2006年03月03日

昨夜の『しにがみのバラッド。』第1話(新番組)

 電撃文庫から発売中のハセガワケイスケによる同名小説のアニメ化作品。

 仲良しの小学生“公太”と“麻衣”は一緒に下校中、捨て猫を見つける。親に隠れて神社でこっそりとその猫を「ブルー」と名付けて飼うことに決める“麻衣”。“公太”も渋々ついていくが、いざ飼い始めると、“麻衣”に「この猫のお父さん」と言われたこともあってか、まんざらでもない様子。ある日の放課後、“公太”は隣のクラスとのサッカーの試合に行くため、“麻衣”に「ブルー」の世話を任せることにするが……――今回はかような話。

 で、折から降ってきた大雨にもともと病弱だった“麻衣”の身体は決定的に侵されてしまい、発作を起こして死んでしまう。翌日、主を失った机の上に花瓶が置かれたことでその事実を知った“公太”は、衝動的に「ブルー」を殺そうとする。そのとき、そこに白髪で白づくめの服を着て、手に大きな鎌を持った女の子“モモ”と羽根の生えた黒猫「ダニエル」が現われる。自らを死神と名乗る“モモ”は、“公太”に代わって「ブルー」を殺そうとするが、既に情が移っていた“公太”は身を挺して「ブルー」を助ける。今のその気持ちを忘れないでと諭す“モモ”は“公太”に亡き“麻衣”の姿を見せる。“麻衣”は死んでしまったが、“公太”と「ブルー」のことが気になって地上に縛られていたのだ、という。

 彼らと別れ、煙突の上で一人泣く“モモ”。死んだ人は泣けないから私が代わりに泣く――そう呟きながら。

――

 当方例によって原作小説は未読なのだが、どうやらこうやって一話完結で“モモ”(と「ダニエル」)の遍歴を描いていくといった趣。その“モモ”は末尾に至るまでほとんど登場することはなく(「ダニエル」の首から下がっている鈴の音を“麻衣”や“公太”が聴くというシーンは何度か挿入されていたが)、ただ眺めているだけの存在という位置に抑えられていたわけだが、そのことによって死神という彼岸の存在固有の視線から見た光景というのが――なかば以上偶然に?――割と上手く表現されていたように思う。

 さておき、監督が『絶対少年』の望月智充氏ということが話題になっている様子だが、当方それも見ていないので何とも言えない(爆)。いや、氏が以前演出を手がけていた『ヤミと帽子と本の旅人』は見たことあるけどね。ともあれ、子供時代に固有な奇妙な残酷さというか、子供が虫なんかに対して見せる酷薄さに等しい薄っぺらさがよく表現されていたのは、個人的にはポイント高。“麻衣”が“公太”を「「ブルー」のお父さん」(で、自身は「お母さん」だという)と読んで、ペラい性的ニュアンスを醸し出してみたりするシークエンスなんかに、それは顕著だった。

 それだけに、“モモ”が姿を現してからの展開は、ちょっと演出過剰に走っちゃったかなぁというように見えたのには、うぅむと思うわけで、“公太”が(“モモ”が見せた)亡き“麻衣”の幻影と会話するシークエンスの、白々しい長ゼリフでまとめてしまう弛緩ぶりには、やや頭を抱えてしまうところ。まぁこのへんは多分に主観的な嗜好が入ってしまうところなのだが、個人的には、映像と言葉のバランスがこのシークエンスだけ明らかに欠けていたように感じられ、それがチト痛かったのだった。

 そういう瑕疵もありつつ、全体的には「おせっかいな死神」という“モモ”の設定と、死者は泣くことができないから、自分が代わりに泣くという、彼女を通しての死神観が存外上手かったので、そこを活かしていけば佳作になるかもしれない。さて……。

*番組公式ページ→http://www.momo100100.com/



yami_yahma at 21:43コメント(0)トラックバック(14)アニメ  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 第1回 木曜最強伝説 その1  [ 鷹2号の観察日記 ]   2006年03月03日 21:47
 こにゃにゃちわ??! byけろちゃん え??、うちの地域は土曜日にアニメが大量に放
2. しにがみのバラッド。 第1話  [ YUCIE-NET ]   2006年03月03日 22:25
第1話 「きみのこえ。」 いや??・・・ 1話めからヘビーだこと・・・。 第1話ということで、OP&EDレビューもしたいと思う。 OP 「no one」 (K○Y) 全英語詩の曲で、ちょっとスローなポップスって感じ。 ちょっとアンビエントっぽい感じで、個人的にはめっ...
3. しにがみのバラッド。 #1  [ ★虹色のさくらんぼ★ ]   2006年03月03日 22:54
第1話 【きみのこえ】 今日から始まった半月の後番組 【しにがみのバラッド。】 です。 今回は小学生の公太と病弱な麻衣の話ですね♪ 帰宅中、公園で捨てられている子猫を見つけた麻衣。 そんな子猫 【ブルー】 を二人は神社でこっそりと飼い始めることに。 友達....
4. しにがみのバラッド 第1話 「きみのこえ」  [ G@ppai ]   2006年03月03日 23:47
          心温まるストーリーだった!!(つД`)・゚・
5. しにがみのバラッド。 第1話 「きみのこえ。」  [ 新米小僧の見習日記 ]   2006年03月04日 01:13
ワクワクしながら始まるのを待っていました。第1話の率直な感想。いやー面白い(笑)。どぎつくなくて、実にあっさりとしている。個人的には好きな雰囲気です。望月監督らしい品があって、落ち着いたリズムも健在でした。 ただ気になった事といえば、「死」をあまりにも....
6. ★しにがみのバラッド。 第1話 「きみのこえ。」 <新番組>  [ 48億の個人的な妄想 ]   2006年03月04日 02:30
【公式】半月の後番組。これは、1話短編ものっぽいですね。見る前は通し物だと思って
7. (アニメ感想) しにがみのバラッド。 第1話 「きみのこえ。」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2006年03月04日 02:33
しにがみのバラッド。 (7) 関西の月曜日は放送されるアニメが多くて大変なのですが、木曜日もエラいことになりそうです。新アニメの登場ですね。実はかなり期待しています。いきなりオープニングでもグッときましたしね。これは良作の予感!ちなみにこのアニメ然話です....
8. アニメ しにがみのバラッド。 #01 「きみのこえ。」 キャプ感想  [ せぶんぶりっぢ【ニュー速・アニメブログ】 ]   2006年03月04日 05:20
モモ『死神、Aの10飛んで100号、モモって呼んでくれていいから』 モモギザモエスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww?? bl
9. しにがみのバラッド。 第1話  [ アニメに漫画それが私のシアワセ ]   2006年03月04日 10:30
          「きみのこえ。」  麻衣の死。 意外にも動揺が少ないような気がする公太。  なんであの時一緒にいなかったんだ、 サッカーになんて行かなければ、 的な悔??
10. しにがみのバラッド。 第1話 感想  [ 流星、闇を切り裂いて ]   2006年03月04日 16:19
しにがみのバラッド。 第1話 「きみのこえ」 <公式サイト> 半月の後番。原作は未読です。だから、どんな内容かもいまいちわからない。タイトルやCMを見る限りだと、半月同様「死」というものが根幹にはありそうですけどね。 さて本編の方はというと………なんて言った....
11. この女神様は手強いぞ「しにがみのバラッド」  [ Anime in my life 1号店 ]   2006年03月04日 17:53
http://blogs.dion.ne.jp/nininga/archives/2959258.html 3月2日(木)深夜0:30 スタート! 【スタッフ】 原作:ハセガワケイスケ(メディアワークス・電撃文庫刊) 小説イラスト:七草 監督:望月智充
12. しにがみのバラッド。 第1話「きみのこえ。」  [ バラックあにめ日記 ]   2006年03月05日 13:00
冠に死神、そして病弱な女の子と来ると、前情報無しの視聴者としてはかなりドキドキする訳で。 特にじっくりと日常を描く望月演出で、こちらはすっかりあの二人の子達に感情移入してしまっており、麻衣が助かるのかどうかハラハラしていた所に、机の上にお花。 うひー! ...
13. しにがみのバラッド。 第01話「きみのこえ」  [ 布達の橋 ]   2006年03月06日 15:36
(公式サイト) 原作は未読。 絶対少年以来?の望月さん監督作。 いやもう、絶対少年以来ファンです、はい。 今作の、ファーストインプレッションは、なかなかいいんでない?って感じ。 感想書き続けるかは次回次第だなぁ。 書きづらい。絶対少年もそうだったけど。 ....
14. しにがみのバラッド。第01話「きみのこえ。」感想  [ accessのweb飛行機写真館 ]   2006年03月08日 22:25
新番組しにがみのバラッド。この番組の存在を知ったのは放送開始五分前・・・当然キャストも原作もなんにも調べてないしわからない状態での第一話。いったいどんなアニメなんだか・・・しにがみのバラッド。なんだかまったくわからなかったが、どうやら主人公はしにがみの...

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
livedoor プロフィール

あたしか

  • ライブドアブログ