㈳日本山岳ガイド協会所属登山ガイドのブログです。
単独登山女子、中高年の方まで「ひとつひとつの山行を充実したものにしたい」そんなあなたのお手伝いをします。引率経験は1000回1000日を超えました。

ご興味のある方は 山旅天空倶楽部HPhttp://essred.com/tenku_club/ まで

猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

2019/01/18 19:32 毎日新聞 

暖冬の太平洋側では考えられないことです。
本当に今年は20年間のうちでも一番暖かい日が続いています。

三浦雄一郎さん南米登山計画を変更 体力温存、一部ヘリ利用 #三浦雄一郎 #アコンカグア

三浦雄一郎を支える登山隊、息子、現地ガイドと強力なサポート体制です。
特にここ6-7年ずっと見ていた雄一郎の以前からの専属ドクター「国際山岳医」の大城和恵さん。自身も昨年エベレスト登頂を果たしていて山岳医活動には頭が下がる女医さん。

テレビのニュースにも雄一郎の息子、豪太さんとならんでおり信頼感の厚さが感じられてとてもほほえましい姿は「成功」を感じました。いやあ尊敬します。

lif19010921090025-n1[1]


サンケイデジタル
毎日新聞 医療プレミア 大城和恵
日本登山医学会 国際山岳医 トップ大城和恵

kazueoshiro[1]

大城和恵さんプロフィール

公式ホームページ:https://kazue-oshiro.com/



86歳三浦雄一郎さん 南米最高峰へきょう登山開始



2019年1月18日 4時25分 NHK 

年でもやれるんだというのは、専属一流ドクターと一流スタッフ同行と家族の協力とサポート、資金力・スポンサーがあってこそのもので「勘違いする中高年」がいるのが怖いことです。

親子3代の強靭な体躯と過去の実績があってこそのことです。
年をとってもチャレンジが可能ですが、対象とする目標をとり違えないようにしたいものです。

「天皇陛下御在位三十年記念式典」歌声の響き



2月24日に東京・国立劇場にて行われる「天皇陛下御在位三十年記念式典」にて、天皇陛下が作詞、皇后陛下が作曲した楽曲が歌唱される。



だんじゅかりゆし歌声の響き

見送る笑顔 目にど残る

だんじゅかりゆしの 歌や湧上がたん

ゆうな咲ゆる島 肝に残て


両陛下が初めて沖縄県を訪れた際、40年前のハンセン病療養所を訪れたときのことを歌に
されたもの。



私たちの旅の安全を願うだんじよかれよしの歌声が響き、

見送ってくれた人々の笑顔が、いつまでも目に残っています。

私たちが立ち去ろうとするとだんじよかれよしの歌声が沸き上がりました。

ゆうなの花が、美しく咲いている島の人々のことがいつまでも心に残っています。

だんじよかれよしの 歌や湧き上がる


ユーチューブ凄いですね「あっという間にすべて削除されました」著作権の関係ですね。


Not one ounce of regret in thy life!!!!         わが生涯に一片の悔いなし!!




北斗の拳が好きだった大相撲「稀勢の里」の引退の言葉で話題に・・・

3867253_p0_master1200[1]



【那須雪崩事故】事前検査受けず雪上登山 「冬山でなく秋山」と釈明 #登山 #雪山 

下野新聞 

同県教委によると、同部は18年11月23、24の両日、北アルプスの燕(つばくろ)岳(2763メートル)で登山を実施。教諭が計画して生徒を引率し、登山道の一部に雪がある中、山頂に登ったり、幕営をしたりした。

えっ事故を起こした あの教諭?リーダーとしてまだ生徒を引率して11/23-24の燕岳冬山に、ごまかして行った?とおもいきや、違ってましたね那須事故の事故調査委員会の委員だった長野県の教諭ですね。

あーびっくりしました。下野新聞が長野県のニュースを発信したので栃木県と思い込みました。

有料山岳救助は昨年6件、埼玉 全国初条例、手数料総額35万円

1/16(水) 20:16配信 共同通信

岐阜県内の山岳遭難65人 昨年まとめ、過去10年で最少

1/16(水) 7:49配信 岐阜新聞 

『遭難者の減少は大型連休など登山者の増える休日の天候が安定していたことや、登山届の提出が定着してきたことなどが要因とみられる。」

上記の記事については隣県の長野県と山梨県などと同じ状況にも拘わらず他県では「過去最高」の事故数を記録していることを考えると、一部は当たっているものの分析は外れているのではないかと思います。


よくは分かりませんが「80代のマナスル世代と70代の百名山世代の世代交代とともに、この世代の好むマニアックな山の多い岐阜県は登山者数自体が減っているのではないかと、個人的には思います」SNS流行でのインスタ映えのする山と雑誌が煽る山は、印象的には長野県・静岡県・山梨県の方が圧倒的ではないかと思います。


このSNS取り上げの数字的な検証と各県の登山者数の増減についても、検証するところがありませんのでまったくこの手のニュースは実態は不明です。この統計と検証に費用をかける自治体もないし業界団体も皆無であるところから実証はできておらずあくまでも、個人的な感想とイメージに留まります。


天候が悪すぎると「登山者は減り」天候が良いと「登山者は増えて事故はおおい」ので「天候が良かったからというのは、気象遭難のイメージだと思います」冬山は天候が安定しているほど事故は少ないのは間違いはないと思いますが、グリーンシーズンは逆ですね。


遭難時のニュースの冒頭はかならず「登山ブーム」の陰でというコメントで始まりますが、関東・東海のみのお話しです、関東・東海の業界関係者はわかないのが地方のことですね、これはすべてのことに共通です。


全国地方の登山用品店の閉鎖と統合「ショッピングモールやスポーツ店での山道具の売り場面積はここ5-6年で激減」「地方温泉地の登山口の茶屋などお店の閉鎖やさびれ方、旅館・ホテルの撤退」「山小屋ではめっきり、ここ5-6年でツアー登山が減ってきたという印象を話されます、ある旅行社だけは増えていますが」ということで「登山者は全国的には世代交代とともに減っているのに、遭難事故が増えているのが問題」だと思います。

御嶽山噴火を3D映像で再現「火山防災に活用を」 #ヘルメット #火山登山 #登山装備 

2019年1月15日 19時18分 NHK 

火山災害防止についてのニュースを見る度の感想は?
下記の東京消防庁作成の動画と内閣府の「登山者努力義務」文書の通り登山者は「準備として火山登山の場合はヘルメット着用とマスク携行」と情報収集をしましょうとなっています。


残念ながら2018年のたくさんの全国の「火山登山」でヘルメット着用者はこちら以外は0人に近いのです。爆発は常に想定外で済まされますがこれでは「御嶽山」「草津白根山」の繰り返しはやむを得ませんね。


行動心理学の「正常バイアス」「自分は大丈夫」「防災のアピールが火山登山はヘルメット着用をしましょう」と登山口で表示があった火山はこれまた0山です。


防災担当も「まさか地元では爆発しない」とこれまた「正常性バイアス」心理が働いているからでしょう。表示がこれだけ全国の火山の登山口でまったくないということが驚きです。


ヘルメット着用しているこちらが「なんでしてるのか?」「どっか岩場にロックにいったのか?」とか「ヘルメット隊や」とかヘラヘラ笑われるだけでした。この先まったく改善される気配もない日本のリスク管理は先祖から苦手な分野ですが駄目ですね。御嶽の教訓を生かさない登山者は「まぁ死んだら自業自得で同情の余地はない」ということでしょう。




内閣府登山者努力義務

欧州各地で続く悪天候、雪崩関連の死者16人に

CNN 

スイス南部のスキーリゾート、ツェルマットでは先週、大雪と停電でリフトなどが停止し、推定1万3000人が身動きの取れない状態」凄いことですね。

「情報操作かどういう意図か」はわかりませんが、
中国・韓国のニュースばかり垂れ流すテレビ局もこういうニュースを取材してもらいたいものです。

物凄く最近はSNSで調べたものを流用するニュースばかりで「取材費」のカットと出演費用の安いタレントばかりの番組だらけでもう「テレビ局は終わっていますね」


昨日の成人式も東京の新宿区の成人者のうち「外国人が半分」というのも新しいニュースの印象でしたが、昨年に続きです。抵抗感をとるためか?インド人やインドネシア人を取材していましたが、本当はいまや中国人がほかの3-4区も半分になろうとしているので、大変なことです。これも情報操作に感じられました。

東京オリンピックまであと
富士山 山中湖ライブカメラ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

健康管理バイオリズムの計算
著作権・免責について
【著作権について】
ブログ・ホームページに掲載されている画像等の著作権は、「山旅天空倶楽部」または画像等の提供者にあります。無断で転用・引用することを禁じます。

【免責について】
当会のブログ・HPで公開する情報は、正確を期して提供しておりますが、誤植や不完全な記述が含まれる場合がありますのでご容赦下さい。
情報活用にあたっては自己責任において、事実等を再度確認の上、ご判断いただきますようお願い致します。
お願い
IPアドレスを記録していますので、嫌がらせなどはお止め下さい。またウィルス感染防止のため、匿名のメール等には返信致しませんのでご了承の程お願い致します。
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ