yamato_samurai_

職人ブログ samurai-soul

塔婆製造・販売の(有)遠藤産業のブログです。塔婆職人という仕事を通じて 日々感じた事や気付いた事を書き綴っています。

13 5月

2尺5寸塔婆

今月に入ってから新規のお客様からの御注文が続いております。
数ある塔婆業者の中から弊社を選んで頂けた事は本当に有難い事です。
今後も継続してお取引をして頂けるよう、気を緩めることなく丁寧な仕事を心掛けます。



DSC_0522




DSC_0523



画像は新規のお客様から御注文頂いた2尺5寸塔婆
このサイズの塔婆は弊社では1年に1度出るか出ないかぐらいの珍しいサイズです。
すぐにお使いになりたいとの事でしたが、無事に御希望の納期に間に合わせる事が出来ました。





遠藤産業ホームページはこちら


                                    
7 5月

機械トラブル発生

GW、皆様いかがお過ごしでしょうか?
10連休という方も世の中にはいるようですが、弊社はカレンダー通りにお休みを頂きました。


昨日は連休明けの社会復帰第一日目、午前は浜松に納品。
会社に戻ってから、加工作業を・・・と思ったのですが、まさかの機械トラブル。
トラブルのあった機械は研磨機(カンナ刃を研磨する機械)であります。
木工業は刃が命。研磨機が使えないと正直仕事になりません。
機械業者を呼ぶと大事になりそうので、とりあえず自分で修理に取り掛かりました。



DSC_0513




DSC_0514



あれこれパーツを外して、修理を試みた結果、なんという事でしょう・・・。
事態は更に悪化。
思考停止状態に陥った私は、呆然と機械の前で立ち尽くしました。
数分後、ふと我に返り、急いで機械業者に電話。
翌日(本日の事)修理に来てもらう事になりました。


そして本日。
朝から機械業者を首を長くして待っていましたが、一向に来る気配なし。
とりあえず今出来る仕事をやっておこう。
そう自分に言い聞かせ、作業に取り掛かりました。
しかし、待てど暮せど待ち人来ず。
基本、私は待たされるのが大嫌いなせっかち野郎です。


もうやるしかない。
再度、自分で修理を試みました。
試行錯誤の末、何とか無事に修理完了。
研磨機も正常に動くようになりました。



DSC_0515



カンナの切れ味もいい感じです。
いや~、久々に嫌な汗かいたな。










遠藤産業ホームページはこちら


                                   
23 4月

夏の戦い

連休明け納品の御注文が重なり、作業場も慌ただしくなってきました。
来月から塔婆業界は繁忙期に突入します。
既に施餓鬼用の塔婆の御注文も入り始め、夏の戦いが静かに始まりつつあります。


新規のお客様から、夏季使用分の塔婆の御注文も頂いているので、今年の夏は例年以上に忙しくなりそうです。(・・・多分。)
正月明けから落ちない体重も、お盆までには数kg減量するんじゃないかな。
(・・・多分、きっと。いや、そうじゃないと困るんですけど!)
とにかく体調管理を万全にして、8月のお盆まで乗り切る所存でございます。



DSC_0461



画像は施餓鬼用の5尺塔婆。









遠藤産業ホームページはこちら


                                  
11 4月

うちのおふくろLINE始めたってよ

御無沙汰しております。
久々のブログ更新でございます。
1ヵ月以上更新をさぼり続けたせいか、私の稚拙な文才もさらに錆び付き、もう何を書いたらいいのか分からなくなってしまいました。
という事で、今回は仕事とは全く関係のないテーマでブログを書きたいと思います。


先月から、私の母親がLINEを始めました。
最初は使い方がイマイチ分からず、躊躇していたようですが、最近ようやく使い方をマスターしたようです。
ここまでの話なら、自分の母親が時代の波を乗り越え、果敢にスマホのアプリにチャレンジしている微笑ましい話で終わるのですが、そうは問屋がおろしませんよ。
人間という生き物は、何か新しい能力を身に着けると、それを試してみたくなるものです。
ある日を境に、昼夜を問わず、何か事あるごとにLINEでメッセージを送信してくるようになりました。



16



お分かり頂けただろうか?
ちなみに母親はブッシュという名前で私のスマホに登録されています。


4月3日20:44
『たくや(私の名前)』という謎のメッセージ。
その後の私の問いかけを何故か既読スルー。
謎が謎を呼びます。


4月5日0:03
深夜にも関わらず『難しくてたまらんわ!』というぼやきメッセージ。
『まだ起きてるの?もう寝なさいよ。』という私の返答に対して
『わかった。』と素直に応じるも、翌日の8:25に『おはようございます』の御挨拶。
いつの間にか太陽の絵文字を使えるようになっています。
彼女は確実に進歩している!


ちなみに、この時、私は母親の目の前にいました。
LINEを送りたくて送りたくて仕方がないようです。
『もう勘弁してください』のスタンプが私の感情の全てを表しています。


そんな母親は、数日前からLINEの無料通話のやり方をマスターした様子。
『あの人にLINEしてみようかしら。』
『あの人に無料通話してみようかしら。』

もうワクワクが止まらない。



次のブッシュのLINEの相手は、あなたかも知れない。









遠藤産業ホームページはこちら


                                 
2 3月

遺族に寄り添う

昨日、一昨日と伯父の通夜と葬儀でした。
通夜当日はあいにくの天候にも関わらず、多くの方々が参列して下さいました。
両日、導師を務めた御住職の応対がそれはそれは素晴らしかった。


まず読経の際、お経の内容に関して簡単に説明して下さいました。
我々一般人も、内容を全く理解しないでお経を読むのと、少しでもどんな内容なのかを理解しながらお経を読むのとでは、気持ちの入り様が全く違うと思います。


他にも、御住職の挨拶の際、遺族に代わって参列して下さった方々へ感謝の言葉を述べられたり、遺族の気持ちが少し落ち着いてきた頃合いを見計らって、軽い冗談でその場の空気を和ませたりと、通夜、葬儀を通じて御住職が形式的、儀礼的ではなく、遺族に寄り添いながら式を執り行っている姿勢がひしひしと伝わってきました。


『御遺族に寄り添って』
そんなキャッチフレーズを葬儀業者さんの広告等で見掛けますが、そういう姿勢はお寺にとっても必要なのかも知れませんね。そんな事を感じた2日間でした。


御殿場市 感應寺 天田副住職 有難うございました。










遠藤産業ホームページはこちら


                                
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ