Ancient Rider

魚部屋付きマイホーム建設完了!2700×1000×900FRPタンク導入!

片付く極意

玄関て、なんだかごちゃごちゃしますよね。
靴なんかだんだんと増え、みんな出しっ放しになります。

片付け先があることと、片付けたくなる意欲を増す工夫が必要です。

そこで巷のアイデアを真似てステキな玄関を作りました。

IMG_1636
安物本棚がもともとありました。
本棚として使っていましたが、震災時には倒れる気満々な立ち姿ゆえ、心配しておりました。

本もそれほど大事なものはなく、自慢げに並べるほどでもないものばかりです。

いらない本を処分して、他を屋根裏に隠しました。

本棚を靴箱にする発想です。

こうやって収納してみると、小学生辺りの下駄箱感覚が蘇り、つい帰ってくると下駄箱に納めたくなります。
自然と玄関が片付くのです。

子供時代に習慣化した行動を取り入れると生活は変わるかもしれません。

IMG_1638
見事に片付いた玄関。

こうなるとステキな空間にしたくなります。

IMG_1639
無駄に家具を配置してみました。

実用性はありません。


ところで!
IMG_1637
下駄箱の上の箱二つ
こんなアイテムがオシャレ感をアップさせます。
でも改めて買うのは馬鹿らしい。

そこで見つけた、スーパーの無料ダンボールコーナー。
輸入果物なんかの箱は時にステキなものがあります。
少しは凝れよ日本

見つけ次第頂いてくるわけです。

作りがしっかりしており、収納に最適。

綺麗な玄関になり気持ちがいいのであります。

IMG_1634
今日はわが町の祭
花火も上がりました。
過疎化の進む山間部にて祭を盛り上げようとする頑張りが見れました。
規模は小さいながら、とても綺麗で感激しました。

過疎化と高齢化は大きな問題です。
町が氷山に向かうタイタニック号のように思えることがありますが、なんかちょっと安心する機会でした。

町の活性化に貢献しましょう。





夏休みの工作

娘がリカちゃんのお家を作りたいと。

なんでも自作は良いことです。

ダンボールを調達し、いざ開始

IMG_1596
出来る限り手を出させます。
カッターも手伝いながら使います。

出来ました。

IMG_1598
片流れの屋根付き2階建て

1階には照明を吊るしてみました。

IMG_1597

屋根はこうして開きます。
これで2階も遊べます。


日頃、色々作ることを考えていると、アイデアが子供の頃とは違ってきます。

ダンボールの性質を考えて強度の弱い方向には補強を入れたり、寸法をしっかり測りながらやったり。

そういう手順が結果的に効率良く、完成度を上げることに繋がるわけです。

子供との遊びに手を抜かないことが、子供の学びの質を高めると思います。

一緒に楽しむから出来ることです。


なんでも楽しむ姿勢こそ大事ではないでしょうか。


そろそろ大人の遊びに没頭したいもんです。

このままでは子守で夏休みが終わってしまうぜ!





ぼくの夏休み

ただ今1週間の夏休み中なり

普段出来ない大きな片付け事をやっつけるための休みであって、決して世間のイメージするバケーションではありません。
逆に贅沢ではありませんか?

片付けを午前にこなし、午後は娘とリアル"ぼくの夏休み"へ出かけます。
昔あったプレステゲーム"ぼくの夏休み"
あれ好きだったなぁ

大人になったら子供をダシにできるから体裁は保たれ、それどころかイクメンと褒められますからいいもんで。



IMG_1558
定番虫捕り
IMG_1561
デッカいバッタ
感激です。

IMG_1565
夏休みの景色です。


次の日
IMG_1589
暑いので涼みに川へ

IMG_1571
可愛いカエルの子
何ガエルだか。

IMG_1572
IMG_1574
ちゃんと逃しましたよ。
下手に持ってきても死にますから。

IMG_1586
サワガニも捕りました。

しかし。
IMG_1591
サワガニはワザワザ山行かなくても身近にいるもんで。
ここ。
IMG_1592
我が家の真ん前。

山人


IMG_1588
山のお供に240

北欧の森のよう。

我が街から出ない1週間の夏休み

地元再発見!

出かけるばかりが連休ではないですよ!









メダカ水槽リフレッシュ

屋外飼育と言うのは変化に富んでいてなかなか面白い。
IMG_1594

もう真緑色の緑水

飼育の上で問題はないですが、玄関に置いておいてこれは見栄えが悪いとクレームがきました。

妻より


そこで、見栄え改善に水槽リセットに踏み切りました。

水量多いんで排水に時間がかかって大変です。

メダカを捕まえるは娘

IMG_1593
即席垂れ流しプールにて涼みながらの参戦

すっかり生き物に触れることに抵抗のない娘

躊躇ありません。

IMG_1595

リセット完了。

四季のある水景がこの水槽のテーマなんで水草も春にはまた蘇るものを入れたいのです。

屋内飼育では味わえない面白さを感じたいと思います。



初対面 蝉の幼虫

桃栗3年蝉7年?
そんな言葉がありましたか?
いや、柿か?

蝉の幼虫はなぜあんなにも長く土中に篭るのでしょうか。
下積み時代が長いにも程があります。

ある意味寿命の長い虫だと思いますが、ちと人生のペース配分を間違っているような。

長い土中生活から人知れず陽の下に現れ、急いで羽化して、フィーバーし、全力で陽の目を感じてあっという間に散ってゆく。

そんな蝉の前夜祭

土から出てきて最初の旅を目にする機会はほとんどないのではないでしょうか。


IMG_1536

初めて見ました。
羽化前の蝉が歩く姿。
これまで抜け殻以外見たことなかった。

道路を横切る姿に思わずカメラを向けた!
見守りたかったが、後ろから車が。

思わず手に取り草むらへ。

前夜祭に交通事故で散るところでした。

これを来週にはどうせ散る命とほっとくことは出来ませんでした。
陽の目見て飛ぶこともなく終わるとはあまりに寂しい。

ただ。

やはりその人生ペース配分はどうなのか。

太く短くとは言え、一度きりの人生に変わりなくとも、生まれた意味、生きる目的を考えさせられる出会いでした。







volvo in IKEA

volvoオーナーになり、スウェーデン🇸🇪が好きになりました。

人口なんて日本の10分の1ほどの決して大きくない国である。
スウェーデンはヨーロッパの日本と言われるようで、国民性に似通った部分があるらしい。

自国、自分への誇りが高く、探究心から学ぶ姿勢が育つ教育がなされているようだ。
オリジナリティがあって世界に誇れる物を作ることが出来る国と言うことです。

行ったことのない国スウェーデンですが、私の好きなもの2つを産んだ国と言うわけです。

まぁボルボなんですが、優秀な日本車は誇るに値するのですが、なんでしょうね〜
ボルボのCMってドンピシャリ、私の嗜好にハマるんです。



今テレビで見るCMですが、
車椅子単体を主張するのでなく、ライフスタイルにボルボがいること素敵でしょ?ってスタンスなんですね。

屋根に何でも載っけて出かけなよ!
別にどでかい車で目立たなくたっていいでしょ?
って。

身につける物に質素なカラーリングを好む国民性が現れるのか、ボルボはどんな場所にも似合う。
都市でも山でもどの車種も似合う。

人生を積極的に楽しむスタンスが感じられるんですね。

スーリーなんてキャリアメーカーがあるんだから車に求めるものの考え方がちょっと違うんでしょう。

安全性を第一に、使い勝手を優先する。

結果的に産まれたデザインが素敵である。


すっかりボルボファンである。


そして次に好きなIKEA

まさかね〜スウェーデンだったとは。
面白い作りですよ。
ショールームから始まりイメージさせて、巨大な商品棚から自分で取ってくる。
そして会計はベルトコンベアに自分で載せる。

購買欲求は刺激され、買い物したって満足感が強い!
私にとっては夢の国に行ったかのような満足感でいつも帰ってくる。

必ず予算オーバーとなるのは、ディズニーランドと同じであります。

シンプルで素敵

オシャレって言葉じゃ収まりません。


これ、スウェーデンのスーパーらしいですが、
nanigautteruno2
空間トータルで素敵
なんでこんなに素敵に見えるのか。


小さな物からデザインが考えられているからか?


方や日本のたまご。


違うんだよなぁ。

プラスチック包装だらけの日本では、何かこうグッとくるものが足りない。

そういうところなんでしょうな。

良くも悪くも日本

優秀ですよ。プラスチック包装。
確実な製品維持方法でしょう。


日本の優秀さ➕αで更に面白いのに。

このαこそ人生を積極的に楽しむ姿勢ではないでしょうか?

勤勉大国日本

ゆとり世代などと言いますが、ゆとりをはき違えちゃいませんか?

良く遊ぶために良く働け
良く働くために良く学べ

じゃないですか?

楽しむゆとりがあれば能動的な勤勉さが現れると思うわけです。

積極的に人生を楽しむと言うのは楽しいことして生きると言う意味ではありません。

困難も含めて能動的にチャレンジして、小さなことも素敵と思おうとするやはり能動性

No passive Go active

とでもいいましょうか。



長くなりましたが、
早い話が、
IMG_1520
volvoでIKEA行けて嬉しかった話です。





夏真っ盛り

これぞ夏

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

山間部の我が家は世間よりはマシ

アクアリストにとって夏は水温との戦いであります。

都市部では水温34度を超えるとか。

軽い温水です。

我が家のメイン水温はMAXで31度程。

対策なしですから、まぁ余裕。

扇風機を水面に当てれば30度を切ります。

メイン水温下の金魚水槽はまさかの27度

最適です。

メイン水温はポンプの熱意で水温が上がり、保温性が高く水温が高まりやすいですから、冬場は重宝。

魚達も活性が高く伸び盛りです。

IMG_1527
筆頭がやはりこの子。
65cmを超えて来ました。

流石です。

IMG_1524
ナイフも60程

でかいナイフは素敵です。

IMG_1526
他は変わらずですが、皆元気です。

餌量を下手に攻めない限り、トラブルはそうそう起こらないことが分かってきました。

つい、熱が高いと、毎日せっせとあげすぎますが、そうしなければ、水も濁らず安定します。

人為的操作で影響を与えるのはやはり餌やり

ベテラン飼育者が長年育成できるのは、落ち着いた飼育スタイルだからではないでしょうか。

しかし、まだまだ夏本番。

気を抜けません!




役割をしっかりと全うしてこそ

プレコ好きならまだしもですよ?

時に他の者の体を舐め回して殺しかねない、役割を完全に忘れ、のほほんと餌を抱える不気味な形したセルフィンプレコには、これまで色々世話になってきましたが、おおよそ、働かない輩ばかりで、時には他の子を舐め殺したりと、なかなか「いて良かった!」と思うことがなく、ここまできました。

IMG_0420
50cmまで育ったセルフィンプレコがいながらこの苔模様。

期待した仕事を一切しない、がっかりの代表例でした。

そこに救世主
IMG_1087
他水槽で任務を終えた若手のホープ

コイツが本社に異動して以来、
本社の業績は最高潮

IMG_1487

以前と比べて下さい。

ほとんどの苔が処理されました。

これこそプレコの役割

プレコ好きならまだしも!
その造形にいささか嫌悪感を感じる者にとって、役割を果たしてくれるかどうかは、プレコ飼育においては愛でられるかどうかに大きな影響を与えるでしょう。

何せセルフィンプレコでかくなります。

小さいのと訳が違う不気味さです。



屋外金魚飼育トライアル

IMG_1488
900水槽を外に置いてみました。
水だけ張ってたら、見事にボウフラが湧きました。
我が家から蚊を増産する訳にはいかないと、
1匹の冒険者を送り出してみました。

エアレーションも濾過槽もない水槽では、せいぜいこのサイズなら1、2匹でしょうか。
金魚飼育の理想では1匹40Lとされているようです。
濾過あってでしょうが。

昼夜の水温差が体調不良に繋がります。
屋内年中20度以上のこれまでにはない刺激ですから、毎日気が気じゃありません。

昨日はゲリラ豪雨もあり、急激な水温低下が起きたはずです。

病気の引き金になったかもしれません。

このコメットは緋の広がりが広い割に薄い格安コメットです。

太陽光下で緋が濃くなるのか実験です。


ちょっとでも綺麗になっちゃったら屋外金魚飼育にはまっちゃいますね。

仔をとったりなんてのもいいですね!

う〜ん、池が欲しい。



う〜ん池が欲しいなぁ。


スマトラゴールデン10歳半

IMG_1484
なんの変化もありませんが、10歳半です。

報告することもないですが、元気です。

若々しいままです。

IMG_1485

体高がしっかりしたのか、小顔に見えます。

親の欲目ですが、美人です。

熟女です。



Archives
  • ライブドアブログ