㈳日本山岳ガイド協会所属登山ガイドのブログです。
ご興味のある方は 山旅天空倶楽部HPhttp://essred.com/tenku_club/ まで

コロナ禍に何を思う「あなたの力で私は頂に立てる あなたの力で嵐の海も進んでいける」

DSC_0232




When I am down and, oh my soul, so weary
When troubles come and my heart burdened be

望みを失い心の底までなえたとき
苦しみでこの胸がつぶれそうなとき

Then, I am still and wait here in the silence
Until you come and sit awhile with me

わたしは静かにここに立ち止まり
貴方が来て傍らにいてくれる時を待つ

You raise me up, so I can stand on mountains
You raise me up, to walk on stormy seas

あなたの力で私は頂に立てる
あなたの力で嵐の海も進んでいける

I am strong, when I am on your shoulders
You raise me up to more than I can be

あなたが支えてくれる時私は強くいられる
あなたの力で私は超えていける


コロナ禍、そんな時代もあったね あんな時代もあったね めぐる めぐるよ 時代は巡る 



20090726

8/15今朝の「赤富士」はピーカン

2020年の真夏は水蒸気がおおいのでスッキリはしませんが・・・・・

getcurrimage (1)

赤富士らしくなってきましたが・・・

getcurrimage (3)

getcurrimage (2)

getcurrimage

山中湖観光協会サイトのベストショットの赤富士は2009.07.16

20090726

いいところです。

続報 滝から人が転落 ロッククライミング中の男性 頂上から滑落か 呼びかけに応じる

西米良村で男性登山者が行方不明・宮崎県



ご無事をお祈りします。

東京都民はまったく通常通り?生活?

今年のコロナ感染症については、全国、地方、田舎、都会で「感じた方に温度差」があるようです。大阪もそうですが・・・・・

DSC_0235

国民の半分以上は経済的にもなんら傷んでなしい、世論の盛り上がりに欠けるのはそんなところと理解していましたが「本日、東京の妹に都民の動向を尋ねると」感染防止の基本は当たり前に「自宅から通勤、会社」と「消毒からディスタンスに至るまでもう完全に習慣となっていて、雰囲気はそれが当たり前であり生活から仕事までごくもう普通だそうです」感染者数も「そんなにはもう誰も気にしていない」ニュアンスだそうです。

DSC_0230

報道で作られている印象とは違い「生活者としては大半の方は、バランスをとって生きていくことを学んでいる様子です」閉じこもってはいられないということでしょう。ある意味元気な妹家族を聞くと安心しましたが、もう世の中は「バランスをもって前に生きていく」というスタイルです。

しかし失職して10-20%の地獄の生活に落ちている方がいるのは紛れもない事実ですので大変ですね、感染もかかれば後遺症もありどうかと思いますが「集団心理」としては自治体・政府・個人も「いくら増えようが前に」という感じですね。


C.Wニコルさんの遺言のように「バランス」強制隔離が出来ない以上、「バランス」をとってウィルスと上手に付き合うしかないのでしょう。なにか吹っ切れました。

東京都で新たに206人感染→10日の検査1/3 1698件



ERDJ_1-VUAIe7DY

昨日は9日検査1000件ちょっとの結果で222人、大阪ですら9日検査は1730件、10日は1009件、東京検査の11日は3785件、これが明日発表。

ニュースデータとしてはまったくお話のテーブルに乗らない集計体制というのは改善されませんねぇ・・・・・本日は3日前の1698件、休みの間は検査は減らして・・応援体制は一切組むつもりがないのでしょう。

これでは登山ででかける判断が「休日が続く限りは」判断材料がないということ。「少ないとか減ったとか」の文言を使用してはいけないと思うのですが。

明日が11日火曜日の結果ですが「検査はふえているのか」今度は集計する側が休みだからという理由がつくのでは盆明けまでは「傾向不明」ですね。

山の遭難は「コロナ感染」「交通事故」より実数は少ないものの「行方不明」だけは避けたいもの

言い換えればコロナ感染は「山岳遭難事故」ゆくゆくは「交通事故」よりも発生実数が高い災厄となりますね。

山の遭難者は年間毎年約3000人で約300名行方不明死亡ですから、コロナは現在51427人が感染して1066人の死者となっており登山の遭難より年間の実数は高くなっています。

正確な確率計算は登山者に対してだから正確ではなく、コロナ同様全国民計算でいくとという仮のお話ですが、登山人口は約600万人だから1憶2000万人人口の20倍計算だと6000人死亡だから本当は3つでも1番危険なのですが・・・・・。


5101809


コロナ感染よりまだ実数が高いのは「交通事故」ながら追いつけ追い越せで、このままの推移ですと来年の3月までの1年間ではコロナ感染が上回るでしょう。

DSC_0214

交通事故は、「自動ブレーキ」とか「車線保持」とかバックカメラや自動運転まで「安全装置」が車につけられて「ブレーキ踏み間違い」から「あおり運転」まで報道がよく取り上げて「車会社」も宣伝に躍起であたかもものすごく交通事故が多発しているような印象です。

DSC_0232

が、実は一時期交通戦争と呼ばれた年間15000人を超えていた交通死亡者も「警察庁が様々な努力によって最盛期の1/5、死者3000人にまで激減していると白書に書くくらい減っています」

商業主義的に「増えている錯覚や煽り運転など法律改正など話題にしてもらわないと、車会社が困るので政治的な忖度は間違いはないですね」「路上で殴られている運転者など30年前から何度も見かけていますので今に始まったことではないです」

299306d5-s


それでも登山の遭難事故は非常に特殊「登山者が減っているのに死亡者は増えています」「車が減っているのに交通事故が増えることはなく、ウィルスが減っているのにコロナ感染が増えることもありません」

DSC_0199

1番の特徴は「行方不明者」がでるということです。7年間の失踪扱いとなるために「相続が発生しません」「死亡保険金は支払われません、保険料の支払いは残ります」「ローンは失踪で残ります」現役は会社は「無断欠勤」で解雇のため「慰労金・退職金」は支給されません。

交通事故やコロナだと「保険に入っていれば、支給され」家族には迷惑を最低限度、かけないでしょうが「山の行方不明」は最低・最悪の事態を引き起こします、確率は低いといえど恐ろしいものなので、ある意味「コロナ・交通事故」よりまずいですね。

こんな事故は「山岳遭難事故」だけです。

令和元年の交通事故負傷者 461775人        死者3215人 
令和2年のコロナ感染者  51427人         死者1066人
令和元年の山岳遭難者数  2937人   死者・行方不明者 299人

『渓流釣り』中に遭難か 静岡県の70歳男性が死亡 川の中で発見 同行者おらず



これは病死でしょうか?「熱中症か?」それにしても意外にコロナ以外で命を落とす方がおおいことか?確率は「日頃の自分の行動によるものの方が、コロナの確率より高いのかも知れません」

屋外でも「3密」回避を 登山時の新型コロナ対策 日光の国際山岳医 梶谷さんに聞く




img_1a75cd19991feacdcb44923063f8502d256538

正論? 東京都医師会・尾崎治夫会長が激白「国民の命が侵されるならば、たとえ安倍総理でも意見する」



※AERA 2020年8月24日号記事より 頼んます!会長!


BB17TaXC

関東甲信中心に今日もにわか雨・雷雨?(200813)

結論は13-14-15と東北・北陸・関東甲信は残念ながら、登山日よりではありません。コロナ禍ですからご自宅で過ごすのが正解でしょう、遅いですが・・・・・・。

西日本は暑すぎてこれまた「熱中症」注意です。


実況200813

8132f30f (1)

まずは上段の図・・・地上の空模様の骨格にあたる上空の気圧配置。

 空模様の骨格は大きく変化しないにも関わらず、重箱のスミを突くように悪天パワー(地上の低気圧や雨雲を活発にするチカラ)を持った上空の気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)や、好天パワー(地上の高気圧や晴天域を強めるチカラ)を持った上空の気圧の尾根(水色の点線:偏西風の北側への蛇行域)をタップリ描き込んであります。

 正直描き込みすぎなんですけど、もし自分が小さなヨットで航海に出るとしたら・・・
 初めての3000m級の山に登山道以外のルートで登るとしたら・・・

 普段なら完全にスルーしてしまうような上空の浅い気圧の谷でさえ気になってしまうはず。
 そんな気持ちで天気図を見ているのでついつい・・・です。

 で・・・今日、複数の上空の気圧の谷の中でKasayan的に気になるのは関東甲信付近を通過する上空の気圧の谷(ピンクで塗り分けてあります)。
 上空の太平洋高気圧直下にあって本来なら大きな影響はないはずですけど、タップリの暖湿気=雨の原料が流れ込んでいる状態で・・・さらに気温が上昇する状況では、なにかしらの影響があるはず。

 で・・・このような空模様の骨格に対応して地上では・・・下段の図・・・実況でチェックしたように、(九州付近の高気圧・・・天気図上からは消えてしまいますけど高圧部は存在)熱帯低気圧から東日本付近にかけては気圧の鞍部になっていて、強い暖湿気(上空約1000m 345K以上:この夏 特に着目して動向をチェックしています)の通り道になっていることが分かります。

そして上空の気圧の谷(ピンク)の通過に伴い日本海側から太平洋側に潜在的な前線帯(黄色の細い点線)が南下。
 昨日同様、関東南部ににわか雨又は雷雨と思われる活発な降水域が予想されています。


相当温位200813

これは上空約1500mの暖湿気の様子。

 上空約1000mの暖湿気と異なり、潜在的な前線の南下とともに強い暖湿気の流入域も南下することが明瞭に予想されていて・・・ 東北南部に流入する乾燥空気(白いエリア)との間で潜在的な前線の活動が活発化することがイメージされます。


5e540df2

5e540df2 - コピー

白山・中央アルプス・八ヶ岳など中級山岳山域も雨

5e540df2 - コピー (2)

北アルプスなど3000mは雨

これは関東甲信地方13時の各高度毎の風の流線を降水域と照らしながらザックリと考察したもの。

 上空の太平洋高気圧のコアに覆われ、雨雲が発達しにくい状況ではあるものの・・・
 昨日とほぼ同様の暖湿気が流入しているとともに、雨雲を押し流す上空約3000mの風が風速10m/s前後あって、関東平野南部に雨雲が流出しにくいとは思えません。

 ここは昨日ほどではないにしても、関東平野西部で発生した雷雲が利根川、荒川、多摩川に沿って東南東進し、平野部でも局地的に雷雨になる・・・と考えておくのが良いと思いますが・・・どうなりますやら?
 (もちろんレーダー等で実況重視)

太平洋高気圧とチベット高気圧のダブル高気圧で猛暑になっている」という解説を数回耳にしたのですが・・・

安易に勉強も下調べもせずに、テレビ解説をしている「気象予報士」に対する警鐘というか皮肉というかコロナもそうですが「知ったかぶりで解説されると」そうなんだと思う素人にとってはやはり「情報のリテラシー」というのは危ういものですね、先生!。

溝手弁護士先生とKASAYAN先生は「知ったかぶり」をせずに真正面から色々と考える姿勢に大変共感を覚えるお二人、業界は違いますが大好きですね。

EfIG_SxU8AA7jnn


気象庁のお天気相談所に電話をしてしまいました。

 その答えは・・・
 「300hPa以上の高気圧は天気図上にHスタンプが大陸と日本付近の2か所に記されていたとしても高気圧の範囲は全域チベット高気圧に覆われていると判断する」
 「300hPa以上の高度の高気圧を太平洋高気圧とは呼ばない」
 そしてこの点について「明確な基準はない」

 ・・・ということでした。

 そこで、大陸と日本付近それぞれのHスタンプの周囲に高気圧性の時計回りの循環があったとしても、日本付近の高気圧を”背の高い太平洋高気圧”とは呼ばないんでしょうか?と尋ねると・・・

 その答えは・・・
 「中国大陸と日本付近にそれぞれHスタンプがあって、それぞれに高気圧性の循環があったとしても、大陸の高気圧が優勢であれば、日本上空の高気圧性の循環も含めてチベット高気圧と呼ぶ」
 ・・・とのことでした。

 さらに、大陸の高気圧が優勢あるいは優勢でないという判断ができるのなら、日本付近の高気圧とチベット高気圧の範囲の区別はつくんでしょうか?と尋ねると・・・

 再度「明確な基準はない」とのことでした。

 様々なご意見があると思いますし、お天気相談所の相談員の方の回答も(十分に検討しつくされた)気象庁の公式な見解ではないでしょう。

遭難者救助中の警察官が倒木でケガ…愛知・豊根村 ヘリによる風が影響か




るりとらのお

たまに発生しますね、油断すると危険です。

「オオキツネノカミソリ」ヤマをオレンジ色に染める

2年連続で参りました、大栗山のオオキツネノカミソリ「白狐騒ぎのあったところ」

CBCニュース
富士山 山中湖ライブカメラ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

健康管理バイオリズムの計算
著作権・免責について
【著作権について】
ブログ・ホームページに掲載されている画像等の著作権は、「山旅天空倶楽部」または画像等の提供者にあります。無断で転用・引用することを禁じます。

【免責について】
当会のブログ・HPで公開する情報は、正確を期して提供しておりますが、誤植や不完全な記述が含まれる場合がありますのでご容赦下さい。
誤植のご指摘には訂正いたしますが、直接のご返信などはウィルス防止のため致しませんのでご容赦下さい。
情報活用にあたっては自己責任において、事実等を再度確認の上、ご判断いただきますようお願い致します。
お願い
IPアドレスを記録していますので、嫌がらせなどはお止め下さい。またウィルス感染防止のため、匿名のメール等には返信致しませんのでご了承の程お願い致します。
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ