今日から6月!1年の折り返し地点となりました。
そして、あと数週間もすれば梅雨に突入!
ジメジメして嫌な季節です。
僕は軽く天然パーマなので、この時期は毛髪がとんでもない事になります。
朝、バッチリとセットしても、お昼過ぎには疲れきった髪型に・・・。
天パーにとって湿気は天敵なんです。
いっその事、スキンヘッドにでもしてやろうか!
・・・・そんな事を思ってしまうわけです。
でも、後頭部が垂直だから格好悪いんだよなー。
まあ、どうでもいい話です。




木材にとっても湿気は天敵です
この時期、木材が湿気を吸収して、大きさが変わる事があります
7本塔婆(葬儀後7日毎の供養に使う塔婆)など、木枠にセッティングする類の塔婆の場合、塔婆の幅が若干大きくなり、木枠に入りきれなくなるという事例もあります。
湿気の多い時期は、塔婆の幅を通常のサイズよりほんの少しだけ、小さく加工することで、そういったトラブルを回避するようにしています。




寺院や葬祭業者さんなど、塔婆をお使いになる方は、その保管方法にも注意してくださいね。
湿気の多い場所に保管している場合、カビが発生しやすいです
白マツ系の木材は、特に湿気に弱くかびやすい・・・。
押入れ等、湿気が多く場所の床などに直に置くことは極力避けた方がいいです
床と塔婆の間に、桟木のような物を置いて、風通りをよくする事でカビの発生を防ぐ方法もあります。
ちなみに、除湿剤と一緒に塔婆を保管しているお寺さんもあります。
ここまでやったらパーフェクトです!






下のバナーをクリックして頂けると応援票につながります。
是非ワンクリックに御協力下さい!

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ


遠藤産業ホームページはこちら