三島由紀夫が切腹した日、中学校の国語の授業始まりで「倒れんばかりに駆け込んできた国語の女教師が、たったいま三島由紀夫が割腹自殺しましたと泣き崩れたのを、衝撃的に感じました」映像の三島由紀夫の感想は「綺麗な日本語をしゃべる方だなぁ」と思いましたがいい番組でした。

[NHK総合1・東京] 2020年11月26日 午前0:50 ~ 午前1:40 (50分) 再放送
没後50年となる作家・三島由紀夫。「天才作家」という一面に加え、劣等感や嫉妬など「弱い人間」としての一面も。美輪明宏さんらへの証言から知られざる素顔に迫る。

没後50年となる作家・三島由紀夫。『命売ります』のヒットなど、今も世代を超えて注目を集めている。その生きざまからは、「天才作家」という一面に加え、劣等感や嫉妬など「弱い人間」としての一面も。同級生が語る幼い頃の姿、美輪明宏さんが語る素顔、ノーベル賞をめぐる知られざる確執、そして、晩年の東大全共闘との対話で語った一言など…三島を身近に見てきた人たちの証言から知られざる素顔に迫る。

 最近は骨のある「日本人」をみかけることが少なくとても残念ですね。