伊吹山の人

「親を思うこころにまさるおやごころ けふのおとずれなんときくらん」