職人ブログ

塔婆製造・販売の(有)遠藤産業のブログです。塔婆職人という仕事を通じて 日々感じた事や気付いた事を書き綴っています。

法蓮寺様 大黒祭

今月の上旬の事であるが、公私共にお世話になっている富士市松野の法蓮寺様の大黒祭に参加させて頂いた。


毎年、大黒祭の前に、御住職方と希望者は共に水行を行う訳だが、今年も一年の御祓の意味を込めて、私も御一緒させて頂いた。


今年は例年に比べて、暖かい陽気ではあったが、一年にたった一度とは言え、やはり冬に褌一丁で水を被るのは冷たいものである。


褌はTバックスタイルの本格的なものではなく、尻が隠れる簡易型のタイプである。
とは言え、見せてはいけない物が褌からヒョッコリ顔を出さぬよう、念入りに褌を着用したのだが、前にばかり気を取られ、右の尻だけ異様に露出してしまい、妻から『よっ!半ケツ!』と水行直前に教えられ、ちょっと焦った。


知人からは『寒いのによく毎年やるよね。』なんて言われるが、水行が終わった後の何とも言えない清々しさは、やった人間にしか分からないだろう。
来年も是非御一緒させて頂きたい。


水行の後、本堂にて読経、そして大黒祭が執り行われた。
(大黒祭の詳細については過去のブログを参照のこと)


閉式の折、御住職方の法話があったが、その中でこんな言葉があった。


今日は皆様と一緒に、我々お坊さんも一生懸命お経を読ませて頂きました。功徳という物は、ポイントカードのように目に見えるものではございません。ですから、常日頃、続けていく事が大切です。お坊さんにお経を読んでもらったから大丈夫、ではなく、皆様も一緒になって手を合わせて、報恩感謝の気持ちを忘れない事が大切なんです。


こんな感じの内容だったと記憶しているが、本当仰る通りだと思った。
季節柄、木札の御注文を多く戴いているが、それは言い換えれば人々の願望の表れのようにも感じる。
例えば、商売繁盛だったり家内安全だったり。
人は何かの折に、神や仏に願いを託す。


私自身も、正月に神社を訪れ、お札を購入し、御祈祷してもらっている訳だが、先の御住職のお話にもあったように、お経を読んでもらったから大丈夫、御祈祷してもらったから大丈夫ではなく、肝心なのは最後は己の心だったり、日常の身の振舞いなのであろう。


手を合わせる心、人に感謝する心。
報恩感謝という言葉を突き詰めて行けば、行く着く先は先祖供養なんだと私は思う。
今の自分が存在しているのは、両親、そして先祖のお陰である。
先祖に感謝する気持ちを蔑ろにしてはいけないね。


法蓮寺様の大黒祭に参加させて頂き、御住職方のお話を聞いて、そんな事を感じた。


気付けば11月も終わろうとしている。
今月もあっという間の1ヶ月だった。


年末に近づくにつれ、木札を始め、先週末ぐらいから塔婆の御注文も重なり始めている。
来月は大きい案件や、納期は決まっているのに、まだ詳細が全く決まっていない案件等、色々と重なっているが、焦らず淡々と仕事に取り組みたい。


DSC_0291


さて、話は変わるが、先日とある手記にこんな言葉が書いてあった。


現実は常にあなたが創り出している。
そこに見えているのに、どこまで追いかけても逃げていく月のようなものだ。
物事は後ろからついてくるのだと、覚えておくといい。
現実は先の方に追い求めるのではなく、己が歩んだ後ろから実現していく。
追えば逃げていたのに、あなたが己の方向を歩みだせば、月はちゃんとついてくる。


最近、仕事において自分が感じていた事と、この言葉が妙にシンクロしたので、思わずメモってしまった。


仕事で言えば、月はお客さんだったり、数字だったり、恋愛で言えば意中の人だったりするのかな。

私の趣味の競馬、競艇だとお金でさーね。


そう言えば、先週のジャパンカップ、悩みに悩んだ末に買った馬券だったが、的中するもトリガミ。
その一方でトイレで用を足しながら、鼻歌まじりに適当に買った京都12レースは
大当たり。
ウンだけに運がいい!なんつって!ガハハハハハ!
まあ、そんな話はどうでもいい。


さっきの言葉の中の、己の方向を歩みだせばって部分、普段の生活の中で、自分がどこを向いているのか(それが自分のエゴから来ている行動なのか、純粋に己を楽しんでいる行動なのか)そこを意識してみると面白いかもしれない。



何となく

お彼岸も終わり、あっという間に10月中旬である。
塔婆関係の仕事はひとまず落ち着いた感じではあるが、年末に向けて、木札の御注文が重なり始めている。
大変有難い事である。


DSC_0275


以前と比べると、一年を通して、繁忙期と閑散期の差がなくなりつつあり、何となく良い流れを感じる。

だからと言って慢心する事なく、今まで通りのスタイルで丁寧な仕事を心掛けたい。


さて、真面目な話はこれくらいにして、ここからはプライベートの内容である。

以前、趣味だった競馬に関する内容の記事を書いたが、最近は競艇にシフトした。
理由は何となくである。

競艇と言うと、柄の悪い印象を受ける方もいらっしゃるだろう。


個人の趣味というものは自己満足に過ぎない故、ここで競艇の魅力を語ることは控えるが、水上の格闘技と言われるだけあり、もうハラハラドキドキ。私にとっては目下のところ最高の娯楽である。



そんな訳で先日、浜名湖競艇で開催されていたヤングダービー最終日を観戦してきた。



DSC_0252


ヤングダービーとは、30歳未満の若手レーサーを対象としたプレミアムG1競争である。

以前、ヤングダービー招待ツアーの募集があり、何となく当たる気がしたので応募した所、見事当選。
招待ツアーには様々な特典があり、ピット内の見学や、プライベートルームで元ボートレーサーの舟券予想を交えながらのレース観戦等、豪華な内容だった。


その中でも特に嬉しかったのは、希望するボートレーサーのサイン色紙プレゼントだった。
ツアー応募時に、サインを希望するボートレーサーの名前を選ぶ項目があった。
若手のレーサーの名前と顔、戦績はイマイチ分からず、調べるのも面倒だったので、何となく適当に選んだ。


そのレーサーの名前は関浩哉。


有力選手が次々に敗退していく波乱の展開の中、関選手は順調に勝ち進み、優勝決定戦に駒を進めた。
こうなると、もう応援するしかない。
そして迎えた優勝決定戦、関選手は1枠1号挺。
緊迫のスタートから見事にイン逃げを決め、ぶっちぎりで優勝した。


DSC_0258



DSC_0262


まさか自分がサイン色紙を選んだ選手が、優勝するとは夢にも思わなかった。
それも初タイトルがG1タイトルという偉業。



レース終了後、優勝セレモニーを見学。

ファンや関係者の方々に、深々とお辞儀をして感謝の言葉を述べる関選手。
その謙虚な姿勢に、おじさんは更に好感を覚えてしまった。



DSC_0266


今回のブログに何度か出てきた『何となく』というフレーズ。
物事あれこれ思考して、狙ってやってみると駄目だったのに、何となく無意識にやってみたら意外に上手くいった、そんな事が意外と多い気がする。

何となくという感覚を大事にしたいと思う。



DSC_0271

黒の手帳

お彼岸を目前にし、お陰様で塔婆の追加注文等が重なっている。
本当に有難い事である。

そんな中、先日、あるお客様から約2年ぶりに塔婆の御注文を戴いた。御注文内容は特注サイズの剣先塔婆。
その塔婆を加工した事は覚えていたが、さすがに2年前の事となると、細かい寸法や加工時の注意事項は記憶があやふやである。

そういう場合は黒の手帳の出番である。
黒の手帳とは、仕事の内容、プライベートの出来事、本で感銘を受けた言葉、ネタ、気に食わない奴の名前(←嘘)など、ジャンルを問わずに常日頃書き記しているものである。
飽きっぽい性格の私にしては珍しく、かれこれ7年程続いている。



DSC_0250



黒の手帳のおかげで、御注文戴いた塔婆も無事に加工する事が出来た。



DSC_0246



手帳に何かを書くという作業は、今回のように何かを忘れた時の為の備忘録としても役に立つが、何かを忘れる場合にも有益である



悩み事や心配事などを、手帳に書くだけでも物事を客観的に眺める事が出来るし、脳のキャパも幾分空きが出来るようにも思える。ただでさえ少ない容量がモヤモヤした感情にいつまでも支配されていてはよろしくない。


改めて過去の手帳を見直してみたら、その当時、どうでもいい事で悩んでいた自分や意味不明の決意表明みたいな事を書いている自分を垣間見て、少しこっぱずかしくなった。





遠藤産業ホームページはこちら


                            

夏季休業のお知らせ

夏季休業に関するご案内です。
誠に勝手ながら下記の期間を夏季休業とさせて頂きます。



休業期間:2018年8月11日(土)~2018年8月16日(木)

2018年8月17日(金)から通常営業



なお、上記期間中お見積もり・御注文等のお問い合わせは弊社HPのお問い合わせフォームにて受け付けておりますが、回答は8月17日以降に順次対応させて頂きます。
休業期間中はご不便おかけしますが、御了承くださいます様お願い申し上げます。



遠藤産業ホームページはこちら


                            
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ