㈳日本山岳ガイド協会所属登山ガイドのブログです。
ご興味のある方は 山旅天空倶楽部HPhttp://essred.com/tenku_club/ まで

山菜など山の食材

ミックスナッツのペペロンチーノ

logo


山と食欲と私 PROJECT

山と食欲と私

山と食欲と私 最新55話




🍄狩りの注意情報です。

今年の秋は「キノコ狩り」で山中で滑落して亡くなられる事故が多発しているようですが、キノコを食べる行為でも食中毒が多発しているようです。

厚生労働省 毒キノコによる食中毒に注意しましょう 

政府広報オンライン 「毒キノコにご用心」

厚生労働省 「自然毒のリスクプロファイル」 

先日富士山の5合目ではキノコ採りでたくさんの方が山に分け入ってましたが、篭を売ってた小屋のご主人曰く「8割は毒だな」・・・・・
「えっ見分けてくれるのですか?」
「暇な時にたのまれりゃあ・・・・・」
「えっ、大丈夫すか?」
「えへへ」
「( ゚Д゚)」・・・・・・・・


  自然の事を見分ける難しい順番は鳥の声のききなし<お花<樹木<キノコの順で1番難しいのがキノコで手がだせませんね。
 

例年長野県では9月から10月にかけて、誤って有毒きのこを食べたことによる食中毒が発生しており、そのほとんどが家庭で発生しています。

次の3つのポイントに注意して、有毒きのこによる食中毒を防ぎましょう。


1 知らないきのこは採らない、食べない、売らない、人にあげない!


2 きのこの特徴を完全に覚える。

3 誤った言い伝えや迷信を信じない


安全でおいしいきのこだけを覚えましょう。


その際、よく似た毒きのこの特徴と比較しながら、確実に鑑別できるようにしましょう。


「柄が縦に裂けるきのこは食べられる」、「ナスと一緒に煮ると毒消しになる」といった言い伝えは、誤りです。

種類ごとの特徴を覚え、確実な鑑別をした上で野生きのこを楽しみましょう。
 

「スイセン」を食べて食中毒に 有毒植物の誤食で厚労省が注意呼びかけ

 THE PAGE THE PAGE ニュース引用 長野県伊那市内の小学校で5月6日、誤ってスイセンの球根を食べた児童ら11人が食中毒になりました。

県内では4月以降、スイセンやバイケイソウなど有毒植物を誤って食べた食中毒が3件連続、患者が17人に上ったため県は5月7日、
「有毒植物の誤食による食中毒注意報」
を全県に発令しました。

いずれも食用の野菜などに似ている有毒植物の誤食によるもの。同様の食中毒は全国でも多発、死者も出たため厚労省は3日、各自治体に注意を呼び掛けました。

長野県によると6日午後2時ごろ、長野県伊那保健所に伊那市内の小学校から「ノビルと思われる植物を食べた児童たちがおう吐、吐き気などの症状になった」と連絡がありました。

同保健所で調べたところ、児童らが校庭に生えていた「ノビル」と思われる植物を採取。同日の昼食時に球根部分を学校の電子レンジで加熱して食べたところ、午後1時前ごろから児童10人と教職員1人がおう吐や吐き気を訴えました。

 採取場所には食用のノビルと有毒植物のスイセンが混在して生育しており、同保健所は症状などから誤って採取したスイセンを食べたための食中毒と断定しました。児童らは快方に向かっています。

 同県内では5月2日にも木曽保健所管内で有毒植物のバイケイソウを山菜のオオバギボウシ(地方名ウルイ)と間違えておひたしにして食べた2人が食中毒になりました。

また4月24日には、中野市で自宅の庭に混在して生えていたニラとスイセンをニラせんべいにして食べた男女4人が、スイセンによる食中毒になり、翌日医療機関から通報がありました。

  厚労省によると、同様の食中毒は次のように全国で発生。

▽尼崎市で3月4日、スイセンを食べた10人が吐き気、おう吐、下痢、腹痛
▽石川県の販売所で3月6日、農家がニラと誤ってスイセンを出荷し、食べた4人が吐き気、頭痛、おう吐
▽山形県で3月30日、自宅の庭のスイセンをニラと誤って採取、調理して食べた1人が吐き気、おう吐
▽熊本県で4月3日、自宅の庭のスイセンをニラと誤って食べた4人が吐き気、下痢、おう吐

 さらに福島県(4月6日、バイケイソウで1人)、宮城県(4月7日、バイケイソウで2人)、山形県(4月9日、スイセンで2人)、岐阜県(4月10日、ハシリドコロで2人)、北海道旭川市(4月21日、イヌサフランで2人、うち1人死亡)、秋田県(4月23日、トリカブトで1人)と続発し、昨年同期比で倍増しました。このため3日、都道府県に文書で注意を促しました。

死者が出た旭川市の例はイヌサフランをギョウジャニンニクと間違えて食べたと見られています。

ハシリドコロの食中毒ではけいれん、瞳孔拡大、意識障害などの重大な症状がありました。

  山好きにはいろいろとお好みが違います。
昔からよくいわれる「かべや」(ロッククライミング)「さわや」 (沢登り専門)に代表されますが、これに百名山などの「ピークハンター」最近はやりの走りや一筆書きに代表される「トレラン」花好きの「花組」温泉好きの「温泉組」この他「酒組」「樹木・動物好き」などなどの組み合わせです。

これに 山菜好き「山菜組」、特に早春から初夏にかけては山菜の季節ですね、山の恵みは有難いですが気をつけないといけませんね。

1番、見分けが難しいのが「きのこ」2番が「山菜」3番が「鳥」
4番が「樹木」 5番が「お花」といったところでしょうか?
見分けがつかないと生死にかかわるのが「きのこと山菜」です。 


 
東京オリンピックまであと
富士山 山中湖ライブカメラ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

健康管理バイオリズムの計算
著作権・免責について
【著作権について】
ブログ・ホームページに掲載されている画像等の著作権は、「山旅天空倶楽部」または画像等の提供者にあります。無断で転用・引用することを禁じます。

【免責について】
当会のブログ・HPで公開する情報は、正確を期して提供しておりますが、誤植や不完全な記述が含まれる場合がありますのでご容赦下さい。
誤植のご指摘には訂正いたしますが、直接のご返信などはウィルス防止のため致しませんのでご容赦下さい。
情報活用にあたっては自己責任において、事実等を再度確認の上、ご判断いただきますようお願い致します。
お願い
IPアドレスを記録していますので、嫌がらせなどはお止め下さい。またウィルス感染防止のため、匿名のメール等には返信致しませんのでご了承の程お願い致します。
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ