とにかくひらすら美しい海。なんだんだ、この海は!
与論島は自転車でも半日で一周できる大きさ。ビーチはひたすらある。名の知れたビーチ以外にも、一周道路から海側にある、小道を行ってみると、きれいな海がある。そんな発見がたくさんあって、自転車でビーチめぐりは本当に楽しい(今回は時間ないし、暑いので原チャリでしたが)しかも人がほとんど居ないくらい少ないのです。


先日の与論島。月酔祭の日、舞台裏の海では町民総出のボート漕ぎレースが行われていました。町内対抗で、島を4地区くらいに分けて、男女別でのレース。島の素朴で総出の一体感を垣間見ました。

与論島は人口5400人。たぶんコミュニティとしても程よく、子供も大人も、老人もちょうど良さそうな人口。ボクが住んでいる富士川町は16000人だけど、平林集落は200人ちょい。160000人は多すぎて、200人は少なすぎる。

南の島のおおらかさと、ほどよい緩さ。島の一体感は島ならではかもしれないけども、暮らしているみんなが自分の故郷の島を大好きみたいだ!!

昨夜は満月の下、与論島での月酔祭でした。たくさんのミュージシャンやアーティストが出演して、波の音、海の風を感じながら、ここちよい夜でした。ジミーさんとの再開や多くの方に会いました。それにしても、みんななんていい顔しているんだろうと、驚き感心しました。

与論島は大きさ程よく、島がまとまり、のんびり、だけど、海はめっぽう綺麗な島です。町民と観光課、役場、出演者、旅行者が一帯となった祭りはとてもすばらしかった。

おそらく、この時期の満月の日、また行われると思います。ぜひ皆さんも与論へどうぞ!!





このページのトップヘ

見出し画像
×