やんま まのblog(仮)

2009年06月

前回の記事の続き。
あの後、Windowsの修復インストールを試してみたところ、ファイルのコピーが済んで再起動後に行われるデバイスの認識とドライバインストールのとこ ろで止まってしまう現象に見舞われ、袋小路に入ってしまった(フリーズ状態ではなかったため、余計な周辺機器を全て外した状態で放っておけば先に進むか も……と思ったが一晩経っても変化がなかった)。
こうなるとOSのクリーンインストールをするしかないけれど、またWindows XPを入れると同様にデバイスの認識で詰まってしまうことが予想されるため、ここはひとつ、より新しいハードウェアに対応しているであろうWindows 7を……ということでRC版を入れてみることに。
その前に、まずBartPEのCDで起動して起動ドライブのデータや設定を退避。しかし、途中でファイルマネージャがフリーズしたり、フォルダ階層を丸ご とコピーしようとするとメモリ不足だなんだと文句を行ってくるので遅々として進まず。あまりにしんどいので、Ubuntuに切り替えて退避作業を続行し た。
Windows 7のインストールについては特に大きな問題もなく終了。最初のアカウントのパスワードを入力するところで一度フリーズしたけれど、再起動後やり直したらうまく行った。
デバイス周りでは、RAID0構成のドライブが認識されないのが気になったけれど、(Windows XP使っていたときはインストールしていなかった)Silicon Imageのユーティリティーをマザーボード添付のDVDからインストールしたら無事解決。しかし肝心のDVDが購入時から反っているのか、読み込ませる と異音がしたり読み込みエラーが起こったりするトラブルがあるので困った(いろいろDVDドライブを換えてうまく読み込めるものを使用した)。あと、ビデ オカードのドライバがAMDからダウンロードしてきたものがインストールできず、一部のアクセラレーションが効かないような感じになってしまったが、前回 の記事の時点における状況よりはずっと改善したのでひとまず我慢することに。

そんなこんなで、とりあえずPCの復旧は成功した。あとはアプリケーションを入れなおしたり、設定を戻したりということになるけど、なんか面倒くさい。憂鬱だ……。

昨日までの状況としては、ビデオカードのドライバが読み込まれないなど細かい問題が解消しきれなかったため、Windowsの修復インストールを試みたところファイルのコピーが終わった後、再起動してデバイスの認識と標準ドライバのインストールのところで止まってしまい、失敗。
(つづく)

このページのトップヘ