2016年09月29日

ゆっくりと、秋に向っていますね。
今週も、穏やかな、夏の暑さが少し残った温かな日々が過ぎています。
読書の秋に、芸術の秋にホント、ぴったりなww
brassKIMG3211

北海道ブックフェス・ミセナカ書店『闇月書房』も、今週末までとなってしまいました。
本まわりの真鍮作品も製作、ということで、芸術の秋にも掛かっているのが闇月書房ww

今年、こ読書の秋のために創らせていたただいた真鍮ことばの栞
闇月創房の栞は、来年のブックフェスまでできるだけ定番で販売させていただきたいと思います。

KIMG3368

ですが花さき山さんセレクトの【月・宙】にまつわる絵本の販売はまもなく終了です。
そして花さき山さんのことばの栞も引き続き販売いたしますが、なくなり次第終了です。

闇月創房も花さき山さんも、来年は来年のことばで創ろうかな?と目論見中ですし、今年のことば、ぜひ闇月書房にてご覧ください♪

みなさんのことばを刻むオーダーメイド栞『真鍮あなたのことばの栞』の締め切りも、今週末10/2(日)までとなっております。
brassR0046788

自分のことばはコレだ!というのもいいと思いますし、
今年の、いまのことばを刻んで、後年になって『2016年の自分』を思い出すもの楽しいかも。

プレゼントにするなら、縁起のいいことばがやっぱり人気ですが、
うん!やっぱり、いまはこれですよね!?

『夢は正夢』

いま!でもあり、永遠でもあるような・・・・♪
日ハム・栗山英樹監督のおことば、夕べの優勝インタビューでもひとことひとことが、ホント、染み入りました。
おめでとうございます!

ことば、言の葉、言霊。

あ、これもまさに言霊ですね!?ww
KIMG3434

想いをことばで伝える、聞かせるって本当に効くんですよね〜!
そしてとっても大切なことなんだと思いました。

が!写真は実家のテレビの前、数年前に父と日ハム戦を観戦しに行ったときに買ったメガホン。
あの時のように一緒に応援したつもりなんだけど、けっこう野球バカだった父は、いちいちにるさくてww

ふと気が付くと『いまの球、なんで見逃すかな〜!!!?』と同じ叫びをしているワタシ(笑)

できれは、素敵な美しいことばだけを優しく伝えたい!

闇月書房で急に始まった読み聞かせ。
お母様の語りがあんまりにお上手で、聞き入ってしまいました♪
KIMG3366

OKAZUさん自身の反省?も踏まえた闇月書房の本やことばがみなさんのココロにもシミているようで、なんかもう、嬉しいデス〜♪
ありがとうございます。

ぜひ、遊びにいらしてください。
北海道ブックフェス・ミセナカ書店『闇月書房』、今週もopenです!








(12:37)

2016年09月25日

まちで本とあそぶ9月・北海道ブックフェス2016・ミセナカ書店として
参加中の闇月書房。
うつろう秋は駆け足で、9月も早くも後半。
KIMG3367

闇月書房も、来週を残すのみとなりました。
花さき山さんの【月・宙】がテーマの古絵本もたくさんの方の心に届いているようで、嬉しいです。
メインが絵本なのでチビッコが楽しんでくれたり、その間にお母さまがお買い物を楽しんでくださったりww
KIMG3206

静かで濃密な時間が流れているように思います。

R0046791

9月も後半に入ったということで、みなさんのことばを刻む【真鍮あなたのことばの栞】のオーダーも増えてきました。
じっくり考えて選ばれたことばたちは、どれもキューン♪とくるものばかり。

刻みたいことばはお決まりですか?

受付の締切が迫ってきました!
来週いっぱい、10/2(日)までとなっております。
kotobanoshioriorder2
【真鍮あなたのことばの栞】詳細はコチラ。

ご来店 または、
メール
(yamitsukisobo2009@gmail.com)、
FAX(011-632-7772)にて
お申し込みください。

お申し込み用オーダーフォームはコチラ 👉

受付期間:10/2(日)まで



それから、それから!
【真鍮あなたのことばの栞】の紐に、赤が新たに加わりました!

エゾシカ革の、赤。
生命力に満ちた深い赤色は、暮らしに身近な真鍮と相性ヨシ!です。
R0046794

お申し込みの際に、<赤>/<ベージュ>のどちらかをご指定ください。

さらに、お届け用のラッピングも完成いたしました。
パクり気味?ww
R0046796

本のページをめくるときの、ワクワク感までも楽しんでいただけたら嬉しいです♪

また、真鍮という金属に砂刻で刻まれたことばは、とっても控えめ。
光の加減で、あなただけに見える、といった感じデス。

プレゼントにとオーダーくださる方が多いので、贈る方の気持ち、悩んで選ばれたことばを大切にお届けしたいなぁと思って、ラッピングの中にしっかりと誌(しる)させていただきます。
R0046803

まだまだ時間はたっぷりあります。
じっくり、ゆっくり、ことばを選ぶ時間も楽しんでください♪

それにしても今年の中秋の名月、キレイでしたね〜♪
KIMG3363

でも満月は毎月やってきますから♪
房主が敬愛する作家、椎名誠さんの娘さんが訳されたという絵本。

ネイティブ・アメリカンが満月につけた12の美しい名前。
KIMG3334

たちどまって そらを みあげて みませんか?

秋の満月の美しさは別格ですが、この本のように毎月の満月を楽しみながら、
来年の中秋の名月を待ちわびるというのも、とっても楽しいと思うのデス〜♪


ながい よるの おつきさま
シンシア・ライラント 作/マーク・シーゲル 絵/渡辺 葉 訳
KIMG3332
KIMG3335
KIMG3336

KIMG3337
むかしむかし ひとびとは
そらに うかぶ おつきさまに なまえを つけた
1ねん 12かげつ
それぞれの つきに それぞれの まんげつ
ひとつひとつの まんげつに なまえを つけた

KIMG3338
Stormy Moon
1がつは あらしの おつきさま
きりの なかで
 こおりの なかで
  おおかみの せなかで
   おつきさまは きらりと きらめく

みつけよう つきの ひかりを
みつけよう うちに かえる みちを

KIMG3356
Snow Moon
2がつは ゆきの おつきさま
 ぴりぴり つめたい
  いきの なかで

しろく
 くっきりと
   おつきさまは かがやく

きょうだいの おひさまを
こいしがって いるの

KIMG3355
Sop Moon
3がつは よつゆの おつきさま
 こおりの とけだした いけの うえに
  ねぼけがおの くまたたちの うえに
   ちいさな みどりの きの うえに
    おつきさまは のぼる

          はるの やくそくと
            きぼうの ことばを はこんで

KIMG3341
Sprouting Grass Moon
4がつは めぶきの おつきさま
わたりどりを よびもどす

あかちゃんどりは この おつきさまが だいすき
ちいさな あたまの うえを
あかるく てらして くれるから

KIMG3343
Flower Moon
5がつは つぼみの おつきさま
  ふんわりと あかるく
    はな ひらく

      なんて しあわせな とき

          おつきさまは ほほえむ
          おつきさまは うたう

KIMG3345
Strawberry Moon
6がつは いちごの おつきさま
 みずみずしい きの めと
  ぴんと のびた えだと
   しあわせな うさぎたちの ために
     ちらちら ゆれる

        くらやみの なか
         つきの ひかりの
          ごちそう みつけた

KIMG3347
Thunder Moon 
7がつは かみなりの おつきさま
  ごろごろ ごろごろ
    からだを ふるわせ
  くろぐろとした そらに
    おつきさまは きえる

    くもが たいこを うつ おとに
    みみを すましながら

KIMG3348
Harvest Moon
8がつは みのりの おつきさま
まんまるに ふくらんだ
おおきな あまい メロンのよう

しずまりかえった むぎばたけの
やすらぎを いのる

KIMG3349
Coon Moon
9月は あらいぐまの おつきさま
  くろく ひかる め
  ぴたぴた いう あしおと
  ちいさな ちゃいろい はなの あたまを
  おつきさまは みまもる
   
    だいすきな ちいさな
    よるの いきものたち

     あしもとを
       てらして あげるよ

KIMG3358
Acorn Moon
10がつは どんぐりの おつきさま
    ちからづよく
    きいろく   
      1ねんで いちばん
      おおきな つき

         はっぱが おちて
         わたりどりが とびたって いく

       おつきさまも さようならを つげる

KIMG3351
Frosty Moon
11がつは しもばしらの おつきさま
こおりついた じめんと
 はだかの きぎと
   つめたい こがらしを
    ひとりぼっちで だきしめて

きらめく ほしたちと いっしょに ふるえる

          そろそろ
            おやすみなさいの
                 じかん

KIMG3352
Long Night Moon
     そして 12がつは
     ながい よるの おつきさま
     あさが くるのを 
            まって
               まって
                  まちつづける

                         じっと しんじて
                         まちつづける

KIMG3353

このおつきさまは おまえの ともだち

 
       

















(19:05)

2016年09月18日


今週末は三連休。
明日の9/19(月祝・敬老の日)、闇月創房もopenします。(11-18時)
KIMG3087

今年の中秋の名月も、とってもきれいでしたねー♪
お天気が心配でしたが、札幌ではちょうどいい時間帯に雲が晴れて、
それはそれは美しい満月を拝むことができました♪

しかも敬老の日と近いから?
今年はワタシと房主と、それぞれの母たちとお月見を楽しむことができました。

シズ子さんは十五夜さんの日、お団子を作ってくれました。
てっぺんのカボチャ入りの黄色いお団子が、まさに満月〜♪
KIMG3094
けど、顔!?
なぜ顔!?
カボチャの皮で作られたシズ子さん渾身の作品ですww

チョビも十六夜を堪能し、
KIMG3128

昨日から地元の氏神様の境内で始まったお祭りに行ったら、ちょうど雲が晴れて、ノブ子さんも大満足!
KIMG3159

今夜もまだまだ大きなお月様が楽しめそうです。
今日は朝から雨ですが、夜にはまた晴れてくれるといいですね〜♪

KIMG3169

実家の横には草ボーボーの空き地があって、子供のころのワタシにとっては
秘密基地でもありました。
ずいぶんと植生が変わったなぁとは思いますが、この季節は相変わらず虫たちの大合唱♪♪

みなさんはどんなお月見でしたか?
明日は祝日open!
美しい楽しいお月様のお話など、伺えたら嬉しいです♪

KIMG3205
  
  母たちも栞のことば、絶賛お悩み中ww

    『真鍮あなたのことばの栞』
     オーダー受付中です。

      詳しくはコチラ








『くさむらむらのおつきみまつり』 カズコ・G・ストーン さく・え

KIMG3168

ひろい のはらに「くさむらむら」が ありました。
そこには くさに うもれるように
「あかまんまのさと」と「おみなえしのさと」と「われもこうのさと」と、
そして「とくさのさと」と「ぺんぺんぐさのさと」がありました。
KIMG3172
まいとし なつの おわりごろ、まんげつが
いつもより おおきく みえる ばんに、
くさむらむらの むしたちは おつきみひろばで
おつきみまつりをします。

KIMG3213
さて、「あかまんまのさと」には、くつわむしの ガチャガチャさん、
きりぎりすの ギーチョンさん、うまおいむしの スイーッチョさん、
そして まつむしの チンチロリンさんが すんでいました。
ちかくの「やなぎむら」からは、ありの セッセかぞくが おまつりに たべる
おせきはんの ざいりょうの あかまんまを とりにきていました。
そこへ とかげの チョロリさんが チョロリきゅうこうを 
ひっぱって やってきました。
チョロチョロ シュッシュッ チョロチョロ シュッシュッ

それを みた セッセかぞくの ありの ぼうやが いいました。
「チョロリさーん、どこへ いくの?」
「いまから おみなえしのさとと われもこうのさとに よって、
おつきみひろばに いくところです。 ぼうやも のっていくかい」
ぼうやの おかあさんは、「おちないように しっかり つかまっているのよ」
と いって、ぼうやを チョロリきゅうこうへ のせてくれました。

KIMG3177

チョロチョロ シュッシュッ チョロチョロ シュッシュッ

チョロリきゅうこうは「おみなえしのさと」に つきました。
ここでは もんしろちょうの ホワイトさんと しじみちょうの ムラサキさんと
ベニイロさんが こんやの おまつりのための ダンスの れんしゅうをしていました。
「しげみむら」からは はちの チークリファミリーが おそなえの かふんだんごを つくるのに
かふんを あつめにきていました。
シロコさんが 「チョロリきゅうこうの おかげで、あかんぼうの アオちゃんを つれて
おまつりに いけて たすかるわ」
と いって、のりました。
「しゅっぱーつ!」

KIMG3178

チョロチョロ シュッシュッ チョロチョロ シュッシュッ

チョロリきゅうこうは「われもこうのさと」に むかいます。
ここには かみきりむしの しましまさんと いとこの たてじまさんと
そこに くもの セッカチくんが すんでいました。

くもの セッカチくんは、まだ ちいさいので チョロリきゅうこうに
のせてもらえることになっていました。
「はやくこないかなー」と まっていた セッカチくんは
チョロリきゅうこうが つくと おおよろこび。
「のせてくださーい」と いって、とびのりました。

KIMG3179

チョロチョロ シュッシュッ チョロチョロ シュッシュッ

チョロリきゅうこうは「とくさのさと」に はいりました。
ここには とのさまばったの キングさんと カマキリおばあさんと
いなごの ビョーンくんが すんでいました。
カマキリおばあさんは チョッキンチョッキン
おおきな はさみで とくさを きりだしていました。
キングさんと ビョーンくんと「しのだけむら」の
ななふしの ノッポさんは なんども いったりきたりして
とくさを おまつりひろばに はこんでいました。
チョロリきゅうこうは せまい とくさと とくさのあいだを
きゅうカーブを きりながらすすみます。
ゆらゆら ガタゴト
チョロリきゅうこうは あっちに かたむき こっちに かたむき おおゆれです。

KIMG3183

チョロチョロ シュッシュッ チョロチョロ シュッシュッ

「とくさのさと」を すぎると「ぺんぺんぐさのさと」です。
ここでは こおろぎの リンさん リンリンさん リンリンリンさんきょうだいと
すずむしの チリンさんと チリリンさんしまいが コーラスの れんしゅうの まっさいちゅう。

チョロチョロ シュッシュッ チョロチョロ シュッシュッ

チョロリきゅうこうは「ぺんぺんぐさのさと」を とおりすぎ、
「くさむらむら」のそとに でたので、スピードをあげました。

チョロ、 シュ シュ チョロ、 シュ シュ チョロ、 シュ シュ
そのときです−

KIMG3185

もこもこもこ
とつぜん チョロリさんの めのまえの じめんが もりあがり、

ゴッツーン

だれかと ぶつかってしまいました

「うわぁーっ!」

チョロリさんは びっくりぎょうてん。
あんまり びっくりしたので しっぽのさきを おっことしてしまいました。

KIMG3208
そして しっぽを のこして どこかへ
すっとんでいってしまいました。
「あー、びっくりした」
じめんから でてきたのは もぐらの モックリさんでした。
「あらら わたし だれかを おどかちゃったかな?」

「チョロリさんったら しっぽも チョロリきゅうこうも ほったらかしのまま 
いなくなっちゃった」

KIMG3214
「あら、まあ そうだったの。どうしましょう このしっぽ」

モックリさんが こまっていると、
おまつりへ いくとちゅうの ものしりの カメキチじいさんが
やってきて、ゆっくりと いいました。

「しーんーぱーいごーむーよーう。とーかーげーはーね、びーっくりーすーるーと
しーっぽーのとーこーろーが はーずーれーるーんーだーよ。
まーた あーたーらーしーい しーっぽーが はーえーてーくーるーのーで だーいーじょーぶ。」

KIMG3187
それにしても いったい どうやって
おつきみひろばへ いけばいいのでしょう。

そのとき ありの ぼうや がいいました。
「ぼくが ひっぱってみるよ。ひっぱるのは とくいだから」

よーいしょ よーいしょ。

でも ぜんぜん うごきません。

モックリさんは「トンネルのなかを ひっぱっていったら
どうかしら」などど かんがえていました。

KIMG3188

そこへ ひらーり ぴょーんと 
とのさまばったの キングさんが とおりかかりました。

KIMG3189

「ぼくが つれていってあげるよ。でも ぼくは とんだり はねたりするから 
はねを つけよう。そのほうが あまり ゆれないからね」
そこで みんなで チョロリきゅうこうに はっぱの はねを つけました。

KIMG3191

ひらーり ぴょーん
ひらーり ぴょーん
とんだりはねたりごうは スリルいっぱい。
みんな おちないように しっかりつかまっていました。
おつきみひろばの いりぐちは もうすぐです。

KIMG3192

ひらーり ぴょーん ひらーり ぴょーん
とんだりはねたりごうは あっというまに おつきみひろばの いりぐちに 
つきました。

はぎの トンネルの むこうは いよいよ おつきみひろばです。
うけつけの ふたごの みのむし、あかい チョウネクタイの ブラーリさんと
しろい チョウウネクタイの ブーラリさんが「ようこそ おつきみひろばへ」
と いって みんなを むかえてくれました。

KIMG3193

おつきみひろばには
「くさむらむら」の むしたちは もちろん
「やなぎむら」 「たちあおいむら」 「しげみむら」 「しのだけむら」 
「くぬぎむら」の むしたちが あつまっていました。

KIMG3196

「みずくさむら」の むしたちは
かえるの ピョンタが ひっぱってきてくれた
すいれんの はっぱのうえで おどっています。

「みずべむら」の とんぼさんたちも おんがくを たのしんでいます。
こうもりの ユウグレさんも ひぐればやしから きました。
ほたるの ピッカリさんたちは ひかりの ダンスをしています。

KIMG3210

しっぽの きれた とかげの チョロリさんも げんきそうです。

KIMG3198

おつきみひろばは
オーシンツクツク、
ミンミンジー、
ギーッチョン、スイッチョ、
チンチロリン、
リリリンリン、リンシャララ、
ギーギー、
ガチャガチャ、
ケーロケロと
それはそれはにぎやかです。

おおきな まんげつが かおを だしたころには
ねむーくなって ねてしまった むしさんも いましたって。

KIMG3200

だっておまつりはひとばんじゅうつづいたのですから。





(16:49)

2016年09月15日


今夜は十五夜さんですね♪
今年も闇月書房にて【月・宙】がテーマの古本をセレクトして下さった古絵本・花さき山さんことばの栞が今日から販売です。
brassKIMG2985

絵本が大好きで、読書の時間が大好きで、絵本屋さんまで開いてしまった花さき山さん。
そんな気持ちが素直に伝わることばになっています。
きっとみなさんにとっても大好きで大切なことばだとおもいます。

参考の本もどれもステキな物語ばかりで♪
KIMG3047


花さき山さんの花さき山もバッチリ!
brassKIMG3041

紐は革ではなくって、花さき山さんこだわりのリボン♪
brassKIMG3039


花さき山さんが参考にしたことばが載った本(古本)も、合わせて販売しています。
装丁が美しい本は、それだけでページをめくるのが嬉しくなりますー♪
brassKIMG3018


花さき山さんのことばは、全部で8種類。
brassKIMG3024

これでも絞り込んでいただいたほうで、ことばもじっくり考えてシンプルな文字数にしていただきました。
どんなことばが刻まれているか、ぜひ闇月書房に見にいらしてください♪

KIMG2705
そして、みなさんにも、たいせつなことば、ありますか?
みなさんのことばも真鍮の栞にいたします。

『真鍮あなたのことばの栞』
10/2まで、オーダー受付中です。
詳しくはコチラ





さて、今夜。一年の中で一番綺麗だとされる中秋の名月。
札幌の月の出は17時前ぐらい。見られるといいなぁ〜♪













(12:10)

2016年09月11日


すっかり秋の風。
ストーブの点検、しておいたほうがいいですよね!?ww
KIMG2965

闇月創房でもにわかにストールピンの注目度がアップしましたww

少しづつ、少しづつ、陽ざしも空気も静かになっていきますね。
読書の秋に徹することで、ココロも静かになっていきます・・・♪
KIMG2966

闇月書房に、今年もたくさんの『月・宙』にまつわる古絵本が並びました。

札幌、西区山の手の住宅街にある古絵本・花さき山さんに受け取りに行った日は、今日のように気持ちのいい陽ざしが注いでいました。
KIMG2646

小さなお部屋にびっしりと並べられた絵本たちは、とてもきれいで古本とは思えない!?
静かに、静かに、次に手に取ってくれる方を待っています。
KIMG2649

所狭しと並べられた雑貨の数々も必見♪
KIMG2653

絵本の世界がそのまま表現されているようなお部屋なのです。

懐かしい物語に再会できたり、オトナになったからこその感動に出会えたり。
絵本って、びっくりするぐらい奥深い。
KIMG2650

さんざん感動して、ふと裏をみてみたら『1〜3歳児向け』とか書いてあって、
ちょっとフクザツな気持ちになるときもあるんですけどねーww

でもたぶん、絵本の、少ないながらもまっすぐなことばに、撃たれちゃうんでしょうね♪
ぜひ、闇月書房まで、または花さき山ささんまで、撃たれに来てくださいww

中古絵本・児童書/カード・雑貨 『花さき山』
札幌市西区山の手2条11-5-7
011-622-2327
open:火・水・木曜11:30〜16:00/第二土曜14:00〜17:00


そして、そんなシンプルなことばをたくさん知っている花さき山さんのことばの栞がいよいよ来週から登場です!
KIMG2926

花さき山さんの窓から見える三角山がロゴになっています。
残念ながら1階のお店の窓から山を撮影すると、お向いさんもばっちり写ってしまうので撮ることはできなかったのですがーww

そしてロゴには花も咲いています。
そう、花さき山といえば、斎藤隆介さん、滝平二郎さんの『花さき山』。
子供のころ、滝平さんの絵がちょっと怖くてちゃんと見みれなかったんですけどww、
シミることばがアチコチに、美しい色がアチコチに♪
KIMG2936

もちろんこの絵本から、お店に名前がつけられたそうです。
なのでこの絵本からの言葉も選んでくださいましたヨ♪

どんなことばが刻まれているのか、どうぞ、お楽しみに!

R0046486
みなさんのことばも真鍮の栞にいたします。

『真鍮あなたのことばの栞』
オーダー受付中です。
詳しくはコチラ






この主人公のあやのように思うことができたら、どんなつらいことでもとってもシアワセに感じられるんだけどな〜♪♪


『花さき山』 斎藤隆介 作/滝平二郎 絵
KIMG2937


KIMG2939
おどろくんでない。
おらは この山に ひとりで すんでいる ばばだ。
山ンばと いうものも おる。
山ンばは、わるさを すると いうものも おるが、それは うそだ。
おらは なんにもしない。
おくびょうな やつが、山ンなかで
しらがの おらを みて かってに あわてる。
そしては べんとうを わすれたり、あわてて たにさおちたり、
それが みんな おらの せいになる。

あや。
おまえは たった十の おなゴわらし
だども、しっかりもんだから、おらなんど おっかなくはねえべ。
ああ、おらは、なんでも しってる。
おまえの なまえも、
おまえが なして こんな おくまで のぼって きたかも。
もうじき 祭りで、祭りの ごっつぉうの 煮しめの 山菜を とりに きたんだべ。
ふき、わらび、みず、ぜんまい。
あいつを あぶらげと いっしょに 煮ると うめえからなァ。

ところが おまえ、おくへ おくへと きすぎて、
みちに まよって この山サ はいってしまった。
したらば、ここに こんなに いちめんの花。
いままで みたこともねぇ 花が さいているので、ドデンしてるんだべ。
な、あたったべ。
この花が なして こんなに きれいだか、
なして こうしてさくのだか、
そのわけを、あや、おめえは しらねえべ。
それは こうした わけだしゃ−。
KIMG2945
この花は、ふもとの 村の にんげんが、
やさしいことを ひとつすると ひとつ さく。
あや、おまえの あしもとに さいている 赤い花、
それは おまえが きのう さかせた 花だ。

きのう、いもうとの そよが、
「おらサも、みんなのように 祭りの 赤い ベベ かってけれ」
って、あしを ドデバタして ないて おっかあを こまらせたとき、
おまえは いったべ、
「おっかあ、おらは いらねえから、そよサ、かってやれ」
KIMG2948
そう いったとき、その花が さいた。
おまえは いえが びんぼうで、ふたりに 祭り着を
かって もらえねぇことを しってたから、じぶんは しんぼうした。
おっかあは、どんなに たすかったか!
そよは、どんなに よろこんだか!
KIMG2949
おまえは せつなかったべ。
だども、この 赤い花が さいた。
この 赤い花は、どんな 祭り着の 花もようよりも きれいだべ。
ここの 花は みんな こうして さく。

ソレ そこに、つゆを のせて さきかけて きた 
ちいさい 青い花が あるべ。
それは ちっぽけな、ふたごの あかンぼうの
うえの子のほうが、いま さかせているものだ。

きょうだいといっても、おんなしときの わずかな あとさきで
うまれたものが、じぶんは あんちゃんだと おもって
じっと しんぼうしている。
おとうとは、おっかあの かたっぽうの
おっぱいを ウクンウクンと のみながら、
もう かたほうの おっぱいも
かたっぽうの手で いじくっていて はなさない。
うえの子は それを じっと みて 
あんちゃんだから しんぼう している。
目に いっぱい なみだを ためて−。

KIMG2953
その なみだが その つゆだ。

KIMG2969
この 花さき山 いちめんの 花は、
みんな こうして さいたんだ。
つらいのを しんぼうして、
じぶんことより ひとのことを おもって
なみだを いっぱい ためて しんぼうすると、
その やさしさと、けなげさが、
こうして 花になって、さきだすのだ。

KIMG2955
花ばかりではねえ。
この 山だって、この むこうの みねつづきの 山だって、
ひとりずつの おとこが、いのちを すてて やさしいことを
したときに うまれたんだ。
この 山は 八郎っていう 山おとこが、八郎潟に しずんで
高波を ふせいで 村を まもったときに うまれた。

KIMG2956
あっちの 山は、三コっていう 大おとこが、
山かじに なった オイダラ山サ かぶさって、
村や 林が もえるのを ふせいで
やけしんだときに できたのだ。
やさしいことを すれば 花が咲く。
いのちを かけて すれば 山が 生まれる。
うそでは ない、ほんとうの ことだ・・・・。

あやは、山から かえって、おとうや おっかあや、みんなに
山ンばから きいた この はなしを した。
しかし、だァれも わらって ほんとうには しなかった。
「山サいって、ゆめでも みてきたんだべ」
「きつねに ばかされたんでねえか。そんな 山や 花は みたこともねえ」
みんな そういった。
KIMG2961
そこで あやは、また ひとりで 山へ いってみた。
しかし、こんどは 山ンばには あわなかったし、
あの 花も みなかったし、
花さき山も、みつからなかった。

KIMG2962
けれども あやは、そのあと ときどき、
「あっ! いま花さき山で、おらの 花が さいてるな」
って おもうことが あった。







(19:11)

2016年09月03日

好きなことばを、真鍮に刻みたい、と思ったのは闇月創房にとってとても自然なことでした。
それでも、技術的なことなどから、なかなか実現できずに何年もの間、読書の秋をモンモンと過ごしてまいりました。

そんな闇月創房にきっかけを下さったのは、サンドブラスト作家の砂刻屋Rizm・ボトルコさんに出会えたことと、お客様からのご相談でした。

闇月創房の作品を好きでいて下さって、さらに、ご自身の大切なことばを真鍮に刻んでほしいとのご希望でした。
まさにワタシ達が創りたいと思っていたことと同じで、ご相談をいただいた時、
本当に嬉しく思い、今年こそ!と燃えましたww

そうしてようやく完成させることができたのが【真鍮ことばの栞】です。
闇月創房の真鍮板に、ボトルコさんのサンドブラスト(砂・研磨剤を吹き付けることで装飾を刻む技法)によってお客様のことばが刻まれた栞です。
R0046486

この夏、ようやくお客様にもお渡しすることができて、とても喜んでいただけて本当に本当に嬉しかったです。

そうして今年も、読書の秋がやってきました。
本のイベント『北海道ブックフェス2016・ミセナカ書店』に参加させていただいております。
闇月創房ギャラリーにて【闇月房】開店中!

闇月創房が大切に思っていることばをボトルコさんに刻んでいただいた
【真鍮ことばの栞】も完成いたしました。
R0046782

さらに、真鍮に刻まれたことばを、あのお客様と同じようにたくさんの方に喜んでいただけたら嬉しい♪と思い、この9月だけの本屋さんとしての活動の一つとして、みなさんの大切なことばも真鍮に刻ませていただこうと思いました。

【真鍮あなたのことばの栞】です。
R0046494

大好きな小説の一節、句、メッセージ・・etc
初めにご相談くださったお客様のように、大好きな、大切なことばを持っていらっしゃる方は多いと思います。

受付期間は読書の秋、9月いっぱいあります。(10/2日曜日まで)
ぜひ、とっておきのことばをじっくり考えてみて下さい。
KIMG2570

みなさんのことばをまとめて砂刻することで、価格も抑えることができました。
この時期以外のオーダーの場合、かなりお値段も変わってきてしまいますので、どうぞどうぞご検討ください。

以下の詳細をご確認後、オーダーフォームにご希望のことばと必要事項をご記入のうえ、mail・FAXまたは郵送にてお送りください。

モチロン!闇月創房ギャラリーでも受付いたします。
闇月創房のことばの栞を実際に見ていただいて、ご自身のことばを膨らませてみて下さい。

みなさんは、どんなことばを選ばれるのでしょう。
とても楽しみです。

発送もいたします。
読書好きな方へのプレゼントとしても、喜んでいただけると思います。

まずは、闇月創房のことばによる【真鍮ことばの栞】を参照ください。
【真鍮ことばの栞】詳細はコチラ

真鍮・闇月創房×サンドブラスト・砂刻屋Rizm
オーダーメイド【真鍮あなたのことばの栞】
page
■サイズ:W40×H125mm(厚さ:0.5mm)  
■受付期:2016年10月2日(日)まで    
■お渡し:2016年11月3日(木・文化の日)より
■価 格:3,240円(税込)        
■発送手数料:200円(税込)発送の場合のみ

kotobanoshioriorder2
お申し込み用オーダーフォームはコチラ 👉

・フォント:<はんなり明朝>のみです。

・文字数:13文字×5行、最大65文字
 (。、『』等も、一文字となります)

・文字数に合わせて闇月創房にて文字の
 配置をデザインさせていただく場合が
 ございます。



<お申し込み方法>
◎上記内容をご確認の上、オーダーフォーム記入用栞原稿内の□□
 ご希望のことばをご記入ください。
◎必要事項をご記入のうえ、mail・FAXまたは郵送にてお送りください。
 (闇月創房ギャラリーでも受付いたします)
◎ご注文後、闇月創房より内容の確認・代金・お渡し日等のご連絡をさせていただきます。
◎誠に恐れ入りますが、代金は前払いとさせていただきます。
 ご注文内容の確定後、7日以内に下記口座に代金のお振込みを
 お願い申し上げます。

<お申し込み先>
闇 月 創 房
〒060-0061札幌市中央区南1条西15丁目1-319-203
TEL/FAX:011-632-7772
Email:yamitsukisobo2009@gmail.com

★ご質問などがございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください★

読書の秋。みなさんの読書の時間がより楽しく、深く、優しいひと時となりましたら幸いです。。。










(13:31)

2016年09月02日


またひとつ、闇月創房の夢が叶いました♪
以前から創れたらいいなぁと思っていた、真鍮の栞です。
R0046782

読書が大好きな房主の、心に残ったことばが刻まれた真鍮の栞を創りたいなと思いつつ、いつも闇月創房で行っている刻印では、板が歪んでしまって栞としては使い物にならないし、キコキコして抜き文字にしたら、まさかの価格になってしまうし・・・・・悶々。

そんな中、出会ったのがサンドブラストの作家さん。
サンドブラストは細かい砂(研磨剤)を吹き付けて、ガラスなどに装飾を施していく技術です。
KIMG2570

砂刻されたばかりの真鍮板、ピッカピカ。
これをカットして、いぶして、磨いて、他の作品と同じように仕上げました。

つまみには、OKAZUmade(といっても切っただけww)のエゾ鹿革を。
ハードな印象ですがエゾ鹿の革はと〜っても柔らかくて優しいのです。
R0046498

そうして今年のブックフェスに合わせて、ようやく、ようやく、販売させていただけることとなりました。
読書が好きな方なら誰でも知っていて、闇月創房も大好きな物語の一節や美しいことばを選びました。

房主のお気に入り。
かんじんなこと
R004672602

OKAZUさんの理想。
イツモシヅカニワラッテイル
KIMG2712

ことばも絵本も流行りましたね。
一緒にプレゼント・・・なんて♪
日本人なら、それで伝わるんだって♪♪
I LOVE YOU
KIMG2716

一日の最後の時間が満たされるように♪
おやすみなさい/Good night
KIMG2721


ことばだけではなく、闇月ロボットもキレイに入ってマス。
R0046493

ですが、ちょっと控えめな文字入れになってます。
光り加減で見えにくくなることも。
ご了承ください。

それでも、サンドブラストで真鍮、金属という硬い素材を削るというのはやはりとっても大変な作業。
そんなワガママを、サンドブラスト工房【砂刻屋Rizm(リズム)】さんが快く引き受けて下さいました!
akabou_zoom2

ワタシ達はいつもボトルコさんとお呼びしています。
ボトルコ『bottleco』は、ボトル+エコ。
candle

砂刻屋Rizmさんの作品の一つで、サンドブラストによって、飲み終わったあとのワインやジュースの瓶がステキに生まれ変わるという〜♪♪
Old&New(古くて新しいモノ)に惹かれる闇月創房にとってもとても魅力的な作品でした。

先にも言いましたが、金属はガラスより硬いので削らない部分に貼った保護フィルムの方が負けてしまうんだそうです。
KIMG2563

ですので、砂刻できる文字サイズにも限界があり、なんども闇月創房のことばをテストしてくださいました。
マシンもがんばってくれました!wwなんだか好い〜カンジ♪
KIMG2564

そんなボトルコさんと一緒の作品を創ることができて、本当に嬉しく、有難く思っております。
ありがとうございます。

サンドブラスト工房【砂刻屋Rizm】<ボトルコ>さん
ブログ:http://sakokuya.blog114.fc2.com/
twitter:https://twitter.com/bottleco_musume

そうやって仕上がった【真鍮ことばの栞】です。
読書が好きな方だけでなく、ことばが好きな方にも楽しんでいただきたいと思いました。

真鍮・闇月創房×サンドブラスト・砂刻屋Rizm 【真鍮ことばの栞】
サイズ:W40×H125mm(厚さ:0.5mm)/価格:2,160円(税込)
KIMG2705

これね、本当は、”闇”月が綺麗ですね♪ ってしたかったんだけどーww

気になる言葉がございましたら、ぜひ工房にお立ち寄りください。
読書好きな方へのプレゼントにもいかがですか。

そして!9月は読書の秋。
みなさま自身の大好きな本の一節やことばを真鍮に刻みませんか?

オーダーメイド【真鍮あなたのことばの栞】のお申込みを受付けます。
みなさんのことばを闇月創房とボトルコさんが真鍮に刻みます。
R0046494

9月、北海道ブックフェス2016・ミセナカ書店<闇月房>期間中の受付です。
詳細、お申し込み方法はこちらを参照ください。
👉👉 【真鍮あなたのことばの栞】

みなさんには闇月創房が選んだことばが、物語のどこにでてくるのか、どんな物語のあることばなのか、おわかりになりますか?

そしてみなさんはどんなことばを選びますか?

読書の秋。
本を読む時間がより楽しく、深く優しいひと時となりますよう。

*******************************************************************************
★9/1〜10/2 北海道ブックフェス2016<闇月書房>開店中★
★闇月創房の日々をアップしています。どなたでもご覧いただけます★
Facebook:https://www.facebook.com/#!/craft.yamitsuki
twitter:https://twitter.com/yamitsuki_sobo

(19:18)

2016年09月01日


セプテンバー・・・・・♪
季節の移ろいのなんて早いこと。
小学生の夏休みのような日々を過ごさせていただいています。
一日が濃いってことかな?
有難いことデス。
R0046730

だけどやっぱり秋ぐらいは落ち着いて過ごしたい。
今年も本日9/1(木)より開店いたしました、闇月書房。
13248416_1007611439335591_866522344931879531_o

今年も参加させていただいております。
まちで本とあそぶ9月・北海道ブックフェス2016・ミセナカ書店です。
北海道ブックフェス2016:http://hokkaidobookfes.wixsite.com/hokkaidobookfes2016
ミセナカ書店:http://hokkaidobookfes.wixsite.com/hokkaidobookfes2016/misenaka-shoten-list

9月は本屋さんにもなっちゃう、闇月創房。
本は本でも、闇月的本ですので、今年も札幌市西区山の手の小さな小さな古絵本屋・花さき山さんに『月・宙』をテーマにセレクトしていただきました。
R0046728

ココロがギューン!としちゃう小さな物語がたくさん届きましたヨ!

今年は、絵がステキな(OKAZUさん的にww)本が多いかな?って思います。
ページをめくるたびにトキめいていしまう絵本。
こども達とともに読んだり、ご両親様との思い出の本を見つけたり、忘れていた自分に気づいたり。
絵本にはいろんな楽しみ方があります。
KIMG2665

※写真のうきわねこの本、本日初日にさっそくお嫁入りいたしました。
 ご案内が遅くてすみません(>_<)

お月様が登場するお話ばかりですので、長い長い秋の夜、ゆっくり眠れるお話がたくさんということです。
夏の喧騒が、静かな思い出に変わっていきますー・・・♪

そして、仕上がりました!
真鍮ことばの栞。
闇月創房の大好きな、大切なことばを砂刻した栞。
R004672602

明日は、この栞についてブログアップしたいと・・・・思っておりますww

色々なことが、開催前にご案内できずに申し訳ありません。
9月いっぱい、闇月書房開店です。
いつものように、ゆっくりとステキな物語をご紹介させていただきたいと思っております


★闇月創房の日々をアップしています。どなたでもご覧いただけます★
Facebook:https://www.facebook.com/#!/craft.yamitsuki
twitter:https://twitter.com/yamitsuki_sobo







(19:09)

2016年08月27日

丸井さん・真鍮展【 BRASS LIFE 真鍮のあるくらし】、たくさんのご来場をいただき本当にありがとうございました。
KIMG2513

お盆だったり、夏休みだったり、台風だったり、五輪メダルラッシュだったり、奪首がかかるハムvs鷹は札幌ドームでデイゲームだし、北海高校まで甲子園で勝ち進んで準優勝だなんて、正直、自宅に戻ってテレビ見てたかったなぁなんて、思ってしまった日もありました(笑)

でもご来場いただいた皆さまに、展示や作品を楽しんでいただけて、本当に嬉しかったデス。
ありがとうございました。

今回は久々の単独展示ということで、木の二橋さんと陶の中島さんにご協力をお願いいたしました。
素材の相性というのもありますが、お二人の作品が闇月創房は大好きで、ご一緒いただけて、闇月創房のお客様にも喜んでいただけてとっても幸せな時間でした。
KIMG2454

ありがとうございました。

木の二橋さんは、10月に展示会を予定されています。
詳細がわかり次第、ここでお知らせいたしますね♪

陶の中島さんとは11月にいつものグループ展『暮らしの中の真鍮・木・革・土 展』でまたまたご一緒です!

今回の丸井さんでの単独展示では、広い空間を使ったり、新しい作品を創ったり、たくさんの勉強をさせていただきました。
その成果を、11月に生かしていきたいと思っております♪
どうぞどうぞ、お楽しみに♪
KIMG2577

今日は台風一過ですかね〜♪
朝、空に白い月が出ていて、とても美しい青空でした!
でも空も高いし、風にはやっぱり秋の気配を感じます。

でも涼しくなると、創作の気力体力が、充実しますね♪
来週からはもう9月。
どっぷり秋。

闇月創房は毎年恒例の、北海道ブックフェス・ミセナカ書店に参加いたします。
13248416_1007611439335591_866522344931879531_o

北海道ブックフェス2016:http://hokkaidobookfes.wixsite.com/hokkaidobookfes2016

古絵本・花さき山さんセレクトの『月・宙にまつわる古本』の販売も恒例。
今年はどんな物語りに出会えるかな。
R0046499

それから!本まわりの真鍮作品、今年はいよいよ栞を創りました。
上の写真は、お客様からオーダーいただいた栞です。

文字は、サンドブラストで入れました。
闇月創房がいつも頼りにしている砂刻屋・ボトルコさんにご協力をお願いしたのデスー。
9月のブックフェスより発売となる定番品、闇月創房が好きな本の一節を砂刻した真鍮板があがってきました♪
KIMG2570

また、ブックフェスの期間中、皆さまからのオーダーも受け付けます。
本が好きな方なら、きっと、好きな一節、忘れられない言葉があると思うのです。

お好きな本の一節、句、ことわざ、座右の銘など、お好きな【言葉】を真鍮の栞に刻んでいただきたいと思っています。

どんな言葉を刻みますか?
じっくり、じっくり考えて下さいマセ♪
詳細は、後日お知らせいたします。

今年の秋も、スポーツ有り、読書有り、美食有りですが、闇月創房にとってはそのぜ〜んぶが芸術♪
この夏に感動したことを糧に、せっせ、せっせと創作していきます

★闇月創房の日々をアップしています。どなたでもご覧いただけます★
Facebook:https://www.facebook.com/#!/craft.yamitsuki
twitter:https://twitter.com/yamitsuki_sobo




(15:01)

2016年08月20日


丸井さん・BRASS LIFEも中盤。
五輪のメダルラッシュとか、北海高校の甲子園とか、台風とか、デパートにお出かけしてる場合じゃない状況な毎日ですが(笑)、たくさんの方に作品を楽しんでいただけて、とっても嬉しいデス。
KIMG2319

本当にありがとうございます。

今年、おかげさまで7周年を迎えた闇月創房。
感謝の気持ちを込めて、記念にオリジナル手ぬぐいを創りました。
KIMG2302

おかげさまで好評をいただいて〜嬉しい〜♪
こんな使い方もおススメー!超おススメー!ww

手ぬぐいは、ぬぐうだけではなくて見てヨシ飾ってヨシ!
ここがタオルとの一番の違いなのではないでしょうか?

なので、飾ってヨシ!なデザインにいたしました。
暖簾のような、二色刷り。

濃い藍色は、鉄紺と呼ばれる日本の色。
鉄を入れることで、深く濃い藍色になるんだそうです。
ちょっと緑がかる、というところも真鍮との相性もヨシなのです。

そして、闇月創房のロボットを置きました。
ロボット二体、二対。
あ・うん(阿吽)と言っています♪
KIMG2431

闇月創房オリジナル
【開運!あ・うんロボット手ぬぐい AUN-ROBO】

【あ・うん(阿吽)】
【あ(阿)】は宇宙の始まり。
【うん(吽)】は宇宙の終わり。
神社の狛犬のように、【あ】と【うん】を結ぶことで結界をはり、邪気が入らなくなるんだそうです。
ロボットの強くて頼もしいイメージに、魔除けの願いを上乗せしてデザインろぼっとやしました。
さらに頼りがいのある闇月創房のロボットにみえませんか?ww

手ぬぐいのあるくらしをさらに楽しくするために。
ホルダーにもひと工夫。
ちょっとワイドに、手ぬぐいにちょうどよいサイズで創りました。
brassKIMG2380

留部に遊び!
ロボットやお花で創りました。
brassKIMG2419

取り付けはぜひとも、昔懐かしいイナスねじで!
(マイナスドライバーがない場合は、プラスのねじにお取替えもできます)

brass01302a93

【真鍮手ぬぐい・タオルホルダー・セミオーダー】
留部のデザイン、長さなど、お好みのサイズでおつくりします。

二人分の手ぬぐい・タオルがかけられたら便利ですし、キッチンに合わせた長さにできたら、すっきりしますね。

留部のデザインも、ネコやカエルなど好きなキャラクターだったら掛ける手ぬぐいもこだわりたくなっちゃいますね♪

真鍮のあるくらし、まずは、水回りから♪

水気に強い真鍮は、水回りの素材として重宝します。
ご自身の暮らしに合うホルダー、ご検討下さい♪

丸井さんでもオーダー受け付けております。
ぜひ、お立ち寄りくださ〜い♪

イベント中の情報は、闇月創房のSNSにて随時アップしています♪
どなたでもご覧いただけます〜♪
Facebook:https://www.facebook.com/#!/craft.yamitsuki
twitter:https://twitter.com/yamitsuki_sobo

ura01

闇月創房真鍮展【 BRASS LIFE 真鍮のあるくらし/ 2016立秋〜処暑 】
日時:2016.8.17(水)〜23(火) 10:00〜19:00
会場:丸井今井札幌本店一条館7F (新イベントスペース)


★展示会参加に伴い、8/18〜21(木〜日)は闇月創房のギャラリーのお休みをいただきます。





(14:24)