山とカメラと二人旅

大和の国の始まりの地、奈良県桜井市在住のシニア夫婦が、旅行や登山の写真紀行と、大和の四季の風景などを綴ります。

新春の龍王山登山(568m) 2020年1月13日(月)

零和2年の初登山に昨年と同じ龍王山に登りました。
何時もは長岳寺コースから登っていますが、今回は初めて崇神コースから登ってみました。

山の辺の道沿いの崇神天皇陵を見ながら進みます
9335
少しまわり道をして、崇神天皇陵の外濠を歩きます。

遠く、金剛、葛城、二上山が見ます
9341
山の辺の道との分岐 龍王山山頂4Kの標識があります
9344
谷川に沿ってなだらかな道を行きます
9349
谷筋を離れて進むと、石仏が建っています
9351
山頂まで2キロの標識
9353
この辺が龍王山古墳群(古墳時代後期) 山道の脇に、大きく口をあけた石室
9354
下山途中の方が山頂は風が強いと言われたので、日当たりの良い所で、昼食をすませる。
急な階段道を上がり、林道と合流する
9357
柳本龍王社の道を進む
9360
12時半に中世の山城、龍王山南山城本丸跡の山頂に着きました。
二上山~信貴山~生駒山の稜線が一望できます
9363
金剛~葛城山の山並みと、奈良盆地が広がり、大和三山が浮かび、右下には先ほどの崇神天皇陵と箸墓などの古墳が見えます。
9374
展望を満喫して下山します。
下山途中で、長岳寺の奥之院の不動明王(鎌倉時代末期)に立ち寄りました。
思っていたより、優しいお顔の不動明王様でした
9383
長岳寺へのコースに合流して2時半頃に下山しました。
崇神コースは登山者が少なくて静かで、中間点まではなだらかで歩きやすいコースでした。

吉野山 金峯山寺蔵王堂と吉野神宮 初詣 2020年1月1日(水)

明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いいたします

令和初めての初詣に吉野山の金峯山寺蔵王堂と吉野神宮に行きました。

清々しい青空に堂々とした金峯山寺蔵王堂
0002
初詣の参拝者が列をなす吉野神宮
0007
家内安全と災害の無い穏やかな年になりますように祈願しました。

続きを読む

飛鳥川 紅葉  2019年12月12日(木)

「絶えず行く 明日香の川の淀めらば 故しもあるごと 人のみまくに」等の万葉集に多く詠まれている飛鳥川。

奥明日香  飛鳥川の清流を覆う、もみじの黄葉
9319
時折吹く風で、もみじの黄葉が清流に散ります
9314.JPG-2
散りもみじの舞
9258
飛鳥川の散りもみじ
0025
飛鳥川  散りもみじの舞
0026
飛鳥川の清流に散りもみじ
0048
晩秋の静かな飛鳥川でした。
ギャラリー
  • 新春の龍王山登山(568m) 2020年1月13日(月)
  • 新春の龍王山登山(568m) 2020年1月13日(月)
  • 新春の龍王山登山(568m) 2020年1月13日(月)
  • 新春の龍王山登山(568m) 2020年1月13日(月)
  • 新春の龍王山登山(568m) 2020年1月13日(月)
  • 新春の龍王山登山(568m) 2020年1月13日(月)
  • 新春の龍王山登山(568m) 2020年1月13日(月)
  • 新春の龍王山登山(568m) 2020年1月13日(月)
  • 新春の龍王山登山(568m) 2020年1月13日(月)
アーカイブ
  • ライブドアブログ