March 16, 2006

里親募集 終了です。

先日の里親募集のお願いで、
里親になって下さった皆様、募集を呼びかけて下さった皆様、
本当にありがとうございました。

全てのワンコの里親が決まりました!

ワンコ全員が処分されずに生きる道を与えられたことに
深く深く感謝しています。 


アニマル★レスキュー

ご協力いただい皆様、本当にありがとうございました。

もう2度とこういった問題が起きないように祈っています!



yamikite at 02:15|PermalinkComments(3) お願い 

March 03, 2006

里親募集のお願い

茨城県でブリーダーが倒産し 350匹の大量放棄がありました。
現在80匹まで少なくなりましたが
3月末までに決まらない仔はすべて保健所送りとなりそう・・・

アニマル★レスキュー

一匹でも多くの仔が幸せになりますように。
お知り合いに一声掛けていただけたら幸いです。


以下は上記サイトから転載しました。

全て純血犬ですが。。。。
ブリーダー放棄の仔達は しつけ等まったく出来ていませんし
愛情も知らない仔なので 里親希望の方には、それなりの覚悟と忍耐が
要求されると考えていただいた方が良いと思います

また、今回のレスキュー活動を主体で動いている方(池田さん)の希望により
ワンたちの食事代等医療などの管理に莫大な費用が かかる為
里親の条件に金額設定があります。(〜15,000)
※高齢犬の場合は要相談※
血統書についての詳細は直接お話します

1匹でも幸せに出来るよう 皆様の協力をお願いしますm(__)m


yamikite at 02:20|PermalinkComments(6)TrackBack(0) お願い 

February 11, 2006

カラス

家の周りには沢山の鳥が飛んでいます。
カラス、スズメ、ツバメ、ムクドリ、トンビ、ハト他、名前の知らない鳥など。

ツバメの巣も3つに増え、
無農薬のエサ場(庭)を提供しているものだから、
屋根の上はスズメのアパート状態。(´〜`;)
みんな家賃を払ってよね! なんて思っていたある時、

草抜きをしていたら「ボトッ」と毛虫が落ちてきました。
ビックリして上を見上げると一匹のスズメが私を見ています。
これで勘弁してってこと?


小さい時には実家でセキセンインコやブンチョウを飼っていたのですが
鳥はお話が出来るようになったりするし、名前を呼ぶと傍に来て、肩に乗ってきたりと
飼い始めるとかなり可愛い奴等です。
それ故に「飼っているオウムが亡くなってショックも激しい」というようなことを
ムツゴロウさんの奥さんも言っていたような言ってないような。。。

鳥の思い出でもう一つ
小学生の頃に友人と外でママゴトをして遊んでいたら、
突然 空からハトが私の足の上に落ちてきました。
死んで落ちたのか、落ちたから死んだのかは分かりませんが、
平和の象徴とされているハトが落ちてくるなんて
オリーブの枝を銜えていなかったのが幸いですが、
ちょっと縁起が悪いですよね。(´〜`;)

何はともあれ昔から鳥と戯れております。

そして今日のお題にもなっているカラスですが、最近やたらに目につきます。
ふと見ると傍にいるんです。
しかも2メートルくらいの近距離に一匹のカラスが。

「カラスが鳴けば人が亡くなる」「魔女の使い」「ゴミを荒らす」「人を襲う」など
カラスは嫌われキャラですが、
真っ黒に見える体もよく見ると青や紫、緑に光ってるし、大きくて綺麗。
その美しい容姿に似合わず声はイマイチですが、
よく響くその声は遠くの仲間と会話する時にも聞こえて機能性はGOOD!
たまにカラスの会話に無理矢理 参加もしています。(かなり痛い(⌒▽⌒;)

大昔には「神の使い」と言われたスター時代もありました。
八咫烏(ヤタガラス)は今でも熊野神社では祀られていますよね。
八咫烏の絵は天皇の礼服の紋章に刺繍されていたり、
神社の幕に使われていたり、サッカー日本代表のマークにもなっています。

そういえば三輪大社に行った時にも
一匹のカラスがかなり近くに止まっていました。
足が3本あったかどうかは定かではありませんが、
「神の使い」で来てたのね。 ということにしておきましょう。

その「神の使い」とやらが何のご用で最近傍に寄ってくるのでしょうか。
何せ カラス語はまだ理解できないので、
日本語もしくはテレパシーを使ってお話しいただけるとありがたいのですが、
ただただストーカーのように傍にいます。
ただのストーカー? それとも惚れられた?
まぁ、害は無いので、御側付きを許しましょう。

そんな私は酉年であり、トーテムがカラスだったりします。
何かしらご縁があるのでしょうか。

私には可愛い鳥達ですが
超動物好きな娘の唯一苦手な動物が鳥なのです。
クチバシや爪で突かれそうで怖いんだそうな。( ̄〜 ̄;)
星座でもヘビはカラスに突っつかれているみたいだしね。(娘ヘビ年)

そうそう、旦那は犬年でトーテムがオオカミ。
偶然なのか家の旦那はどんな犬にも懐かれるので「犬使い」と言われています。
やはりこちらもご縁があるようです。(^^)


カラスについてのページあれこれ
ウィキペディア-鴉
Crows
カラス研究室
からすの巣



yamikite at 08:34|PermalinkComments(4) オススメ 

January 31, 2006

インフルエンザ 薬の恐怖

インフルエンザが全国的に猛威をふるっていますね。
娘のクラスも半数がインフルエンザでお休みしている状況で
いつ我が家に蔓延してもおかしくない今日この頃です。
日ごろから手洗いうがいは心がけるようにしているのですが、
昨年は不覚にもインフルエンザにかかってしまいました。

インフルエンザで辛いのは体中が痛いってところでしょうか。
そして高熱。
インフルエンザの検査も何とかしていただきたい。
鼻に綿棒突っ込んでグリグリするのは痛いし、屈辱だし、嫌なのよね。
う〜んやはりインフルエンザにはなりたくないものです。

ですが、最近は良い薬がありまして、娘は発熱して1,2時間以内に飲んだためか
次の日にはケロっとしていました。
私も同じ薬を飲んだのですが、発熱後15時間ほど経過していた為か
あまり特効薬!な感じではありませんでした。

この特効薬、商品名を『タミフル』といいます。
ロシュというスイスの製薬会社で製造されているインフルエンザの薬で、
A型かB型インフルエンザの発症後48時間以内に飲むと効果があるようです。

しかし。。。
ご存知の方も多いかと思いますが、このお薬はかなり危険性も指摘されている曲者です。

世界で70人?(もっと?)日本でも10数人が副作用で死亡しています。
中にはタミフルの服用後に、マンションから飛び降りたり、
車道に飛び出しトラックにはねられたりという事件もあったようですね。

「タミフルを服用し意識障害、妄想、幻覚、異常行動、痙攣などのような症状が
見られた場合には、すぐに服用を中止し医師の診察を受けましょう。」
って、ただでさえインフルエンザの熱や体中の痛みでおかしな夢を見たりするのに
そんな状態になって自分でオカシイと気付けるのか疑問ですが、
とにかく異常を感じたらすぐ医者へ行きましょうね。


タミフルは飲みたくない〜というお方!
注意するのはタミフルだけではありませんよ!

アスピリン系、サリチル酸ナトリウム、サザピリン、サリチルアミド、エテンザミド、メフェナム酸(ポンタール)、ジクロフェナクナトリウム、イブプロフェン

このような成分が入った風邪薬や解熱剤はインフルエンザの時には使用してはいけません。
死亡、脳症の危険性があるそうです。
タミフルよりもこちらの方が危険性が高いかも?
インフルエンザの時には安全が確認されている『アセトアミノフェン』以外の風邪薬、解熱剤は使用しない方がいいようですよ。

薬を飲まずに自力で直すに越したことはないんでしょうけれども、
どうしても数日寝込むわけにはいかない場合もあるし、
インフルエンザ脳症なども怖いしで、
清水の舞台から飛び降りる覚悟で(大げさ?)タミフルを子供にも飲ませてしまっています。
何とか早めに手を打っていただきたいものですね、ロシュさん。

皆さんもインフルエンザにはご注意を!


yamikite at 22:40|PermalinkComments(4) 美容・健康 

January 30, 2006

グラスホッパー物語

のっぽさん
先日何気なくNHKの「みんなのうた」を見ていました。
「みんなのうた」はたまにツボな歌もあったりして
なかなか微妙に気に入っている番組です。

以前も何という題の歌なのか覚えていないのですが、
CGの牛がシュールにひたすら踊っている歌がとても気に入りました。
題名の分かる方、教えて下さいませ〜

そして、その日もある歌に目が釘付けになりました。

「グラスホッパー物語」 
オジイさんがバッタに扮して歌って踊っています。
緑のお顔が少し不気味ではありますが、やけに口元の可愛らしいオジイさんでして、タップがとてもお上手。
歌の内容も「勇気を持って、恐れることなく、どんどん広い世界へでてゆきなさい」というメッセージが込められていて、応援したくなっちゃうような歌でした。

後から知ったのですが 実はそのオジイさん!
あの懐かしの番組『できるかな』のノッポさんこと「高見のっぽさん」だったんです!!
うっそ〜 あの「ノッポさん」だったの???と私は一人浮かれておりました。
子供の頃、大好きだったのよ〜〜

「できるかな」の時は思いっきり無口だったと記憶していますが、今回は歌って喋って踊ってるんです。
72歳とは思えない華麗なステップ、しかも緑のバッタ姿で!
昔のイメージではありませんが、今も輝いているのっぼさんに感激でした。(><)

のっぽさんは童話の執筆もされていて「グラスホッパー物語」の本も出版されているんですね。
ちょっと読んでみたいかも。

皆さんも機会があったら素敵なお爺ちゃまの「のっぽさん」をご覧下さい。


yamikite at 06:23|PermalinkComments(5) オススメ 

January 07, 2006

5歳おめでとう

今日は娘の5歳の誕生日。
Happy Birthday!
今年一年が素晴らしい年でありますように。


月日が経つのは早いものです。
記録として誕生した日を思い出して書いてみました。

ちょうど5年前の今日この時間は陣痛で入院していて、
出産の不安と痛みに耐えていたころでしょう。(書き始めた時刻4時半)
付けていた赤ちゃんの心拍を測る機械が時々ゼロになるのを見て、
こんなものかなのかな?と何気に看護婦さんに聞いてみました。
看護婦さんは青ざめながらも私を不安にさせまいと笑顔を取りつくろいつつ
先生に報告に行きました。

その後は別室へ運ばれ、慌しく周りが動き出しました。
酸素マスクをはめられ、早朝だというのに沢山の先生や看護婦さんが出勤し、オシッコのカテーテルを入れられ、カチャカチャと無機質な金属音が聞こえ、男の先生が何やら私に説明していました。
どうやら子供が死にそうなので腹を切ってもいいか?と聞いているらしい。
こちらは陣痛でそれどころじゃないし、もう好きにして〜〜って感じで手術が始まりました。

帝王切開でも部分麻酔だから子供が生まれる瞬間は見られるらしく、
何度か注射を打たれ「触っている感覚が分かりますか?」「まだ分かります」という
会話を2度ほど繰り返した直後、耐えかねた先生にサックリと切られてしまいました。
まだ完全に麻酔が効いていない状態で切られた為にあまりの痛さに悲鳴を上げると、
即効で全身麻酔に切り替わり数秒でポックリと寝てしまいました。
楽しみにしていた娘の誕生は見られませんでした。残念。

娘は仮死状態で産まれ、しばらく産声も聞けなかったようですが、
先生方のお陰で蘇生し、無事誕生となりました。\( ^o^ )/
(ありがとう!産婦人科の先生、看護婦さん)

娘は旦那と祖父母と対面した後、ガラスケース?の中に入れられてしまったので
私が娘と初対面を果たしたのは9日になってからでした。
「この小さい人形は動くの?」ってくらい何もかもが小さくて
傍から見たらお世辞にも可愛いと言えない猿ような顔がとても可愛く見えたのを覚えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そんな娘が早5才。
今年は手の指をどこも折り曲げることなく指を全部広げて
「5歳」と言えるようになったことが嬉しいようです。
(そのうち私のように両手足使っても人の手を借りても足りなくなるわよ。ふっふっふ)

娘の希望プレゼントは「お手してワンちゃん」ですが、色んな理由から却下する可能性大。
「妖精のブライス」にしない?と交渉してみましたが、それは娘側から却下されました。
やっぱり?(⌒▽⌒;
今日はトイザラスでバトルしてきます!


余談ですが 最近も新生児を連れ去られる事件がありましたね。
本当に心配です。
一日も早く無事に保護されることを祈っています。




yamikite at 07:30|PermalinkComments(8) 子育て 

January 01, 2006

新年明けましておめでとうございます


inu

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

毎年恒例今年の抱負ですが、今年の課題は「再確認」かな。
昨年中は何となく地に足がついていないような年だったので、
今年は少し落ち着いて今後の方針を考えていけるような年にしていけたらと思います。
課題、抱負とは無関係な流れになってしまうのが常ですが。
今年はどんな年になるのか楽しみです。(*^▽^*)

Norico   


yamikite at 00:00|Permalink 日々の出来事 

December 31, 2005

2005年 最後の更新

皆様こんにちは。
月一ブログになりつつありますね〜〜(><)

今年は兎に角 雪が多い冬を過ごしております。
と言ってもニュースに出るような数メートル規模の積雪はありませんよ!
それは同じ県でももう少し北へ向かった辺りのお話でして、
この辺りでは2,30センチ程しか積もりませんでした。
それでもあまり雪が積もらない地域のチビッコには十分楽しめたようです。
冷え性ゆえに雪は苦手なのですが、遊び盛りのチビッコがそれを許すわけがなく、
雪の中で雪だるまやスベリ台、馬などを作って遊びました。
それはそれで楽しかったけど、やっぱり寒いよね〜〜(><)

小梅とツリー

クリスマスもありましたね〜
クリスマス前には恒例のクリスマスツリーを飾りましたよ♪
クリスマスツリーを飾るのは大好きなのですが、今年は早く仕舞いたかった〜(><)
飾りつけをしたその日から毎日が小梅との戦いでした。
木登りしたり、木の下に隠れて近くを通るネコ&人に飛び掛ったり、
オーナメントを外して手が届かないところに入り込むまで遊び倒したり、
ニセモノのモミの木を食べて嘔吐したり、電飾をカジったりと、
気の休まる日はありませんでしたよ。
お陰でクリスマスツリーはボロボロです。
小梅ちゃんにとってはさぞかし楽しい毎日だったことでしょうね。
楽しみを取り上げて申し訳ないけど私はホっとしています。

そしてとうとう年末です。
今年一年を振り返ると、いつになく「忙しい」一年でした。
周りに目を向ける余裕もなく、自分本位な一年になってしまったことを反省しています。
そんな思いから来年は一歩進んだ道を一歩後退する道を選びました。
残念ですが、人生は長いから気長に行こう!

今年の後半はネットにもあまり顔を出せませんでしたし、
今月初めのブログが今年最後のブログになるような超マイペースな更新でしたが、
それでもこのブログを見てくれていた皆様、本当にありがとうございます。
あ〜 あなたのような長〜い目を持っている人って尊敬しちゃいます。
そんな仏の心に甘んじてばかりではなく、
来年はもう少しマメに更新しますね。(⌒▽⌒;
そして来年は皆様と今年よりもずっと沢山のお話が出来ることを楽しみにしながら、
2005年最後の一日を過ごしたいと思います。

どうぞ皆様 良い年をお迎え下さい。

yamikite at 01:58|PermalinkComments(4) 日々の出来事