職人ブログ

塔婆製造・販売の(有)遠藤産業のブログです。塔婆職人という仕事を通じて 日々感じた事や気付いた事を書き綴っています。

塔婆のリサイズ

未使用の5尺塔婆(幅73mm、厚み8mm)を2尺5寸塔婆(幅65mm、厚み7mm)にリサイズする依頼を受けた。


DSC_1055



↑こちらが依頼主から送られてきた未使用の5尺塔婆(他社製品)である。


DSC_1056


5尺塔婆の下側半分を切り取り、指定の幅、厚みに調整。
その後、五輪加工、尾加工を施し、超仕上げカンナ盤で表面を仕上げて完成。


DSC_1059



写真では分かりにくいかも知れないが、五輪の刻みの間隔、尾の形状も、紙に書かれたサンプル通りである。

DSC_1057



DSC_1058



お分かり頂けただろうか?








遠藤産業ホームページはこちら


                            

そっとしておいて

本日のブログは仕事とは全く関係のない話。


先日、私の好きなメロディックスピードメタルバンド『DragonForce』のニューアルバムが発売された。


音楽は個人の趣味嗜好の世界なので、細かい説明はここでは割愛するが、疾走感溢れる曲調と、叙情的な旋律を奏でるツインギターがたまらない。


1日の作業が終わった後、作業場の片付けと清掃をおこなう際、ここ最近ほうきをギターに見立て、エアギターに興じている。
ちなみに私はギターは弾けない。


2分42秒辺りからのワイヤレスエフェクターの動きを真似ている私を見掛けても、決して痙攣している訳ではないので、そってしておいて頂きたい。




自分

本日は沼津方面の5件のお寺さんに納品。
あるお寺さんの掲示板で、こんな言葉を見掛けた。


もし自分に出会うことがなければ 
そこに生まれ
そこに生き
そこに死んでも
流される人生です



DSC_1054



御住職に言葉の真意を尋ねてみた。


例えば、何か悪いことをして、反省したとしても、自分は反省しているつもりになっているだけで、反省している自分を感じてはいない。
人は自分の事を分かっているようで、本当は何も分かっていない。


自分を感じるとは、例えば、他人からイラつくような事を言われたとして、条件反射的に怒り出すのではなく、『今、自分はイラついているな。』とか『こういう事を言われると、自分は怒るのか。』と、自分の感情の動きを意識する事を指す。
そうすることで敢えて『怒る』という選択肢を選ばない事も出来る。


条件反射とは外的要因に対する反応であり、反応だけで生きる事は、自分不在の流される人生を生きる事になってしまう。


ついカッとなって殴ってしまったなんて話があるけど、本人は自分で意図的に殴ってるつもりでも、怒りの感情に同化してるだけで、実は流されまくっていることになる訳だ。
『怒り』の話だけでなく、むしゃくしゃしたから衝動買いとか、仕事で嫌な事があったからヤケ酒なんてのも、自分不在で流されているのかも知れない。


最初に掲示板を見た時は、自分に出会うの意味がイマイチ理解できなかったが、御住職の説明を聞いて府に落ちた。


自分不在の流される人生なんて寂しいものだ。
御住職の話を肝に銘じておこうと思った。







遠藤産業ホームページはこちら


                            

失敗事例に学ぶ

本日はお盆用塔婆の印刷作業をおこなった。
連休明けから、お盆用、施餓鬼用塔婆の御注文が続いている。
いよいよ繁忙期突入と言った感じの動きである。



DSC_1048



そんな中、ある材料業者さんが飛び込みで営業にやって来た。
現段階で取引はないが、この業者さんは数年前から、時々弊社に営業にやって来る。


営業の話は別として、業界の動きや同業他社の情報を知る上で、業者さんと話をする機会を持つ事は大切だ。


その会話の中で、材代の支払いが滞っている同業他社が数件あるという話を耳にした。
参考までに、支払いが滞っている会社に共通している事は何か尋ねてみた。


世の中に成功事例は数々あるが、業種や会社の規模に左右される面もあるから、一概に全てが参考になる訳ではない。
むしろ失敗事例の方が私は興味がある。
同じことをしなければいいからだ。


支払いが滞っている会社の共通事項は『工場が散らかっている』との事


作業場の清掃は毎日おこなっているが、繁忙期は時々サボることがある。
今日は疲れたから明日まとめてやればいいや、てな具合に・・・。
そんな訳で、今日は業務終了後、いつもより念入りに片付け、清掃をおこなった事は言うまでもない。






遠藤産業ホームページはこちら


                            

良い流れ

本日は朝一番で塔婆材の搬入があった。
搬入を終えて、4尺塔婆を加工。


DSC_1043



午後は月末納期の製品を納品し、その後は集金。
月末は何かと慌ただしい。


今月は不思議と自分の望む方向に物事が動き、精神的に穏やかな1ヶ月だった。


お客さんや業者さんに連絡しようとしたタイミングで、相手側から連絡があったり、こういうのあったら便利だななんて思っていたら、それを扱う業者さんから営業の電話があったり、遅れるはずだった材料の納期が、何やかんやで間に合っていたり、些細な事かも知れないが物事が順調に進む事が多かった。


物事が良い流れにあると、あれこれ不安になったり、思い煩う事がなくなる訳だから、精神的に軽やかになる。
逆を言えば、あれこれ不安になったり、思い煩う事で、物事に余計な深刻さを与えて、精神的に重さを感じてしまうとも言える。


人生を深刻で重々しいものにしているのは自分自身だ。


そんな一説を何かで読んだ事があるが、この言葉の真意を少しだけ実感した気がする。
来月は繁忙期に突入し、慌ただしい日々が続くわけだが、心は穏やかで且つ軽やかに過ごしていきたいものである。






遠藤産業ホームページはこちら


                           
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ