山旅天空倶楽部 

       

㈳日本山岳ガイド協会所属登山ガイドのブログです。
単独登山女子、中高年の方まで「ひとつひとつの山行を充実したものにしたい」そんなあなたのお手伝いをします。引率経験は1000回1000日を超えました。

ご興味のある方は 山旅天空倶楽部HPhttp://essred.com/tenku_club/ まで

山岳(山間地)救助活動調査報告 消防庁国民保護・防災部参事官付

平成27年10月 消防庁国民保護・防災部参事官付 

平成27年7月31日~8月21日の調査期間で全国の選択された道県の消防本部・消防局からの報告書です、現地の体制を含めて登山する側の参考になります。


登山者にとっては大変参考になる内容で「山岳救助」をする側からの視点ですが、登山者側と救助側の双方に共通する問題が浮き彫りとなっています。


現状の問題を含めなるほどと思った点ですが「GPSの位置情報」の座標軸の活用、「簡易無線なら中継局の設置」「衛星携帯」や「無線」であっても「無線不感地帯」があり、通信手段の確保などが検討されています。


110番通報時のGPS座標の県警情報の提供。GPS位置情報の活用による救助活動と通報者の携帯の「電池容量」を考慮した(警察・消防・消防団)の情報の一元化と共有の問題もあるようです。


救助する側も「GPS位置情報」「衛星携帯・無線・簡易無線・トランシーバー・スマホの連絡手段」「携帯の電池容量」の問題は登山者と共通の課題となっている事がよくわかりました。

白山登山道 書き込み 石段に「この石すべります」

宮下自然保護官は「恐らく親切心からの行為だろうが、自然公園法に抵触する恐れがある。岩場は足元に十分注意して歩いて、特に危険だと感じたら事務所か県に連絡してほしい」と話している。

2018年(平成30年)7月15日(日) 中日新聞 


白山では河原の巨岩にクライマーがハーケンなどを打ち込んだニュースも過去もありましたが、全国でもたまにこの手のニュースが流れますね。

山の頂上の樹木に成長を妨げる「グルグルに針金で看板を巻き付ける行為」や分岐などに、目印として赤いテープを樹木に巻き付ける行為(勝手テープ)も同様でしょう。

「なんだこの山は頂上に看板もないのか」という登山者がいますが、耳を疑います。

夏山 KERATITIS(紫外眼炎)の防止

夏山も目の炎症には注意が必要です「角膜炎」「翼状片」「白内障」など重大な眼疾患の発生リスクのもとになります。近年増加している難病「黄班変性症」等の眼疾患の原因は「青色光線」です。

詳細は過去ログ SNOW BLIND(雪眼炎)- ULTRAVIOLET KERATITIS(紫外眼炎)


国際山岳医大城和恵先生愛用サングラスは
 TALEXさん オークリー

uv001 

・3シーズンは登山道の見えやすい透過率の良いもの
偏向グラスは眩しくありません。
自動調光グラスは明るさでグラスの濃淡を調整してくれ、とても便利。
最低UV-C  UV-B  UV-A 青色光線がカットできるサングラスがおすすめです。すべての機能付はお高いです。


・色が濃いほど紫外線を低減する能力が高いとは限らない。透明でもUVカット加工を施した眼鏡がある。色が濃く視界が暗いと瞳孔が開き、サングラスと顔の隙間から入った紫外線が眼球内に届きやすくなるため好ましくないともされる。


が、この言説に対しては、屋外の太陽光は濃いサングラス越しでも瞳孔を閉じさせるに十分だし、顔とサングラスの隙間から紫外線が入るのならば、同じ隙間から入る可視光線で瞳孔が閉じるので、現実にはほとんど心配する必要はないとする反論もある

川崎町の山中で遺体 蔵王で遭難の男性か

7/15(日) 19:05配信 東北放送

大阪北部の余震が続いていて不気味ですね。

15日01時59分ころ、地震がありました。
15日18時34分ころ、地震がありました。

地震には慣れていないので・・・・・
続きを読む

#-登山の熱中症予防- とその対策は?生理学を理解する。

1. 隠れ脱水とは?
国際山岳医大城和恵先生記事では、朝起きてから登山口から行動開始までに就寝時に脱水した水分を補給しておかないといけませんとの事。目安は朝食補給を入れて500ccを補給。



2. 脳梗塞・心筋梗塞の発症はいつ起きやすいか?
登山行動を開始して20分後に「衣服調整休憩・水分補給」はとりましょう。とらずに2ピッチ目に入った時に「隠れ脱水」対策などをしておかないと、真夏で発汗しているので発症する事例がある。



3. 登山行動中に水分が足りているかどうかの目安は?
国際山岳医大城和恵先生記事では、日常生活でのトイレに行きたくなる頻度と同様に近いくらいの間隔が正常であり、したくならない又は量がないのは水分不足であるととのこと。




環境保護のためには「携帯トイレ」の携行をしておくと、どこでもトイレが可能となり安心してトイレのことを考えずに水分補給ができるので携行したい。



4. 喉の渇きのタイミングは?
中高年は青少年とは生理学的に相違があり「喉の渇きの信号」が遅く「渇いた」時は遅いので早目の補給を心がけること。歩きながら水分補給できる「ハイドレーション」システムも良いかも知れない。



5. 生理学「身体の水分補給」の「浸透圧の仕組み」を理解する。
人の細胞は、0.9%の食塩水(生理食塩水)と浸透圧が等しく、これを等張液といいます。
体液よりやや薄い液体のほうが浸透圧によって、浸透膜から身体に補給され易いので「体液よりやや薄い飲料」が登山にはより向いている。


※参考引用サイト スポーツ栄養士 
盛岡 良行さんのサイト
以前から参考にしていますが1番よく出来たサイトで分かり易いと思います。図は盛岡さんのサイトからです。下記にリンク先あります。


浸透圧の働き

この濃度の薄い方(飲料水)から濃い方(体液)へ引っ張る力のことを「浸透圧」といいます。



・水は体液より薄いが体内の塩分濃度などが薄まり過ぎるので、逆に体が体液濃度を保つために排出するので体内に残りにくく登山には向いていない。


・お茶・コーヒーなどは体液より濃い濃度であるため、体内には吸収されにくく排出されやすいため「利尿効果」があるといわれる。ビールも含めて登山時には向いていない。


・「飲みにくい」「苦手」というだけでなく、自分に向いている飲料の工夫をすること。登山は「自分で考える」というのが大切です。



6. ハイポトニック飲料のほうが
アイソトニック飲料より登山に向いている?

スポーツ栄養士 盛岡 良行さんのサイト(超オススメ)
ハイポトニック飲料とアイソトニック飲料の違い&代表的な商品一覧 


 高山縦走など山小屋などでハイポトニック飲料がない場合は、アイソトニック飲料を2倍に薄めるかハイポトニック飲料の粉末を携帯すると便利です。
アイソトニック飲料はメーカー担当者は登山の場合は2倍に薄めるとよいとされます。


大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワンゼリーパウチ 200gx6袋
大塚製薬工場
2016-03-12


経験上、OS-1は本当に体に染みわたるというイメージで不必要なトイレもなく、筋肉の痙攣も起きにくいと思います。


7. 浸透圧の低い飲料は吸収が早い?

スポーツドリンクにおいては、塩分と糖分の2つの濃度が浸透圧に深く関わっています。
これらの濃度が低く、体液よりも浸透圧が低い場合は、腸での水分の吸収はスムーズに行われます。

浸透圧による腸管での水分子の流れ



7. 四季を通じての装備軽量化とは?
真夏の登山では5-6時間の行動時間以内でも1.5㍑以上の水分の携行。5-6時間の行動時間を超える行動は2㍑は携行したい。不必要な装備は軽量化し登山行動に支障がでないようにすべきですが「最低限度の装備や真夏の水分携行」を削るものではないということ。



レスキュー隊曰く「最低限度の装備や携行品の重さに耐えられないのなら登山はすべきではない」というのが登山の基本で必要なものを携行しない登山者がいるとの事。真夏は不必要な水分の場合は捨てられるので余裕を持ちたい。

登山の熱中症!百名山伊吹山で救急搬送!7/14

情報によると・・・7/14 百名山「伊吹山」で午後夕方近くに下山の女性グループのうち1名が「熱中症」にて3合目から救急搬送された模様です。


本日も猛暑のなか次々と1合目から頂上を目指す登山者が後を絶たないようですが、樹林帯を抜けた1合目からずっと「太陽の熱射」を浴びる登山道は我慢大会です。


全国では相当人数の登山者が軽い「熱中症」になっているのではないかと思います。
先日、エベレスト登頂を果たした「国際山岳医大城和恵」先生の記事はとても勉強になります。

猛暑の登山は疲労が招く遭難に注意 

なんかぁ人気があるのか、有料記事になってしまったようですが・・・・

#登山 の #不快指数 とは?

夏山でも高山ではアプローチから登山口、里山から県境地域の登山では、真夏は大変暑いもので大変です。では不快指数計算ではどうなのでしょうか?


keisan サイトによると
日本人では、不快指数75で約9%の人が、77で約65%の人が不快に感じるようです。


気温と湿度から不快指数を計算します。



不快指数


本日7/15 の関西大阪・京都午後14時では気温34度 湿度43% 不快指数は82.2

「GPS遭難防止」キャッシュ型オフラインGPSアプリについて

結論 あたかも完璧のように記事になるが「不正確」であり「真実ではない」SNSへのある特定のアプリの記事が最近特段に多いが、たぶんに商業主義的な印象を受けている。



・行動心理学「リスク補償心理」により今までは「地図が読めないので二の足を踏んでいた山域」に「GPS」アプリを頼りに入山して「リスクを高く」する傾向がある。



・登山のナビゲーションというのはアナログの「地図・コンパス」にしろ「キャッシュ型オフラインGPS登山アプリ」にしろ、随時「整置作業という・現在位置の確認をしながら進む習慣のない登山者」は遭難のリスクは高い。


 
・アナログの地図とコンパスの最低の技術があってこその「GPアプリ」最低道迷いをしない補助程度のもので、SNSへの投稿やルートアップには使えるが緊急時は使えない。



・なぜなら見通しの効く尾根筋は有効であるが、山深い樹林帯や谷筋ではスマホのアンテナが内蔵型であり、2018年の現状は改善する方法がないので中国の最新スマホ1機種以外はGPS受信が不正確、100-200メートルの誤差が生じる場合や作動しない場合がある。CPU精度の低い機種だと「現在位置」の特定をするだけで「大幅な電源消費」をしてしまいます。



・危急時にはレスキュー隊から「道迷い」でない事故などで見通しの良い尾根で「それではGPSアプリを見て現在位置の座標軸をお知らせください」と言われる場合がある「GPSアプリのどこに座標軸が表示されているのかどうかがわからない」登山者がおおく先進装備のある自治体のレスキュー隊はお手上げだそうです。



・今冬東北の雪山で「スマホ」を紛失した若い女性が地図と地形が読めず6日間遭難した、以前から地図やコンパス不携帯や読図能力のない登山者の「GPS」遭難が多発している。



・スマホ本体のGPS受信アンテナが内蔵のため改善のしようがなく、(通話受信も別の内蔵アンテナ)高度も計算に含めるiPhoneの1機種や「準天頂衛星みちびき対応」となっている「スマホの機種が最善」ではあるものの「みちびき対応といっても、精度がcmにまで計測できる、チップ」が内蔵されておらず開発が遅れている。2018年の現状は中国製スマホの最新機種のみで国内では販売されてないので今後の開発が待たれます。



登山のナビゲーション能力は「晴れた日」にトレーニングが入門ですが、ガスの中で訓練しなければ身につきません。

自衛隊の災害派遣制度

西日本の大雨災害での紹介記事ニュースかと思いますが、今年の冬に遭難救助で山形県知事が「雪山遭難」での深夜の遭難者の救助要請をされて結果は早朝県警ヘリでの発見でしたが「万事、山形県の救助体制は素早く、午後の日没寸前でも取り敢えず出来ることはやる」という迅速な対応で知事もよく「災害派遣」などの仕組みをよく理解されているという印象です。

自衛隊の災害派遣制度


他府県では2-3日で捜索活動の打ち切りをしたり、午後の場合は最初から対策をしない又はできないとか二次遭難防止は1番大事ですが果たして「自衛隊の災害派遣要請制度」を知事が知っているのか?しようとしたのか?各県の自治体によって「救助体制」や「救助能力」は「費用や携帯の発信電波による探索装置の設置の有無やマネジメント能力」によって一律ではなく大きく差異があります。


この夏3連休を迎えていますが、遭難のないことをお祈りいたします。全国一律ではない救助体制ということも「知っておくべき大事なこと」不便なところは「準備も徹底しましょう」。
東京オリンピックまであと
富士山 山中湖ライブカメラ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

健康管理バイオリズムの計算
著作権・免責について
【著作権について】
ブログ・ホームページに掲載されている画像等の著作権は、「山旅天空倶楽部」または画像等の提供者にあります。無断で転用・引用することを禁じます。

【免責について】
当会のブログ・HPで公開する情報は、正確を期して提供しておりますが、誤植や不完全な記述が含まれる場合がありますのでご容赦下さい。
情報活用にあたっては自己責任において、事実等を再度確認の上、ご判断いただきますようお願い致します。
お願い
IPアドレスを記録していますので、嫌がらせなどはお止め下さい。またウィルス感染防止のため、匿名のメール等には返信致しませんのでご了承の程お願い致します。
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ