には程遠い…身体中が筋肉痛の山崎です(>_<)

皆さん、おはようございます(^^)
あまりの筋肉痛に、少し悲観的な入りになってしまいましたが…山崎の身体以外は、天気も良く暖かくて爽快な朝です!!今日も一日頑張っていきたいと思います♪


さて、今朝は気になる記事が一つ…

それは、「ヤクルトで初指導!!江川コーチ!!」というものです。

江川 卓…プロ野球界の先輩でもあり、実績もあり、そして1978年のドラフトでは、「空白の1日」というあの有名な江川事件を引き起こした人物である。そして現在は、確か「スポーツうるぐす」なる番組のMCであり、辛口(?)評論や「江川な人」というコーナーで人気(?)の野球評論家…

そんな江川氏と山崎は、昔からの阪神タイガースファンの方ならご存知かもしれませんが、ちょっとした因縁があります。
説明しましょう。それは1994年、山崎がプロ4年目の東京ドーム・対巨人戦でのことであります。
その年は開幕から先発ローテーション入りしていた山崎。ついに巨人戦での初先発マウンドの機会が与えられました。相手は憧れの巨人(申し訳ありません(>_<)山崎は超巨人ファンであります)。この先発が決まってからはかなり緊張していて、当日は足がガクガク震えながらマウンドに登ったのを、今でもはっきりと覚えています。
普段は強気で超プラス思考の山崎も、何せ相手は巨人。この年もダントツの首位を独走しており、落合さん(現中日監督)や松井選手(現ヤンキース)が主軸を打つ強力打線が相手では…「巨人戦は全国中継だし、せめてテレビ放送が始まる19時までは投げなければ…」などと、かなりの弱気な考えも頭に浮かんだりしましたよ、正直…

さて、試合が始まりました!
山崎、立ち上がりこそは143キロ〜144キロのストレートと鋭いスライダー(以上、あくまで自己評価)で巨人打線を封じますが、3回辺りからスピードが130キロ近辺まで下がります…なんと!?、中指の指先の皮がベロンと捲れてしまったのです!

「やべぇ、どうしよう…投げるの代わってもらった方がいいかな…」と思ったのですが、「行けるところまでいこう!気合いだ!」と気持ちを強く持ち投げることにしました!
血染めのボールを操り、痛みを堪えて投げ続けた結果…


2ー0の完封勝利☆
対巨人戦初先発初完封! この時ばかりは、「俺って強運持ってるなぁ」って勘違いしましたよ!

試合後のヒーローインタビュー(もちろん全国中継(^o^)v)を終え、バスに乗り込めば先輩方からは称賛の嵐!!!宿舎のホテルの部屋の電話(この時は携帯電話をもってません)にも、祝福コールが鳴り止まず…

一晩で、アッと驚くほど世界が変わりましたねぇ、あの時は♪

そして次の日、グランドに出ても皆さんが声を掛けに来てくれ祝福され、昨晩からの余韻を楽しんでいるところに、とある新聞記者の方が一言ドカンッ…

記者…「昨日はおめでとう!でも、テレビでの江川さんの発言は、どう思ってるの?」
山崎…「はい?何のことですか!?」
記者…「実は昨日の放送で、かくかくしかじか…」

解説の江川さん、テレビ中継で、「こんな打撃投手みたいな投手の球を、巨人打線が打てない訳がない。もし抑えられるようなら、僕は解説を辞めますよっ」という内容の発言をしたらしいのです…挙げ句の果てには結果を見て、「まぐれでしょう」とまで言ったとか言わなかったとか…
山崎…「えっ、そうなんですか…」
あまりに衝撃的な低い評価に、それまで天にも昇るほど良い気分でいた自分はいなくなってしまいました(>_<)


続編はまた練習後に書きます!
今日もチームのために頑張って投げるでぇ!
ではまた☆