susico(すじこ)はWindows用の簡易画像ビューアです。

特長

ファイルの読み込み・展開にSusieプラグインを使用

プラグインを追加して対応形式を増やせます。3本のプラグインが付属しているので、別途用意しなくてもとりあえず使い始めることができます。

カラーマネージメント表示対応!

Windows98 / 2000以降で提供されているICM 2.0(とGDI)のAPIによりカラーマネージメント表示を行います。画像にICCプロファイルが埋め込まれていない場合はシステムの設定で選択されているプロファイルを使用します。

カラーマネージメント代行 Susie Plug-inのようにプラグイン側でモニタ表示用にカラー変換を行う方式ではなく、プラグインから埋め込みプロファイルを受け取ってビューア本体側で変換を実行します。

埋め込みプロファイルが(すぐ)わかる!

タイトルバーに埋め込みプロファイルが表示されますので、画像にプロファイルが埋め込まれているかどうか、どのプロファイルが埋め込まれているかが余計な操作なしにすぐ確認できます。

埋め込みプロファイルに非対応のSusieプラグインで開かれた画像の場合は"n/a"と表示されます

圧縮フォルダー(ZIPファイル)対応

Shell APIにより圧縮フォルダー内の画像を表示することが可能です。その他、ライブラリやMTPモードでマウントされたスマートフォンのストレージ、DLNAサーバーなどにある画像も扱うことができます。

マルチモニタ環境に対応

マルチモニタ環境では、ビューアのウインドウが存在する側のモニタのプロファイルを参照してカラーマネージメント表示を行います。また、ボタンなどUI要素はPer-Monitor DPIに対応しています。

タッチ操作に(一応)対応

スマホアプリ並のなめらかさ・スピード感はありませんが、一応慣性つきのパン操作は可能です。また、画像表示エリアを2本指でタップして基本的な操作を行うことができます。

susico_touch

プリント(おまけ)

プリンタドライバがICMに対応している場合、画像の埋め込みプロファイルを反映したプリントが可能です。プリント時にどの程度色味が変化するかをプレビューできます。

対応ファイル形式

付属のSusieプラグインにて対応しているファイル形式のリストです。

  • ifpngcm.spiが対応しているファイル形式
    • PNG(インターレース非対応)
  • ifwiccm.spiが対応しているファイル形式
    • BMP
    • DDS
    • GIF(アニメーションの再生は不可)
    • ICO
    • JPEG
    • JPEG XR
    • PNG
    • TIFF
    • DNG
    • 一部のCamera Rawデータ
    • その他インストール済みWICコーデックが対応しているファイル形式
  • ifpsdcm.spiが対応しているファイル形式
    • Photoshop PSD

Windows フォト ビューアーと比較して……

  • よさそうなところ
    • ウインドウが最前面配置(解除可)
    • UI要素を非表示にして(枠を除く)ウインドウ全体を画像表示に使える
    • PSDファイルを表示できる
    • 埋め込みプロファイルがないCMYKの画像に対して任意のプロファイルを割り当てられる
      ※プラグインと同じフォルダに"DEFAULTCMYK.icc"というファイル名で入れておけばOK
    • 画像の埋め込みプロファイルが確認できる
      ※CMYK画像はプラグイン側でRGB変換されるため元のプロファイルは確認できません
    • Susieプラグインが使える
    • ウインドウに別の場所のファイルをどんどんドロップして開くことができる
  • 悪そうなところ
    • ウインドウが複数のモニタにまたがっている状態でのカラーマネジメント表示に非対応
    • ファイルのアイコンをダブルクリックして開くのは苦手

動作環境

.NET Framework 4(Client Profile可)がインストールされているWindows

※推奨はWindows 7~10。開発および動作確認はWindows 10 Creators Updateで行っています。

ダウンロード

2017年7月30日時点の最新版は2.1です。