と天叢雲のコンビと来たらこと攻撃力に関してはカンピオーネやまつろわぬ神にも匹敵するほどになってきたんじゃないだろうか。恵那は、神と護堂の戦いに直接介入出来てますしねえ。
そんな前に出て直接剣や魔術を振るえる他の三人に対して、純然たる攻撃力を持たない祐理は後ろに控えてサポートに徹する、のがこれまでの形だったわけですが……もしかして一番レベルアップしてたのこの子なんじゃないだろうか。直接的な攻撃力を持たないなど何の問題にもならないほどの縦横無尽の大活躍。攻撃の補助や支援という括りを逸脱した、支えであり根幹を担うサポート。言うなれば、剣の鞘ではなく剣の柄。どれだけ刃が鋭く強大だろうと、それを握る柄がなければ振り回せないのである。
前回のリリアナの若奥様も良かったけれど、やっぱり祐理には「正妻」の風格があるんだなあ、と実感したまさに万里谷祐理回でした。女神相手に堂々と、あんな宣言しちゃうんだもんなあ、この子も別の意味でも成長してしまったものですw

さて、バトルの方ではついにアテナが護堂の為に遺してくれた遺産に、護堂が開眼。アテナ、こんなハチャメチャなものを護堂に贈っていたんかい。もっと使い勝手の良いものを遺してやれよ、と思うところだけれど、こういう制御できるかどうか関係なしの野放図な代物こそ護堂には相応しい、とアテナは思ったのかもしれない。何を考えて彼にこれを渡したのか、是非後々でいいから当人の口から聞きたいものである。あの描写からして、それは不可能ではないようだし。
肝心の眠れる「最後の王」については、女神様が残してくれた大ヒントにアレクの呟きから、おおよそ絞込みは出来たように思います。多分、これじゃないかなあ、と。

シリーズ感想

封殺鬼 クダンノ如シ(下)4   

封殺鬼 クダンノ如シ 下 (ルルル文庫)

【封殺鬼 クダンノ如シ(下)】 霜島ケイ/也 ルルル文庫

Amazon

闇の陰陽師・桐子編完結! 志郎との恋は?

聖や弓生とともに怪異の根源である穂積関係の周辺事情を探る桐子。やがて彼女は穂積妙子に「寄生」しているものの正体が祟り神であり、このままでは妙子の生命力が喰らい尽くされるということを知る。桐子は祟り神を祓い落とすため、穂積逸人によって閉じ込められている塔から彼女を連れ出すことにした! ついにクライマックスを迎える神島桐子編。桐子と 志郎の恋にもようやく決着が!?
ルルル文庫に場所を移して描かれてきた神島桐子を主人公とするお話はこれが最後、なんて言われて納得できるカー! と思ってたんですよ、最初は。またまた〜、そうは言いつつまだ続きは出るんでしょ? と思ってた。少なくとも、神島桐子と武見志郎の物語がほんとうの意味で決着する、あの封殺鬼シリーズ本編にてわずかに触れられていた二人の話の顛末、そこまでは描かれるものだと思っていたのでした。
描いて欲しいと思っていた。
でも、それを願っていた私の気持ちとは、決して単純にそのシーンを目の当たりにしたかった訳じゃなかったんだ、というのを今回の話を読んで気付かされたのでした。
私はただ、桐子と志郎の、二人の気持ちを知りたかったのでした。どんな想いで志郎があんな選択をして、桐子がどうしてあんな態度を取る事を選んだのかを、ただただ知りたかったのだという事に気付かされたのです。その想いは、ルルル文庫にて神島桐子という少女の成長を目の当たりにするにつれて募ってきたものなのでしょう。桐子がこんなにも純粋に恋をして、そこらへんの年頃の乙女のように胸を高鳴らせ、芳醇な感性を育んでいくのを見るにつれて、疑問が募っていたのでしょう。このシリーズでの変遷を見るまで、私は神島桐子という人物はもっと冷徹なほど理性的で、情は厚くてもそれを表に出すことをしない色々な意味で徹底した人物なのだろうと思い込んでいましたから。齢十歳の時に、お家騒動の渦中で非情な決断し、自分は二度と泣かないと誓った少女。その頑ななまでに強くあろうとする姿は荼吉尼と呼ばれるに相応しく、後の封殺鬼シリーズの本編で畏怖しか抱けないような凄まじい存在感で若者たちを圧倒した、神島の元当主として姿を現した桐子婆さんと直結して見えたものでした。あの頑なな幼女は、そのまま強大にして伝説の、神島家に隆盛をもたらした稀代の当主へと変わらずに成っていったんだろうな、と思っていたのです。そんな神島桐子のイメージと、あの連れ添いとなった男との顛末で見せた態度は、決して違和感なく、ああ彼女ならそうして不思議はないなあ、と受け止めていたのでした。
でも……神島桐子は思っているような恐ろしい人物でもゆるぎもブレもしないひたすらに冷徹な女でもありませんでした。ルルル文庫に移ってからの、桐子を主人公にしたシリーズが始まった当初の私の混乱と悶絶っぷりを御覧ください。そりゃもう、ガラガラと桐子のイメージは崩れていきましたとも。そして、武見志郎との出会いと交流、そして育まれていく温かな恋心、真っ白な乙女の心情。まるで普通の女の子と変わりない、しかし神島の当主として誇り高く強く在り続ける桐子の姿を見るにつけて、建前に隠れない、ちゃんと男と女として心通わせる恋を育む二人を見て……疑問は募っていたのでしょうね。
以前のイメージなら違和感のなかった、二人の結末に対する桐子の態度。でも、本当の桐子は昔のイメージとは全然違っていて、だったらこの桐子は、桐子を想う青年・志郎は、あの事件の時、本当はどんな想いを抱いていたのだろう。どんな思いで、その時を迎えたのだろうと。
多分それを……二人の本当の気持ちを、知りたかったのだと思います。
そして、実際にその顛末は描かれることはなくても、二人の心情はここで描かれました。

「どうすれば、俺は君の役に立てる?」
「何かあった時のために、私のそばにいて私を守れ」
「わかった」
 わずかの躊躇もなく、志郎は応じた。
(中略)
「俺は、君を守ろう」


「泣かないからな。絶対に、おまえのためになんか泣かない」
 強い声で、きっぱりと。
「万が一だか何だか知らないが、そんなことがあったら思い切り罵倒してやる。けして許さない」
もう二度と泣かないと誓った少女が泣いた夜。彼女がその決意を綻ばせたのは多分、この一度だけ。この優しい青年の胸の中でだけ、少女は当主である事を止められたのだ。
けして許さない、その一言に篭められた桐子の気持ちを思いめぐらすたびに、涙が出てくる。
……武見志郎には言いたいことが山ほどできた。多分、聖も弓生も同じ気持だろう。貴方は約束を守り誓いを果たしたつもりなのかもしれないけれど、この子が貴方にして欲しかったのはそういう事じゃなかったはずなのだ。この子は情が厚い分、一途である分、根に持ち続けるぞ。多分、平成の今の世に至ってもまだ許していないに違いない。神島桐子は、決して前言を翻さないのだから。それができたのは、貴方の前でだけだったのだから。そんな意地っ張りさが哀しくて微笑ましくて、余計に有言を実行させてしまった志郎に憤りともどかしさと、男としての羨みを抱いてしまう。

答えは得た。疑問は晴れ、万感だけがここにある。ならば、一番幸せだったこの時期を最後にして、過去を閉じるがよろしかろう。
孤高で孤独だった幼い少女は、親代わりの人を得て、損得抜きの親友を得て、信頼出来る部下を得て、本当の恋を知り、愛に包まれ、幸せを得ていたのだと、その事実を得た時点で十分です。
神島桐子は幸せだった。幸せになった。それで、十分です。その事実があれば、十分です。
それでも、だからこそ……思いを馳せるたびに泣いてしまうんだろうなあ……。

重ね重ね、聖と弓生が封殺鬼シリーズ本編にて、あれほどまでに神島にこだわり続けた理由が身に沁みた。彼らにとっても、この時代は本当に幸せな時代だったんだろうなあ。
納戸にこもってしまった桐子さま、ほんに可愛いものでした。清香は、最後までいい友達になってくれたなあ。この子は、長い人生の先の先まで桐子の味方で、親友で居てくれたに違いない。宇和島のミカさんは、色々な意味で無敵でした。神島でこの人に勝てる人いないんじゃないだろうか。

……語りたいことは尽きず、万感交到るばかりではありますが、一先ずはここに頁を閉じたいと思います。
本当に、素晴らしい過去編でした。
願うならば、再びこの【封殺鬼】のシリーズを何らかの形で続けていただけたら、と想うばかりです。
出来たら、短くてもいいので現代編。秋川佐穂子や御景三吾にもう一度出会いたいなあ。也さん絵の佐穂子とか、めっちゃ見たいですよ〜。

霜島ケイ作品感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 降臨、蒼海の覇者4   

問題児たちが異世界から来るそうですよ?  降臨、蒼海の覇者 (角川スニーカー文庫)

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? 降臨、蒼海の覇者】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫

Amazon

いよいよ始まったアンダーウッドの収穫祭!飛鳥と耀は狩猟祭に参加し、十六夜は縁日荒らしを、ジンは“ノーネーム”の連盟旗を作るために動き出す。そんななか黒ウサギは、神格を返上したことで最強の“階層支配者”を退くことになった白夜叉に連れられ、魔王“平天大聖”の元に向かうが…!そしてお待たせしました!「水着着用が義務!!」(by白夜叉)の“ヒッポカンプの騎手”のメインゲームが始まりますっ。
ああーー、やっぱりこの作品の世界観って、大好きだわ。十六夜たちが召喚された時に感じた感動、あの四方全周すべてが地平線の彼方まで広がっているような開放感を、未だに感じ続けてるんですよね。もう刊行数は5巻に至ったというのに、全然行き止まりを感じないこの世界観の広大さは、まったく留まる所を知らない。
今回なんて、西遊記ですよ。元々、中華の天界・仙人界、そこに仏門が習合された世界観って、馬鹿みたいに野放図な許容力を備え持ってて、何でもありであると同時に厨二的なクラス分けがコマ目に成されていると同時に、それぞれの神様や妖仙には民俗学的な由来の積み重ねが重厚に織り成されているという、そりゃあもう実に遊び甲斐のある世界観なんですよ。
そして、この物語の世界「箱庭の世界」は、そんな中華の世界観を仏門寄り、道教寄りという括りなくフラットなスタンスで、丸ごと飲み込んじゃって、修羅神仏が闊歩する世界観の一翼をして機能させてしまってる。
ほんと、凄いよこの世界は。世界各国の神話や伝説の神々や妖魔の類が並列に存在し、それだけじゃなくペストやハーメルン、マクスウェルといった現象や伝承、概念的な存在をも、神や魔王として同等に扱い、それらが十六夜たち人間も含めて、すべてが対等の「箱庭世界」という舞台で遊ぶゲームプレイヤーとして扱われてるんですよね。
勿論、その力に応じて立場も視点も権力も名声も何もかも変わってくるけれど、逆に言うと力量さえ示せば、誰でも神にも魔王にもなれる。そう、何にだってなれるし、何処にだって行けるという心湧き立つ世界なんですよ。
それでいて、力さえあれば何をやってもいい、というわけでもなく、その世界にいる住人のほとんどが、共通の信義と誇りを旗として掲げ、非常にルールというものを大事にしている。遊びってのは、ちゃんとルールを守らないと楽しくもなんとも無いですもんね。
でも、遊びだからと言って、真剣じゃないわけじゃない。命を担保に、人生を捧げ、生涯を賭し、信念を貫く遊びがあって、何がおかしいだろう。
十六夜たちが全力で遊ぶゲームとは、そんな本気すぎるほど真剣なゲームなんですよね。だからこそ、彼らの活躍は痛快で、その破天荒で思い切りの良すぎる暴れっぷりは雄叫びを上げたくなるほどスカッとさせてくれるのだ。
これまで、十六夜たちにおんぶに抱っこのところがあった「ノーネーム」のリーダーである少年ジンも、コミュニティの頭首として、六本傷の若きリーダー相手に同盟締結交渉で見事な手腕を見せてくれたし、明日香や耀の飛躍的な成長、帰ってきたレティシアに新たに加わったペストたち。そこに、六本傷やウィル・オ・ウィスプとの同盟に、サウザンドアイズとの協力関係など、三人の問題児頼り、特に十六夜頼りだった「ノーネーム」が、グッと充実してきた感があって、高揚感もいや増すばかり。
さらに仲間もどんどん増えてきて、賑やかになってきた。賑やかさが、そく楽しさに繋がっていく。面白いなあ、面白いなあ。

今まで階層支配者という最強の実力者の一人という肩書きは知っていたものの、ちとその実力に実感のなかった白夜叉様も、神格返上して自由を得て身近になったせいか、その空恐ろしい実力のほどがようやく伝わってきた感がある。この人、本当にべらぼうに凄かったんだ。
そんな彼女と対等以上と白夜叉さま自らが認める【平天大聖】牛魔王。この人も結局登場はしなかったんだけれど、登場してないくせに伝言一つで物凄い存在感残していったんだよなあ。普通の牛魔王のイメージと全然違うよ。いや、むしろこの方が原点には近いのかもしれない。
そんな孫悟空や牛魔王と同格の七妖王の一人、蛟魔王……この人も実に面白いキャラクターをしていると同時に、敵じゃないってのがまた素晴らしい! 十六夜との真っ向からのガチンコ対決は、どちらも桁違いなだけに読んでるこっちまで煽られる煽られる。なにより、当人たちがあんなに楽しそうなんだもの。そりゃ伝染っちゃうって。
これほどの人を味方に迎えて対抗しなきゃならない、襲来予定の魔王ってどれだけとんでもないんだよ、と震え上がると同時に期待も増すばかり。

しかし、この世界では【斉天大聖】孫悟空は姐御だったのか! 三蔵法師が女性というのは古来からよくある発想でしたけれど、こっちが女性というのは新鮮だ!! すっごく新鮮だ!!

一巻 二巻 三巻 四巻感想

家族ゲーム 94   

家族ゲーム 9 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 96-9)

【家族ゲーム 9】 鈴城芹 電撃コミックスEX

Amazon

ついに真言の受験結果が発表に! そして彼女は西浦に……!? 葵の悟に対する防御力(?)も下がってきていて、遊佐姉妹から目が離せない最新刊!! おなじみの描き下ろしページもあり!
背後のやたら怖い顔したひげメガネ、いったい誰だよと思ったら、パパさんじゃないですか!! あまりにも形相変わってて、本気で最初気づかなかった。よく見たら、ママさんが宥めてるし。
その二人の視線の先には、ついに寄り添い見つめ合う真言と西浦さんの姿が。そして、二人の持つゲーム機にはハートマークが! 長かった。凄まじく長かった。これまでの表紙の二人の様子を見てたらねえ、感慨深いの一言。特に6巻あたりからの西浦さんのヤサグレっぷり、透けてしまいそうな儚さは目を覆わんばかりでしたし。
受験が終わって、ついに想いを解禁して西浦さんに突撃した真言の、アプローチの凄まじいこと凄まじいこと。パパママの二人に習って、高校卒業と同時に一気に畳み掛けてくるのは予想がついてましたけれど、開口一番ご褒美はプロポーズが欲しい! とか、積極的にも程があるぜー。まあ、即効で子作りまで始めたママさんたちに比べれば、まだ大人しい方なんだろうが。ってか、まだ西浦さんが戸惑ってるしなあ。何しろ、これまで散々年単位でお預け食らってたのを思えば、今の状況に適応しきれないというのも理解できる。速攻でママさん食っちゃったパパさんの方が肉食だよ。そのくせ、表紙のあの形相である。真言なんて貰ってくれる人西浦さんくらいしかいないだろうに。あの娘、問題ありすぎだよw
ともあれ、テレビも雑誌も見ない恋愛情報弱者の真言の、あの積極果敢で躊躇のないアプローチはいったい何処から仕入れた知識なんだと問われれば、はいママさんの影響です、二人のイチャイチャっぷりから学びました、ってんだからもはや言葉もありません。パパさん、あんた自業自得だよw

一方で、此方は穏健にゆっくりと時間をかけて愛を育む葵と悟。なのですが、年頃の男女が結婚までなにもしないで過ごすなんて、所詮無理も無理な話でして。葵が大学行くまでキスもなし、とかそれは幾らなんでも無理だわーー。むしろ、今まで我慢してきた悟くんは頑張った。超頑張った。葵も高校生になったんだから、さすがに解禁でしょう。女の子にだって性欲はあるんだよ。
とまあ、そこまでいっちゃってるわけでもなく、ただキスしただけなんですけどね。そこまでが長かった。悟のお母さんじゃないけれど、もっと間違ったっていいじゃない。
だって、葵ってばかなりイメチェンして、本格的に美人になったよ? 髪が少し伸びて、凄く女の子らしくなってきた。いやあ、この漫画も長い付き合いなだけに、葵の成長はホント感慨深い。いきなり何年後、とかブランクがあるわけじゃなくて、本当に徐々に徐々に時間をかけて成長と変化を遂げてきただけに、傍と立ち止まって最初の頃の葵と今の葵の姿や心映えを見比べると、ちょっと感動を覚えるくらい。
やっぱり、自分はサザエさん方式よりも、こうやって徐々にでも作中年月がちゃんと経っていく話のほうが好きだなあ。
他のカップルも伸展があったりなかったり。紫杏と宇藤くんが意外なほど着実に進展してるのはびっくりした。宇藤くんの粘りと、わりとサバサバした紫杏の対応が上手いこと噛みあってる感じで、まだ付き合うには至っていないものの、未完成カップルの中では一番の楽しみ、期待の星かもしれない。紫杏は失恋してからホントに化けた。
一方で、未だに良縁がないのが、由寿である。もう兄貴への想いは思い出に昇華されつつあるというのに、なんで縁ないかなあ、この娘は。ようやく、フラグ立った!? と思ったら、何故か相手の男の子はいきなり別の子の方に走りはじめちゃったし。あれ? マジで由寿とは縁なしですか!?
迷走は続く。

にしても、今回はもう西浦さんと真言の総取りでしょう。念願かなってのイチャイチャっぷりが、もうっ、もうっ。
二人共、恋愛の何たるかを全く知らない初心で無知なカップルだけに、思いが通じてようやく恋してる実感が伴ってきたようで、最初の頃は浮かれてばっかりだったのが、後半に行くにつれて本気でメロメロになっていく様子が見ていて……たまらんね! 特に真言の蕩けっぷりときたら、大変なものである。誰だよこれw

鈴城芹作品感想

Landreaall 20 限定版5   

Landreaall 20巻 限定版 (ZERO-SUMコミックス)

【Landreaall 20 限定版】 おがきちか ZERO-SUMコミックス

Amazon

女神杯も決勝戦でディアを花冠の乙女に選び、カイルと互角の勝負を見せるDXだったが、ゼクスレンとフィルから衝撃の事実を知らされる。
混乱のまま試合に臨んだDXの結末は――?
なんか、怒涛の展開だーーー!!
DXがついに本気を出した、というか本気になってしまった。ついに、である。ある意味、彼はこれまでずっとふわふわしたままで来てたんですよね。勿論、友人や妹のことなど諸々で本気になって立ちまわることは珍しい事ではないのだけれど、なんというかDXが自分のためにひたむきになり、地に足をつけて何かを勝ち取ろうとする姿勢は、マリオンとの一件以来ずっと遠ざかっていたように思う。抜け殻というんじゃないけれど、マリオンへの失恋はDXにはそれほど大きいものだったのだ。幼少の頃から人生の目標として想い定めて鍛えあげてきたものだったし、その一念はついに火竜を打ち倒すほどのものだった。それだけに、マリオンとの別れは彼に透徹としたものを残していったように思える。
故にこそ、そのDXの透明に明瞭に火が灯った瞬間には、胸が熱くなった……と、同時にマリオンとの顛末を思い起こせば確信のように、彼が本気になるというのはそれ自体が巨大なフラグのようなものなんだよなあ、と悪い予感が這い出してくる。
案の定であった。
いや、前からディアには結婚相手が居て、それを彼女は受け入れている、という話はDXの関知しない所で話題になってたのだから、この展開は予想して然るべきだったんですけどね。
それでも、彼女の結婚は単なる政略結婚どころの話じゃない、ここまで国家の礎となり得る重大な案件だったというのに衝撃を受ける。
そも、ここまで秘されてた王国上層部で起こりつつ会った新体制への発起と、ここまで密接に関わっていたとは。ディアの結婚の真実が明かされるということは、アルトニア王国でこれから何が起こるかという新展開の開陳と直結していたわけだ。二重の大衝撃ですよ!!
って、これだけでも十分唖然呆然の展開だったのに、そこにさらにクエンティンの企てまで重なって、クエンティンが連れてきていた女性がまさかの登場。彼女の素性については、クエンティンがリゲインの元を訪れて話した内容や、フィルたちが遭遇した彼女の様子などから容易に推察できてはいたものの……それでもタイミングがタイミングだっただけに、ビックリだ。普通に登場しただけでもビックリだったはずなのに、出てきた途端アレだもんな!! びっくりどころじゃなく、驚愕ですよ。もうココらへん、新事実の連続で頭をぐわんぐわん振り回されたみたいな気分である。んでもって、トドメにイオンの無邪気な一言だもんなあ。
ガチで、あれはトドメだ(笑 いーーおーーん^ーー!!

しかし、ここまでの展開、明らかに詰みは詰み……ああ、DXとディアの恋のお話ね……なんだけれど、これまで明らかになった経緯と状況を照らしあわせ、さらにこれから起こる事について各人の動きと思惑を追っていき、それらを細かくつなぎあわせていくと……微妙に抜け道らしきものが用意されている節が透けて見えてくる。
これは、あまりにも細く拙い道だけれど、なんて言うんだろう……DXがディアの為にそれまで流されて参加していた女神杯の決勝で、本気で勝ちに行った事実というのは、大きな前例となり得るのかもしれない。
その道をたぐり寄せるために、クエンティンの登場はまさに絶妙のタイミングだった。勿論、クエンティンの思惑はまったく別のところにあるのだけれど、DXの事についても彼の本意についても、当人の意図していないところで、或いは違うルートの命脈をつないだ、という感が窺い知れる。
それにね、マリオンの時と違うのは、彼女は手の届く範囲にいて、また彼女の想いもまた違う方を向いてはいないということ。あー、でもそれは口にしなければDXは受け取らないんだよなあ。口にしないという意志を尊重する男だから。それは彼の長所でもあるんだけれど、時として短所となるところだとこういう場合は思ってしまう。
それは精一杯の告白なんだ。それでいて、突き放せない踏ん切りを無理矢理につけようという足掻きである。だからこそ、ディアの決意へのDXの献身的な肯定は、自分を殺す優しさは、きっと彼女が求め望んだ言葉なのだろう。でもだからこそ、その言葉は、
手に入らないものを欲しがるのは、辛いって知ってる。
だから、君のことは好きにならない。
きっと、ずっと好きにならないよ。

彼女をも殺すに違いない。

断ち切られてこそ、殺されてこそ、それが消せない傷であったのだと思い知らされる時もある。
或いは、此処こそがメイアンディア・クラウスターの運命の瞬間だったのかもしれない。

おがきちか作品感想

子ひつじは迷わない 騒ぐひつじが5ひき5   

子ひつじは迷わない  騒ぐひつじが5ひき (角川スニーカー文庫)

【子ひつじは迷わない 騒ぐひつじが5ひき】 玩具堂/籠目 角川スニーカー文庫

Amazon

“ひつじ”ならぬ“しつじ”喫茶で文化祭を盛り上げる「迷わない子ひつじの会」。会長の執事服姿やら佐々原のメイド服姿やらに浮かれる“なるたま”こと成田真一郎だったが、伝説の必殺剣の正体、『々人事件』なる奇妙な小説の謎など、隣部屋の“毒舌ツンダラ名探偵”仙波を巻き込んでのお悩み相談も相変わらずの大忙し。ワケあり女子たちに翻弄されまくる“なるたま”のおせっかいぶりに、佐々原がついに覚醒するって、何に!?―。
なるたまって、アレで独占欲結構強かったんだ。俺の女に色目使ってんじゃねえよ、と言わんばかりのガード捌きが微笑ましいやら呆れるやら。そのガード対象がご執心の仙波ならばともかく、岬会長と佐々原だもんなあ。だがしかし、サキ姉&佐々原押しのワタクシとしましては、無意識だろうとなんだろうとちゃんとなるたまにも二人に気があるというのがハッキリしてニヤニヤものでしたよ。まあ、サキ姉については異性云々じゃなくて単にシスコンを拗らせているだけかもしれませんが。でも、先の長編「館モノ」におけるサキ姉への暴挙は、少なからずなるたまにも多少なりとも意識の変革をもたらしているのかもしれない。サキ姉の方はというと、ほぼ完璧にあの一件がきっかけでなるたまへの見方は変わってしまったっぽいんですよね。前巻では、あれのお陰で精彩を欠いて、殆ど沈黙状態だっただけに、今回彼女がどういった行動に出るかは興味津々と言った所だったのですが……うはははは(笑
凄いなあ、会長のなるたまに関連する反応が、一巻の頃と全然違うよ。これについては、仙波のコメントが一番的確に状況を表しているかもしれません。なるほど、以前は首に縄つけてある程度自由にさせていたのが、この巻を見てたら、確かに囲いに入ってる。佐々原や仙波と違って、サキ姉は彼女視点の描写が無いのでその内心は推測するしか無いのですが、この人については無自覚とかなさそうだしなあ。前回大人しくしていた時に、相当自問自答していたっぽいし、ある程度自分の中で結論は出ているはず。
と、既刊の自分の感想見返してたら、三巻のサキ姉が自爆しまくった話の時に、『そこまで独占欲持て余しているなら、いっそ囲ってしまえばいいのに』とか書いてるよ、自分(笑
この時点ではまだこの会長さんはもっと自分のスタイルというか、立ち位置に固執するかと思ってたんですよね。まさか、本当に囲みに入ってくるとは流石に思ってなかったぞw

なるたまとの関係性については、佐々原の方も楓に要らんことを言われて混乱してたのを、自分なりに結論を見出したようなんだけれど、その結論の証明方法がまた佐々原らしいというか、普通とズレているというか、だからどうしてそうなる!? これは他人にどう説明しても理解してもらえないと思うぞ。でも、自分が解ってればいいのか、こういうのは。しかし、彼女も楓と絡むと恐ろしくキャラ変わりますよね。いやいや、あんたそんな毒舌キャラじゃないでしょうw わりと天然でヒドい事を言う一面はあるにせよ、楓相手だと意識的にかなり暴投気味な発言叩きつけるんだもんなあ。とは言え、普段は本当に可愛らしい。ややもずれた思考パターンからして、本当に可愛らしい。今回はメイド服姿という外見までも最強クラス。イラスト、ごちそうさまでした。


さて、今回は文化祭期間のお話ということで、全体的にお祭り騒ぎ的な賑やかさで、過去に相談者として登場した生徒たちも含めて、ほぼオールスターキャストが登場。そうそう、鹿野さんシリーズ居たなあ。鹿野と鹿野、名前の読み方が違うんでしたよね。最初は前に出た人なんて覚えてないよー、と思ってたんですが、その人がいざ登場すると、結構覚えてた自分にびっくり。覚えてたというより、思い出したというのが正確なのですが、どういう相談内容で、どういう結果の終わったのかとか、案外スルスルと記憶から蘇ってきたんですよね。うーん、やっぱり毎回5つ星クラスを付与しているだけあって、自分このシリーズやっぱり相当好きみたいですわ。なんでこんなに好きなんだろう、と首をかしげるところなんですが、いざ読み始めるとこれ満点だろう、としか思えなくなるんですよねー。あー、ハマってるなあ。
再登場組みで一番目立ってたであろう人は、間違いなくこの人、鹿野桃子さん。前々から、何気に一番ハッキリとなるたまに対して関心をあらわにしてたのがこの人なんだけど……なんか、桃子さんって数少ないなるたまの見せ場、というかカッコいい場面を目撃するケースが多い気がするんですよね。騙されてる騙されてるw
なんでメインヒロイン衆じゃなくてこの人なんだろう、と思う所なんだけれど、結構なダークホースなのかもしれない。もっとも、今のところは一方通行で可哀想な状態なんだけれど。

逆に、もうなるたまを毛嫌いしまくっているのが、楓さんであり、そしてメインヒロインであるはずの仙波女史。彼女の内心の声を聞いていると、本気でなるたまのこと嫌っているように見えてきて正直困るw 今回なんぞ、なるたまと最後まで顔を合わせる事がなかったのですが、強がってるんじゃなくて本気でなるたまの顔を見なかった事で機嫌良さそうにしてたもんなあw
ところが、肝心のなるたまがその仙波に一番ご執心なんですよね。あそこまで毛嫌いされて、よくまあめげずにつきまとうなあ、と思うけど……ストーカーの資質もあるんじゃないのか、こいつ。

前回の丸々一本の長編と異なり、今回は普段通りに戻っての連作形式だったのですが、これ、一話の「VS演劇部秘剣帖」、面白かったんですけれど、何が面白かったって作中作の時代劇ですよ。演劇の元ネタとなる時代小説の話がかなり面白くって、いやこれ普通に私も原作読みたいんですけどw

シリーズ感想

封殺鬼 クダンノ如シ(中)4   

封殺鬼 クダンノ如シ 中 (ルルル文庫)

【封殺鬼 クダンノ如シ(中)】 霜島ケイ/也 ルルル文庫

Amazon

鬼を使役する少女が女学院の怪異に迫る!

帝華女学院に潜む闇。その鍵を握ると思われる穂積妙子が、ついに桐子たちの前に姿を現した。しかし普通の少女にしか見えない彼女は、自分がなぜ魔性と呼ばれるのかを知らないという。桐子と清香が学院内で調査を続ける一方で、学院の外では弓生と聖が動いていた。それぞれが得た情報を重ねあわせた時、隠れていた真実が見えてくる――。桐子と清香、そして妙子の恋心にも要注目な第二弾!
おいおいおいおい、ついに桐子が「男なんて!!」なんて年頃の女の子みたいな事を言い出しましたよ!! マジかー。つい先日まで普通の若い女性らしい感性どころか、一般的な価値観からも遠ざかった浮世離れした闇の担い手だったのに。
なんか、視点が弓生や聖と同じく完全に保護者ポディションにハマってしまって、桐子の一挙手一投足にハラハラドキドキしてしまっている自分が居て、なんだかおもはがゆい。これが親心というものか。宇和島夫婦みたいにどっしり構えられたらいいんだろうけれど、こればかりは年季の差だなあ。って、弓生と聖は千年来生きてるから年季で言うなら誰にも負けないはずなんだがなあ、なんでああも腰が定まらないんだか。桐子が、なんで長生きしている連中ほど成長しないんだ、と愚痴るのもあの二人などを見ていると、しみじみと納得してしまうばかりだ。
さても、時代は昭和の動乱期。この頃の都市部の庶民の生活風景や、新たに出回り始めた新商品など、興味深い時代風俗の話も散りばめてあって、そんな観点からも実に楽しませて貰っている。バスクリンって、こんな戦前の昔に登場してたんだ。てっきり、戦後も戦後。自宅に風呂が普通に常備される時代に入ってからの商品だと思っていた。
そんな物品豊かな都市部と違い、田舎や農村部は貧困が進み、都市部との格差が大きく広がっていたのもまた事実。そうした過酷な生活状況は、華やかなはずの帝華女学院にも反映されていて、異能の力を求められてこの学園に集められた女子には、実家が困窮を極めている者も少なくなく、支給される奨学金を細々と実家に送り続けている子も珍しくないという。この時代、口減らしのために子を奉公に出すどころか、遊郭まがいの場所に身売り同然に流される事も多々あったわけで、女学生にして貰えて奨学金まで貰えるという帝華女学院はマシな境遇どころじゃない、非常に恵まれた場所なのでしょう。たとえ、強大な魔の存在の気配に怯えながらも、逃げられない理由が彼女たちにはあったわけだ。
時代の歪みが、こんな場所にも形を変えて跳ね返ってきている。
軍国主義が徐々にはびこり、5・15事件の勃発も相まって、破滅の気配が暗雲よろしく中、それでも少女たちにとって十代のその次代は青春の時代でもあったのでした。三人女がよれば姦しい、なんて事は言わずもがなですが、何故か予言を為す怪異「件」を巡るはずの一連の自体は、何故か非常に入り組んだ三組の男女の恋模様の話へとスライドしていたわけで……どうしてこうなった? まるで少女小説のような展開じゃないか!! いやこれ、ルルル文庫なんですけどね! カグヤのあの桐子と志郎への不可解な態度の謎は、そういう事だったのか。これは、カグヤ本人が自分はちゃんと当主になれないんだ、みたいな事を言い出してくれたお陰で、ようやく「あれ?」と思えたぐらいで、それまでは端から疑問を抱いてなかったんですよね。まったく疑っていなかった。そういうことだったのか。そりゃあ、清香も曖昧な態度を取るわさ。と、思ったら清香もそういうことだったの!? 
この先、数々の難事が待ち構えている桐子にとって、同性の気のおけない親友がいる、いないはとても大きな違いがあると思うんですよ。裏の大家、神島家の当主として闇を仕切っていかなければならない桐子は、必ず孤独を強いられることになります。その彼女に、思い出としての友人ではなく、立場を超えて繋がる何十年にも渡って続く友誼があるかないかは、本当に大きな違いだと思うのです。だからこそ、清香との関係は大事にしてほしい。桐子の初めてにしておそらく最後の学園生活が、哀しい断絶で終わらないことを願うばかりです。
なんか、桐子については心配してばっかりだなあ。ある程度、彼女を待っている顛末を既に知っているからなんでしょうけれど。
ともあれ、早く志郎は態度をハッキリさせて、桐子の不安を拭ってほしいものです。最近、温厚で物静かなはずの柳の精さんが、あまりに昼行灯な志郎に若干キレ気味なのが心臓に悪いんですよ。そのうち、本気で枝とかで首とか絞めてきそうでw


霜島ケイ作品感想

封殺鬼 クダンノ如シ(上)4   

封殺鬼 クダンノ如シ 上 (ルルル文庫)

【封殺鬼 クダンノ如シ(上)】 霜島ケイ/也 ルルル文庫

Amazon

闇の陰陽師少女と千年を生きる鬼達の物語!

時は昭和初期。陰陽道の影の部分を受け継ぐ神島家の当主桐子は、見合い話から逃げるため東京の女学院に通うことに。しかし軍が絡んでいると見られるそこには、精神に変調を来す生徒が出るという穏やかでない噂が流れていた。自らが使役する二人の鬼、聖と弓生の協力を得ながら噂の真相を探る桐子。どうやら学院の敷地内の塔に潜む何者かが鍵を握っているようだった――。そして桐子の恋に進展!?全三巻刊行開始!
もう、桐子があまりにも幸せそうで、なんだか泣けてくるんです。てっきり、桐子と志郎の恋物語って幸せのピークは前回の【帝都万葉】だと思い込んでいました。だって、あんなにも初々しく恋のときめきに陶酔し、幸せそうに今の時間を楽しんでいる桐子の、それ以上なんて想像も出来なかったんですよ。ところが、さらに桐子を取り巻く環境は彼女に得難い幸福を味わわせていくのである。あの桐子が、女学校に通って、しかも友達が、同性の友人が、親友が出来るなんてこと信じられますか?
本当に、普通の年頃の女の子みたいじゃないですか。みたいじゃなくて、そのものじゃないですか。宇和島の奥さんが感無量となるのも当然ですよ。桐子が、友達を家に連れてくる。それも謀り事や政治的駆け引きのためなんかじゃなく、これからの事について相談するつもりであったとしても、本当にただ友達を家に呼んでお茶会をする、なんてことを、あの桐子がすることになるなんて。
初めての同世代の友達とのやり取りに戸惑い、照れたり拗ねてみたり。そして、周囲に女の影を匂わせる志郎に嫉妬したり、落ち込んだり。
荼枳尼と呼ばれ、忌み嫌われた、恐れ畏怖された闇の当主が。本当に、普通の女の子のように振舞ってるんです。恋に胸を高鳴らせ、頬を染め、ツンデレをかまして、好きな男に構って欲しい素振りを見せているんです。
こんなにも微笑ましく、甘やかで、いとおしく、幸福感を分けて貰っているかのようなホワホワとした温かさに包まれながら……どうしてこんなに泣けてくるんだろう。胸が押しつぶされそうなほど苦しいんだろう。

もうね、桐子が幸せであればあるほど、よかったねと思うと同時にそれが失われた時のことを思ってしまうのです。幸せであれば幸せであるほど、そこから突き落とされた時の痛みを思い描いてしまい、泣きそうになってしまうのです。いつか来る幸福の揺り返しがとても怖い。闇に属するものの宿命が彼女に降り掛かる時が恐ろしくて仕方がない。
今となってみると、どうして聖と弓生があれほど神島の家にこだわっていたのか、よく理解できる。千年生きた彼らにとっても、この時代は黄金だったんでしょう。掛け替えのない思い出だったのでしょう。その要であった桐子から受け継がれたものを、どうしてこの二人が見捨てられようか。

思いを馳せれば馳せるほど辛くなってくるので、今はただ少女・桐子の幸せな時間だけを見つめていたい。
いつの間にか桐子にベタ惚れな志郎には笑ってしまったけれど。もう事細かなところまで桐子のことよく見てるじゃないか、この男。そのくせ、肝心な所では昼行灯で。不器用な二人のやり取りを毎回自分のたもとで見せつけられる「柳の精」の心労にはいたく同情いたします。そりゃ、柳も呆れるわw

前回登場した竹取の一族。彼女らはのちのちも深く関わるキーパーソンになるとは思っていましたけれど、まさかこういう形で桐子の懐の内に飛び込んでくるとはなあ。ってか、あんたたち、桐子のこと好きすぎだろうw 可愛い可愛いって、そりゃ桐子可愛いけどさ。聖と弓生が過保護だろうってくらいに構ってしまうくらい可愛いけどさ!! 彼女たちも闇側に属する一族だけに、重い宿命を抱えている節があるけれど、それでも桐子の味方で
いて欲しいなあ。最初、周りに誰もいなかった桐子にも、聖と弓生が付き、志郎という人が傍に現れ、宇和島夫婦という親代わりが出来、そして今、損得抜きの友達が出来、と裏表なく味方になってくれる人がこんなにも沢山できたことは、本当に感慨深いです。そこに、最後に登場したあの娘もまた、加わってくれればいいのだけれど。悲劇で終わってほしくはないなあ。
この「クダンノ如シ」は上中下の全三巻構成で、中巻は来月連続刊行とのこと。下巻はいつだよ! なんて野暮な事は言わずに素直に中巻が即座に続くことをよろこびたいと思います。

しかし、桐子さんや、あんた女学校にはその学校の制服を着て通い、帰宅後はいつもの黒のセーラー服に着替えるって、どういう了見なんだ!? セーラー服は普段着なんですか。どういう拘りなんだ、それw

シリーズ感想
 
9月14日
【ダンジョン飯 8】
 九井 諒子(ハルタコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ヒナまつり 17】
 大武 政夫(ハルタコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【欅姉妹の四季 3】
 大槻一翔(ハルタコミックス)

Amazon Kindle B☆W

浅草鬼嫁日記 七 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。
 友麻碧(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

あやかし万来、おむすび処はじめました。 押しかけ仮旦那と恋患いの狐
 蒼井 紬希(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

神華後宮厨師伝 偽りの天は花梨で邂逅す
 真楠ヨウ(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

織ノ王国物語 七番目の王子と忠誠の剣士
 あさぎ 千夜春 (富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

仮そめ夫婦の猫さま喫茶店 なれそめは小倉トーストを添えて
 岐川 新(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

ここは書物平坂 黄泉の花咲く本屋さん
 新井輝(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

華仙公主夜話 三 その麗人、後宮の禍を祓う
 喜咲冬子(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

【反逆のソウルイーター ~弱者は不要といわれて剣聖(父)に追放されました~ 1】
 玉兎(アース・スター ノベル)

Amazon Kindle B☆W

【領民0人スタートの辺境領主様 3】
 風楼(アース・スター ノベル)

Amazon Kindle B☆W

【元英雄は平民として暮らしたい~勇者パーティを理不尽に追い出された俺。これを機に田舎で暮らし始めたけど、周りが俺をほっといてくれない 1】
 茨木野 (アース・スター ノベル)

Amazon Kindle B☆W

【即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。 7】
 藤孝剛志(アース・スター ノベル)

Amazon Kindle B☆W

【二度転生した少年はSランク冒険者として平穏に過ごす~前世が賢者で英雄だったボクは来世では地味に生きる~ 3】
 十一屋 翠(アース・スター ノベル)

Amazon Kindle B☆W

【優しさしか取り柄がない僕だけど、幻の超レアモンスターを助けたら懐かれちゃったみたい】
 ねこ鍋 (アース・スター ノベル)

Amazon Kindle B☆W

【魔剣使いの元少年兵は、元敵幹部のお姉さんと一緒に生きたい】
 支倉文度(モーニングスターブックス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界でも無難に行きたい症候群 3】
 安泰(サーガフォレスト)

Amazon Kindle B☆W

9月13日
処刑少女の生きる道 2.ホワイト・アウト
 佐藤真登(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

ゴブリンスレイヤー 11
 蝸牛くも(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

やせいのえいゆう が あらわれた! たたかう にげる ▼デレる!?
 雪川 轍(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

家に帰るとカノジョが必ずナニかしています 2
 柚本悠斗(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

可愛い女の子に攻略されるのは好きですか?5
 天乃聖樹(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

29とJK 7.~さらば、憧憬~
 裕時悠示(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました スピンオフ ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました
 森田季節(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

異世界国家アルキマイラ2 ―最弱の王と無双の軍勢―
 蒼乃暁(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

貴族転生 ~恵まれた生まれから最強の力を得る~
 三木なずな(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

異世界転生で賢者になって冒険者生活2 ~【魔法改良】で異世界最強~
 進行諸島(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

失格紋の最強賢者10 〜世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました〜
 進行諸島(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

【生活魔術師達、世界樹に挑む】
 丘野 境界(宝島社)

Amazon Kindle B☆W

【転生したら宿屋の息子でした 田舎街でのんびりスローライフをおくろう】
 錬金王(宝島社)

Amazon

9月12日
【舞妓さんちのまかないさん 11】
 小山愛子(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)

Amazon Kindle B☆W

【お酒は夫婦になってから 12】
 クリスタルな洋介(ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

Amazon Kindle B☆W

【死神坊ちゃんと黒メイド 7】
 井上小春(サンデーうぇぶりSSC)

Amazon Kindle B☆W

【戦×恋(ヴァルラヴ) 8】
 朝倉 亮介(ガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【進め!ギガグリーン 4】
 藤木 俊(ビッグ コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【英雄教室 7】
 新木伸/岸田こあら(ガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【花咲く日本橋おんみょうじ おばけ嫌いですが謎を解きます】
 四葉夕ト (双葉文庫)

Amazon

【太秦荘ダイアリー 3】
 望月麻衣 (双葉文庫)

Amazon

【イケメン貧乏神と同居はじめました!】
 花井有人(双葉文庫)

Amazon

9月10日
【魔法使いの嫁 12】
 ヤマザキコレ(ブレイドコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【初回限定版 魔法使いの嫁 12 小冊子付】
 ヤマザキコレ(BLADE COMIC SP)

Amazon

【魔法使いの嫁 詩篇.108 魔術師の青 1】
 ツクモイスオ/三田誠(ブレイドコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【魔法使いの嫁 詩篇.75 稲妻ジャックと妖精事件 1】
 オイカワマコ/五代ゆう(ブレイドコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【スケッチブック 14】
 小箱とたん(ブレイドコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【86ーエイティシックスー 2】
 安里 アサト/吉原 基貴(ヤングガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

アポカリプス・ウィッチ 飽食時代の【最強】たちへ
 鎌池和馬(電撃文庫)

Amazon B☆W

解術師アーベントの禁術講義
 川石折夫(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

シャドウ・サーガ機 歔定の剣と呪いの黒剣−
 西村 西(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

妖姫ノ夜 月下ニ契リテ、幽世ヲ駆ケル
 渡瀬草一郎(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

彼女が俺を暗殺しようとしている
 大平しおり(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

海のカナリア
 入間人間(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

魔法科高校の劣等生 30.奪還編
 佐島 勤(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

86‐エイティシックス‐Ep.7 ‐ミスト‐
 安里アサト(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.20
 聴猫芝居(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

スイレン・グラフティ 2.もすこしつづく、ナイショの同居
 世津路 章(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

悪役令嬢になんかなりません。私は『普通』の公爵令嬢です!
 明。(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

最速無双のB級魔法使い 一発撃たれる前に千発撃ち返す!
 CK(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

聖女じゃなかったので、王宮でのんびりご飯を作ることにしました
 神山 りお(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【修復】スキルが万能チート化したので、武器屋でも開こうかと思います 2】
 星川 銀河(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのする 6
 流優(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

行き倒れもできないこんな異世界じゃ 2.迷子の迷子の子竜ちゃん編
 夏野 夜子(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

はぐれ精霊医の診察記録 〜聖女騎士団と癒やしの神業〜 2
 とーわ(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第四部 「貴族院の自称図書委員 VIII」
 香月美夜(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

忌み子と呼ばれた召喚士 2
 緑黄色野菜(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

黒髪の王 〜魔法の使えない魔剣士の成り上がり〜
 やま(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

秘密の仕立て屋さん 2 恋と決意とオネエの微笑
 江葉(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした4
 紅月シン(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する 2】
 斧名田マニマニ(JUMP j BOOKS)

Amazon B☆W

【娘を婚約破棄された最強軍人、国を見限り辺境へ】
 謙虚なサークル (ツギクルブックス)

Amazon

【身体は児童、中身はおっさんの成り上がり冒険記 2】
 力水(ツギクルブックス)

Amazon

9月9日
【勇者と紋章のラグナロク 2】
 渡辺 つよし(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【マケン姫っ! ‐MAKEN‐KI!‐ 23】
 武田弘光(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【放課後の拷問少女 7】
 BOKU(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【100万の命の上に俺は立っている 8】
 奈央 晃徳/山川 直輝(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【世界か彼女か選べない 6】
 内山敦司(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【可愛いだけじゃない式守さん 2】
 真木 蛍五(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【我間乱―修羅― 8】
 中丸洋介(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

9月7日
JK無双 2 終わる世界の救い方
 津田夕也(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

魔界本紀 1.下剋上のゴーラン
 茂木鈴(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

俺はダンジョンマスター、真の迷宮探索というものを教えてやろう2
 北乃ゆうひ(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

9月6日
【なんでここに先生が!? 8】
 蘇募ロウ(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【ソウナンですか?5】
 さがら梨々/岡本健太郎(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【鬼の又鬼のアモ 2】
 多田乃伸明(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【手品先輩 6】
 アズ(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【怪獣のトカゲ 1】
 山本崇一朗/福地カミオ(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)

Amazon Kindle B☆W

9月5日
【サバゲにGO! はじめてのサバイバルゲーム】
 アサウラ (LINE文庫エッジ)

Amazon Kindle B☆W

【エクストラ・フォーリン・エールワイフ―異世界の奥さんは日本のビールを学びたい―】
 阿羅本景(LINE文庫エッジ)

Amazon Kindle B☆W

【勇者の君ともう一度ここから。】
 みかみてれん(LINE文庫エッジ)

Amazon Kindle B☆W

【CHiLD ―境界からの降臨者―】
 箕崎准(LINE文庫エッジ)

Amazon Kindle B☆W

【翠竜のティリストリ】
 寺田とものり(LINE文庫エッジ)

Amazon Kindle B☆W

【取締役は神絵師】
 水沢あきと(LINE文庫)

Amazon Kindle B☆W

【居酒屋がーる】
 おかざき登(LINE文庫)

Amazon Kindle B☆W

【出雲の阿国は銀盤に舞う】
 つるみ犬丸 (LINE文庫)

Amazon Kindle B☆W

【レールアテンダントガール 車内販売にまいりました!】
 豊田巧(LINE文庫)

Amazon Kindle B☆W

【異世界洋菓子店フォックステイル ラベンダー香る、甘さを忘れた街唯一のパティスリー】
 月夜涙 (LINE文庫)

Amazon Kindle B☆W

ゴブリンの勇者 2
 神虎斉(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

魔獣密猟取締官になったんだけど、保護した魔獣に喰われそうです。 2
 飛野 猶(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

ファンタジーには馴染めない 〜アラフォー男、ハードモード異世界に転移したけど結局無双〜
 nov(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【最強の魔物になる道を辿る俺、異世界中でざまぁを執行する 2】
 大小判(BKブックス)

Amazon Kindle

【美味しいダンジョン生活】
 神谷透子(BKブックス)

Amazon Kindle

【悪役令嬢の追放後! 教会改革ごはんで悠々シスター暮らし 2】
 柚原テイル(KADOKAWA)

Amazon Kindle B☆W

【キリングバイツ 14】
 村田真哉/隅田かずあさ(ヒーローズコミックス)

Amazon Kindle

【東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 3】
 柴田ヨクサル(ヒーローズコミックス)

Amazon Kindle

9月4日
【異世界居酒屋「のぶ」9】
 蝉川 夏哉/ヴァージニア二等兵(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【ダーリン・イン・ザ・フランキス 6】
 矢吹 健太朗(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ぼくたちは勉強ができない 13】
 筒井大志(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【終わりのセラフ 19】
 山本 ヤマト/降矢 大輔(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【Dr.STONE 12】
 Boichi/稲垣 理一郎(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【早乙女姉妹は漫画のためなら!? 5】
 山本 亮平 (ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【アクタージュ act-age 8】
 宇佐崎しろ/マツキ タツヤ(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【神緒ゆいは髪を結い 2】
椎橋 寛(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

9月1日
【ノブリス・オブリージュ 〜引きこもり令嬢が何故聖女と呼ばれたか 2】
 剥製ありす (MAGNET MACROLINK)

Amazon Kindle B☆W

9月1日
ミリオン・クラウン 5
 竜ノ湖太郎(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

ヒマワリ:unUtopial World 8
 林トモアキ(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

いつか仮面を脱ぐ為に ~嗤う鬼神と夢見る奴隷~
 榊一郎(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

戦闘員、派遣します! 4
 暁 なつめ(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 5
 ざっぽん(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

魔王学園の反逆者 ~人類初の魔王候補、眷属少女と王座を目指して成り上がる~
 久慈 マサムネ(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

魔装学園H×H 14
 久慈 マサムネ(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する
 タンバ(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

ワンワン物語 6 ~金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルにしろとは言ってねえ!~
 犬魔人(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

妹がブラコンであることを兄だけは知っている。2
 ミヤ(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました 6
 永瀬 さらさ(角川ビーンズ文庫)

Amazon Kindle B☆W

竜宮輝夜記 天よ望めよ、恋の久遠
 糸森 環(角川ビーンズ文庫)

Amazon Kindle B☆W

8月31日
魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 9
 手島史詞(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

常敗将軍、また敗れる 3
 北条新九郎(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです
 サイトウアユム(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

魔術破りのリベンジ・マギア 7.再臨の魔人と逆襲術士
 子子子子 子子子(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

成り上がり魔王のお忍び天下統一計画
 若桜拓海(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

8月30日
夢に現れる君は、理想と幻想とぼくの過去
 園生 凪(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

世界は愛を救わない
 海老名龍人(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

異世界誕生 2006
 伊藤ヒロ(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます 5
 FUNA(Kラノベブックス)

Amazon Kindle B☆W

暗黒騎士様といっしょ! 3.嘘つきは恋泥棒の始まり
 笹木さくま(ファミ通文庫)

Amazon B☆W

学園一の不良娘がオレにゲームを作って欲しがっている
 雪月花(ファミ通文庫)

Amazon B☆W

航宙軍士官、冒険者になる 3
 伊藤暖彦(エンターブレイン)

Amazon B☆W

三大陸英雄記 2
 桜木桜(エンターブレイン)

Amazon B☆W

双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である。2
 池中 織奈(エンターブレイン)

Amazon B☆W

【失格から始める成り上がり魔導師道! ~呪文開発ときどき戦記~ 1】
 樋辻臥命 (GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【ガチャを回して仲間を増やす 最強の美少女軍団を作り上げろ 7】
 ちんくるり(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【嘆きの亡霊は引退したい~最弱ハンターによる最強パーティ育成術~ 3】
 槻影(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 4】
 三嶋与夢(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【くま クマ 熊 ベアー 13】
 くまなの(PASH!ブックス)

Amazon Kindle B☆W

【地味な剣聖はそれでも最強です 4】
 明石 六郎(PASH!ブックス)

Amazon Kindle target="_blank" >B☆W

【異世界転生…されてねぇ! 2】
 タンサン(PASH!ブックス)

Amazon Kindle B☆W

【僕がSSSランクの冒険者なのは養成学校では秘密です 2】
 厨二の冒険者(PASH!ブックス)

Amazon Kindle B☆W

【なんでも吸い込む! ブラックホール!! (´・ω・`)ノ●~~~~ (゜ロ゜;ノ)ノ あらゆる敵を「しゅおんっ」と吸い込んで無双する!!! 1】
 六志麻あさ (モンスター文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ぼっち転生記 7】
 ファースト(モンスター文庫)

Amazon Kindle B☆W

【社畜勇者、仕事辞めるってよ 3】
 岸本和葉(モンスター文庫)

Amazon Kindle B☆W

【機動戦士ガンダム サンダーボルト 14】
 太田垣 康男 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

Amazon Kindle B☆W

【かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。6】
 衣丘 わこ/友麻碧(B's-LOG COMICS)

Amazon Kindle B☆W

8月29日
第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様 3
翠川 稜(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

鑑定能力で調合師になります 10
空野 進(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

クール・エール 2
砂押 司(ヒーロー文庫)

Amazon

たのしい傭兵団
上宮 将徳(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

転生勇者の気まま旅 1
九頭 七尾(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

サトコのパン屋、異世界へ行く 2
塚本 悠真(ヒーロー文庫)

Amazon

最弱の弟子
高崎 三吉(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

燦然のソウルスピナ 2
蕗字 歩(ヒーロー文庫)

Amazon

【グランクレスト戦記 7】
 四葉真/水野良(ヤングアニマルコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ゆるゆり 17】
 なもり (百合姫コミックス)

Amazon Kindle B☆W

8月28日
【魔王様、リトライ! 4】
 神埼黒音(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【不遇職テイマーの成り上がり 〜スキル【吸収】でモンスターの能力を手に入れ、最強になる〜 1】
 愛犬ロック(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【レベル1の最強賢者 〜呪いで最下級魔法しか使えないけど、神の勘違いで無限の魔力を手に入れ最強に〜】
 木塚麻弥(ブレイブ文庫)

Amazon Kindle B☆W

8月27日
【Fate/Grand Order ―Epic of Remnant― 亜種特異点検ゞ愆降臨庭園セイレム 異端なるセイレム 1】
 大森葵(REXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい!?3】
 板垣ハコ/手島史詞(HJコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?7】
 ぽんとごたんだ(アクションコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【達人伝〜9万里を風に乗り〜 24】
 王欣太(アクションコミックス)

Amazon Kindle B☆W

8月26日
【Fate/Grand Order コミックアンソロジー THE NEXT7】
 アンソロジー(DNAメディアコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【フェイト/エクストラ CCC FoxTail 8】
 たけのこ星人(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 2】
 池野雅博/ざっぽん(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【ロクでなし魔術講師と禁忌教典 11】
 常深アオサ/羊太郎(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【すべての人類を破壊する。それらは再生できない。2】
 横田卓馬/伊瀬勝良(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【魔法使いの印刷所 3】
 もちんち/深山靖宙(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【ガヴリールドロップアウト 8】
 うかみ(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【罠ガール 4】
 緑山のぶひろ(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

8月25日
世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)2
 黒留ハガネ(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

デッド・オア・リライブ 〜天才科学者がやり直す人生は成功しますか?〜 1
 黒田達也(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 11】
 鬼影スパナ(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

黒の召喚士 10.女帝の帰還
 迷井豆腐(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

本能寺から始める信長との天下統一 1
 常陸之介寛浩(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

女だから、とパーティを追放されたので伝説の魔女と最強タッグを組みました 2
 蛙田あめこ(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

8月24日
白魔法クラスの大忍術師
 藤木わしろ(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか? 7.禍の使徒
 細音啓(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

わたしの知らない、先輩の100コのこと 1
 兎谷あおい(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか? 3
 三河ごーすと(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの? 3.えっちな子でもいいの?
 三月みどり(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

ぼくたちのリメイク Ver.β
 木緒なち(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ? 7
 三河ごーすと(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

西野 〜学内カースト最下位にして異能世界最強の少年〜 6
 ぶんころり(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

ライアー・ライアー  2.嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています。
 久追遥希(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 7 ~浅ましき正解者~
 木塚ネロ(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

異世界で手に入れた生産スキルは最強だったようです。 〜創造&器用のWチートで無双する〜1
 遠野九重(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

初めての旅は異世界で 1
 叶ルル(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

転生没落王子は『銭使い』スキルで成り上がる 〜魔法もスキルも金次第っ!?〜 2
 時野洋輔(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

アラフォー賢者の異世界生活日記 10
 寿安清(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

帰って来た最強勇者は、末永く幸せに暮らしました ヽ(・∀・)ノ 〜異世界で得た力と金にモノを言わせて、都会的スローライフを送りたい〜
 ハヤケン(HJノベルス)

Amazon Kindle B☆W

神達に拾われた男 7
 Roy(HJノベルス)

Amazon Kindle B☆W

アラフォーおっさんはスローライフの夢を見るか?
 サイトウアユム(HJノベルス)

Amazon Kindle B☆W

食い詰め傭兵の幻想奇譚 10
 まいん(HJノベルス)

Amazon Kindle B☆W

初恋ロスタイム ―First Time―
 仁科裕貴(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

初恋ロスタイム ―Advanced Time―
 仁科裕貴(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

いざ、しゃべります。
 並木飛暁(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

かりゆしの島のお迎えごはん 神様のおもてなし、いかがですか?
 早見慎司(メディアワークス文庫)

Amazon B☆W

迷える羊の森 フィトセラピスト花宮の不思議なカルテ
 有間カオル(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ディメンションW 16】
 岩原裕二(ヤングガンガンコミックススーパー)

Amazon Kindle B☆W

8月23日
本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない
 しめさば(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です! 6
 森田季節(ダッシュエックス文庫)

Amazon

【アズールレーン Episode of Belfast 3rd】
 助供珠樹(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

はてな☆イリュージョンR
 原案:松智洋(ダッシュエックス文庫)

Amazon

劣等眼の転生魔術師 4〜虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く〜
 柑橘ゆすら(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

ロード・エルメロイII世の事件簿 5 「case.魔眼蒐集列車(下)」
 三田誠(角川文庫)

Amazon

丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。5
 竹村優希(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

【新約・異世界に転生したら全裸にされた 1】
 狐谷まどか(マックガーデンノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【新約・異世界に転生したら全裸にされた 2】
 狐谷まどか(マックガーデンノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【とあるおっさんのVRMMO活動記 19】
 椎名ほわほわ(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【欠陥品の文殊使いは最強の希少職でした。2】
登龍乃月(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【初期スキルが便利すぎて異世界生活が楽しすぎる! 2】
 霜月雹花(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【一度目は勇者、二度目は魔王だった俺の、三度目の異世界転生 2】
 塩分不足(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【お人好し職人のぶらり異世界旅 5】
 電電世界(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【巻き込まれ召喚!? そして私は『神』でした?? 4】
まはぷる(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【一般人な僕は、冒険者な親友について行く】
ひまり(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界でいきなり経験値2億ポイント手に入れました 3】
 雪華慧太(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【ガールズ&パンツァー リボンの武者 12】
 野上武志/鈴木貴昭(MFコミックスフラッパーシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【のんのんびより 14】
 あっと(MFコミックスアライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【ディーふらぐ! 14】
 春野友矢(MFコミックスアライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【ガールズ&パンツァー プラウダ戦記 2】
 吉田創(MFC)

Amazon Kindle B☆W

【宇宙兄弟 36】
 小山宙哉(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

8月21日
月とライカと吸血姫 5
 牧野 圭祐(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

むしめづる姫宮さん
 手代木 正太郎(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

ハル遠カラジ 3
 遍 柳一(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

クズと天使の二周目生活 5
天津 向(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【うちの弟子がいつのまにか人類最強になっていて、なんの才能もない師匠の俺が、それを超える宇宙最強に誤認定されている件について】
 アキライズン(サーガフォレスト)

Amazon Kindle B☆W

【宮廷魔法師クビになったんで、田舎に帰って魔法科の先生になります1】
 世界るい (サーガフォレスト)

Amazon Kindle B☆W

8月20日
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 15
 羊太郎(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

妖精狙撃 エルフ・ウィズ・サイレントアサシン
 榊一郎(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

ラストラウンド・アーサーズ 4.最弱の騎士と最も優れた騎士
 羊太郎(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた! 3
 るう(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

真ハイスクールD×D 3.修学旅行のサンシャワー
 石踏一榮(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろIII ―弾丸魔法とゴースト・プログラム―
 上川景(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい 8
 合田拍子(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

異世界チートサバイバル飯 5 食べて、強くなって、また食べる
 赤石赫々(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する 3 〜レベルアップは人生を変えた
 美紅(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

史上最強の大魔王、村人Aに転生する 5.教皇洗礼
 下等妙人(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

星系出雲の兵站-遠征- 1
 林譲治 (ハヤカワ文庫JA)

Amazon Kindle

群青神殿
 小川一水 (ハヤカワ文庫JA)

Amazon

ハイウイング・ストロール
 小川一水 (ハヤカワ文庫JA)

Amazon

誰も死なないミステリーを君に 2
 井上 悠宇(ハヤカワ文庫JA)

Amazon Kindle

【百鬼一歌 菊と怨霊】
 瀬川 貴次(講談社タイガ)

Amazon Kindle B☆W

【ネタバレ厳禁症候群 〜So signs can't be missed!〜】
 柾木 政宗(講談社タイガ)

Amazon Kindle B☆W

【体育会系探偵部タイタン! レボリューションズ】
 清水 晴木(講談社タイガ)

Amazon Kindle B☆W

【ブラッド・ブレイン 3 闇探偵の旋律】
 小島正樹(講談社タイガ)

Amazon Kindle B☆W

【神さまの怨結び 8】
 守月史貴(チャンピオンREDコミックス)

Amazon Kindle B☆W

8月19日
【キングダム 55】
 原泰久(ヤングジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【シャトルアイズ 1】
 濱原蓮(ヤングジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【BUNGO―ブンゴ― 19】
 二宮裕次(ヤングジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【サバゲっぱなし 5】
 坂崎ふれでぃ(サンデーGXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

8月17日
EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩の惑星クラフト〈上〉
 川上稔(電撃の新文芸)

Amazon B☆W

由比ガ浜機械修理相談所
 斉藤 すず(電撃の新文芸)

Amazon B☆W

エッチな召喚士の変態的召喚論 2
 RYOMA(電撃の新文芸)

Amazon B☆W

四畳半開拓日記 02
 七菜 なな(電撃の新文芸)

Amazon B☆W

【宝石吐きのおんなのこ 9.~少女への祈り~】
 なみあと (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

Amazon

8月16日
【彼女、お借りします 11】
 宮島礼吏(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【炎炎ノ消防隊 18】
 大久保篤(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【DAYS 34】
 安田剛士(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【生徒会役員共 18】
 氏家ト全(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【シチハゴジュウロク 4】
 工藤哲孝/笹古みとも(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ダイヤのA act2 18】
 寺嶋裕二(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【絶対可憐チルドレン 55】
 椎名高志(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【トニカクカワイイ 7】
 畑健二郎(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【君は008 6】
 松江名俊(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【探偵ゼノと7つの殺人密室 7】
 杉山鉄兵/七月鏡一(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【BE BLUES!〜青になれ〜 36】
 田中モトユキ(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【BIRDMEN 15】
 田辺イエロウ(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【古見さんは、コミュ症です。14】
 オダトモヒト(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索