やんま まのblog(仮)

2016年01月

ICCプロファイルベースのカラーマネジメントに対応するソフトウェア、カラーマネジメント運用を補助・支援するツールなどを紹介していく連載です。

主にWindowsを対象にしていますが、他のプラットフォーム用のソフトウェアも(情報があれば)取り扱います。自薦他薦問いませんので、紹介してほしいソフト・紹介すべきソフトがありましたら情報をお寄せください。

続きを読む

select_cmmAdobe CMMはICMまたはColorSyncから利用できるようにカスタマイズされた、Adobe製のカラー変換エンジンです。アプリケーション側で既定のCMMからAdobe CMMに切り換えることにより、PhotoshopなどAdobe製品相当のカラー変換を行うことが可能となります。

続きを読む

当記事は現在執筆途中であり、正式版ではありません。記載ミスや実際と異なる情報などがありましたらコメント欄でご指摘ください。ブラウザの開発に関わっている方、開発をウォッチしている方からの情報は特に歓迎します。

(2017年9月7日更新)前回のまとめから時間が経過し、状況にいくらか変化が生じてきていること、伝聞に基づく検証を伴わない情報が多く流通しているとみられる現状を考慮し、あらためてまとめを書き直すことにしました。

Webを通じて触れることのできる、色々な方のコンテンツ・作品を自分の環境において発信者の意図に沿ったかたちで閲覧・鑑賞できているかを考えるためのひとつの材料としてこの記事を活用していただければ幸いです。

ご覧になる際は以下の点にご注意ください。

  • 記載の情報は執筆時点での最新情報です。必ず記事の投稿・更新日時を確認してください。
  • 複数のプラットフォームに対応したブラウザについてはWindows版の情報を記載しています。他のプラットフォームでは状況が異なる可能性があります(読者からの情報提供があればできるだけ反映させるようにします)。
  • 検証環境はWindows 7 Professionalです。他のバージョンのWindowsで検証済みかつ結果の異なるものについてはその旨記載します。
続きを読む

このページのトップヘ