やんま まのblog(仮)

ICCCalcWPF_icon

ICCプロファイルを使用したカラー計算機(変換機)、ICCCalcWPFのバージョン2.99.5が公開されました。

ダウンロード、およびICCCalcWPFとはどういうツールなのか、詳細はICCCalcWPFの紹介ページを参照してください。

更新内容

昨年末に公開した2.99.4と併せて記載しておきます。まずは2.99.4から。

Adobe CC/CSにバンドルされているプロファイルに対応

従来はWindows規定の場所にあるICCプロファイルしか使えませんでしたが、2.99.4ではAdobe Creative Cloud / Creative Suiteと共にインストールされるプロファイルもリストに列挙されるようになりました。

その他任意の場所のプロファイルも使用可能に

CLIP STUDIO PAINTやKritaなど、いくつかのアプリケーションは自身で使用するプロファイルを格納するフォルダを持っています。環境変数ICCCALCWPFPROFILEDIRに該当フォルダのパスを指定することで、その中にあるプロファイルも使用できるようになります。

Note : 環境変数を設定するには、ショートカットキーWin+Rを押したあと、以下のように入力してEnterを押します。

setx ICCCALCWPFPROFILEDIR "該当フォルダのパス"

スライダーのラベルを等幅フォントに変更

これまではフォントの指定がなく環境によってはかなり見苦しい表示になっていました。2.99.4では等幅フォントのLucida Consoleが指定されています。

一部のプロファイルで黒点の補正が利用できない不都合を修正

詳細は過去記事(「黒点の補正を有効化する」以下)を参照してください。

以下、2.99.5の更新内容です。

CIE L*C*hに対応

プロファイルのリストに"D50 L*C*h"が追加されました。内部的にはL*a*b*そのもので、表示・入力の際計算により変形をかけています。

第1カラーと第2カラーのプロファイルが同じ場合の挙動

従来は双方のプロファイルが同じであっても変換が実行されるため、プロファイルによっては値が等しくならないことがありました。2.99.5では同じプロファイルであれば変換を省略します。

指定値とプレビューのRGB値が一致しない事象を修正

前述の件と関連して、モニタのプロファイルを選択している場合に指定値とプレビューのRGB値が一致しないことがある事象を修正しました。

前回の記事でも指摘したとおり、MateBookに充電(給電)するにはUSB Power Delivery(以下PD)対応の電源とケーブルが必要です。特にモバイルバッテリーに関しては、「選択肢が非常に少ない」「相性や互換性の不安がある(人柱が現れない)」「高い」の三重苦にユーザーは悩まされてきました。

そんな中、現実的な価格設定のPD対応モバイルバッテリーが発売されましたので、早速MateBookで試してみました。

続きを読む

このページのトップヘ