キマグレなヒトリゴト: IN PERTH

オーストラリアはパースから映画情報やらその他もろもろ。

はじめまして、管理人のminoriです。
オーストラリアのパースに在住しています。

プロフィールと詳しいブログ案内はこちらをご覧くださいませ。
http://blog.livedoor.jp/yamatominori/archives/1038552735.html

皆様のコメントやTBお待ちしております。

だいぶ遅くなってしまいましたが…

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年を迎えてから何かと身の回りに色々変化があり、変化についていくのに必死です。うまいこと回っているはずなので、このまま流れに身を任せてやっていこうという所存です。

今年はもっと映画を見れたらいいな。

皆様、今年も楽しく過ごしていきましょう。

お久しぶりになってしまいましたが、パースは暑いです。

昨日は42度まであがったそうで、外出た瞬間後悔するような日差しでした。最近はクリスマス前なのでやたらとショッピングセンターが混んでいまして、駐車場を探すのに一苦労なんです。それでも用事があったので近所のまぁガラガラなショッピングセンターに行ったものの、初めて駐車場でぐるぐる回ってしまいました。

そしてその後はラッピング地獄。こっちはラッピングしてくれないから自分でやらな…。

image
こなれてきましたよ、ラッピングも!



そんな中、とうとう終わってしまった逃げ恥。

ええ、御多分に漏れず私もはまりましたよ、逃げ恥。

みくりちゃんの可愛さ、ゆりちゃんの生き様、とても楽しみにしていたのに、終わるなんて寂しいーー。カピパラさんももっと観察したかった!!

恋ダンスも流行っているみたいですねぇ。うちのめいっこちゃんも踊るみたい。かわいい!ガッキーの笑顔がたまらなくかわいいです(おっさんか)

一応ネタバレになるかもしれないのであとは続きに。



ランキングに参加しています。ポチットしてくれると励みになります

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





続きを読む

メルボルンシリーズ第9弾。

昨日はドックランドといっていましたが、予定変更。今回はちょっとCBDから離れていきましょう。
っていうか郊外はこの旅行でここしか行っていません…。
(フィッツロイは一応サバーブですが、わりと近いですからね)

目的地はBrighton Beachです。
ここはカラフルなShacksが並んでいます。
Shacks、すなわち掘っ立て小屋です。ビーチハウスとか色々呼び名はあるんですが、オージーたちはシャックスで呼んでたので、この言葉を覚えておけば、道を聞くとき楽かもしれないですね。ちなみにここにたどり着くまでに写真撮るのは忘れましたが、一応家のサインが書かれた道路サインはあるものの、なかなかわかりづらいです。
昔、誰かの写真集(私の記憶ではニック加藤さんという写真家かと思ったんですがオーストラリアではなくハワイの写真集が多いですね。この方)で見たカラフルなシャックスが印象に残っていて、いつか行ってみたいなぁと思ってたので、今回行けて感動です。

出発はFlinders Street Stationから。
この駅はメルボルン、といえば出てくるアイコン的な場所ですね。馬車が絵になります。1905年から建築が始まっているようですね。すごく古い建物が素敵。

2016-11-14-11-12-34

私、かなりの数の写真を撮りましたが、これ、なかなかお気に入りです。
ちなみにこの馬車、ガイドブックには安く見積もられておりますが100ドルです。

2016-11-14-14-06-14

車がなければ、それから無理やりトリミングしたダウンジャケットの中国人(右端)がいなければ過去の写真のようでしょ。

2016-11-14-14-06-22

カラーバージョンです。

2016-11-17-10-58-44
これはブライトンビーチに行く日に撮ったやつかな。駅向かいのビル。


Brighton Beachへ行くには、このフリンダーズの駅から電車に乗っていきます。先日登場したMykiを使い13番線から(この日はそうですが毎日そうなのかな)Sndringhamラインに乗って揺られて約20分です。

image

これ、後でも話しますが、とあるブログにBrighton Beachで降りて、という記述なんかがありまして、(ガイドブックを信じればよかった)行ったらたいへんなことになりましたので先に書きますが、距離的には、

Middle Brightonで降りてください!!

先にも書きましたが、ここ、なかなかわかりにくいんですよ。

というわけで電車で20分、パースからフリーマントルに行くぐらいな時間なので近いですね。ビーチの近くにカフェもあるだろうから、帰りに行こうね、などと話をしながら、Middle Brightonをすぎたあと、どんどんどんどん走っていくので嫌な予感がします。ここ数日毎日15キロくらいは歩いているのでなるべく足の痛みを減らすために歩きたくないな、と思っていただけに、このどんどんどんどん過ぎていく時間が長く感じました。実際どのくらいなんでしょうかね。

image

電車内の様子など。

そして降りたところがBrighton Beach。繰り返します。ここだと遠いです

見渡す限り、カラフルなシャックスもなければ海も遠くに臨むばかり。そして左右どちらにもビーチが広がっているのでどこに行けばいいのかすら謎。さっきMiddle Brightonでビーチの恰好をした人がぞろぞろ降りたときに、なぜ、降りなかったのか、私。あのブログを書いた人、軽く恨みます。勿論行けなくはないんでしょうが、あの電車で走った数分の距離、人間の足だととんでもない距離ですよ。

だいたい、降りた人みんな明らかに「ザ・観光客」。アジア人多いし。明らかに韓国人とかいるし。だからこの人たちについていったところで「効率よく」たどり着けるとは思えない。

そう。
「効率よく」「合理的」「無駄のない」
このキーワード、私にとって基本とても重要です。
人生なんてね、回り道でいいんですよ、などと思うこともありますが、基本考えてしまうんですね。

特に!
この日は足が痛かったから無駄足は踏みたくなかったのです。しかも暑いし。

だからいずれ着くだろう、というのはわかっています。そんなん着くでしょう、駅通ってきたしね。だけど、そこにたどり着くまでのプロセスは大事なんですよ。ここんところを同行者はあまり理解していないんですね。だから「ローカルに聞いてみよう」という私の提案には難色を示すわけです。(暗にお前が聞け、と言っている)ググってみよう、というのも難色を示す。もう(怒)と負のループ。元はといえば私があのブログを信じたのがいけないんですが、そこはさておき。

ちなみに方向感覚に関して言えば、多分私の方がずば抜けていい模様。なのでこういう場所を探すのは全て私に投げられているんですが、私はネイティブじゃないですからね、聞くのめんどうくさい(別に聞けるけど面倒なだけ)。あと、たまには探すのサボりたい。連れて行ってもらいたい、という気持ちもございました。

そんなこんなでローカルに聞くことで「ざっくりとした」方角はわかりましたので歩き始めます。


image

まったく見えません。

遠くにメルボルンのCBDがぼんやり見えます。
パースはあの半分もございません。

2016-11-17-11-45-17


てくてくてくてくてくてく。

これ、FFやドラクエだったら一体どれだけの敵に遭遇しただろう、というくらいの距離です。レベル3つくらいあがりそうです(相当遠い)

そしてとうとう!

あーーー!
見えてきた!!

2016-11-17-11-57-37


足の痛みも忘れ、テンションあがります。WooHoo!!

そしてすごい人ー。
いっぱいあるー!

2016-11-17-11-58-12
これはバックショットですね。テンション上がってたから正面じゃない写真も多数(笑)

2016-11-17-08-58-27

こんな感じでずらりと並んでいるんですよ!圧巻ー。

2016-11-17-08-59-15



2016-11-17-12-02-10

こんなんもありました。浮世絵風?

2016-11-17-12-04-38

私のお気に入りはこれ。絵じゃなく、木で作られてるのかな。

2016-11-17-12-03-26

オージーらしい配色とカンガルー。人気作品なのにローカルが使用。おばあちゃんが、あら、私人気スポットに座ってたのかしら、ごめんなさいね、といいながら避けています。

2016-11-17-12-05-42

珍しいぼんやりとしたパステルカラーのものも。

一番お気に入りのところで写真撮りたかったのですが、人に頼む手前、適当なところで撮りましたが、みんなの本命はここでしょう。↓

2016-11-17-09-06-47

そんなわけで帰りはMiddle Brightonに向かって歩きます。
これまた住宅街を抜けていくので、GPSがなかったら迷うかもしれません。

2016-11-17-09-18-04

これはどちらかのお宅かも。

そして待望のランチはこちらで。


Cafe Florentine 
22-24 Church St, Brighton VIC

image

2016-11-17-09-47-07

私のはバジルのスクランブルエッグ。美味しかった!

2016-11-17-09-47-14

バナナ好きの同行者は迷うことなくこのローストバナナのポリッジ。
美味しかったけど甘かった。

というわけで郊外小旅行。またCBDに戻ります。



ランキングに参加しています。ポチットしてくれると励みになります

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





このページのトップヘ