Ancient Rider

魚部屋付きマイホーム建設完了!2700×1000×900FRPタンク導入!

鯉子の選別作業

鯉子は毎日50匹は投入してきました。
そろそろ減ってきたかと思い、900水槽から600水槽に移そうと全て掬ってみました。












その際、弱っている子を選別しました。
選別役は娘

いい仕事をしてくれます。

生き物に触れられる子であって欲しいので、これも教育の一環です。

もっと自然を感じられる機会を作りたいのですが。



そこで良いヒントを見つけました。













ある公園にあるメダカ池












メダカがいますが、トンボが飛んでるからヤゴもいるでしょう。
カエルがいればオタマジャクシも出るでしょう。
こんなナチュラルなビオトープを作りたいのですが。
メダカにザリガニにサワガニなんかが自然に増える池
ザリガニ釣りがしたいし、増えればアロワナの餌にも出来ます。

そんな池を作りたいので、只今計画中。


遠方よりナイスなプレゼント来たる

ずっと以前に書きましたが、結婚したら、親類に鯉の養殖をやってる方が出来ました。

今日、サプライズプレゼントで、鯉子がたくさん届きました。

たくさん












業者の仕入れかの如く。

ひさびさの生餌で嬉しいのですが、
この量維持するのは至難の技。

冷凍がいい方法なのですが、先日、魚部屋の冷凍庫を家庭用に上げてしまったのです。

冷凍できません。

可能な限り生餌として管理します。

とりあえず、燃料にビールとウィスキーを入れました。

子供が寝たら作業開始です。

しかし。

最近、10時には眠くなること必至。

以前のように夜更かし作業が出来なくなりました。

ブログの更新もままなりません。

歳とったかな。


金魚水槽一新

1200水槽2段の育成水槽が一つ空きました。
もう今の所、新たな大型魚を導入するつもりがありません。
上段は、バラムンディとレッドテールの育成にもうしばらく活躍しますが、下段はどうするか。

よりスマートアクアライフを目指し、金魚水槽として回していた900水槽をたたみました。

娘と金魚掬いしながら1200水槽へ移しましたが、随分大きく育ちビックリしました。











和金の力強さはいいですねぇ。
柄の変化も面白い。

四季のない室内飼育なので繁殖もないですが、病気も起きにくく、すっかり安定しました。

死なせてしまった更紗オランダシシガシラの立派なやつが欲しいなとか思います。

最高のやつは金魚の概念が飛ぶ美しさでした。

大型魚にはない繊細な美しさを楽しめる歳になったのか(笑

和柄の良さも感じるこの頃。

金魚、いいですねぇ。
ホムセンで選ぶ金魚餌
ホムセンでも何種類もあり、面白いのです。
今は、その中では最高級のランチュウ用を与えています。
色揚げ重視。
一応。

老後は金魚かな。

金魚は未だ熱い!

予備軍出戻り組

メイン水槽デビューに踏み切ったものの、洗礼により生気を失いつつあったバラムンディとレッドテールを再度育成水槽に戻しました。












レッドテールは深い傷も負い、ヤバいかと覚悟もしましたが、少しずつ水換えし、動きが活発になってきた頃の少量餌やりで死なせずに済みました。

飼育スキルが上がっているような、雑になったような。
いつまで経ってもこんなことを繰り返しておりますね。

もう一度出直します。
予備軍も私も。

私的には夏の風物詩

夏の連休
只今6日間の連休中

僕の夏休みばりに動き回り、もう3日が過ぎました。

今日は、夏こそ出来る風物詩
メイン水槽の大掃除に取りかかりました。









何と言うか、これは、とても変態な様子だと思うのですが。

最初怖いんです。
決して可愛くなかったです。

普段見ているのと、足下を泳ぐ姿はまるで違って、意外に大きくて。

自分で、こんなん飼ってることが変態に思えてきたり。

後半慣れてくると、どかっと座ってみたりして、魚が邪魔だと手でどけてスキンシップです。なおさら変態に。

最終的に3分の2近く水を抜きました。















FRP面のコケは頑固で、かなり時間がかかります。

無理でした。
なんか良い方法ないでしょうか。
凹凸が多いので何か方法見つけないと無理です。

今更気付いたのですが。
いつも黄色味がかった写真になっていたのは、水が黄ばんでいたのですね。
たくさん水換えしたらクリアになりました。

しばらく照明消してコケの死滅を目指しましょうか。

予備軍混泳の結果

少し前に予備軍をメイン水槽にデビューさせました。
やはり傷が絶えず。
ナイフフィッシュは無傷、餌食いも良し。
パールムは1日目傷を負いましたが、元気。
バラムンディは、大きな傷はないものの、艶がなく、餌食いも悪い。ビビって馴染めません。
レッドテールキャットは昨日、なかなかの傷を負ってしまいました。
ちとヤバい。

今日、バラムンディとレッドテールキャットを1200育成水槽に戻しました。
そのストレスにも耐えられるか。

全てアリゲーターガーの仕業です。

アリゲーターガーがいなければ全く問題ない気がします。

問題児のまんまです。

アリゲーターガーがいなければ、他のガーももっと大きくなったのでは?
と、ふと複雑な心境に。

アリゲーターガーはアリゲーターガーだけで飼うのがベストだと悟りました。

出戻り軍の回復を祈ります。

少年の心で

今日、街に出掛けました。
床屋です。

そこにシマネトリコ?シネマトリコ?の木がありました。
その根元でカブトムシのオスを発見。

我が町ど田舎さんかんぶでも近年カブトムシを見る機会が減りました。
せいぜいコクワガタのオスメスを見るのみです。
昔は街灯下に全種類いたものです。
いや、オオクワガタは見たことないですな。

カブトムシなんてホムセンで売ってるのを見るくらいでした。

DSC_1014


なのに!

驚いた!

この木、カブトムシのオスメスが計10匹はくっていてるんです。

今年、突然毎日こうなったとか。

シマネトリコ?の樹液が好きらしい。

うそぉ。

しかし、クワガタはいません。

カブトムシも色々のようです。

しかし、少年の心は消え去らず、思わず興奮して全部捕まえる算段をしている自分がいました。

結局、そっとしておくべし。
と、大人な対応で帰ってきましたが。

生き物採集は今でもワクワクいたしますね!

シマネトリコ植えたい。

我が家の相棒

生活の必需品に相棒感を感じます。
メインの家電みなそうですが、中でも調子の良し悪しがあったりと生き物感が強いのが掃除機さん。

我が家の掃除機さんは、もう5年の付き合いになります。
吸引力の落ちないただ一つの掃除機全盛期の二番煎じ国産パックレス掃除機。
吸引力はそんなに必要なくね?
パック買わなくていいのは便利じゃね?
ということで、性能、価格が真ん中ら辺りの機種を選びました。

コンセントの付け根が断線し、コンセント部分を取り換え使ってきました。

フィルターの掃除に手をかければ絶好調
サボればすぐ息が上がります。

なかなかの生き物感に最近は逆に買い替えを躊躇するようになりました。

いつの頃からか、ベッド部分のグルグルブラシが動きません。

いよいよ買い替えが脳裏をよぎりましたが、車を古いものに買えた結果、自分で修理して使い続けるべき精神が芽生え、意を決してベッドの分解に挑みました。
ばらして掃除してもモーターは動かない。

DSC_1010


更にばらすと、断線を発見。
繋いで絶縁テープで補修したところ、機能回復を果たしました。

これは楽しい!
さらにリフレッシュするべく、今度はフィルター類を徹底的に掃除してみようと思います。

師はおっしゃった。

「物の完成度を上げるために手を加える」
どうやらカスタムとはそう定義されてもいいようです。

万全の状態に戻す、維持するもまた、カスタムの定義からは外れてはいないのでしょう。

使い捨ての時代に自分が満足いく、自分が満足出来れば良い手の加え方は、決して純正への冒涜ではないと結論付きました。

そして、可能な限り自分の手垢をつけることも大切なようです。

それだけで物思いになり、使い続けることに繋がります。


長く使える良いものは修理を前提に作られたものでしょう。

開けることを想定してないような物はパッチンパッチン不親切に噛ませているだけ。割れれば終わり。
ドライバーで確実に開けられる構造こそ親切では?

我が家の相棒掃除機はどうやら素晴らしい製品だったと言えますな。


これからもヨロシク!

祝!納車

DSC_0988


アクアリストには車好きが多い気がいたしますが、なぜだか私はこういう方向にきました。

高いか安いか、この車の価格は人それぞれであります。
高い買い物かと言えば、車を買い換える場合では、軽自動車の新車並。これは車を買うにしては決して高くないと思われるはずなのですが、古くて汚くていつ止まるか分からない物だと、理解を得られません。

DSC_0991


しかし、時間をかけて手直ししてもらう過程は、初めてであり、とても素敵な時間でした。

かなり綺麗に仕上がり、大満足で喜んでいるのですが、冷静には「何やってんだかオレは…」と、自分の人生が心配になります。

でも今やりたいことは今やらないともったいないと思うのですが。

明日からもしっかり働きます。

奴らのデビュー

写真が上手く撮れないので報告まで。

いよいよ、モンスターフィッシュ予備軍をメイン水槽にデビューさせました。

アリゲーターガーに殺られないかだけが気がかりです。

アリゲーターガーが腹ペコにならないように餌やりをしっかりします。

それでも。

心配でなりません。


早く大きくなって下さい。


Archives
  • ライブドアブログ