2018年12月05日 09時45分   Hzard lab

今日の焼岳

※抜粋

長野と岐阜の県境に位置する北アルプスの焼岳(やけだけ)では昨夜から山頂の東の海面下約3キロを震源とする地震が急増していると気象庁が明らかにした。

気象庁 焼岳 火山の状況に関する解説情報第13号

 

 焼岳では先月22日以降、山頂付近の海面下約3キロを震源とする地震活動が活発化していて、24日には発生回数が1200回を超えた。4日午後8時ごろからは、山頂の東約2キロ付近で海面下約3キロのやや深いところを震源とする地震が増加しており、午後7時〜0時までの5時間に67回、5日は午前9時までに12回観測されている。