全身筋肉痛の中、今日は赤星選手・今岡選手・大和選手・桜井選手・庄田選手に全部で約30分間ほど投げてきましたよ!
いやぁ〜、最後の20分間は、フラフラで死にそうでした(>_<)(お前、ほとんどフラフラやないかぁチーン♪by髭男爵様より)

では、江川氏発言の続編です!

当時はかなりの巨人ファンであった山崎。もちろん江川氏のことも知っていたし凄い人だと思っていましたが…

その発言を聞いて、江川氏に対する尊敬の念は冷めましたね、一瞬で(-_-)


こちらは指先の皮が捲れた状態で投げて(本当はそれは威張れることではないのは分かっています・調整不足です)、四苦八苦しながら掴んだ最高の結果をバカにされるとは…
指先のアクシデントのことは、その時は中村監督と投手コーチ・捕手の山田さん(現楽天コーチ)しか知らなかったことなので、江川氏からしてみれば解説しながらあの遅いボールを見れば、確かに打撃投手の投げるボールのように映ったのかもしれません。そのことに関しては、何も反論する気はありませんよ、山崎は。
ただ、結果が全てのプロ野球…叱咤されるのは山崎ではなく巨人打線なのでは?別に、完封した山崎を褒めてくれとは言いません。しかし、いくら日本テレビの放送とはいえ、身内贔屓も甚だしいとは思いませんか?そして、「抑えられるようなら、解説者を辞める」という発言をしながら、もちろん辞めるわけでもなく何事もなかったかのようにやり過ごす態度。
マスコミの方や知人などには、「僕は全然気にしてませんよ。」と平静を装っていましたが、実は心の中ではハラワタが煮えくり返っていましたよ(怒)

江川氏の人間性か善いのか悪いのか、性格が良いのか悪いのか…僕は今でも分かりません。
ただ、今まで記述した内容と、スポーツうるぐす番組内の「江川な人」で説明している江川氏を見て、「この人の野球観はおかしいんじゃないのか?」とずっと思ってきた山崎でありました。

江川氏との因縁話がだいぶ長くなってしまいましたが、今朝は何が気になったかと言うと、江川氏がヤクルト投手陣に何をどんな風に教えたのか!?ということでした。江川氏の野球観を疑問に思っていたので、「この人は、どういう風に人に教えるんだろう?巨人の監督やコーチに呼ばれないのは、そこが問題なのでは?」とずっと先入観を持っていたのです。

そんな先入観を抱きながら、今朝のスポニチのその記事に目を通す山崎…


「良いこと言ってるなぁ!納得!」(僕に偉そうに言う権利はありませんがね)…率直にそう思っちゃいました☆短い記事でしたが、さすが大投手と呼ばれた人だなと思っちゃいました!

「先入観は罪であり悪である」と、昔に野村監督(現楽天監督)がミーティングしてくれた言葉を思い出しました☆
「人は話せば分かり合える・話し込めば理解し合える」、これが僕の信条です。いつか江川氏とお話してみたいなぁという夢が、今朝スポニチを呼んで芽生えましたよ!

僕なんか、江川氏に相手にされないとは思いますが…今はいつかそんな日が来ることを願っています☆☆☆



今日で第一クールは終わり!明日は待望の休日!ひたすらグッタリしとくでぇ〜(腹田109君、江草君、麻雀に誘わないでね!山崎は麻雀の誘いの断り方をしらないから(^^))


ではまた☆