「アンドロイド・登山ユーザー」参加型の「山の携帯電話」の電波の受信状況をサイトに登録することでマップで共有して便利に参照し役立てようというものです。

「知っているか否か」は「遭難事故の際の通報手段として役に立つ一つのものでしょう」携帯基地局の増設や4GLTEなど今後の技術開発なども見込まれますが、世情としては「携帯電話料金の引き下げ」「中国電話の躍進」「人口減少」など事業者の商業環境は厳しく「東京オリンピック」までは開発など進むものと思いますが、以降は「携帯電波の受信状況」「携帯電源の大幅な改善」などは不明確。

「中国電話についてはよくわかりませんが、各種スマホアプリとは色々連携的には一部良くない面もあるようで巷の政治的な噂と同様、安さで選択すると登山の補助活用としてはよくないみたいですが・・・わかりません」

登山の出発前にちょっとだけチェックして受信できる箇所だけは「ちらり見」して地図に印をしておくと良いのかも知れません。

山の電波地図 

山岳地図アプリ「山旅ロガー」「地図ロイド」など長年愛用していますが、利用者については便利なのかも知れません。