そろそろ書かないと忘れてしまうので去年の映画のベスト10でも書いてみようかなと思います。
久々に映画館、および映画に復活した昨年、2015年、日本にいたころに比べたら全然見てはおりませんが、まあそれでもこちゃこちゃ見たので、ランキングでもしてみようかな、と思った次第です。

レビュー書いている作品はリンクを貼っていますが、結構トップなのにも関わらず、書いていません、というやつもあるので、また気が向いたら書きたいと思います。あと、DVDなんかで見てる関係で、少し古い物も混ざっていますがご了承くださいませ。

じゃあでは10位から!

10: ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション



2016年、なかなかスパイ映画が豊作だったんですが、私、こういう単純に楽しめるやつ大好きなんですよ。ありえなさそうであればあるほど好きですね(笑)

9: キングスマン

 

ほら、またスパイ(笑)でも私、007見れなかったんですよ、時間合わなくて。イギリスのほうがお好みなので、MIより上位。JBがつぼだったので、いつかにゃんこでも飼ったらJBと名付けます。

8: フォックスキャッチャー



不穏な感じがいい緊張感を持って続く秀作。チャニングはコメディなイメージだったので(あ、勿論スティーブ・カレルも!)ちょっと新鮮でした。実話かー。

7: ブリッジ・オブ・スパイ



またスパイもの。これもまた緊張感あふれる渋い作品でした。なんとなく、あのロシアスパイに感情移入しちゃう、不思議な作品だったかな。スピルバーグとか、トムハンクスとかそういうのを強調しないほうがいいかもしれない作品ですよね。

6: Housebound



これは意外な拾い物なNew Zealandからのホラーコメディ。私はとても楽しくて好きでした。

5: 小さいおうち



ちょっと古い映画のエントリーですが、とても好きだったので。うちのじいちゃんがよく「ライスカレーを食べた」「トンカツを食べた」とか言ってたのを半信半疑で聞いてたのですが、これを見て、あったのかもなぁ、と思ったわけです。松たか子さん、よかったー。

4: フレンチアルプスで起きたこと



この映画をテーマに結構お話できる、なかなかの問題作。相当語れますよね、ほんとに。ハリウッドでは絶対ないこの作品だからこその上位。

4: セッション



すいません、4位二つ!どうしても!外せなかったこの作品。という訳でズルをしました。いやー音楽ってすごい。圧倒されっぱなしでした。

3: おみおくりの作法



Still Lifeという原題の方が私にはしっくりきますね。静かな作品ですが、小物もなかなか利いていたり、毎回食べ物もらっちゃったり、そういう細かいところまでよく出来ていたと思います。

2: コードネーム U.N.C.L.E.



The Man from U.N.C.L.E.ですね。これまた原題の方がしっくり…。私の大好きなガイ・リッチー。最近いまいちだったんですけどこれ、久々によかったんですよね。リメイクらしいんですけど、いい感じのガイ・リッチー色がたまらない。スタイリッシュなオトコマエが出ているのも魅力的。もう一回ちゃんと見て、感想また書きます。

1: はじまりのうた



少し時期的に古い映画ではありますが、一番好きでした。こういう音楽映画はやっぱり好きです。キーラの新しい魅力も光っておりました。なのでNo1!

とまぁ以上です。そのほかノミネートした作品は
ネブラスカ - ちょっと古かったのでランクインせず。
バクマン。 - 賛否両論ありますが、私は好きでしたよ。
ゴーンガール - 女子って怖いー。
サンドラの週末 - サンドラにはまったく共感しませんがいい作品
エクス・マキナ - なんか新鮮。アート!
Mr. Holmes - ホームズのその後。シャーロキアンとしてこの作品は外せない…。
横道世之介 - 青春の甘酸っぱい感じ。誰の胸にもこういう思い出、あるのかも。

以上が2015年まとめです。今年もいい映画に出会えるといいなー♥


ランキングに参加しています。ポチットしてくれると励みになります

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村