BB19Qn4p


1. 専門家は70代以上の感染経路を警戒しなさいという。
2. 国と自治体はGOTOキャンペーンで経済活動をしようという。
3. 医療体制側は医療体制維持優先の姿勢「検査体制の拡充」をしない。
4. 高齢者は「宿泊予約サイト」を予約しまくり。
5. 若い世代は近郊を中心に「GOTOイート」に殺到して大阪1回目は10万件売り切れ。
6. 登山者は山に殺到しているのか?
7. 真面目な方は自粛が続き体力・気力が低下している。

登山での感染はGOTOキャンペーンで始まったときから、先日の佐賀県発生でもわかるように感染者はでていているので「登山中に発症したか?帰宅後に発症したかは長くて2-3日登山、だいたいは1-2日なので確認のしようがなく、まったく不明」問題は無症状の発症者が登山することですが不明。

困るのは佐賀の事例のように「発症者が旅行中に仕事の同僚の発症がわかり、検査で陽性になった場合居住地でない佐賀で入院」となるように遠方で拘束されることですね。

「🙈・🙉・🙊思わざるとはいかず、引き続き3密の人混みには行かない事、多人数の飲食・飲み会、国際線の解除などどんどんオープンになる中での対策は厳しいですね。