今回は番外編として、Windows用画像ビューアのカラーマネジメント対応状況をチェックします。(最終更新:2017年4月9日)

表の見方

対応
カラーマネジメント表示に対応しているか否か
  • ◎:対応・デフォルトで有効(または有効・無効の設定なし)
  • ○:対応・設定変更または追加のファイルが必要
  • △:対応だが表示が適切でない
  • ×:非対応
ファイル形式
JPEG、PNG、TIFFの各形式で埋め込みプロファイルに対応しているか
  • ○:対応している
  • ×:対応していない
  • n/a:該当ファイル形式の読み込み自体非対応
マルチモニタ
マルチモニタ環境でのカラーマネージメント表示に対応しているか
  • ◎:ウインドウが複数モニタをまたぐ状態で領域分割される
  • ○:画像表示エリア全体の表示が切り替わる
  • △:マルチモニタ非対応だが任意のモニタプロファイルを指定できる
  • ×:非対応(プライマリモニタのみ)
  • ―:未調査

調査結果

調査は基本的にWindows 10で行っています。画像ファイルの処理にシステムのコンポーネントを使用しているビューアはWindowsのバージョンによって対応状況が異なる場合があります。

「追加」が付いているものは記事更新時に新たに調査を行ったもの、「更新」が付いているものは記載内容に修正(未調査の項目を調査した、誤りを訂正した、など)があったか、または最新版で再調査をおこなったものです。

タイトル調査バージョン対応ファイル形式マルチモニタ
JPEGPNGTIFF
Windows フォト ビューアー?
susico1.6
ミルノ PC フォトフレーム2.0.6.0
LightGallery desktop0.1.1n/a
PhotoStagePro5.84
PictureFan0.34.1
XnView2.39
XnViewMP0.84
Honeyview5.20
IrfanView4.44×
JPEGView1.0.35.1
フォト(Win10)?
WildBit Viewer6.3×
FastStone Image Viewer6.1×
ViW2.4××××
Picture Viewer PV32 / PV641.92.000××××
MassiGra0.45××××
nomacs3.4.0.606××××
Vieas5.4.6.0××××
IV0.16.3××××
ZipPla1.5.7.6××××
Alkett MultiView2.30××××
Pictus1.7.0××××
QuickViewer0.4.2××××
GV0.86××××

補足・特記事項

LightGallery

Electronを使用して作成されているアプリケーションで、画像の読み込みや表示は(Chromiumの)Blinkエンジンが担っているようです。そのためか、TIFF画像やLUTタイプのICCプロファイルに対応しないといった制限があります。

Honeyview

バージョン5.18で調査を行った際、設定に関わらずモニタのプロファイルを参照しない、PNG画像の埋め込みプロファイルを使用しないといった不具合がありましたが、バージョン5.20で再調査した結果、改善が確認されました。

IrfanView

カラーマネージメント表示を行うには公式サイトで配布されているプラグインをインストールした上で設定を変更する必要があります。カラー変換がファイル読み込み時に適用される仕様上、編集・保存を行う場合にデータに影響が及ぶため注意が必要です。