職人ブログ

塔婆製造・販売の(有)遠藤産業のブログです。塔婆職人という仕事を通じて 日々感じた事や気付いた事を書き綴っています。

何となく

お彼岸も終わり、あっという間に10月中旬である。
塔婆関係の仕事はひとまず落ち着いた感じではあるが、年末に向けて、木札の御注文が重なり始めている。
大変有難い事である。


DSC_0275


以前と比べると、一年を通して、繁忙期と閑散期の差がなくなりつつあり、何となく良い流れを感じる。

だからと言って慢心する事なく、今まで通りのスタイルで丁寧な仕事を心掛けたい。


さて、真面目な話はこれくらいにして、ここからはプライベートの内容である。

以前、趣味だった競馬に関する内容の記事を書いたが、最近は競艇にシフトした。
理由は何となくである。

競艇と言うと、柄の悪い印象を受ける方もいらっしゃるだろう。


個人の趣味というものは自己満足に過ぎない故、ここで競艇の魅力を語ることは控えるが、水上の格闘技と言われるだけあり、もうハラハラドキドキ。私にとっては目下のところ最高の娯楽である。



そんな訳で先日、浜名湖競艇で開催されていたヤングダービー最終日を観戦してきた。



DSC_0252


ヤングダービーとは、30歳未満の若手レーサーを対象としたプレミアムG1競争である。

以前、ヤングダービー招待ツアーの募集があり、何となく当たる気がしたので応募した所、見事当選。
招待ツアーには様々な特典があり、ピット内の見学や、プライベートルームで元ボートレーサーの舟券予想を交えながらのレース観戦等、豪華な内容だった。


その中でも特に嬉しかったのは、希望するボートレーサーのサイン色紙プレゼントだった。
ツアー応募時に、サインを希望するボートレーサーの名前を選ぶ項目があった。
若手のレーサーの名前と顔、戦績はイマイチ分からず、調べるのも面倒だったので、何となく適当に選んだ。


そのレーサーの名前は関浩哉。


有力選手が次々に敗退していく波乱の展開の中、関選手は順調に勝ち進み、優勝決定戦に駒を進めた。
こうなると、もう応援するしかない。
そして迎えた優勝決定戦、関選手は1枠1号挺。
緊迫のスタートから見事にイン逃げを決め、ぶっちぎりで優勝した。


DSC_0258



DSC_0262


まさか自分がサイン色紙を選んだ選手が、優勝するとは夢にも思わなかった。
それも初タイトルがG1タイトルという偉業。



レース終了後、優勝セレモニーを見学。

ファンや関係者の方々に、深々とお辞儀をして感謝の言葉を述べる関選手。
その謙虚な姿勢に、おじさんは更に好感を覚えてしまった。



DSC_0266


今回のブログに何度か出てきた『何となく』というフレーズ。
物事あれこれ思考して、狙ってやってみると駄目だったのに、何となく無意識にやってみたら意外に上手くいった、そんな事が意外と多い気がする。

何となくという感覚を大事にしたいと思う。



DSC_0271

黒の手帳

お彼岸を目前にし、お陰様で塔婆の追加注文等が重なっている。
本当に有難い事である。

そんな中、先日、あるお客様から約2年ぶりに塔婆の御注文を戴いた。御注文内容は特注サイズの剣先塔婆。
その塔婆を加工した事は覚えていたが、さすがに2年前の事となると、細かい寸法や加工時の注意事項は記憶があやふやである。

そういう場合は黒の手帳の出番である。
黒の手帳とは、仕事の内容、プライベートの出来事、本で感銘を受けた言葉、ネタ、気に食わない奴の名前(←嘘)など、ジャンルを問わずに常日頃書き記しているものである。
飽きっぽい性格の私にしては珍しく、かれこれ7年程続いている。



DSC_0250



黒の手帳のおかげで、御注文戴いた塔婆も無事に加工する事が出来た。



DSC_0246



手帳に何かを書くという作業は、今回のように何かを忘れた時の為の備忘録としても役に立つが、何かを忘れる場合にも有益である



悩み事や心配事などを、手帳に書くだけでも物事を客観的に眺める事が出来るし、脳のキャパも幾分空きが出来るようにも思える。ただでさえ少ない容量がモヤモヤした感情にいつまでも支配されていてはよろしくない。


改めて過去の手帳を見直してみたら、その当時、どうでもいい事で悩んでいた自分や意味不明の決意表明みたいな事を書いている自分を垣間見て、少しこっぱずかしくなった。





遠藤産業ホームページはこちら


                            

夏季休業のお知らせ

夏季休業に関するご案内です。
誠に勝手ながら下記の期間を夏季休業とさせて頂きます。



休業期間:2018年8月11日(土)~2018年8月16日(木)

2018年8月17日(金)から通常営業



なお、上記期間中お見積もり・御注文等のお問い合わせは弊社HPのお問い合わせフォームにて受け付けておりますが、回答は8月17日以降に順次対応させて頂きます。
休業期間中はご不便おかけしますが、御了承くださいます様お願い申し上げます。



遠藤産業ホームページはこちら


                            

7月を振り返る

7月最終日。
ここ最近、振り返り系の内容の当ブログではあるが、今回も振り返ってみる。


今月も有り難い事に、たくさんのお仕事をやらせて頂いた。
『納期』という言葉に翻弄された1ヵ月だったが、お客様に御迷惑をお掛けする事もなく、何とか無事に乗り切る事が出来た。


それにしても、今年の夏は暑過ぎる。
『命に関わる危険な暑さ』というフレーズは伊達じゃない。
もともと汗かきの私だが、この夏は例年以上に汗をかいている。
お陰で体重が4kgほど落ちたが、熱中症には注意したい。
そうそう、暑さと言えば、今月の初めからボクサーパンツを履いてみる事にした。
しかしながら、この暑さゆえ股間が蒸れて気持ち悪くなったので、再びトランクスに戻した。
やっぱり何事も開放的な方が気分もいいよね。
まあ、そんな股間事情はどうでもいい話である。


棚経をされている御住職方も、くれぐれも無理なさらぬよう、お身体を御自愛下さい。


さて、最近多忙ゆえ、今日が何月何日で、何曜日か分からなくなる事があるが、明日から8月である。
お盆まで2週間弱となった。
最後まで気を抜かず、仕事に取り組みたい。




遠藤産業ホームページはこちら

                            

6月を振り返る

気付けば6月最終日。
久々のブログ更新である。
7月盆を間近に控え、お陰様で今月もたくさんの御注文を戴いた。
大変有難い事である。


6月上旬の事。
材料の搬入の際、材料業者さんの手違いで、3尺塔婆の材料(74mm幅)が搬入されないというトラブルが発生した。


厳密に言えば、74mm幅ではなく、60mm幅の材料が搬入されてしまった。
繁忙期において、材料が不足するという事は致命的であるが、起きてしまったトラブルに対して、ああだこうだ言った所で状況が変わる訳ではない。


材料業者さんには、再発防止を徹底するようにお願いし、早急に正規の幅の材料を手配してもらうことにした。


幸い、次回搬入までの間、3尺塔婆(74mm幅)は在庫分で何とか補う事が出来たし、誤って搬入された60mm幅の材料も、お客さんからの追加注文等で結局必要になったりと、最終的にはオールオッケーに事が進んだ。


状況に振り回されて、パニックに陥っていたら、また違う展開になったかも知れないね。


8月のお盆まで、残り1カ月半。
とにかく怪我には注意して仕事に励みたい。



遠藤産業ホームページはこちら

                            
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ