また最初から

1980年代後半生まれ、大卒パラサイト実家住み男の糞ブログです。 時給1050円...

有給を使い、トラウマを製造する

今日は平日だけど、有給を使って面接を受けに行った。
今まで、有給という概念が存在しない底辺バイトばかりだったので、有給を使ったのは初めてだ。

面接はボロボロだった。
最初、狭い打ち合わせスペース的な所に通されて、「ここで面接するのか」とか思っていたら、しばらくした後、隣の広い応接室に移動させられ、そこには面接官が3人も待ち構えており、いきなり3対1で面接する事になってしまった。
面接では、あがり症で緊張しすぎて自己紹介すらままならなかった。頭が真っ白になった。所々固まってしまい、しどろもどろになった。久々の感覚だ。
後、やっぱり「大卒後、お前は就職せずになにをやってたんだ」的な感じで責められた。フリーターにはノーチャンスな感じの求人だったっぽい。大した給料でもない、契約社員の求人の癖に。てか、そうだったら書類選考で落とせよ。
最後は逃げるようにして部屋を出た。

また無駄にトラウマを製造してしまった。
俺は昔からあがり症だけど、本当困るな。
一対一だとまだましなんだけど、複数人からじろじろ見られるときつい。特に、プレゼンとか発表は、昔から鬼門だった。
あがり症って、生まれつきの部分がすごくでかいと思うんだよ。緊張しない奴は全然緊張しないからな。本当、そういう無神経な一般人DQNリア充が羨ましい。

ゴミな毎日が戻ってきた

正月休みが終わってから1週間が過ぎた。1月ももう半分だ。

まだ、データ入力もどきのバイトをやっている。
小学生でも出来る、鼻糞みたいな作業だ。刺身の上にタンポポを乗せるレベル。

誰と話す事も無く、部屋の片隅で作業し、定時で帰る。
特に精神的ダメージを受ける事も無いし、平和だ。

ただ、いつまで続くんだろうか...
とりあえず2月末までは契約が残っているが、その後は判らない。
雇い止めになる可能性は低いが、ありえなくはない。
と言うのも、はっきりではないが、俺はリーダーの奴からやや無能認定されている感じがするからだ。だから、何時クビになってもおかしくはないと思っている。

しょぼい作業しかやっていないのに、家に帰ったら滅茶苦茶疲労している。
勉強も筋トレも中々やる気が起きない。その癖、パソコンを立ち上げて動画とかは見ている。
バイト→ネット→就寝→バイト→ネット→就寝
またこのコンボだ。また休み以前のゴミな毎日が戻ってきた。本当、何も出来ん。
リア充社会人とか、俺なんかより全然きつい仕事した上で、飲み会行ったり、セックスとかしてるんだろう。凄まじい体力だね。化け物だよ。

逃走中より戦闘中の方が好きだな

昨日たまたまテレビで逃走中を見た。

スタジオで芸人がだべってるだけの番組よりはましかなと思ったけど、ハンターから芸能人が逃げ回るだけだから地味だし、さんざん言われてるけど、カメラマンで芸能人の位置が判ってしまうからやらせ臭さが否めんなーと思った。

どっちかと言えば、逃走中より戦闘中の方が好きなんだよな。逃げるだけじゃないし、忍がかっこいい。
てか調べたら、戦闘中って去年放送されてないんだな。
逃走中と違って街中じゃできんし、予算も逃走中よりかかってそうだしな。その割りに逃走中と視聴率も大差無いだろうし。

ブックオフで本を処分

今日は昼にブックオフに行って本を処分した。
一人暮らしをするから、少しでも物を減らす必要があるからだ。

袋に入れた本を運んでブックオフまで3キロ位歩いた。
本は重かった。家を出る前に腕立てとかやってて腕が疲れていたのでしんどかった。
古本って筋トレの道具になりそうだな。ダンベル買おうかと思ってたけど、その必要は無いかもしれない。

店に入り、本をカウンターに置くと、店員は、おもむろに袋から本を出し、次々とスキャンしていった。
店員は本の状態や内容は見ておらず、並んだ時間も含めて10~20分程度で買取は終了した。あらかじめ大量に登録されている本のタイトルだけで値段が決まってしまうみたいだった。
ブックオフで買った本にはたまに書き込みがしてあるものがあるけど、やっぱり、買い取る本の状態を店員がろくにチェックしてないからだなと思った。

買い取り価格は、17冊売って1255円だった。しょぼい。まあ、こんなものだろう。ヤフオクとかで全部売るのは無理だし、仕方ない。
一番高いので350円
一番安いので5円だった。
アルティマニアとか邪魔だから売ったけど、あんなに分厚くてたったの50円。完全に見掛け倒し。
基本的に、新しい本やマイナーな本の方が在庫の関係か高く売れる様だった。
5円で買い取った本が100円で売れれば粗利95%か。阿漕だな。まあでも、人件費や店舗の維持費が結構かかってそうだから、トータルでどの程度儲かってるのかわからんけど。

久しぶりに立ち読みしたかったからわざわざ店舗まで本を持って行ったけど、結局くたびれたので本を売ってすぐ店を後にした。

帰りに、プロテインが切れていたので薬局で買った。
前はザバスを買ったけど、今度はウイダーにしてみた。味は同じココア味。
家で飲んでみた。
ザバスがまったりしたやや甘い乳臭い味なのに対し、ウイダーは全く甘くなく、砂糖の入っていないチョコを薄くした感じの味でまずかった。ただ、甘いのが苦手な人はこっちの方が合うかもしれない。好みの問題か。
粉末はウイダーの方が細かくさらさらしていて、溶けやすい感じだった。

まあ割りとどうでもいいか。

運命の年

年が明けた。
まあ、どこかの誰かが今日を1/1と勝手に決めただけで、特にこれといって何かあるわけでもない。

2018年は俺にとって人生最大のターニングポイントとなる。
今年、家を追い出される。消防の頃から20年以上いた、この家を。

大学受験や、就活なんかとは比べ物にならない。
無職だろうが、引きこもりだろうが、家があればどうにかなる。その拠り所が無くなってしまう。

2年前、2歳上の兄が家を出た。
兄は鬱陶しい存在だったので、この2年は家の中で快適に過ごせた。
ただ、その時の兄と同い年になったので、公平を期す観点から、俺も今年家を出なければならない感じになってしまった。

田舎者やDQNは、10代後半あたりで早々に親から離れる奴がほとんどなんだろうけどな。
親元で30過ぎまでぬくぬく育った無能発達障害男だから、まともに一人暮らしできるかわからん。どきどきしちゃうね。
後、当たり前だが、田舎の大学生が上京するのと訳が違って、親からの仕送りもない。いきなり放り出される。

ただでさえ何も出来ていないのに、家事やらんといかんから、ますます何も出来なくなるであろう。
俺の人生は最終章に突入しようとしている。

今の俺の夢

バイト先は28日で終業し、29日から来月の4日まで休み。
もう2日経ってしまった。

先月から始めたダイエットはまだ続けている。
昨日は腹筋、背筋、腕立て等筋トレした。
今日は朝2~3キロ位走った。

後、最近プロテインを飲み始めた。薬局に売ってるザバスってやつ。
チョコ風のまったりした不思議な味。うまくもまずくもない。
かなり水や牛乳に溶けにくい。コップにへばりつくから、洗うのが面倒だ。

ダイエットの成果は今のところ現れているのかよくわからない。
腹の皮下脂肪はあまり減ってない気がする。ただ、弾力は増した気がする。
太ももの贅肉が落ちた気がする。
腕は細いまま。全然筋肉が付かない。
DQN一般人の中には、大して運動してなさそうなのに腕太い奴が結構いるんだよな。うらやましい。俺の両親はどちらとも体格が貧弱だからな。そもそも筋肉付きにくい体質なのかもしれない。糞体質。

食事も脂っこいものはなるべく口にしていない。
皮下脂肪が薄皮レベルにまで減ったら解禁して、ラーメンとかピザとか食いまくりたいな。
それが今の俺の夢。

市橋達也の本を読んだ

殺人犯の市橋達也が書いた本を読んだ。
先週、図書館でたまたま見つけた。
以前から、市橋達也に興味があったので、見つけたら読みたいとは思っていた。

本には、被害者を殺害した際の描写はなく、逃走から逮捕までの話が書かれていた。
不謹慎だが、下手な小説家の本より面白かった。
文章が平易で読みやすく、描写力が非常に高い。
よくこんな細かい所まで覚えているな...という事まで書かれている。
まあ、彼が書いた物をそのまま載せている訳ではなく、その道のプロである編集者やライターが手を入れている事は間違いないが、それでも、こんな本を書ける程文章力のある殺人犯はいないと思う。(それ以前に、本に書ける程の長期間、単独で警察から逃げる事が出来る奴がいないか。)彼の知能は非常に高い。

ただ、彼は知能は高いが、どことなく発達障害臭いところがあるな、と本を読んでて思った。
例えば、
「途中、パニクっていたせいか、枕代わりにしたリュックを持ってくるのを忘れていた事に気がついた。」
「大便をした後、水を流すボタンと間違えて、警報ブザーを押してしまった。公園じゅうにブザーが鳴り響いた。」
「博多駅までの切符を買って電車に乗った。しかし方向を間違えて、福岡とは反対方向の駅に行ってしまった。」
「同じ沖縄行きのフェリーでも、出航日や出航時間にはいくつかのタイプがあって、それを勘違いしていたらしい。」
といった風に、ADHDの奴がやらかす様なミスをする描写が所々見られる。
また、彼の行動は非常に衝動的だ。それも一部の発達障害者の特徴と重なる。

彼は受験がうまくいかずに学歴コンプをこじらせ、ニートを経て犯罪者になったけど、発達障害も一因かもしれないなと思った。そもそも発達障害の奴は集中力が無いので、受験に向いてない。
そういった点は俺に似てる。俺も幼少期は成績が良かったが、次第に落ちこぼれて、今では就職出来ずにフリーターだ。
まあ、彼は体力も知力も尋常ではなく高くて生粋のDQN(彼女がいた上に窃盗歴がある。)だから、無能で体力が無くヘナチョコな俺とはぜんぜん違うけどな。

麻雀教室に通うか検討中

また1週間が過ぎた。土曜だ。
喉はまだ痛い。結局1週間治らなかった。

最近、麻雀の点数計算を練習していた。
以前から覚えようとは思ってはいたんだけど、中々覚えられずにいたが、ネットサーフィンしてる合間にこのソフトをポチポチいじっていたら、覚えてきた。まだ完璧ではないが...やっぱり、本をただ読むよりもソフトで実践練習した方が頭に入るな。

そもそもネット麻雀では、点数計算はCPUが勝手にしてくれるのと、麻雀自体が運ゲーなので、ゲーム中に点数計算する必要がある場面は余程の僅差で上がり方次第で順位がぎりぎり変わりそうな場合だけだから、点数計算を覚える必要はあまりなかった。

なぜ点数計算を覚えようと思ったかというと、麻雀教室にでも通って、リアル麻雀をやってみようかと前から思っていたからだ。
まあ、麻雀自体、わざわざそれだけの為に外出する程の価値があるゲームだとは俺は思わないけど、ちょっと最近の俺はコミュ障が深刻なレベルなので、赤の他人とゲームをする機会を設ける事で、コミュ力を少しでも回復できんかな、と思ったのである。

しかし、麻雀の点数計算は面倒くさい。
チェック項目が多いし、かなり不規則だし、例外事項が多い。そもそも、ローカルルールによって点数に若干の違いがある。30符4翻の時とか。
麻雀やってる奴って、ろくに勉強してないチンピラや低学歴も多いのに、よくこんな面倒くさいの覚えられるなって思う。まあ、場数が違うのか。

というか、麻雀自体ルールが無駄に複雑すぎる(その割には運ゲー)のに、老若男女問わずやたらプレイ人口が多いのが不思議だわ。
スマホゲーを初めとする昨今のゲームを見ても、如何に初心者にわかり易くするか、如何にルールをシンプルにするかが、ゲームが流行る上で重要な要素の1つなんだがな。複雑すぎるゲームは、基本的に流行らない。
やっぱり大昔からあるゲームだからこんな面倒臭いルールでも流行ってるんだろうな。

喉から臭い玉

今週も土日が終わろうとしている。相変わらず何もせず、ゴミみたいな土日。

土曜に起きたら喉にかすかな痛みを感じた。
今日の朝も起きたら、喉の痛みの範囲が更に広がっていた。

後、口の中から、米粒よりも小さい、白い臭い玉が取れた。歯垢に似た、結構癖になる芳しい匂い。
ネットで調べたら、膿栓という奴らしい。扁桃腺がダメージを受けているな。
最近バイト先や電車内でも、マスク付けてる奴とかゴホゴホいってる奴が増えたから、風邪を移されたかもしれん。

元々俺は鼻炎持ちなのと鼻の穴の形が左右非対称でおかしいせいか、ほぼ常時鼻づまりで、口呼吸が多く、ドライマウスだ。更に、寝ている時は鼻づまりのせいで鼾をかくので、余計に喉をやられやすい。
本当、俺の体は健常者一般人と比べるとゴミ性能だ。生んだ親を恨む。

後は、最近ダイエットでウォーキングと筋トレとランニングを不定期でやっていたから、多少免疫が落ちたのかもしれない。
せっかく運動習慣が付きかけたが、風邪が治まるまでしばらく休まざるを得ないな。

ダイエット中...

2週間程前から、何気なくダイエットを始めていた。

今の所実施しているのは、

①揚げ物やラーメン、菓子パン等、脂肪が多そうなものをなるべく避ける。
②バイト先から徒歩で帰宅。(バイト先から家まで大体9~10km位。雨の日は無し。途中でトイレ行きたくなった場合は中断している。)

この2つ。

今の所、あまり効果を実感できていない。まあ、たったの2週間だけど。
徒歩で帰宅するのは、寒くてしんどい割にはあまり意味が無い様な気がしてきた。運動の強度が低すぎるのかもしれない。

運動の強度を上げる為に、朝のランニングを追加する事を検討している。後、筋トレも始めたい所だ。
ただ、あんまり気合入れすぎると長続きしない気もする。
とりあえず、身体のぶよぶよが取れるまで続けられればいいな。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ