2017年03月15日

年度末。
毎年申告やらなんやらでソワソワしますが、
今年度も無事に(?)業務完了。
これでようやく2016年を締めることができまするww

R0047313

一年分の数字を振り返っているといろいろと甦る記憶。
改めて、たくさんの方々に感謝申し上げます。

先日、ちょいと早く、3月はホワイトデーもあるしと、房主が年度末業務を頑張ってるご褒美に、とある場所に連れて行ってくれました。

ついこの間に廃止になってしまったお気に入りの無人駅。

いや、ワタシにとっては最高のご褒美ですから!
廃止の日程をすーっかり勘違いしていて、あまりにガックリしていた
ワタシを見かねた模様(笑)

でも、もともと無人駅だから、たいして変わり映えはなくww

R0047315

実家の近くのこの駅は、美しい名前にもかかわらずゴミ処理場しかないというイメージのところ。
人が住んでる気配もないし、そういえば何のために設置された駅なのかな?思って調べたら、ビックリ!
個人用の駅だったとはね!

ちょっと寂しいところなんだけど、ゴミ処理場しかないとか言っちゃったけど、でもね、このゴミ処理場こそが、ワタシにとっては佳き思い出のひとつ。

子供のころ、祖母の遺品を整理するために、トラックを借りて父とここにやってきた記憶。

当時(の記憶では)は国道36号線からまーっすぐな坂道の一番下に踏切があって、
子供心に『なんてステキな景色だろう♪』って。

目の前には青空と坂道と鉄道。
横には父と妹。

大きなトラックを運転する父にびっくりしたやら誇らしいやら。

R0047317

積んできたゴミも当時はただひょいひょいと広大な敷地に置いてくるだけなんだけど、
うず高く積まれた不用品が、子供のころから古モノ好きだったOKAZUさんには宝の山に見えたものでした(笑)

とにかく、その日は嬉しくて嬉しくて。
いいモン見たなー、いつか自分で運転してまた来たいなって思ったり。
それはそれはお天気も良くて。
本当に美しい記憶。

その日から40年もたって、父の遺品を整理するためにトラックではなく
CAB子で訪れることが多くなってしまった場所。
古いものが好きだったり、乗り物が好きだったり。
こじつけかもしれないけどここの記憶が無かったら、
なにか、違っていたかな。

ゴミ処理場がOKAZUさんの原点?(笑)

しばらくプラプラしていたら、踏切が鳴って、減速することなく特急列車が通り過ぎていきました。

空も、青い。



『ビッビッ』『べッベッ』(多くの川が集まっているところ)という
アイヌ語が由来となっている美々(びび)。
ワタシにとっては名前の通り、美しい場所。

美々駅。
なぜ、廃止前に来なかったんだろう・・・悔やまれる。
前に来たとき、好物の貨物列車が停まっていて、カッチョよくて、今度はお天気のいい日に(やっぱり青空じゃないと!)改めて〜と思っていたら。。。

だけどやっぱり、いいモン見たなーって♪♪
あったかくなったら、美々川にも行ってみたいけど、そういえば、
どうやったらいけるんだろうww

来週はお彼岸で、春分の日。
いよいよ春ですね♪

春分の日3/20(月祝)も闇月創房ギャラリーopen(11-18時)いたします。

週末3連休、お時間ございましたら是非お立ち寄りください



(15:36)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字