塔婆加工において、『横切り』という作業があります。
簡単に説明しますと、木の板を塔婆の長さに切る作業の事です。



この『横切り』という作業、見ている分にはジャンジャンと板を切り、気楽な作業に見えますが、実際は違うんです。
塔婆の材料となる板は、上下がないように見えますが、実際には上下があります
家の柱同様、塔婆も木が自然に立っていたのと同じ状態で加工するのが伝統的な作法となります。
ちなみに木の上側(梢)の切り口を『末口』、木の下側(根元)の切り口を『元口』と言うそうです。



では、木の上下をどう見極めるのか?
年輪の幅で見極めます。
木は根元から梢に向かうにつれて細くなります。
よって、年輪幅が狭いほうが上側(末口)、広い方が下側(元口)となる訳です。



HI3F03040001


















HI3F03030001

 

 

 

 

 

 




同じ一枚の塔婆でも、上側と下側の部分では、年輪の幅が違います
・・・とは言っても、短い板の場合は、年輪幅がほとんど一緒で、どちらが上側で下側なのか見分けがつかない場合もありますけど・・・。



ちなみに、大工さんは木の上下を逆に使う事を『逆木』と言い、大変嫌うそうです。
まあ、例えるなら・・・



image424
















更にドン!



yatsuhaka

 

 

 

 

 



こんな感じで人間を扱うのと一緒ですからね・・・。
納得です。





ランキングに参加しています!
ワンクリックに御協力お願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ


遠藤産業ホームページはこちら