やんま まのblog(仮)

2012年01月

Windowsで「色の管理」ダイアログというと、Vista以降で使えるようになったコントロールパネルのカラーマネジメント設定を思い浮かべる方がほとんどだと思います。しかし以下のスクリーンショットを見てください。

7782c3c5.png

なんだこれ、と思われるかもしれませんが紛れもなくWindowsの「色の管理」ダイアログです……とはいえ、こちらはシステムレベルの設定を行うものではなく、アプリケーションがカラーマネジメント機能を提供する場合に設定ダイアログをわざわざ自作しなくても済むように用意されたものですから、アプリケーションがこのダイアログを使用するように作られていなければお目にかかることはできません。

実際、この記事を書いている自分自身、このダイアログが登場するアプリケーションを1本も持っていなかったため、リアルに見たことはありませんでした。このスクリーンショットは「ただ単に色の管理ダイアログを表示するだけ」のツールを自作して撮ったものです(苦笑)。

しかしまあ、このダイアログってWindows98の時代から存在するのに本当に見かけることがありません。こちらの記事によるとPaintShop Proで使われていたようですが、他に事例はあるのでしょうか……?

先日、調べ物をするためGoogle検索していたところ、次の質問を見つけました。

質問者はWindows7のユーザーで、カラマネ非対応のアプリの表示は明らかに問題ありなのに、なぜ対応させないままにしておくのかと言っているのですが、回答者はWindows VistaにはWCSがあるのでカラマネ非対応アプリもシステムがうまいことやってくれる(から問題ない)という説明をしています。質問者は実際に表示が不適切なところを見ているからこそ質問しているわけですから、話がかみ合っていません。

WCSはともかく、Windowsでカラマネ非対応のアプリケーションではsRGBとして扱われるから云々という話をよく聞きますが、実際のところはどうでしょうか?普段からよく「見て」いるWindowsユーザーなら言われなくても分かっているでしょうが、一応確認してみましょう。

続きを読む

このページのトップヘ