Ancient Rider

魚部屋付きマイホーム建設完了!2700×1000×900FRPタンク導入!

後には退けぬ

車話が続いて恐縮ですが、こんな車の買い方は初めてでワクワクしています。

予算に見あった程度の良い車を買ってきましたが、今回は補修前提の車選びでした。

程度の良さの概念が変わります。

各部、ボロが多いですが、綺麗にすればなかなかになる原石感があります。

時間をかけて育てる楽しみと言えましょうか?
そう思っていいのでしょうか?

やっと板金開始です。
極力、樹脂製パーツを外したい要望で進んでいます。
DSC_0829

DSC_0835


DSC_0830


DSC_0836


部分補修ですがオールペイントに近い気がしますが。

素性は70年代から変わらない基本構造ですが、当時の現代化の流れであちこち黒い樹脂製のパーツが着きました。下回りは特に多く、これが良いと言えば良いのですが、30年近く経つと色褪せ、変形が目立ち、そのままとはいけません。
塗り直す案に対して、全部取っ払っちゃう案としてしまいました。
穴が残るんですが、それは埋めました。

後は、サイドの窓枠下に貼られている黒いサッシテープ?を剥がし、ボディ同色にする。
ピラー部分の黒もボディ同色にする。
前後窓枠は、後で自分で塗装剥離して、ステンレスの地肌を出し、メッキモール風にする。

70年代化がコンセプトです。


しなくていいことずくし。

でもシンプルで素敵になるだろうなぁ。


米国より届いた品物

古い外車なんて後悔するかなぁ
なんて不安もあります。

世間の口コミや評判、インプレッションが手軽に見える現代、情報を得やすいメリットがある反面、それに踊らされてしまう危険を伴います。

己の道を進め!

と言われても、それよりも他人の評価が気になってしまうものです。

特に何かしらの活字媒体だとなおさら

活字マジックは偉大ですが、ネット上の活字には、口述よりも不正確で無責任なものもあると思うべきではないでしょうか。

こと、このブログさえ、自分の思いの綴りでしかありません。

では、どうするべきか?


後悔しようとも、自分で経験しましょう!
と思っている次第でございます。


自分の道は切り開くとはカッコいいですが、
これは時に自己完結すぎるとも言えるようです。

反省ではありますが、やはり、やるかやらないかで言ったら、やってみたいものです。

我が家のメイン水槽を導入する際も、前評判では、電気代、水道代にビクビクし、諦めそうでした。

しかし、やってみたらなんてことなく、驚くような数字ではありませんでした。

やってみなけりゃ分からないな。

と、人生の教訓を得た気がします。


ということで、私周囲の評判を聞かず、清水の舞台から飛び降りるつもりで強行したボルボ生活
楽しみ半分、不安半分

この五分五分感が堪らない。



まだまだ納車は遠いようです。


さて本題

ボルボ240は外国でたくさん売れた車
実用的大衆車ゆえ、1990年代のアメリカ映画なんかには、たくさん出て来ます。

映画のストーリーに重要と言えるような役です。

そのくらいアメリカなんかでは売れたようですから、パーツは海外のほうが豊富です。

ボルボについてあれこれ調べていると、どうやら海外からパーツを買う人が多いようです。

手軽なのはebay セカイモン
日本語で海外の商品を買えるサービスです。

どんなもんか?と試してみました。


2週間後

届いた

DSC_0823


購入はヤフオクより楽でした。
いちいち出品者とやり取りする必要がありません。
その分、商品の状態など、リスクは高いと思いますが、簡単でした。

DSC_0824


こんなものを買いました。
ヤフオクじゃ高いしほとんどない。

141605927341813061178_240bumper001


画像拝借ですが、リアゲートのドアハンドルです。
私のは画像のような黒い樹脂製のものがついています。
それをステンレス?製の古い年式のタイプに変えたいのですね。

ただそれだけです。

こういう楽しみがいいですねぇ。


とりあえず初めての海外通販は、物が到着しましたが、はてさてちゃんと取り付けられるのか。

そして見た目のあれこれより、ちゃんと走るのか。

すでにいくつかの不具合が見つかっておりますが、おそらく、それらに完璧を求めると嫌になるのではないでしょうか。
私の場合、
リアのワイパーのモーター取り付けステーが壊れているそうです。

じゃあワイパーとっちゃってください。
リアワイパーとウォッシャーノズル撤去でスムージングです。

基本方針は、不具合はなるべく引き算で解決。



なんか、邪道のようです。

純正至上主義の方が多いような…



いいんだかどうだか(汗

ナチュラル水槽の発展

良くも悪くもナチュラル水槽

カモンバが生い茂ってたはずですが、
気づいたらほとんどなくなってました。

なぜ?

不思議です。


その代わり、流木から生えてきた草が生い茂って来ました。

DSC_0611


こちら半年前


DSC_0827


現在


すごい素敵


DSC_0826


ほら素敵



勝手に発展するナチュラル水槽は楽しいですね。

現在育成水槽として使用している1200水槽2つのうち1つは、これもナチュラル水槽に仕立てたいと思います。
こちらは雨季のアマゾンの浸水林をイメージしたいですね。

フィールドワークを中心に素材探しの旅を楽しみたいと思います。


鉄の味を求めて

昨年ですが、お隣さんからジムニーを譲り受けました。

DSC_0764


もう最高にご機嫌にさせてくれる車で、車の価値観を変えてくれました。

そしたらもう、最新の車のどれも琴線に触れません。
車に思えず、家電に近い。

しかし、ジムニー一台だと流石に役不足です。


家庭人はミニバンと言う浅はかな考えを持っていましたが、結婚と同時に小学生のパパになる事情となった私は、その時、ミニバンに手を出したのでした。車中泊にももってこいで、活躍してくれました。
この春、息子は高校生になりました。
部活の送迎なんてこともなし。

ミニバンの役目は今やありません。

娘はまだ3歳
当分、ミニバンの必要性はありません。


役目がなく、現代車への関心を失い、ただただ高い維持費を払うことに耐えられなくなりました。
妻は、大きすぎる車を運転したがりません。

通勤はジムニーがいます。


有事の際に強い車があれば、後は少々か弱い車でもいいではないか。

結局、
卒業祝いということで、自分ご褒美でカーローンの追加となりました。


とうとう現代車事情から降りる日が来ました。
と言うほどではないですが、私にとっては新たな世界です。


DSC_0819


1989年式volvo240エステート


平成元年ですって。

ジムニーは平成5年

昭和年式じゃないと、なんだか旧車って言えない感はありますが、ネオレトロな加減が丁度いい。

3月末に車屋に届きましたが、まだ何も手付かずです。

色々整備、補修をしてからの納車になりますが、5月半ばにはなるようです。

待ち遠しいことこの上なし。

再起動

すっかり文章を書くことに燃え尽きたため、ブログからも遠退いてしまいました。

忙しさから解放され、春の生命の息吹きの如く、私もよみがえって参りました。

最近の私のテーマは、カッコいいライフスタイルを送ることなんですが、
私的にカッコいいってのは、しっかり仕事して、なんでも楽しんで、持ち物にはこだわりを持ち、我が道を行き、家族を大事にする人とまとめます。


なかなか難しいのは、バランスです。
このまま歳をとっても続くスタイルじゃないといけないと思うんですが、浪費家な我が家に心配があります。

将来を考えると言うのは、お金の面だけではないですが、お金に関してダメダメです。

わかっちゃいるけど…



家族仲良く、しっかり働ければ良しとしてはいけませんかね。




なんてことを考えながら暮らす日々

また春が来ました。

今年度は、家のあちこちを片付け、手を加えたいところを完成させていくことが目標です。

魚部屋は完成形
リビングもまぁ良し。
次は階段周りとガレージ、庭です。

取っ掛かりはまずガレージから。

これは早急に進めたい案件


なぜならばww


もうこのバカは止まりません。


色々が終わる3月

この3月は大きい。

30歳を迎えて突如思い立った大学院進学を終えました。途中、最後は辞めようと思うほどキツかった。
もうお腹いっぱい。
終わった。


この2年、息子の中学校のPTA役員をやり、この1年間は会長だった。
先日、卒業式でそれも終わった。


息子が、高校受験を終え、高校生になる。
途中参加の子育てもここまで来た。
一段落とも思え、一息つく。

地区の祭り世話が終わった。


怒涛の2年間を終え、解放に向かいそうな。


よくやりました。


溜めたストレスの発散でしょうが、もう我慢ならないので行動に出ました。

エルグランドをお隣さんに売りました。
超格安
でも世間の価値はゼロでした。

今はジムニー一台で生活してます。
正直、息子が高校に上がるとさほど不便もないように思えますが…

思いますが!

車を買うことにしました。

もう大人らしさなんてありません。

頑張ったからご褒美下さい。


これからも頑張りますから、利口じゃない車選びをさせてください。

ウキウキする車が欲しいです。


ちょっとした夢

先日の小型魚充実化でもう1種類
DSC_0772


ネオンテトラの追加

ネオンテトラと言えば、誰もが知ってる熱帯魚の代表ですが、かつては1匹数千円だったとか。

輝き方は宝石並です。
納得です。

ネオンテトラが50センチ級だったら、さぞ見応えがあるでしょう。

しかし、群泳というのもこれまた…


やってみたい水槽の一つが、1200クラスの水槽に載ったネオンテトラ1000匹の群泳

それだけで良し。


素敵だと思いませんか?



小型魚の充実化

昨日のこと。

ちょっと優雅で洒落た(私的には)休日を過ごしました。

妻と娘とカフェでランチ
洒落た花屋で母親に花を買う
洒落た服屋で妻に太っ腹なところを見せてプレゼント
魚屋で娘が欲しいと言う熱帯魚を買う
夕方には帰宅しビールを飲みながらキッチンに立つ


どうでしょう?

事実ですし、素敵な休日ではありませんか?


しかし、物事は、詳細を語ると違う側面が見えてきます。


昨日を少し詳細に語ります。


前夜、お呼ばれした飲み会で飲み過ぎたため、昨日は二日酔いだった。通常、カフェ飯なんて物足りないぜ!な人間ですが、二日酔いにはちょうど良かった。
母親に花を買ったのは、1月の誕生日を忘れていたためのいまさら。妻の助言に従ったのみ。
妻に服を買ってあげたのは、打診してしまったミニの件に理解を得たいためなり。
娘と買った魚は、娘が欲しいと言う理由にした私の買い物
キッチンに立ったのは二日酔いが治まり、また呑みたくなったため、飲みながら料理しただけ。


さぁどうでしょう?

こう書けば、私の人間性に問題を感じませんか?


感じたあなたは、あなたがそういう人ということで(笑


本当はいいパパなんです。

DSC_0773


娘が選んだのはブラックモーリー

なぜだか。

しかし、娘は昨日、魚部屋で遊んでいて、突然暴れたガーパイクに心底怖かったようで、大泣きしました。
今日、初めて水槽部屋から逃げていきました。

トラウマのようです。

イルカに続き、ガーパイクまで。

DSC_0782


水草が増えて素敵になりました。

貝のお陰で完全にコケが綺麗になりました。

金魚水槽にも入れたい。


ちなみに、打診したミニの話は色々な流れで流しました。いつか、売れなくて困ったら引き受けるという話に。
なぜか。
他に欲しい車があるから。

困りますね。
車バカになってきました。

実はジムニーが最上?

かねてより、積極的に人生を楽しむスタンスと、ちょっと斜めから物事を見る視点にワクワクさせてくる、とある関西方面のブロガーさんが、ジムニーについて、大変素晴らしいと言及されていた。

このブロガーさんとは、面識も何もないのですが、私が家を建てる際に外壁をモスグリーンのガルバリウムにしようと思い立ってネットで調べていたら見つけたブログです。

かれこれ、4年も前のこと。

なかなか、夫婦揃ってキャラが立っていて、常識人な私には刺激的な毎日を送っている様子。
この4年間はリアルタイムにそのブログを拝見していることになるのですが、なんだか似たような感性を持ってる方のように思え、その方のライフスタイルを励みに、私も積極的に人生を楽しむスタンスをとっております。

バイク乗りの方ですが、気付けばレッドテールキャットを飼ってみたり、他人とは思えない感性の共通項を見つけます。


私はバイクは自転車に転向致しましたが、車は譲れません。私の中で常に憧れ続ける車がクラシックミニなのですが、なんだか、気持ち悪いかな、その方が同じ理由でミニに乗り始めました。その人の言葉を借りれば、「鉄の味がする車」とのこと。

分かる。


私は、その理由でJA11ジムニーを選びましたが、この度、その方が代車で同型ジムニーに乗ったそうで、その面白さを絶賛しておりました。

そこで私は確信致しました。

乗ったことはないが、憧れのクラシックミニは、やはり、絶品なのではないか?と!

しかし。

氏がミニを好み、他に代わりがいないと言い切ってきたにも関わらず、かつてない絶賛を口にするとは。

この型のジムニーが実は最上なのではないか?

車好きだと自覚してはおりましたが、ジムニーを運転するようになり、車の価値観は変わり、今こそ本当に車好きになった気がしております。


11ジムニーが唯一無二の存在と認めた上で、クラシックミニをもまた、同じ感性で楽しめる車のようです。

これからの人生、新車を買う日は来ない気がします。

車とのつきあい方を常識から外してみましょう。

10年計画で考えていき、出会いを大切に。


なんて理由で、知人に打診しちゃった案件
DSC_0351


これ、譲って下さい。

と。

要レストア状態なのですが、そういうのがワクワクします。

10年かけてモノになれば良いのです。

娘が大きくなってファミリーカーがいらなくなったら、デビュー。

ミニなら、ガレージ片付ければ押し込んでおけます。
ミニと軽自動車なら2台入ります。

小さいって素晴らしい。


と言っても大きな出費は控えたい時期なので、事が運ぶかなんて全く不透明です。

ただの見切り発車で書きました。



ところで、車選びは色々な視点がありますね。
なるべく、選択幅を広げたく、駆動方式では制限されたくないと考え、冬場でも通常は2駆で走ります。エルグランドもジムニーもパートタイム4駆なので。
基本的に2駆でいけます。
しかし、エルグランドではどうしても自宅前の坂を登りきれません。
万年日陰の急坂で、しかも、ブラインドコーナーなもんだから減速が加わります。
すると、すぐに後輪は空転を始め、動けなくなります。どうにか頑張るのですが、そのままではダメ。

結局、4駆にすると、嘘のように上ります。

致命的です。

車重の重さが問題です。

ところが、ジムニーだって、2駆では亀になることしばしばです。
雪より、山間部ならではの、傾斜の強さが敵です。

雪に強いと誰もが思っているジムニーでしょっちゅう滑っている私です。

もっと試行錯誤して突破したいところですが、
なにぶん恥ずかしさからしすぐに、4駆にしてしまう根性なしです。

4駆に縛られてしまう…


いや、チェーンを用意すればいいんだ。

そうすれば無限に広がります。



かね。

夢でしたか?

昨日、エンゼルフィッシュが産卵したと書いたと思います。

書いてますねぇ。


おかしいなぁ。


キレイサッパリ卵がなくなりました。


どうしよう…
などと悩むこともなくなりました。

悩みがなくなった安堵感か残念か。


なんか寂しいなぁ。
Archives
  • ライブドアブログ